難波静岡市長よ、文句は川勝知事に言え!|小林一哉

難波静岡市長よ、文句は川勝知事に言え!|小林一哉

川勝知事の山梨県内の調査ボーリング中止要請という理不尽な振る舞いによって、さまざまなハレーションが起きている。難波市長は県庁時代とはうってかわって、静岡県の対応に異議を申し立てたのだが……。


ことし4月13日に川勝知事を表敬訪問した難波市長(静岡県庁、筆者撮影)

「山梨県の調査ボーリング」に特化した異例の会見

「山梨県内の調査ボーリングをやめろ」

静岡県の川勝平太知事の理不尽な言い掛かりによって、さまざまな場所でさまざまなリアクションが起きている。

何よりも、驚かされたのは、ことし4月に静岡市長に就いた難波喬司氏がこの問題に介入したことである。

川勝知事は、運輸省(現・国交省)の官僚だった難波氏と懇意となり、一般的な役所ルートではなく、静岡県とは縁もゆかりもない難波氏を個人的な関係で副知事に招聘した。

難波氏は異例の2期8年間、副知事を務め、リニア問題の責任者としてだけでなく、2021年7月に起きた熱海土石流災害の原因調査など重要案件に携わった。難波氏は、川勝知事の最側近としてリニア問題のすべてを取り仕切った。

ところが、今回、難波市長は県庁時代とは180度違い、静岡県の対応に異議を申し立てたのだ。

まず、5月24日の市長定例会見で「調査ボーリングの穴は小さい。これが300メートル先まで水を引っ張るなんて考えられない」と個人的な見解を述べた上で、県境まで300メートルの地点で山梨県のボーリング調査を止めることに、「賛同しない」などと述べた。

続いて、6月6日の会見は、静岡市長としてではなく、静岡理工科大学大学院客員教授(工学博士)の立場で、「山梨県の調査ボーリング」続行について1時間以上もの時間を割いて説明をした。

静岡市の行政問題とは全く関係のない、「山梨県の調査ボーリング」に特化した異例の会見である。個人的な立場を強調しているが、静岡市長という肩書はついて回る。またそうでなくては、記者たちは取材をしない。

難波市長は、山梨県の調査ボーリングによって湧水が出る仕組みをダイコンやペットボトルを用意して、具体的にわかりやすく説明するパフォーマンスを行ったから、テレビには恰好のネタを与え、各局とも面白おかしく取り上げた。

難波市長の思惑とはなにか

残念ながら、筆者は静岡市役所での会見には出席できなかったが、報道陣に配布したA4判13ページにも及ぶ説明資料を取り寄せた。

難波市長の計算では、「県の推定は過大評価である」との見解を示し、技術者として「ボーリング調査は進めるべきだ」という結論が記されていた。
それだけでなく、難波市長は「県の主張には何ら正当性がない」などと、県と真っ向から対立する姿勢を明らかにしたのだ。
 
難波市長によると、翌日の7日開催の県リニア専門部会への出席を森貴志副知事に求めたが、県に拒否されたため、今回の記者会見にいたったのだという。
 
ただ、7日開催の県リニア専門部会で難波氏の主張は全く相手にされず、会議後の囲み取材で、森副知事は「静岡県の水が引っ張られる可能性は否定できない」などと、従来の姿勢を一ミリたりとも変えることはなかった。
 
難波市長の思惑は何なのか?筆者には、非常に不可解に見えた。

一方の当事者である山梨県の長崎幸太郎知事が会見で「山梨県の工事で出る水はすべて100%山梨県内の水だ」と断言した上で、「山梨県内のボーリング調査は進めてもらう。山梨県の問題は山梨県が責任をもって行う」などと静岡県を批判したのとは全く違うのだ。
 
さらに、別の席で長崎知事は「企業の正当な活動を行政が恣意的に止めることはできない。調査ボーリングは作業員の安全を守り、科学的事実を把握するために不可欠だ」などと山梨県の立場を尊重するよう直接、川勝知事に求めた。

6月に入っても、静岡県が調査ボーリングの停止要請を撤回しなかったことから、9日の臨時会見で、長崎知事は「どこそこの水という法的根拠は何か、そもそも静岡の水とは何か明らかにしてもらう必要がある。

長野県、山梨県が源流となる富士川の水の(静岡県の)利用に対して我々も何かいうことはできるのか」などと法律上の議論を求める姿勢を示した。

山梨県のリニア工事を止めようとする静岡県の姿勢に対して、ついに長崎知事は切れてしまい、強い怒りを露わにした。

関連する投稿


【川勝劇場終幕】川勝平太とは何者だったのか|小林一哉

【川勝劇場終幕】川勝平太とは何者だったのか|小林一哉

川勝知事が辞任し、突如、終幕を迎えた川勝劇場。 知事の功績ゼロの川勝氏が、静岡に残した「負の遺産」――。


川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

急転直下、辞意を表明した川勝知事。しかし、本当の戦いはここからだ――。


マスコミが報じない川勝知事が暴言失言を恐れない理由|小林一哉

マスコミが報じない川勝知事が暴言失言を恐れない理由|小林一哉

「磐田は浜松より文化が高かった」 また暴言をした川勝知事。しかし、撤回もせず、悪びれる様子もない。なぜ、川勝知事は強気でいられるのか――。


川勝知事の「真っ赤な嘘」ゴールポストを動かした決定的証拠|小林一哉

川勝知事の「真っ赤な嘘」ゴールポストを動かした決定的証拠|小林一哉

山梨県選出の中谷真一議員が静岡県がゴールポストを動かしていると批判すると、川勝知事はすぐにさま「ゴールポストを動かしたことは一度もない」と反論。 しかし、静岡県の資料を見てみると……。


川勝知事、リニア妨害シナリオ|小林一哉

川勝知事、リニア妨害シナリオ|小林一哉

静岡県のリニア問題責任者を務める副知事による記者会見は、デタラメだらけだった。この記者会見の本当の目的とは――。


最新の投稿


【読書亡羊】初めて投票した時のことを覚えていますか? マイケル・ブルーター、サラ・ハリソン著『投票の政治心理学』(みすず書房)

【読書亡羊】初めて投票した時のことを覚えていますか? マイケル・ブルーター、サラ・ハリソン著『投票の政治心理学』(みすず書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】暴力を正当化し国民を分断する病的な番組|藤原かずえ

【今週のサンモニ】暴力を正当化し国民を分断する病的な番組|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


正常脳を切除、禁忌の処置で死亡!京都第一赤十字病院医療事故隠蔽事件 「12人死亡」の新事実|長谷川学

正常脳を切除、禁忌の処置で死亡!京都第一赤十字病院医療事故隠蔽事件 「12人死亡」の新事実|長谷川学

正常脳を切除、禁忌の処置で死亡――なぜ耳を疑う医療事故が相次いで起きているのか。その実態から浮かびあがってきた驚くべき杜撰さと隠蔽体質。ジャーナリストの長谷川学氏が執念の取材で事件の真相を暴く。いま「白い巨塔」で何が起きているのか。


トランプ前大統領暗殺未遂と政治家の命を軽視する日本のマスメディア|和田政宗

トランプ前大統領暗殺未遂と政治家の命を軽視する日本のマスメディア|和田政宗

7月13日、トランプ前大統領の暗殺未遂事件が起きた。一昨年の安倍晋三元総理暗殺事件のときもそうだったが、政治家の命を軽視するような発言が日本社会において相次いでいる――。


【今週のサンモニ】テロよりもトランプを警戒する「サンモニ」|藤原かずえ

【今週のサンモニ】テロよりもトランプを警戒する「サンモニ」|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。