今回の韓国への措置は日本の外交史上、例を見ない汚点|和田政宗

今回の韓国への措置は日本の外交史上、例を見ない汚点|和田政宗

日本外交には理念があるのかと疑問に思う事態が続いている。外交上の大チャンスを逃したり、詰めるべき点を詰めない「なあなあ外交」が行われている――。


外交上絶対にやってはならないこと

対韓国では、昨日21日に、輸出手続きを簡略化できる「グループA(旧ホワイト国)」の対象国に再指定した。韓国には、日本から輸出された軍事転用の恐れがある物資の管理体制に不備があり、平成30(2018)年に海上自衛隊哨戒機への火器管制レーダー照射が起きた翌年、この問題への解決の意思が韓国側にないことを受け実施されたものである。

今回の再指定にあたり、日本政府は韓国側の輸出管理の実効性を確認できたためとしているが、火器管制レーダー照射問題は全く解決していないなかでの措置である。

すでに、日韓通貨スワップ協定は先月、再開が決定された。通貨スワップ協定は、通貨危機時にドルなどを融通し合うものだが、日本は米国と中央銀行間で上限のない通貨スワップ協定を結んでおり、通貨危機時にはいくらでもドルを融通できる。

すなわち日韓通貨スワップ協定は、我が国には全くメリットがなく韓国を助けるだけのものだが、そもそもスワップ協定再開の交渉を中断したのは、平成28(2016)年に釜山の日本総領事館前に慰安婦像が設置された国際法違反への対抗措置であった。

これらの問題が全く解決しないまま、通貨スワップ協定も、輸出手続きグループAへの復帰も立て続けに行っているのである。これは外交上絶対にやってはならないことで、韓国側が解決しない限り再開も復帰もさせないと韓国側に決断を促すものが、韓国側がその決断を示さないのに日本が勝手に復帰も再開も決めてしまったのである。

つまり、今回のことを前例とし、韓国は、「日本が厳しいことを言ってきても時間が過ぎれば何とかなる」と判断することになる。両国間の最大の懸案である竹島問題はどうするのか。韓国側は、「解決しなくても時が経てば何とかなる」と考えるに違いない。

私は政治家としてだけでなく学問の分野においても日本外交史を研究してきたが、今回の韓国に対する措置は日本の外交史上、例を見ない汚点と言うべきものである。

「琉球館」を訪問した玉城デニー知事

そして、対中国である。中国は「琉球は中国の属国であり、沖縄はそもそも中国のものである」との主張を強めているが、日本政府はこれらの主張に対し手を打たないばかりか、助けるようなコメントを出してしまった。

それは、玉城デニー沖縄県知事が中国の李強首相と今月5日に会談したことについて、松野博一官房長官が記者会見で「歓迎する」と述べたことである。

今回の玉城知事の行動は極めて危険なものである。先月、中国共産党機関紙の人民日報は、習近平国家主席が福建省にある「琉球館」について言及したことを報じた。「琉球館」は、過去、琉球の出先機関の役割を果たし、朝貢貿易の象徴的な施設である。

そして、今回の訪中で玉城知事は習近平氏の発言に呼応する形で「琉球館」を訪問したのである。「琉球は属国であった」との中国の主張を追認するかのような行動である。沖縄県は今年4月に「地域外交室」を設置し、「沖縄独自の地域外交を進めていく」としている。

県としての国際交流であるなら分かるが「独自の地域外交」とは何を指すのか。国としての外交は日本政府が一元的に担うものであるが、玉城知事の考えている外交とは何なのか。政府は、これらを踏まえコメントすべきではなかったが、「歓迎する」と言ってしまったのである。

さらに、中国については、福島第一原発の処理水放出をめぐり、外交トップの王毅中国共産党政治局員が「汚染水」と発言し、香港特別行政区政府は、処理水放出後に10都県産の水産物を直ちに輸入禁止する計画であると発表した。全く科学的根拠に基づかない主張であり、すでに三陸などでは水産物の価格下落が始まっている。

「風評いじめ」は絶対に起こしてはならず、私は政府に対し、中国が科学的根拠に基づかない主張を続けるのであれば、中国に対し経済制裁を科すべきであると要請した。中国の主張は到底許容できず、漁業者の生活を守るためにも政府は断固たる行動を中国に対して取るべきである。

関連する投稿


憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

すでに衆院の憲法審査会では4党1会派の計5会派が、いま行うべき憲法改正の内容について一致している。現在いつでも具体的な条文作業に入れる状況であり、岸田総理が決断すれば一気に進む。


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)


大丈夫か、自衛隊! 航空自衛隊の高級幹部選抜試験で不正発覚!|小笠原理恵

大丈夫か、自衛隊! 航空自衛隊の高級幹部選抜試験で不正発覚!|小笠原理恵

「海自ヘリ墜落、2機が空中衝突」(4月20日)、「手榴弾爆発で20代の隊員1人死亡」(5月30日)などトラブル続きの自衛隊だが、最高幹部階級への登竜門である選抜試験でも不正が発覚した――。


中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

頼清徳新総統の演説は極めて温和で理知的な内容であったが、5月23日、中国による台湾周辺海域全域での軍事演習開始により、事態は一気に緊迫し始めた――。


全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米に広がる「反イスラエルデモ」は周到に準備されていた――資金源となった中国在住の実業家やBLM運動との繋がりなど、メディア報道が真実を伝えない中、次期米大統領最有力者のあの男が動いた!


最新の投稿


憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

すでに衆院の憲法審査会では4党1会派の計5会派が、いま行うべき憲法改正の内容について一致している。現在いつでも具体的な条文作業に入れる状況であり、岸田総理が決断すれば一気に進む。


【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)