CSISシミュレーション 中国を撃退する“4つ”の条件|和田政宗

CSISシミュレーション 中国を撃退する“4つ”の条件|和田政宗

1月9日、米国の戦略国際問題研究所(CSIS)が、中国による台湾侵略シミュレーションの結果をレポートにして発表した。24通り中22回は中国を台湾から撃退することができたが、では残りの2回は何なのか。


「ウクライナモデル」では中国を撃退できない

1月9日、米国の戦略国際問題研究所(CSIS)が、中国による台湾侵略シミュレーションの結果をレポートにして発表した。2026年に中国が台湾を侵略すると想定し、24通りのシミュレーション中22回で台湾は中国に奪取されず撃退できるという結果になった。

非常に重要なシミュレーションであり全文を読んだので、そのポイントと私の考えを記していきたい。まず、このCSISのレポートでは中国を撃退するのに必要な条件として次の4つを挙げている。
①台湾が領土を守るために強く抵抗すること。
②⽶国は数⽇以内にその能⼒を最⼤限に発揮して台湾救援のため参戦すること。
③⽶国が⽇本国内の米軍基地を使⽤できること。
④⽶国は⼗分な数の空中発射型⻑距離巡航ミサイルを持っていること。

そして、台湾有事の際の米国の関与のあり方として、「ウクライナモデル」では中国を撃退できないと述べている。

ロシアのウクライナ侵略において米国が取っているような行動ではなく、平時には⽶国は台湾と協⼒して台湾に必要な武器を提供し、台湾が中国による侵略を受けた場合は、米国は迅速に直接戦闘に参加しなければならないと分析し提言している。

さらに、米国は多数の死傷者が出ても作戦を継続する必要性を認識することが重要であり、3 週間で⽶国はイラクとアフガニスタンでの 20 年間の戦争の約半分の犠牲者を出すことになるとしている。中国のA2/AD能力(接近阻止/領域拒否能⼒)は⼿ごわいものになっていると分析し、特に中国⼈⺠解放軍ロケット軍を⼿ごわい戦⼒として挙げている。

また、日本については、国内の自衛隊基地または⽶軍基地が攻撃された場合にのみ、戦争に参加する可能性が最も⾼いというのが基本的なケースであると述べている。台湾救援のために自衛隊が参戦した場合、その被害が多大になることも述べられている。

中国が勝利し台湾を占領する条件とは何か

Getty logo

このシミュレーションでは24通り中22回は中国を台湾から撃退することができたが、では残りの2回は何なのか。これは、中国が勝利し台湾を占領するというもので、1つは、米国が台湾救援のため参戦しなかった場合。もう1つは、日本が中立し米国に日本国内の米軍基地を使わせない時である。

私はこれまでも台湾有事はイコール尖閣有事であるということを述べてきた。中国は「尖閣は台湾の一部であるから中国のものである」と荒唐無稽な主張をしており、台湾侵略と尖閣侵略は同時に行われると考えているからだ。この場合、日本は自国領土である尖閣防衛のため中国との戦争に突入することになる。

そうなれば中国は台湾を占領できず敗れるわけで、尖閣を攻撃されても日本が反撃しないような世論工作や、日本に日本国内の米軍基地を使わせない世論工作が中国により行われる可能性が極めて高いと思っている。中国もこうしたシミュレーションは行っているわけで、すでに世論工作は進んでいると考えたほうが良い。

抑止を前面に掲げ、敵基地反撃能力を保有するという歴史的大転換を行った安保3文書については、中国外務省の汪文斌報道官が「中国の脅威を誇張することで、自らの軍事力強化と武力拡張の口実を作る企てが目的を達することはない」と非難したが、国内の一部主要紙やSNSにおいても、安保3文書改定で「日本は戦争をする国になる」と、中国の主張と同じような発信が見られる。

関連する投稿


「緑なき島」、高額報酬、天下り、はぐらかし続けるNHK|和田政宗

「緑なき島」、高額報酬、天下り、はぐらかし続けるNHK|和田政宗

1月31日に行われた自民党総務部会(NHK予算審議)は大紛糾となった――。NHKは国民の受信料から成り立っている組織である。「経営改革」と言いながら、自らの報酬に手をつけない経営陣がこの世のどこにいるだろうか。


『デンジャー・ゾーン』「日本語版へのまえがき」を特別公開!

