望月衣塑子記者の暴走と自壊するジャーナリズム|和田政宗

望月衣塑子記者の暴走と自壊するジャーナリズム|和田政宗

ジャニーズ事務所会見での「指名NGリスト」が騒ぎになっているが、そもそも記者会見とは何か、ジャーナリズムとは何か、それらをはき違えた人物たちにより我が国のジャーナリズムが破壊されることは、ジャーナリズム出身者としても許せない。(サムネイルはYouTubeより)


「指名NGリスト」騒動の本質

今月2日のジャニーズ事務所の記者会見で、指名NGリストなどをもとに、質問の際に当てられなかった記者がいるのではないかと騒ぎになっている。しかし、記者会見において誰を当てるかは主催者側の裁量であり、本来とやかく言われる問題ではない。

私もNHK時代に数々の記者会見に出席してきたが、指名されないことも多々あった。そして、もし指名NGがあらかじめ決められたとしていても、挙手している記者が当該記者のみになれば主催者側は当てざるを得ない。

私は、今回の会見はその性質上、もっと質問時間を取り幅広く記者の質問を受けるべきであったと考えるが、2時間という時間で切り上げたことから挙手していたすべての記者を当てられなかった。また、記者は、記者会見で当てられなかったからそのニュースの取材ができないというわけではなく、独自に様々な角度から取材をすれば良いだけである。

私も政治家になってから、例えば自民党の不妊治療支援拡充議連など各種議連の役員や事務局長として記者会見に答えてきたし、過去には次世代の党の幹事長としても記者会見に臨んできた。いずれも記者の質問が尽きるまで質問に答えてきた。

菅義偉前総理が総裁選に立候補表明した際には、スポーツ紙向けの記者会見で司会を務めたこともある。菅陣営の総裁選選対本部の広報統括を務めていたということもあるが、私であれば突飛な質問や様々なリクエストを仕切ることができるということがあった。

実際に会見では、東スポから「菅さんはUFOの存在を信じますか?」との質問が出たり、「色紙に座右の銘を書いて」と要望があったり、「色紙を持って空手の突きのポーズを取って」とのリクエストにもすべて応えさせていただいた。記者の皆さんは大いに喜び、翌日のスポーツ紙の裏1面ぶち抜きや芸能面1面ぶち抜きで取り上げてくれた。

何の処分を下さない東京新聞

記者会見の肝要は、本当に時間の制約がなければ、でき得る限り質問に答えることであり、何かをかわそうとしても追及は収まらない。

メディア界で言われる言葉に「メディアと犬は逃げれば逃げるほど追ってくる」というものがある。初動対応では、現在わかっていることをすべて公表し謝罪すること、今回のような段階では、わかっていることの全公表とともに真摯かつ徹底的な再発防止策を発表し、でき得る限り長い時間を割いて記者の質問に答えることである。

ただ、今回のジャニーズ事務所の記者会見を考えた時に、東京新聞の望月衣塑子記者が会見場内に入ることから、危機管理上の対応レベルが上がったとみられる。

望月記者はこれまで各種会見等で暴走を続けてきた。例えば、官房長官記者会見においては、的外れな質問や、そもそも事実関係が違う質問、繰り返し同様の質問をして他記者にとっても貴重な質問時間が浪費されてしまうことが常であった。

さらに、国会においても前代未聞の暴挙を犯している。今年6月8日の参院法務委員会の入管法改正案の審議においては、記者として委員会室に入っているのに、審議中に大声でヤジを飛ばしたのである。

国民の負託を受けて行われる国会審議の進行を、記者として妨害した。議会制民主主義を冒涜する前代未聞の重大事案であるが、望月氏本人は反省もせず、東京新聞は何の処分も下していない。

