玉城デニー知事の“国家反逆罪”|惠隆之介

玉城デニー知事の“国家反逆罪”|惠隆之介

「地域外交室」を設置し、媚中外交を展開する玉城デニー知事。 しかし、玉城知事の国益を損なう行動は、これだけではない。本稿では、その反日ぶりの数々を徹底批判!


知事は7月4日、明清代に琉球から訪れ、客死した使節らを埋葬したとされる北京市内通州区張家湾鎮立禅庵村にある琉球国墓地跡を訪問し、焼香した。

また、6日には日本国際貿易促進協会一行とは別行動をとり、福建省福州市を訪問し、琉球館を見学している。これは、かつて琉球の領事館の役割を果たし、朝貢体制のシンボル的施設だとされている。
 
中国メディアはこれらを大々的に報道。また、玉城知事は北京日報の記者へ、「私が参拝時に(焼香に)使った線香は、中国から伝わったものだ。それは、日本本土で使う線香とは異なる」と発言している。まるで「沖縄のルーツは中国」と言わんばかりだった。
 
一連の報道に、中国民衆は「『琉球は中国の朝貢国』、要するに属国だったという印象を受けたに違いない。
 
知事の訪中に合わせてインタビューで紙面を割いた「環球時報」(7月2日付け)はその発言内容を集約し、「日中関係には周知のように暗雲が垂れ込めているが、『沖中関係』」(沖縄と中国の関係)は雲一つない晴れ模様である」という内容を演出している。
 
知事は日頃、尖閣諸島に関する中国公船による領海侵入事案に無関心であることを利用されているのだ。中国のこれらの戦略は、まさに兵法六韜三略に「相手の気に入るようにして十分信頼を得たら、隙を見て攻撃をしかける」を地で行くようなものだ。玉城知事の素人外交が中国の戦狼外交に敵うわけがない。
 
実際、玉城知事が福建訪問中の7月6日、習主席は台湾方面を管轄する東部戦区の部隊を視察し、将兵に対し、戦意高揚を図っている。
 
一方、6月4日、中国共産党機関紙「人民日報」一面に、習近平国家主席の沖縄関連発言が大きく掲載された。習主席は6月1日、福建省福州市にある古文書などの保管所「中国国家版本館中央総館」を突如訪問し、「尖閣諸島は昔から中国領だ」と主張する際に根拠として引用される「使琉球録」の展示の前で立ち止まった。
 
同館職員の「これは釣魚島(日本名・魚釣島)およびその付属諸島が中国版図に属すると記録した初期の本だ」という説明を受けて、こう発言したという。
「私が福州(福建省の省都)で働いていた頃、福州には琉球館と琉球墓があり、(中国と)琉球との往来の歴史が深いことを知った。当時、『閔人三十六姓』が琉球に行っている」
 
暗に、「尖閣、沖縄は中国に帰属する」と言っているのだ。
 
玉城知事訪中後の7月13日、人民日報系の「環球時報」は「中国で琉球を探求する」と題し、SNS「微博」で、国内の「琉球」ゆかりの地を識者と巡る動画の連載を開始した。連載第一弾で、玉城知事が訪れた北京市の「琉球国墓地」跡地を取り上げている。
 
玉城知事の訪中は、こうして中国側の宣伝に「利用」されているのである。

知事失格の行動

玉城知事の国益を損なう行動は、これだけではない。本稿では、その反日ぶりの数々を紹介したい。
 
とくに目に余るのが、反米軍基地パフォーマンスである。  
 
今年1月13日、米海兵隊は「普天間基地所属のCH53ヘリコプターなど四機の離着陸訓練を下地島飛行場で行いたい」と県に許可を要請した。目的は、離島の人道支援・災害救援のための習熟飛行であった。  
 
ところが、知事は米軍の要請を拒否したのである。  
 
前日の1月12日、ワシントンで日米の外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)が開催され、訓練などでの空港ならびに港湾の柔軟な使用に関しての合意がなされたばかりだった。その訓練を拒否した知事の行為は、あえて中国的に言えば「国家反逆罪」に当たる。
 
離島住民の迅速な避難は、災害時だけでなく、台湾有事でも重要な課題だ。その訓練を拒否するなどあり得ない話で、玉城知事は離島住民の命よりも思想信条のほうが大事なのだろうか。  
 
結局、米海兵隊は、同ヘリコプターによる下地島を含む宮古島上空の旋回飛行を行う代用訓練で済ませるしかなかった。  
 
その後、2月17日、沖縄本島から北西約280キロ地点の日本の排他的経済水域(EEZ)内で漁業資源調査にあたっていた調査船「陽光丸」(32人乗船)に、中国海軍艦載ヘリコプターが上空30メートルまで接近を繰り返すという威嚇行為を行った。  
 
