新型コロナを早く「5類」へ!|門田隆将

新型コロナを早く「5類」へ!|門田隆将

“人流抑制”に取り憑かれた尾身茂会長と分科会に翻弄される菅政権、コロナ恐怖を煽るだけのマスコミ……政治家もマスコミも言わないコロナ対策の本質について鋭く切り込む!


保健所縛りによる「順番待ち」

8月13日夜、菅義偉首相は、新型コロナ患者への酸素投与が必要になった場合に利用できる「酸素ステーション」や、「抗体カクテル療法」として新たに承認された治療薬の投与を集中的におこなえる拠点を整備するとの考えを示した。
 
3日後の8月16日、菅首相、小池百合子都知事、田村憲久厚労相は早速、抗体カクテル療法が行われている都内の新型コロナウイルス患者の療養施設を視察した。「私たちは、コロナ対策をやっていますよ」というアピールである。
 
私は「もっと大事なことがあるでしょう」と二つのニュースに深い溜息が出た。当欄でも指摘してきた通り、日本は新型インフルエンザ等対策特別措置法の改正により、新型コロナを「2類感染症以上」の扱いとしている。

コレラより重い扱いのために、陽性者は保健所に届け出をせねばならず、保健所が患者の管理や入院調整をするのである。いわゆる“保健所縛り”だ。
 
しかし、このために日本では自宅療養ならぬ「自宅放置」という現象が起こった。例えば、東京では、陽性で自宅療養になっても、初期治療に有効とされるイベルメクチンをはじめとする薬も処方されることはない。「治療をしてもらえない」のだ。

つまり、「自己免疫力で戦いなさい」ということである。
 
8月3日、荒川区に住む糖尿病の基礎疾患がある50代の男性が新型コロナに感染し、自宅待機中に死亡しているのが発見された。

7月21日に発熱し、24日に病院で感染が判明したこの男性は糖尿病疾患があったが、入院できないまま自宅待機が続いていた。職場の同僚には、「保健所が“順番待ち”になった。その後、保健所と連絡が取れない」と嘆いていた。

こうして自宅待機が続いたまま、男性は感染判明から十日後、自宅で遺体となって発見されたのである。
 

2類相当から5類に下げればいいだけ

いうまでもないが、感染症は「発見、即治療」が大原則である。初期治療がなにより重要であることは専門家でなくても、誰でも知っている。

インフルエンザでも、病院で感染がわかると、すぐにタミフルをはじめ、さまざまな薬を処方してもらう。「これをんで2、3日は、栄養を摂ってゆっくり休んで下さい」と言われて会社や学校を休み、それでほとんどが治るのである。

だが、前述の通り、2類相当のコロナは、感染がわかった段階で保健所の管轄に入り、入院調整その他、すべてが保健所の扱いとなる。だが、保健所は医療機関でないため、薬の処方もしてもらえず、そのまま自宅待機となってしまうのだ。

感染者が増えたら、とても対応できるものではない。先の荒川区の50代男性のようにその間に死亡する人が出るのは当然だろう。
 
私は、自宅隔離中に亡くなる人が急増した今年の1月・2月から、くり返しこの問題を指摘してきた。しかし、国や都が動くことはなかった。相変わらず2類相当を続け、「自己免疫力でコロナと戦いなさい」との方針を続けたのだ。私は、遺族は国や都を相手取って訴訟を提起すべきだ、とまで主張した。
 
インフルエンザと同じように治療するには、コロナを2類相当から5類に下げればいいだけのことである。そして、コロナ治療は「公費負担」ということを決めればいい。だが、こんな簡単なことが菅政権にはできない。やっていることは「人流抑制」のために緊急事態宣言をくり返すだけだ。
 

関連する投稿


大泣きした菅前総理の弔辞と謝罪ですまない玉川徹氏|和田政宗

大泣きした菅前総理の弔辞と謝罪ですまない玉川徹氏|和田政宗

一般献花の長い列からも分かるように、安倍元総理への弔意は国民の多くが持っており、国葬実施後のSNSの反応も、「国葬をして良かった」との声が多数だった。各国代表の方々の弔意に応えるためにも、やはり国葬でなければならなかったと実感している。


