プーチン大統領なら「核」を使う可能性はある!|和田政宗

プーチン大統領なら「核」を使う可能性はある!|和田政宗

ロシア軍は首都キエフから15km地点まで進軍した。キエフ制圧をはじめとする総攻撃において、戦術核兵器を使用する危険性が指摘されている。「ロシアもさすがに核使用まではしないだろう」というのは、甘い見通しだ。必要であれば躊躇なく戦術核を使用するという考えをプーチン大統領は持っている――。


「人道回廊」の罠と首都キエフ総攻撃

ロシアによるウクライナ侵略が激しさを増してきている。ロシアは、都市の全面的制圧の前に市民を避難させる「人道回廊」を設置したが、ウクライナのゼレンスキー大統領は、「南東部のマリウポリに設置された人道回廊をロシア軍が攻撃した」と非難した。

過去、シリア内戦においてはアサド政権軍やロシア軍により、反体制派が拠点としていたシリア北部の都市アレッポで「人道回廊」が設置されたが、ルートの先は政権側であるため逃げられなかった人も多く、その後アレッポは総攻撃され、5万人を超える犠牲者が出て都市は滅茶苦茶に破壊された。

結局、「人道回廊」の設置は、都市総攻撃の前に「民間人を逃がす努力はした」というロシアの言い訳のために設置されているに過ぎない。首都キエフ総攻撃が迫っていると危惧される。

ロシア軍は首都キエフから15km地点まで進軍した。ロシア軍は頑強なウクライナ軍の戦いに焦りが出ており、キエフ制圧をはじめとする総攻撃において、戦術核兵器を使用する危険性が指摘されている。

ロシアのプーチン大統領は侵略を始めた2月24日に、戦術核の使用を示唆する発言を行った。また、過去のクリミア侵略の際に「核兵器の使用も準備した」と語っており、必要であれば躊躇なく戦術核を使用するという考えをプーチン大統領は持っている。

しかし、このような核攻撃は全く許容できないのは世界にとって当たり前のことだ。

第三次世界大戦と自由主義陣営の戦略

もしロシアがウクライナに核攻撃を行なえば、第三次世界大戦の危機となり、米国、NATOをはじめとする諸国は岐路に立たされる。核攻撃に対し、米国やNATOが行動しなければロシアは核兵器を再使用する可能性があり、状況はさらに悪化する。

一方、ロシアの核攻撃に対し、「一線を越え許容できない」と、米国やNATOがウクライナへ部隊を派遣しての軍事支援を行なえば、ロシアとの全面戦争に発展する恐れがある。いずれにせよロシアが核攻撃を行なえば、第三次世界大戦となる危険性が極めて高いのである。

危機はすぐそこに迫っており、「ロシアもさすがに核使用まではしないだろう」というのは、私は甘い見通しだと考える。なぜなら、ザポリージャ原発では原子炉から470mの地点が攻撃された。

史上初の原発への攻撃であり、その距離を見れば原子炉に当たっても構わないという攻撃だった。ウクライナ制圧のためであればどんな手段も辞さないというのがこれまでのロシアの行動である。

これに対し各国は、ロシアに対する制裁を強めてきた。ロシアを国際的な金融システムである「SWIFT」から排除するとともに、プーチン大統領など関係者の資産凍結などを行っている。日本も同様の制裁措置を取ってきた。

経済においてロシアを締め上げ、侵略をやめさせようというのが、自由主義陣営の戦略である。

これによってロシア経済は大打撃を受けている。ロシア株式市場は2月25日から現在まで取引停止となっており、ロシア・ルーブルは暴落している。また、主たる欧米系企業がロシアへの輸出停止を行い、現地での事業縮小、一時停止等を決定した。5日には、マスターカード、ビザカードがロシア国内での決済事業の停止について発表した。

関連する投稿


新領域での戦いに自衛隊は取り残される|織田邦男

新領域での戦いに自衛隊は取り残される|織田邦男

サイバー戦においても立ちはだかる「専守防衛」の軛。日本は現代戦に取り残される一方である。にもかかわらず、「自衛隊は現代戦が戦えるのか」といった本質的な問いかけをする政党はない。


自民党「敗北」の可能性も 参院選終盤情勢を占う|和田政宗

自民党「敗北」の可能性も 参院選終盤情勢を占う|和田政宗

参院選は終盤戦へ突入し、10日の投開票日まで1週間を切った。ここにきて自民支持が下落しているのはなぜなのか。自民に投票していた方々の投票先は今回どうなるのか。私の分析では岩盤保守層、岩盤自民支持層20%のうちすでに10%は逃げている――。


国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

当然ながら、参院選最大の論点は、日本を改革する憲法改正の是非になるはずだ。が、どの候補が日本の国難の核心に触れる意見表明を行ったか。自分はどうなろうと国を憂える、といったパフォーマンスは流行らなくなったのだろうか。


参院選に暗雲!逃げずに正面から原発再稼働、憲法改正を訴えよ!|和田政宗

参院選に暗雲!逃げずに正面から原発再稼働、憲法改正を訴えよ!|和田政宗

酷暑のなか、もし電力が止まり冷房が止まってしまえば、命の危機にもつながる。国民は根本的な対応を求めており、もしそれを打ち出すことができなければ、大変な結果が待っているだろう。この1週間が決断すべき期間である。正面から訴えるべき政策については堂々と国民に訴えるべきだ。


「米国による平和」は終わった|田久保忠衛

「米国による平和」は終わった|田久保忠衛

10年以内に中国は米国よりも強くなると見るドイツ人は56%に達しており、米国は頼みにならないので欧州の防衛に投資すべきだと考える向きは60%に及んでいる。


最新の投稿


新領域での戦いに自衛隊は取り残される|織田邦男

新領域での戦いに自衛隊は取り残される|織田邦男

サイバー戦においても立ちはだかる「専守防衛」の軛。日本は現代戦に取り残される一方である。にもかかわらず、「自衛隊は現代戦が戦えるのか」といった本質的な問いかけをする政党はない。


自民党「敗北」の可能性も 参院選終盤情勢を占う|和田政宗

自民党「敗北」の可能性も 参院選終盤情勢を占う|和田政宗

参院選は終盤戦へ突入し、10日の投開票日まで1週間を切った。ここにきて自民支持が下落しているのはなぜなのか。自民に投票していた方々の投票先は今回どうなるのか。私の分析では岩盤保守層、岩盤自民支持層20%のうちすでに10%は逃げている――。


国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

当然ながら、参院選最大の論点は、日本を改革する憲法改正の是非になるはずだ。が、どの候補が日本の国難の核心に触れる意見表明を行ったか。自分はどうなろうと国を憂える、といったパフォーマンスは流行らなくなったのだろうか。


違う意見に耳を傾けたら相手をもっと嫌いになった! クリス・ベイル『ソーシャルメディア・プリズム』(みすず書房)

違う意見に耳を傾けたら相手をもっと嫌いになった! クリス・ベイル『ソーシャルメディア・プリズム』(みすず書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

世界では、習近平が退陣するのではないかというニュースが飛び交っている。一部のSNSでは、習近平主席がすでに半ば退位し、李克強首相が代行しているとの書き込みで溢れている。果たして、この「宮廷クーデター」(「反習派」による習主席の退位)の“噂”は本当なのか? 徹底検証する。