知事が反米軍基地パフォーマンスを繰り返し、日米同盟にヒビが入るようなことがあれば、中国はさらに大胆な行動をとり、沖縄県民はより危険に晒されるだろう。知事失格である。  
 
4月17日には、糸数健一与那国町長が県庁を訪問し、台湾有事の際、住民が迅速に島外避難できるように滑走路の延長、大型港湾施設の建設を要請したところ、「需要に課題がある」として拒絶している。自衛隊や米軍に拡大利用されることを警戒してのことだというから呆れる。

自衛隊の要請を拒否

玉城知事は米軍だけでなく、自衛隊の活動も妨害している。  
 
4月、自衛隊は北朝鮮の軍事偵察衛星打ち上げに伴い、一部が沖縄県内に落下する事態に備え、4月29日までに海自輸送艦で迎撃ミサイル「PAC3」部隊と関連車両を、宮古、石垣、与那国三島へ配備しようとしていた。  
 
しかし、防衛省が那覇港、中城湾港に接岸したいと県に要請すると、知事は「接岸予定岸壁がすでに民間の船舶の予約が入っている」として、拒否したのである。

「本島所在の港の岸壁に空きがなかった」

「岸壁の使用や空港の時間外の使用は、規則に則って、当然運用できるものであれば許可をする」
 
と弁明しているが、理解に苦しむ。

離島住民の生命と財産を守る意識があれば、たとえ民間船の予約が入っていても沖合待機を要請して、海自輸送艦を優先させることができたはずだ。  
 
結局、自衛隊は急遽、空自輸送機と民間車両運搬船を代用し、1日遅れの30日夕刻、ようやく与那国に到着した。何事もなかったからよかったものの、万が一のことがあったら、どうするつもりだったのか。
 
知事は離島を軽視しているフシがあるのだ。それが証拠に、2期にわたる任期中、宮古、石垣へは一度も行政視察をしていない。  
 
与那国島へは視察こそしているが、最悪の形だった。
 
2019年5月12日から13日、与那国では50年に一度の記録的な豪雨があり、農作物はほとんど冠水、甚大な被害を受けた。  
 
普通の知事ならすぐにでも現場に向かうだろうが、知事はいっこうに視察せず、ようやく与那国を訪れたのは、約3カ月後の8月2日だった。
 
その際、「漁協長から中国公船の脅威が増大している」と安全操業推進の要請を受けたが、ノーコメント。与那国島民の知事への怒りは頂点に達した。  
 
与那国を視察するまでの三カ月間、知事はロシアを訪問(6月5~9日)したり、東京で反基地を訴えるトークショー(6月11日)を行ったりしている。
 
いくらでも与那国を視察する時間はあったように思うが、それよりも自身の政治パフォーマンスを優先したのだろう。

関連する投稿


中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

頼清徳新総統の演説は極めて温和で理知的な内容であったが、5月23日、中国による台湾周辺海域全域での軍事演習開始により、事態は一気に緊迫し始めた――。


全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米に広がる「反イスラエルデモ」は周到に準備されていた――資金源となった中国在住の実業家やBLM運動との繋がりなど、メディア報道が真実を伝えない中、次期米大統領最有力者のあの男が動いた!


【読書亡羊】出会い系アプリの利用データが中国の諜報活動を有利にする理由とは  『トラフィッキング・データ――デジタル主権をめぐる米中の攻防』(日本経済新聞出版)

【読書亡羊】出会い系アプリの利用データが中国の諜報活動を有利にする理由とは 『トラフィッキング・データ――デジタル主権をめぐる米中の攻防』(日本経済新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

トランプ前大統領の〝盟友〟、安倍晋三元総理大臣はもういない。「トランプ大統領復帰」で日本は、東アジアは、ウクライナは、中東は、どうなるのか?


【スクープ!】自衛隊と神戸市が交わした驚きの文書を発見! 自衛隊を縛る「昭和の亡霊」とは……|小笠原理恵

【スクープ!】自衛隊と神戸市が交わした驚きの文書を発見! 自衛隊を縛る「昭和の亡霊」とは……|小笠原理恵

阪神地区で唯一の海上自衛隊の拠点、阪神基地隊。神戸市や阪神沿岸部を守る拠点であり、ミサイル防衛の観点からもなくてはならない基地である。しかし、この阪神基地隊の存在意義を覆すような驚くべき文書が神戸市で見つかった――。


最新の投稿


【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)


なべやかん遺産|「ゴジラ×コング 新たなる帝国」

なべやかん遺産|「ゴジラ×コング 新たなる帝国」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ゴジラ×コング 新たなる帝国」!