『デンジャー・ゾーン』「日本語版へのまえがき」を特別公開!

早まる台湾有事を警告した2022年8月刊の話題の書『デンジャー・ゾーン 迫る中国との衝突』の第一人者による邦訳が完成。ピーター・ナヴァロ『米中もし戦わば』やマイケル・ピルズベリー『China2049』、グレアム・アリソン『米中開戦前夜』を越える衝撃作の「日本語版まえがき」を特別公開!


話題書『デンジャー・ゾーン』の序章の一部を特別公開!

話題書『デンジャー・ゾーン』の序章の一部を特別公開!

早まる台湾有事を警告した2022年8月刊の話題の書『デンジャー・ゾーン 迫る中国との衝突』の第一人者による邦訳が完成。ピーター・ナヴァロ『米中もし戦わば』やマイケル・ピルズベリー『China2049』、グレアム・アリソン『米中開戦前夜』を越える衝撃作から、中国による台湾攻撃のシミュレーションを一部公開!


与党にはびこる〝中国共産党代理人〟|長尾たかし

与党にはびこる〝中国共産党代理人〟|長尾たかし

欧米各国が中国による人権侵害を事実認定して、政府や議会において対応すべく法整備が整っているのに、なぜ日本だけは一歩も前に進めないのでしょうか。永田町、霞が関の広範囲にわたって、中国共産党の呪いがかけられているとしか思えません――。


安保3文書履行に早くも暗雲|太田文雄

安保3文書履行に早くも暗雲|太田文雄

2+2の共同発表は昨年末に政府が決定した安保3文書を踏まえている。沖縄県による下地島空港の「軍事利用」拒否は、民間空港・港湾の利用拡大をうたった3文書の履行に背を向けることを意味する。


最新の投稿


「緑なき島」、高額報酬、天下り、はぐらかし続けるNHK|和田政宗

「緑なき島」、高額報酬、天下り、はぐらかし続けるNHK|和田政宗

1月31日に行われた自民党総務部会(NHK予算審議)は大紛糾となった――。NHKは国民の受信料から成り立っている組織である。「経営改革」と言いながら、自らの報酬に手をつけない経営陣がこの世のどこにいるだろうか。


『デンジャー・ゾーン』「日本語版へのまえがき」を特別公開!

『デンジャー・ゾーン』「日本語版へのまえがき」を特別公開!

早まる台湾有事を警告した2022年8月刊の話題の書『デンジャー・ゾーン 迫る中国との衝突』の第一人者による邦訳が完成。ピーター・ナヴァロ『米中もし戦わば』やマイケル・ピルズベリー『China2049』、グレアム・アリソン『米中開戦前夜』を越える衝撃作の「日本語版まえがき」を特別公開!


話題書『デンジャー・ゾーン』の序章の一部を特別公開!

話題書『デンジャー・ゾーン』の序章の一部を特別公開!

早まる台湾有事を警告した2022年8月刊の話題の書『デンジャー・ゾーン 迫る中国との衝突』の第一人者による邦訳が完成。ピーター・ナヴァロ『米中もし戦わば』やマイケル・ピルズベリー『China2049』、グレアム・アリソン『米中開戦前夜』を越える衝撃作から、中国による台湾攻撃のシミュレーションを一部公開!


光に満ちた悲劇、安倍晋三とヤマトタケル|櫻井よしこ

光に満ちた悲劇、安倍晋三とヤマトタケル|櫻井よしこ

安倍晋三元総理はなぜ死ななければならなかったのだろうか。なぜテロに斃れなければならなかったのか。なぜ日本の警察と公安の弛緩しきった警備体制の犠牲にならなければならなかったのか。櫻井よしこ氏が綴った慟哭の30枚。


両親が覚悟の独占告白!国政を動かす「小川さゆり」の真実|福田ますみ

両親が覚悟の独占告白!国政を動かす「小川さゆり」の真実|福田ますみ

メディアが連日報じる元宗教二世・「小川さゆり氏」の壮絶な体験。日本外国特派員協会でも涙ながらの会見を行い、与野党のヒアリングに応じるなど、その発言は国政にも大きな影響を及ぼしている。だが、彼女の発言は果たして本当なのか? なぜ一切検証されないのか? 「このままではいけない」と彼女の両親が決意の告白を行った。当事者の声を追ったノンフィクション作家・福田ますみ氏渾身のルポ。