沖縄県知事選「敗北」の理由と今後の政局|和田政宗

沖縄県知事選「敗北」の理由と今後の政局|和田政宗

再選直後、玉城デニー氏は次のように述べている。「沖縄の未来を描いていくため、基地問題の解決を図っていくこと。私はこれまでもこれからも1ミリもぶれない」。「今回は辺野古の新基地建設が大きな争点だった」とも語っているが、辺野古移設や基地問題は沖縄県民の第一の関心ではなかった――。(サムネイルは玉城デニー氏のTwitterより)


玉城デニー氏の公約達成率はわずか2.7%!|和田政宗

玉城デニー氏の公約達成率はわずか2.7%!|和田政宗

玉城デニー候補は、選挙の法定ビラに「公約の実現率98.6%」と記載しているが、これに対しては沖縄タイムスからも「不正確」だと追及された。また、玉城候補はSNSなどで、「相手候補は沖縄を潰しにかかっている」と攻撃しているが、抽象的な論争でなく、政策議論をすべきではないか。


日本を守るための“最後のチャンス”|門田隆将

日本を守るための“最後のチャンス”|門田隆将

2月に始まったロシアによるウクライナ侵攻は、日本にさまざまなことを突きつけた。いまこそタブーなき議論で日本を守るための手を講じよ!


ウクライナが日本に教えてくれる“世界の現実”|門田隆将

ウクライナが日本に教えてくれる“世界の現実”|門田隆将

憲法9条の改正も未だできず、自衛隊も“違憲状態”で、集団安保体制が築けない日本――ウクライナがロシアに侵攻された経緯をたどりながら、日本の存続のために何が必要なのかを見つめ直す。


最新の投稿


虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

11月13日、東アジアサミットで中国を名指しで批判した岸田首相。「岸田首相は覚醒した」「初めて毅然とした姿勢を示した」と評価する声も出たが、はたして本当にそうだろうか。岸田首相の発言を検証すると、バイデン大統領の発言と「ウリ二つ」であることがわかった――。(サムネイルは首相官邸HPより)


【読書亡羊】中台統一に「タピオカ屋」まで使う習近平 川島真、小嶋華津子編『UP Plus 習近平の中国』(東京大学出版会)

【読書亡羊】中台統一に「タピオカ屋」まで使う習近平 川島真、小嶋華津子編『UP Plus 習近平の中国』(東京大学出版会)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


韓国のプロパガンダに使われたNHK「緑なき島」|和田政宗

韓国のプロパガンダに使われたNHK「緑なき島」|和田政宗

「軍艦島は地獄島だった」「強制連行されたうえ劣悪な環境で働かされ、多くの人が命を落とした」。このような韓国のプロパガンダは、NHKの短編ドキュメンタリー映画「緑なき島」から始まった。NHKの捏造疑惑について国会で何度も質問をしたが、NHKはいまだにはぐらかし続けている――。


デサンティス知事の圧勝が教えるもの|島田洋一

デサンティス知事の圧勝が教えるもの|島田洋一

大勝を収めた結果、デサンティス氏は一躍、2年後の大統領選における最有力候補の1人と目されるに至った。デサンティス氏はまた、中国共産党政権によるスパイ行為を防ぐため、フロリダに本拠地を置く諸大学が中国人の研究者や中国の大学と行う共同プロジェクトに制限を課す州法の制定を議会に促してきた。


3年ぶりの日韓首脳会談 日本は言うべきことを言えたのか|和田政宗

3年ぶりの日韓首脳会談 日本は言うべきことを言えたのか|和田政宗

約3年ぶりに開かれた日韓首脳会談は、岸田総理と尹大統領の初会談でもあった。初会談は相手にくさびを打ち込む重要な会談である。はたして岸田総理は、韓国にくさびを打つことができたのだろうか。(サムネイルは首相官邸HPより)