MENU

瀬戸内みなみの「猫は友だち」

農園「はなあふ」の猫

 

「安芸の山里農園はなあふ」があるのは、広島県のだいたい真ん中あたりの山のなかだ。

きれいな水が流れるせせらぎに蛍が棲み、タヌキやキツネ、シカにイノシシもひょっこり顔を出す。東京で会社勤めをしていた森昭暢(あきのぶ)さんが、故郷に近いこの土地で農園を始めたのは今から七年前のこと。そばにはいつも猫のモカがいた。

 

 

「実家も農業とは関係ないのですけど……。でも興味があったので、最初は趣味のつもりで新潟県上越市の米作り体験に参加しました。東京から月に一回通っている頃に、上越の友人の家で生まれた猫がモカです」

都会と農村を行き来しながら農業を学ぶうち、自然の力、本物の食べ物に魅せられた。また人々が伝えてきた知恵を将来につなげたい、という気持ちも強くなり、有機農業を志すことを決意した。

 

 

「それにやっぱり、自然に囲まれて暮らしたいと思ったんです。好きなんですよね」

「はなあふ」とは、春・夏・秋・冬の頭文字をとったもの。日本の四季や暮らし方を大切にしたいという気持ちを表現したものだという。

 

 

農地に過剰な負荷をかけないように、多くの品目を少しずつ作る。農薬や化学肥料を使わない、自然農法による栽培を目指す。キヌサヤにキュウリ、ナス、小松菜にほうれん草、色とりどりのダイコンやニンジン……。四季を通じて栽培される「はなあふ」のいろんな野菜は、どれもしっかりとしていて味が濃い。農園には田んぼもあって、こだわりのお米を育てている。

 

 

「野菜の苗を育てているハウスに水やりするときには、モカを連れて行くこともあります。畑の周りに生えている草を食べたりして嬉しそうなんです」

森さんもまた嬉しそうだ。

ほとんど家のなかにいるモカだが、どうやら猫として不思議な力を持っているらしい。

「ホームページに載せているモカの写真を見て、遠く関東や新潟の方から野菜の注文をいただくこともあります。直接会ったこともないのに、猫のおもちゃやフードを送ってくださる方もいる。うちの農園で働く研修生もみんな、モカと触れ合うと猫が大好きになってしまうんですよ。 

モカは特別な猫なんです」

 

 

ご近所さんも猫好きが多い。特にお向かいの牛農家では、藁のなかで猫たちがぬくぬくと暮らし、ネズミ退治という本来の使命を果たしている。「はなあふ」に出入りしている外猫も何匹かいるが、モカはおおように迎えているそうだ。

人間も動物も植物もみな、命が穏やかに息づいている山あいの里である。

(初出:月刊『ねこ新聞』2018年5月号)

※「日本で唯一の『猫文学』新聞」、月刊『ねこ新聞』については公式サイト( http://www.nekoshinbun.com )をご覧ください。

タグ

バックナンバー

著者略歴

  1. 瀬戸内みなみ

    作家 広島県生まれ。上智大学文学部卒業。会社勤務などを経て、小説、ノンフィクションなどを手掛けている。テーマは猫と旅と日本酒。著書に『にっぽん猫島紀行』(イースト新書)。月刊『Hanada』で「わが人生に悔いなし」を連載中。

ランキング

お知らせ

  1. 飛鳥新社
閉じる