ロシアが仕掛けた戦争と中国の思惑|和田政宗

ロシアが仕掛けた戦争と中国の思惑|和田政宗

ロシアによるウクライナに対する戦争が始まった――。各国がロシアを非難するなかで、中国は「安全保障に関するロシアの正当な懸念を理解している」と述べた。ロシアと中国は連携しているのか。中国の思惑はどこにあるのか。中国に「NO」と言える政治家、和田政宗議員が徹底解説!


2008年北京五輪の聖火ランナーを投獄

ウイグル人への弾圧はオリパラ開催下の現時点で進行しているのみならず、過去にオリンピックの聖火ランナーなどで関わった人達にも行われている。

米国連邦議会が出資する「自由アジア放送(RFA)」の報道によると、2008年の北京夏季五輪の際、聖火ランナーを務めたウイグル人男性のアディル・アブドゥレヒムさんが「反革命」的な動画を見たことを理由に懲役14年の刑を受けて収監されているとのことである。

また、同じく2008年の北京五輪で聖火ランナーを務めたウイグル人男性のカマルトゥルク・ヤルクンさんは、父親のヤルクン・ロジさんが2016年に逮捕され、今はアメリカに在住し、父の釈放を求め活動している。

ロジさんは「分離主義活動に従事した」という理由で2016年に逮捕され、2018年に国家政権転覆扇動罪で懲役15年の有罪判決を受けた。ロジさんは、文芸評論家かつ作家で、10年以上にわたって使用されてきたウイグル文学の教科書の編集を担当していたということで、息子のカマルトゥルク・ヤルクンさんは、「ウイグルの文化、言語、アイデンティティを維持しようという父の努力を潰すため、中国当局が逮捕し、投獄した」と語っている。

北京冬季五輪に参加したアスリートの責務

Getty logo

ヤルクンさんはツイッターで、北京冬季五輪前に五輪へのボイコットを呼びかけ、北京五輪の開催は、中国による大量虐殺を助長するだけだと発信した。ヤルクンさんは、このように訴えている。

「ウイグルに対する中国のすべての大量虐殺と侵害を踏まえれば、北京冬季五輪に参加することは、この悪夢を恒久化するのに役立つだけです。アスリートがオリンピックのステージを利用して、ウイグルに対する連帯と支援を表明してくれることを願っています」

悲痛な叫びであり、ヤルクンさんのツイッターでは、妹も動画で父親の解放を求めている。

我々は、二度と民族弾圧のもとプロパガンダとして行われるオリンピックを行なわせないとともに、中国国内のウイグル、チベット、南モンゴルの方々の自由の確立と独立、解放を支援していかなくてはならない。

こうした中国の覇権主義、ロシアのウクライナに対する侵略。我が国は自由主義陣営のリーダーとして国際社会と連携し、断固たる措置を取って行くべきである。

関連する投稿


「ニュー岸田」の誕生か? 財務省に抗い速やかに減税を!|和田政宗

「ニュー岸田」の誕生か? 財務省に抗い速やかに減税を!|和田政宗

「岸田内閣は負担増内閣」「国民生活の実態を分かってない」との声が届いたのか、岸田文雄総理が新たな経済対策を打ち出した――。実現か失望か、岸田政権としてまさにここが正念場である。(サムネイルは首相官邸HPより)


【処理水】国際社会に問え!「日本と中国、どちらが信頼できるか」|上野景文

【処理水】国際社会に問え!「日本と中国、どちらが信頼できるか」|上野景文

福島第一原子力発電所の処理水放出を開始した途端、喧しく反対する中国。日本はどのように国際社会に訴えるべきか。


ロシア外務省から激烈な抗議|石井英俊

ロシア外務省から激烈な抗議|石井英俊

「日本は報復措置を覚悟しろ!」――ロシア外務省はなぜ「ロシア後の自由な民族フォーラム」に対して異常ともいえる激烈な反応を示したのか。


イーロン・マスクが激奨する38歳の米大統領選候補者|石井陽子

イーロン・マスクが激奨する38歳の米大統領選候補者|石井陽子

米史上最年少の共和党大統領候補者にいま全米の注目が注がれている。ビべック・ラマスワミ氏、38歳。彼はなぜこれほどまでに米国民を惹きつけるのか。政治のアウトサイダーが米大統領に就任するという「トランプの再来」はなるか。


今にも台湾侵略が起きてもおかしくない段階だ|和田政宗

今にも台湾侵略が起きてもおかしくない段階だ|和田政宗

台湾をめぐる中国軍の「異常」な動きと中国、ロシア、北朝鮮の3国の連携は、もっと我が国で報道されるべきであるが、報道機関はその重要性が分からないのか台湾侵略危機と絡めて報道されることがほとんどない――。台湾有事は日本有事。ステージは変わった!


最新の投稿


【今週のサンモニ】厚顔無恥な暴走は止まらない|藤原かずえ

【今週のサンモニ】厚顔無恥な暴走は止まらない|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。過去の番組の論調を忘れたかのような厚顔無恥なコメントを連発。


「ニュー岸田」の誕生か? 財務省に抗い速やかに減税を!|和田政宗

「ニュー岸田」の誕生か? 財務省に抗い速やかに減税を!|和田政宗

「岸田内閣は負担増内閣」「国民生活の実態を分かってない」との声が届いたのか、岸田文雄総理が新たな経済対策を打ち出した――。実現か失望か、岸田政権としてまさにここが正念場である。(サムネイルは首相官邸HPより)


なべやかん遺産|「コレクションの飾り方」

なべやかん遺産|「コレクションの飾り方」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「コレクションの飾り方」!


【処理水】国際社会に問え!「日本と中国、どちらが信頼できるか」|上野景文

【処理水】国際社会に問え!「日本と中国、どちらが信頼できるか」|上野景文

福島第一原子力発電所の処理水放出を開始した途端、喧しく反対する中国。日本はどのように国際社会に訴えるべきか。


【レジェンド対談】出版界よ、もっと元気を出せ!|田中健五×木滑良久

【レジェンド対談】出版界よ、もっと元気を出せ!|田中健五×木滑良久

マガジンハウスで『BRUTUS』『POPEYE』などを創刊した名編集者・木滑良久さんが亡くなりました(2023年7月13日)。追悼として、『文藝春秋』で「田中角栄研究」を手掛けた田中健五さん(2022年5月7日逝去)との貴重な対談を『Hanada』プラスに特別公開! かつての出版界の破天荒さ、編集という仕事がどれだけおもしろいのか、そして木滑さんと田中さんがどのような編集者だったのかを知っていただければうれしいです。