川勝知事著作本に滲む“女性蔑視”思想(前編)|小林一哉

川勝知事著作本に滲む“女性蔑視”思想(前編)|小林一哉

またリニアに関し新たな難癖をつけはじめた川勝知事。 事実を無視し、言葉遊びでその場をやりすごすその手法は、学者時代から健在だった――。


セクハラ被害者を救援する女性たちを攻撃

矢野氏が東福寺の修行を「諸縁放下」として『京都新聞』のコラムが掲載された翌月の1月26日、矢野氏の「キャンパス・セクハラ」を追及する女性たち(大越愛子・近畿大学助教授ら5人)が、東福寺の福島慶道管長に面会した。

「矢野暢・京都大学東南アジア研究センター前所長のセクシャル・ハラスメント疑惑事件の徹底究明を求める大学教員の会」が集めた署名を福島管長に手渡した。

その席で、福島管長は「やはり、ここにいてもらってはいかん、ということで出ていってもらいます。はっきりいうて、矢野先生が入ってきたために東福寺の名に傷がついた。入るのを私が認めたわけだから、私の責任で何とかします。それよりも私は、矢野先生はやっぱり相手の人にそれこそ誠意ある対応をしたらよいと思います。非常に残念な気持ちです。だけど世界に誇る京都大学で、なんでこんなことが今まで放置されていたのか驚きました」と語っている。

京都大学前学長らから頼まれたので、矢野氏を受け入れたが、出て行ってもらうのも福島管長の責任だと言うのである。

これに対して、抗議に訪れた女性たちを〈夜叉の相貌を露にした彼らの荒い息づかい〉と表現し、〈女人の要求(私怨)に理解を示し、くだんの居士を寺から追放すると言明した〉などと福島管長に不満を述べたのが川勝知事である。
 
福島管長が「矢野先生はやっぱり相手の人にそれこそ誠意ある対応をしたらよいと思います。非常に残念な気持ちです」と述べたことを当然、川勝知事も承知していたはずだ。

それなのに、〈京雀にもてはやされる管長、片や髭を生えるにまかせ厳しい修業生活で世俗心をすっかり洗い落としたかに見える新到の雲水〉と書いている。当時の『フォーカス』を探すことはできなかったが、もし、禅寺の僧堂に入るならば、ちゃんと剃髪して髭を生えるのにまかせるなどもってのほかである。

川勝知事が「あとがき」を記したのは、セクハラ疑惑発覚から1年以上もたっている。事実関係はすべて明らかになっていた。それなのに、一方的に矢野氏を信用して、被害者の救援に当たる女性たちを「夜叉の相貌を露わにした」「女人の要求(私怨)」などと貶めてしまう姿勢はいまと全く変わらない。
(次回、詳しく川勝知事の本性について紹介する)

小林一哉(こばやし・かずや) | Hanadaプラス

https://hanada-plus.jp/articles/886

「静岡経済新聞」編集長。1954年静岡県生まれ。1978年早稲田大学政治経済学部卒業後、静岡新聞社入社。政治部、文化部記者などを経て、2008年退社。現在、久能山東照宮博物館副館長、雑誌『静岡人』編集長。著作に『静岡県で大往生しよう』(静岡新聞社)、『家康、真骨頂、狸おやじのすすめ』(平凡社)などがある。

関連する投稿


川勝知事のヤバすぎる「不適切発言」が止まらない!|小林一哉

川勝知事のヤバすぎる「不適切発言」が止まらない!|小林一哉

議会にかけることもなく、「三島を拠点に東アジア文化都市の発展的継承センターのようなものを置きたい」と発言。まだ決まってもいない頭の中のアイデアを「詰めの段階」として、堂々と外部に話す川勝知事の「不適切発言」はこれだけではない!


【リニア】会見でも言及なし!川勝知事が頬かむりするJR東海への「風評加害」問題|小林一哉

【リニア】会見でも言及なし!川勝知事が頬かむりするJR東海への「風評加害」問題|小林一哉

虚言、妄言、ごまかしばかりの「川勝劇場」。そして、自分自身に不利なことは決して言わない。JR東海への風評加害もその一つだ。


三島に日中韓「東アジア文化都市」の施設を……やりたい放題の川勝知事|小林一哉

三島に日中韓「東アジア文化都市」の施設を……やりたい放題の川勝知事|小林一哉

議会に諮ることなく「三島を拠点に東アジア文化都市(日中韓の通年文化事業)の発展的継承センターのようなものを置きたい」とぶち上げた川勝知事。「議会とのコミュニケーションを密にする」とした約束したことなど、どこ吹く風……。


全知全能感にとらわれた権力者・川勝知事に必要なもの|小林一哉

全知全能感にとらわれた権力者・川勝知事に必要なもの|小林一哉

川勝知事の独断専決の行政運営をなぜ止められないのか。 全知全能感に囚われた権力者をコントロールするカギは、徳川家康に学べ!


科学者たちの無責任が川勝知事を支える不思議なカラクリ|小林一哉

科学者たちの無責任が川勝知事を支える不思議なカラクリ|小林一哉

47年前、東京大学の石橋克彦助手(現・神戸大学名誉教授)が発表した「東海地震説」。しかし、その後、なにも起こらなかった。その石橋氏がまた南海トラフ地震を根拠に川勝知事同様、反リニアを掲げている……。


最新の投稿


川勝知事のヤバすぎる「不適切発言」が止まらない!|小林一哉

川勝知事のヤバすぎる「不適切発言」が止まらない!|小林一哉

議会にかけることもなく、「三島を拠点に東アジア文化都市の発展的継承センターのようなものを置きたい」と発言。まだ決まってもいない頭の中のアイデアを「詰めの段階」として、堂々と外部に話す川勝知事の「不適切発言」はこれだけではない!


【今週のサンモニ】田中優子氏「立ち止まれ」発言の無責任|藤原かずえ

【今週のサンモニ】田中優子氏「立ち止まれ」発言の無責任|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。外交交渉の具体的アイデアを全く示すことができないコメンテーターたち。


「パンダ」はいらない!|和田政宗

「パンダ」はいらない!|和田政宗

中国は科学的根拠に基づかず宮城県産水産物の輸入禁止を続け、尖閣への領海侵入を繰り返し、ブイをEEZ内に設置するなど、覇権的行動を続けている。そんななか、公明党の山口那津男代表が、中国にパンダの貸与を求めた――。(写真提供/時事)


中国で逮捕された邦人の救出に全力を尽くせ|矢板明夫

中国で逮捕された邦人の救出に全力を尽くせ|矢板明夫

数カ月もすると、拘束される人は精神状態がおかしくなり、外に出て太陽の光を浴びるため、すべてのでっち上げられた罪を自白する人もいる。中国当局のやり方が深刻な人権侵害であることは言うまでもない。


首相から危機感が伝わってこない|田久保忠衛

首相から危機感が伝わってこない|田久保忠衛

ハマスやレバノンの武装勢力ヒズボラをイランが操り、その背後に中露両国がいる世界的な構図がはっきりしてこよう。