関連する投稿


日本防衛の要「宮古島駐屯地」の奇跡|小笠原理恵

日本防衛の要「宮古島駐屯地」の奇跡|小笠原理恵

「自衛官は泣いている」と題して、「官舎もボロボロ」(23年2月号)、「ざんねんな自衛隊〝めし〟事情」(23年3月号)、「戦闘服もボロボロ」(23年4月号)……など月刊『Hanada』に寄稿し話題を呼んだが、今回は、自衛隊の待遇改善のお手本となるケースをレポートする。


「パンダ」はいらない!|和田政宗

「パンダ」はいらない!|和田政宗

中国は科学的根拠に基づかず宮城県産水産物の輸入禁止を続け、尖閣への領海侵入を繰り返し、ブイをEEZ内に設置するなど、覇権的行動を続けている。そんななか、公明党の山口那津男代表が、中国にパンダの貸与を求めた――。(写真提供/時事)


日米に対して、中国「ゼロ回答」の背景|和田政宗

日米に対して、中国「ゼロ回答」の背景|和田政宗

日中首脳会談が約1年ぶりに開催された。岸田総理は日本の排他的経済水域(EEZ)内に設置されたブイの即時撤去等を求めたが、中国は「ゼロ回答」であった。聞く耳を持たない中国とどう向き合っていけばいいのか。(サムネイルは首相官邸HPより)


ミツカン「種馬事件」、再び、敗訴|西牟田靖

ミツカン「種馬事件」、再び、敗訴|西牟田靖

2013年、中埜大輔さんは、ミツカンの創業家出身のオーナー経営者である中埜和英会長の次女、聖子さんと結婚、翌年には男の子が誕生した。だが、彼の人生は義父母によって破壊された。生後4日目の子供を義父母の養子に差し出すよう強要されたのに始まり、別居の命令、離婚の強要、親子引き離し(実子誘拐)を目的とした日本への配転、告発報道の取材に応じたことを理由に即日解雇――。まるで中埜一族に「種馬」のように使われ、放り出されたのだ。


ラグビーW杯 フランス代表の「アレ!」|山口昌子

ラグビーW杯 フランス代表の「アレ!」|山口昌子

ラグビーワールドカップ2023フランス大会は、南アフリカの4度目の優勝で幕を閉じた。開催国フランスの初優勝はならなかったが、フランス国民は挙国一致でチームを応援。日本人とは異なる、フランス人の熱狂ぶりはいったいどこからくるのか。その歴史を紐解く。


最新の投稿


日本防衛の要「宮古島駐屯地」の奇跡|小笠原理恵

日本防衛の要「宮古島駐屯地」の奇跡|小笠原理恵

「自衛官は泣いている」と題して、「官舎もボロボロ」(23年2月号)、「ざんねんな自衛隊〝めし〟事情」(23年3月号)、「戦闘服もボロボロ」(23年4月号)……など月刊『Hanada』に寄稿し話題を呼んだが、今回は、自衛隊の待遇改善のお手本となるケースをレポートする。


なべやかん遺産|エクシストコレクション

なべやかん遺産|エクシストコレクション

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「エクシストコレクション」!


川勝知事のヤバすぎる「不適切発言」が止まらない!|小林一哉

川勝知事のヤバすぎる「不適切発言」が止まらない!|小林一哉

議会にかけることもなく、「三島を拠点に東アジア文化都市の発展的継承センターのようなものを置きたい」と発言。まだ決まってもいない頭の中のアイデアを「詰めの段階」として、堂々と外部に話す川勝知事の「不適切発言」はこれだけではない!


【今週のサンモニ】田中優子氏「立ち止まれ」発言の無責任|藤原かずえ

【今週のサンモニ】田中優子氏「立ち止まれ」発言の無責任|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。外交交渉の具体的アイデアを全く示すことができないコメンテーターたち。


「パンダ」はいらない!|和田政宗

「パンダ」はいらない!|和田政宗

中国は科学的根拠に基づかず宮城県産水産物の輸入禁止を続け、尖閣への領海侵入を繰り返し、ブイをEEZ内に設置するなど、覇権的行動を続けている。そんななか、公明党の山口那津男代表が、中国にパンダの貸与を求めた――。(写真提供/時事)