虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

11月13日、東アジアサミットで中国を名指しで批判した岸田首相。「岸田首相は覚醒した」「初めて毅然とした姿勢を示した」と評価する声も出たが、はたして本当にそうだろうか。岸田首相の発言を検証すると、バイデン大統領の発言と「ウリ二つ」であることがわかった――。(サムネイルは首相官邸HPより)


岸田首相は覚醒したのか?

岸田首相が11月12日から8日間の外遊を終え帰国した。

11月13日の中国の李克強首相も参加した東アジアサミットで、中国を名指しして弾道ミサイルやウイグル、香港の人権問題などを批判したことについて「岸田首相は覚醒した」「初めて毅然とした姿勢を示した」と評価する声も出た。

しかし「岸田覚醒」という宣伝は、岸田擁護派と大手メディアが作り上げた全くの虚像だ。

逆に、今回の外遊で明確になったのは、岸田首相は外国勢力の言うなりに動き発言する、独立国家のリーダーには相応しくない道を選んでいるという哀しい現実である。これを事実に基づいて検証し証明する。

まず、11月13日に岸田首相が「中国を名指しで批判した」と言われているセリフを検証すると、翌日に行われた米中首脳会談でのバイデン大統領の発言と「ウリ二つ」であることがわかる。

□11月13日 岸田発言
香港情勢及び新疆ウイグル自治区の人権状況に対する深刻な懸念を表明する。
□11月14日 バイデン発言
中国が新疆、チベットと香港で行っていることについて、また人権問題について広範な懸念を表明する。

□11月13日 岸田発言
台湾海峡の平和と安定は、地域の安全保障に直結する重要な問題である。
□11月14日 バイデン発言
台湾海峡の平和と安定を維持することの重要性を指摘する。

□11月13日 岸田発言
中国の台湾に対する軍事的行動や威圧的な活動など地域の緊張を高める行為が依然続いている。
□11月14日 バイデン発言
中国の台湾に対する威圧的攻撃的な行動は、台湾海峡と世界の繁栄を危機に晒すものであり反対する。

中国名指し批判はバイデンの前でだけ

こうした多国間協議では、同盟関係にある国が事前に口裏を合わせて会議全体の議論を有利に進めようとすることは珍しくない。しかし、ここまで首脳のレトリックが一致しているのは異常だ。バイデン大統領の「オウム返し」としか言えない発言は、中国関連に限ったものではなかった。

□11月13日 岸田発言
ロシアによるウクライナ侵略は、国際法に違反する行為であり、力による一方的な現状変更の試みは世界中のどこであっても決して認められない。

□11月14日 バイデン発言
ロシアのウクライナに対する国際法に反する暴虐と核使用に関する無責任な恫喝を非難する。力による一方的な現状変更の試みは世界中どこであっても許されない。

□11月13日 岸田発言
ロシアの核兵器による威嚇は断じて受け入れられず、ましてや使用はあってはならない。
□11月14日 バイデン発言
核戦争を起こすことには断固反対し、核兵器の使用や核による恫喝行為には強く反対する。

日米首脳の別の会合での発言を比較した私は、G7、 G20、 ASEAN、 APEC、国連総会などTBS報道局時代にこうした多国間協議の現場を数多く取材した経験から、「これはバイデンに言わされたな」とピンと来た。

念のため、岸田首相が出席した多国間協議と2国間会談における岸田発言を全て検証してみた。

岸田首相は今回の外遊で、9つの多国間協議と11の2国間会談をこなしたが、「中国を名指しで批判した」のは、バイデン大統領が出席した東アジアサミットと日米首脳会談だけ。すなわち、バイデン大統領の前でだけ中国を名指しで批判したのだ。

関連する投稿


憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

すでに衆院の憲法審査会では4党1会派の計5会派が、いま行うべき憲法改正の内容について一致している。現在いつでも具体的な条文作業に入れる状況であり、岸田総理が決断すれば一気に進む。


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)


大丈夫か、自衛隊! 航空自衛隊の高級幹部選抜試験で不正発覚!|小笠原理恵

大丈夫か、自衛隊! 航空自衛隊の高級幹部選抜試験で不正発覚!|小笠原理恵

「海自ヘリ墜落、2機が空中衝突」(4月20日)、「手榴弾爆発で20代の隊員1人死亡」(5月30日)などトラブル続きの自衛隊だが、最高幹部階級への登竜門である選抜試験でも不正が発覚した――。


中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

頼清徳新総統の演説は極めて温和で理知的な内容であったが、5月23日、中国による台湾周辺海域全域での軍事演習開始により、事態は一気に緊迫し始めた――。


全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米に広がる「反イスラエルデモ」は周到に準備されていた――資金源となった中国在住の実業家やBLM運動との繋がりなど、メディア報道が真実を伝えない中、次期米大統領最有力者のあの男が動いた!


最新の投稿


憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

すでに衆院の憲法審査会では4党1会派の計5会派が、いま行うべき憲法改正の内容について一致している。現在いつでも具体的な条文作業に入れる状況であり、岸田総理が決断すれば一気に進む。


【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)