玉城デニー知事の“国家反逆罪”|惠隆之介

玉城デニー知事の“国家反逆罪”|惠隆之介

「地域外交室」を設置し、媚中外交を展開する玉城デニー知事。 しかし、玉城知事の国益を損なう行動は、これだけではない。本稿では、その反日ぶりの数々を徹底批判!


基地縮小にも反対

Getty logo

とにかく、玉城知事の安全保障感覚は稚拙というしかない。  
 
昨年末、閣議決定された安全保障関連三文書で、南西諸島への防衛力強化方針が示された。  
 
それに対し、知事は「自衛隊の急激な基地機能強化により、沖縄が攻撃目標になるリスクをさらに高める事態を生じさせてはならない」と指摘した。軍事力増強が、沖縄を危険に晒すといっているのだ。  
 
当選一期目の2019年5月、知事は米政府と米軍に対し、海兵隊の撤退を求める書簡を送った。

「米国は海軍と空軍によって中国・北朝鮮問題に対応することができる」と米海兵隊の駐留不要論を訴え、「(海兵隊の飛行場である)普天間の県外、国外移設という賢明な選択をすると信じている」と、上から目線の内容だった。  
 
知事は朝鮮半島有事の際、普天間基地がわが国との事前協議なしに出撃できるだけでなく、核兵器の持ち込みも自由という重要度が極めて高い国連軍指定基地であることをご存じないのだろうか。  
 
一方で、「基地縮小」にも反対している。普天間基地周辺は人口密度が高く、危険な状態にある。そこで2010年、日米両政府は、これを除去するため、同基地を縮小しつつ、本島北部のキャンプシュワブ基地内に移設することで合意した。その際、基地内辺野古沿岸の一部を埋めたてて滑走路を建設することになった。
 
仲井眞知事(復帰後第7代)は辺野古埋めたてを承認したが、その後、翁長雄志氏(復帰後第8代)が「新基地建設反対」を掲げ、選挙で勝利。翁長知事は、沖縄防衛局から申請された埋めたてに関する変更手続きも一切許可しなかった。

翁長知事のあとを引き継いだ玉城知事(復帰後第9代)も、いまだに「新基地建設反対」と嘯いている。本来なら、普天間の危険が除去され、基地も縮小されるのだから喜ぶべきところにもかかわらず、である。
 
政府は、防衛省の要求に従って県の処分を取り消したが、県は「地方自治の侵害である」と反発。不承認の効力回復を求めて国を提訴したのだ。
 
4月26日、第2回口頭弁論が那覇地裁で行われた。
 
県の代理人を務める仲西孝浩弁護士が陳述。地方自治の独立性について定めた憲法92条を引用し、反論した。
 
私は、安全保障の面における九十二条の適用は適格性を欠くものと思う。そもそも普天間基地の返還合意は国際条約であり国内法に優先する、しかも日米両政府の合意事項を一地方の首長の意向で破棄できるなどありえない話だ。普天間基地周辺住民の危険除去を求められている緊急性からも、国策が優先されるべきである。

不安しかない「地域外交室」

玉城知事のブレーンといわれているのは、防衛官僚で元内閣官房副長官補の柳澤協二氏だが、本当に政府で働いていたのかと思うほど、反日的な人物だ。
 
今年2月8日、柳澤氏は「デニー知事と考える沖縄と日本の安全保障」というシンポジウムでこう語った。

「災害派遣とか若い人がたくさんいたほうが良いんだったら、それはスコップを持った部隊が一番良いですよ。不法入国とかそういうのが心配だったら、海上保安庁とか沖縄県警機動隊を呼ぶのが良いんじゃないでしょうか。間違ってもミサイルなんかを置くとね、いざというときに真っ先に攻撃対象になる」

「じゃ、どうするのだというと、少なくともさらに右も左も賛成派、反対派も含めて言えることは、そこが敵基地攻撃の拠点になるような装備をそこに持ってくることには反対ということであれば、もっと幅広い島民のコンセンサスができるんじゃないか」
 
こんな人物がブレーンについているうちは、知事の反日ぶりはブレーキがかかるどころか加速する一方だろう。
 
あまり知られていないことだが、実は、沖縄県知事のみ知事としての最優先職務を免除されている。
 
各都道府県知事は毎年秋口になると、各省庁担当者と交渉し、次年度の予算獲得のため必死になるが、沖縄県のみ内閣府が代行する。また、会計検査の対応についても内閣府から職員が沖縄に派遣され、担当部局職員を直接指南している。
 
故大田昌秀知事(復帰後第4代)などは時間を持て余し、年末、ファーストクラスを占有、腹心数名を引き連れて海外旅行を楽しんでいた。  知事はよほど時間に余裕があるのだろう、今年度から県庁に「地域外交室」を新設。冒頭の訪中も、その「地域外交」の一環だった。
 
2月の県議会では「平和構築に貢献する独自の地域外交を展開する」と、その意義を強調して大張り切り。国連の場で辺野古沖埋め立て反対の発信や、中国、台湾など周辺国・地域を訪問して友好関係を構築していくと息巻いた。  
 
知事の安全保障感覚の欠如ぶりは本稿で示したとおりだが、こんな人物に外交を行われては、わが国のガバナンスが問われるばかりか、中国の内政干渉をいま以上に拡大させることになる。
 
政府は従来の一国二制度的政策を解消し、沖縄を他府県と平等に扱うべきである。これを怠れば、沖縄は台湾よりも先に、中国にみ込まれることになろう。

関連する投稿


中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

頼清徳新総統の演説は極めて温和で理知的な内容であったが、5月23日、中国による台湾周辺海域全域での軍事演習開始により、事態は一気に緊迫し始めた――。


全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米に広がる「反イスラエルデモ」は周到に準備されていた――資金源となった中国在住の実業家やBLM運動との繋がりなど、メディア報道が真実を伝えない中、次期米大統領最有力者のあの男が動いた!


【読書亡羊】出会い系アプリの利用データが中国の諜報活動を有利にする理由とは  『トラフィッキング・データ――デジタル主権をめぐる米中の攻防』(日本経済新聞出版)

【読書亡羊】出会い系アプリの利用データが中国の諜報活動を有利にする理由とは 『トラフィッキング・データ――デジタル主権をめぐる米中の攻防』(日本経済新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

トランプ前大統領の〝盟友〟、安倍晋三元総理大臣はもういない。「トランプ大統領復帰」で日本は、東アジアは、ウクライナは、中東は、どうなるのか?


【スクープ!】自衛隊と神戸市が交わした驚きの文書を発見! 自衛隊を縛る「昭和の亡霊」とは……|小笠原理恵

【スクープ!】自衛隊と神戸市が交わした驚きの文書を発見! 自衛隊を縛る「昭和の亡霊」とは……|小笠原理恵

阪神地区で唯一の海上自衛隊の拠点、阪神基地隊。神戸市や阪神沿岸部を守る拠点であり、ミサイル防衛の観点からもなくてはならない基地である。しかし、この阪神基地隊の存在意義を覆すような驚くべき文書が神戸市で見つかった――。


最新の投稿


憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

すでに衆院の憲法審査会では4党1会派の計5会派が、いま行うべき憲法改正の内容について一致している。現在いつでも具体的な条文作業に入れる状況であり、岸田総理が決断すれば一気に進む。


【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)