川勝知事著作本に滲む“女性蔑視”思想(前編)|小林一哉

川勝知事著作本に滲む“女性蔑視”思想(前編)|小林一哉

またリニアに関し新たな難癖をつけはじめた川勝知事。 事実を無視し、言葉遊びでその場をやりすごすその手法は、学者時代から健在だった――。


セクハラ被害者を救援する女性たちを攻撃

矢野氏が東福寺の修行を「諸縁放下」として『京都新聞』のコラムが掲載された翌月の1月26日、矢野氏の「キャンパス・セクハラ」を追及する女性たち(大越愛子・近畿大学助教授ら5人)が、東福寺の福島慶道管長に面会した。

「矢野暢・京都大学東南アジア研究センター前所長のセクシャル・ハラスメント疑惑事件の徹底究明を求める大学教員の会」が集めた署名を福島管長に手渡した。

その席で、福島管長は「やはり、ここにいてもらってはいかん、ということで出ていってもらいます。はっきりいうて、矢野先生が入ってきたために東福寺の名に傷がついた。入るのを私が認めたわけだから、私の責任で何とかします。それよりも私は、矢野先生はやっぱり相手の人にそれこそ誠意ある対応をしたらよいと思います。非常に残念な気持ちです。だけど世界に誇る京都大学で、なんでこんなことが今まで放置されていたのか驚きました」と語っている。

京都大学前学長らから頼まれたので、矢野氏を受け入れたが、出て行ってもらうのも福島管長の責任だと言うのである。

これに対して、抗議に訪れた女性たちを〈夜叉の相貌を露にした彼らの荒い息づかい〉と表現し、〈女人の要求(私怨)に理解を示し、くだんの居士を寺から追放すると言明した〉などと福島管長に不満を述べたのが川勝知事である。
 
福島管長が「矢野先生はやっぱり相手の人にそれこそ誠意ある対応をしたらよいと思います。非常に残念な気持ちです」と述べたことを当然、川勝知事も承知していたはずだ。

それなのに、〈京雀にもてはやされる管長、片や髭を生えるにまかせ厳しい修業生活で世俗心をすっかり洗い落としたかに見える新到の雲水〉と書いている。当時の『フォーカス』を探すことはできなかったが、もし、禅寺の僧堂に入るならば、ちゃんと剃髪して髭を生えるのにまかせるなどもってのほかである。

川勝知事が「あとがき」を記したのは、セクハラ疑惑発覚から1年以上もたっている。事実関係はすべて明らかになっていた。それなのに、一方的に矢野氏を信用して、被害者の救援に当たる女性たちを「夜叉の相貌を露わにした」「女人の要求(私怨)」などと貶めてしまう姿勢はいまと全く変わらない。
(次回、詳しく川勝知事の本性について紹介する)

小林一哉(こばやし・かずや) | Hanadaプラス

https://hanada-plus.jp/articles/886

「静岡経済新聞」編集長。1954年静岡県生まれ。1978年早稲田大学政治経済学部卒業後、静岡新聞社入社。政治部、文化部記者などを経て、2008年退社。現在、久能山東照宮博物館副館長、雑誌『静岡人』編集長。著作に『静岡県で大往生しよう』(静岡新聞社)、『家康、真骨頂、狸おやじのすすめ』(平凡社)などがある。

関連する投稿


【川勝劇場終幕】川勝平太とは何者だったのか|小林一哉

【川勝劇場終幕】川勝平太とは何者だったのか|小林一哉

川勝知事が辞任し、突如、終幕を迎えた川勝劇場。 知事の功績ゼロの川勝氏が、静岡に残した「負の遺産」――。


川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

急転直下、辞意を表明した川勝知事。しかし、本当の戦いはここからだ――。


マスコミが報じない川勝知事が暴言失言を恐れない理由|小林一哉

マスコミが報じない川勝知事が暴言失言を恐れない理由|小林一哉

「磐田は浜松より文化が高かった」 また暴言をした川勝知事。しかし、撤回もせず、悪びれる様子もない。なぜ、川勝知事は強気でいられるのか――。


川勝知事の「真っ赤な嘘」ゴールポストを動かした決定的証拠|小林一哉

川勝知事の「真っ赤な嘘」ゴールポストを動かした決定的証拠|小林一哉

山梨県選出の中谷真一議員が静岡県がゴールポストを動かしていると批判すると、川勝知事はすぐにさま「ゴールポストを動かしたことは一度もない」と反論。 しかし、静岡県の資料を見てみると……。


川勝知事、リニア妨害シナリオ|小林一哉

川勝知事、リニア妨害シナリオ|小林一哉

静岡県のリニア問題責任者を務める副知事による記者会見は、デタラメだらけだった。この記者会見の本当の目的とは――。


最新の投稿


憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

すでに衆院の憲法審査会では4党1会派の計5会派が、いま行うべき憲法改正の内容について一致している。現在いつでも具体的な条文作業に入れる状況であり、岸田総理が決断すれば一気に進む。


【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)