望月衣塑子記者の暴走と自壊するジャーナリズム|和田政宗

望月衣塑子記者の暴走と自壊するジャーナリズム|和田政宗

ジャニーズ事務所会見での「指名NGリスト」が騒ぎになっているが、そもそも記者会見とは何か、ジャーナリズムとは何か、それらをはき違えた人物たちにより我が国のジャーナリズムが破壊されることは、ジャーナリズム出身者としても許せない。(サムネイルはYouTubeより)


「指名NGリスト」騒動の本質

今月2日のジャニーズ事務所の記者会見で、指名NGリストなどをもとに、質問の際に当てられなかった記者がいるのではないかと騒ぎになっている。しかし、記者会見において誰を当てるかは主催者側の裁量であり、本来とやかく言われる問題ではない。

私もNHK時代に数々の記者会見に出席してきたが、指名されないことも多々あった。そして、もし指名NGがあらかじめ決められたとしていても、挙手している記者が当該記者のみになれば主催者側は当てざるを得ない。

私は、今回の会見はその性質上、もっと質問時間を取り幅広く記者の質問を受けるべきであったと考えるが、2時間という時間で切り上げたことから挙手していたすべての記者を当てられなかった。また、記者は、記者会見で当てられなかったからそのニュースの取材ができないというわけではなく、独自に様々な角度から取材をすれば良いだけである。

私も政治家になってから、例えば自民党の不妊治療支援拡充議連など各種議連の役員や事務局長として記者会見に答えてきたし、過去には次世代の党の幹事長としても記者会見に臨んできた。いずれも記者の質問が尽きるまで質問に答えてきた。

菅義偉前総理が総裁選に立候補表明した際には、スポーツ紙向けの記者会見で司会を務めたこともある。菅陣営の総裁選選対本部の広報統括を務めていたということもあるが、私であれば突飛な質問や様々なリクエストを仕切ることができるということがあった。

実際に会見では、東スポから「菅さんはUFOの存在を信じますか?」との質問が出たり、「色紙に座右の銘を書いて」と要望があったり、「色紙を持って空手の突きのポーズを取って」とのリクエストにもすべて応えさせていただいた。記者の皆さんは大いに喜び、翌日のスポーツ紙の裏1面ぶち抜きや芸能面1面ぶち抜きで取り上げてくれた。

何の処分を下さない東京新聞

記者会見の肝要は、本当に時間の制約がなければ、でき得る限り質問に答えることであり、何かをかわそうとしても追及は収まらない。

メディア界で言われる言葉に「メディアと犬は逃げれば逃げるほど追ってくる」というものがある。初動対応では、現在わかっていることをすべて公表し謝罪すること、今回のような段階では、わかっていることの全公表とともに真摯かつ徹底的な再発防止策を発表し、でき得る限り長い時間を割いて記者の質問に答えることである。

ただ、今回のジャニーズ事務所の記者会見を考えた時に、東京新聞の望月衣塑子記者が会見場内に入ることから、危機管理上の対応レベルが上がったとみられる。

望月記者はこれまで各種会見等で暴走を続けてきた。例えば、官房長官記者会見においては、的外れな質問や、そもそも事実関係が違う質問、繰り返し同様の質問をして他記者にとっても貴重な質問時間が浪費されてしまうことが常であった。

さらに、国会においても前代未聞の暴挙を犯している。今年6月8日の参院法務委員会の入管法改正案の審議においては、記者として委員会室に入っているのに、審議中に大声でヤジを飛ばしたのである。

国民の負託を受けて行われる国会審議の進行を、記者として妨害した。議会制民主主義を冒涜する前代未聞の重大事案であるが、望月氏本人は反省もせず、東京新聞は何の処分も下していない。

関連する投稿


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

先の大戦有数の大激戦である硫黄島の戦いで、日米両軍合わせて2万9千人が亡くなった。今回の訪問で、硫黄島で戦った方々がどのような状況で、どのような思いで戦ったのかを、まざまざと知ることができた。


「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

トランプ前大統領の〝盟友〟、安倍晋三元総理大臣はもういない。「トランプ大統領復帰」で日本は、東アジアは、ウクライナは、中東は、どうなるのか?


いきなり示された自民党改革案 このままでは承服できない!|和田政宗

いきなり示された自民党改革案 このままでは承服できない!|和田政宗

3月6日、党改革案がいきなり示された――。自民党はすでに国民の信頼を失っており、党運動方針案に示したように「解体的出直し」をしなければ生き残れない。


災害から命を守るために憲法改正が必要だ|和田政宗

災害から命を守るために憲法改正が必要だ|和田政宗

私は、東日本大震災の津波で救えなかった命への後悔から、その後、大学院で津波避難についての修士論文をまとめた。国会議員に立候補したのも震災復興を成し遂げるという意志からであった。だが、災害などの緊急時に対応できる憲法に現行憲法はなっていない――。


最新の投稿


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!


【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点  園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点 園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

急転直下、辞意を表明した川勝知事。しかし、本当の戦いはここからだ――。