「猫にやさしい島」、男木島の猫たち|瀬戸内みなみ

「猫にやさしい島」、男木島の猫たち|瀬戸内みなみ

瀬戸内みなみの「猫は友だち」 第3回


一喜一憂するのは部外者だけ

「男木島にはもう猫がいない」……今度はこんな話がネットを駆け巡り始めた。感染症のデマもこの流れで生まれたものと思われる。姿を見せなければ、数が少なくなったようにも見えるだろう。

もともと口コミで人気が広まった島だから、逆の効果もすぐに表れたらしい。それまで週末や連休ともなれば、定員250人の定期連絡船に積み残しが出るほどギュウギュウに乗って観光客がやってきていたのに、それが目に見えて減った。今年のゴールデンウィークもかつての勢いがまったく無かったという。

「困ったねえ。やっぱり、お客さんには猫を見て喜んで欲しいんや。なんとかならんかねえ」

ある飲食店関係者がこぼしていた。

だが実は、島でこうした危機感を持つひとはごくわずかだ。数年前にくらべ、来訪者がゆっくり休憩することのできる飲食店の数は格段に増えているのに、「猫が減って困る」という住民はほとんどいないのが現実なのである。なぜか。ほとんどのひとはそもそも、猫に関心がないからである。

考えてみればどこのご町内でも猫を好きなひとはほんの一部で、あとはなんの興味も持っていないひとたちという構成になっているはずだ。猫はどちらかというとうるさくてクサい動物として、疎まれることが多い。男木島でも同じなのだ。

もともとお年寄りばかりでのんびり暮らしていた島だから、目の色を変えて商売しているわけでもない。猫のおかげで観光客が増えたことは確かだが、

「なんであんなもの、わざわざ見に来るんやろ」

と不思議がっていたくらいだ。

猫が増えても減っても、それで騒いでいるのは結局、島とはなんの関係もないひとたちばかりなのである。

これぞ本当の「猫の楽園」

徹底してTNRをすれば、その地域の猫は3年で半減するといわれているそうだ。2年で150匹から100匹弱になったなら、そんなものだろう。ちなみにこの100弱という数字、ざっと数えてみても、また島で消費されるキャットフードの総量から逆算してもそれくらいになるという。

男木島は本当に小さな島だ。そして猫たちはまだここでたくさん暮らしている。だからのんびり散歩をしていれば、必ず彼らに会うことができる。

古い伝説の残る井戸の前。うねうねと続く細い坂道の途中。海と空の輝く青さを同時に楽しむことのできる、神社の鳥居の下。思う存分昼寝をし、それに飽きたら草むらでトカゲをとったり、蝶を追いかけたりしている猫たち。

交通事故の心配もせずにゆっくり道路を横切る猫というのも、都会では見ることができなくなった。見知らぬひとに媚びをうることはもうないかもしれないが、そうしなくても生きていける猫の姿を、豊かな自然のなかで眺めることができるのだ。大いなる眼福ではないか。これぞ猫の楽園。猫にやさしい、純朴な島の暮らし。

部外者ならそれで十分、満足できるはずだ。

関連する投稿


林真理子さんが感服! 村西とおる「有名人の人生相談『人間だもの』」

林真理子さんが感服! 村西とおる「有名人の人生相談『人間だもの』」

「捨て身で生きよう、と思える一冊。私の心も裸にされたくなりました」(脚本家・大石静さん)。「非常にいい本ですね、ステキ」(漫画家・内田春菊さん)。そして村西とおる監督の「人生相談『人間だもの』」を愛する方がもうひとり。作家の林真理子さんです。「私はつくづく感服してしまった」。その理由とは?


【にゃんこ四字熟語辞典クイズ】⑮これはどんな四字熟語?

【にゃんこ四字熟語辞典クイズ】⑮これはどんな四字熟語?

『Hanada』で書評を連載している西川清史さんが、世界中から集めた激カワにゃんこ写真に四字熟語でツッコミを入れた『にゃんこ四字熟語辞典』が発売されました。本書から一部を抜粋してクイズです。この写真はどんな四字熟語を現した一枚でしょうか?


【にゃんこ四字熟語辞典クイズ】⑭これはどんな四字熟語?

【にゃんこ四字熟語辞典クイズ】⑭これはどんな四字熟語?

『Hanada』で書評を連載している西川清史さんが、世界中から集めた激カワにゃんこ写真に四字熟語でツッコミを入れた『にゃんこ四字熟語辞典』が発売されました。本書から一部を抜粋してクイズです。この写真はどんな四字熟語を現した一枚でしょうか?


【にゃんこ四字熟語辞典クイズ】⑬これはどんな四字熟語?

【にゃんこ四字熟語辞典クイズ】⑬これはどんな四字熟語?

『Hanada』で書評を連載している西川清史さんが、世界中から集めた激カワにゃんこ写真に四字熟語でツッコミを入れた『にゃんこ四字熟語辞典』が発売されました。本書から一部を抜粋してクイズです。この写真はどんな四字熟語を現した一枚でしょうか?


【にゃんこ四字熟語辞典クイズ】⑫これはどんな四字熟語?

【にゃんこ四字熟語辞典クイズ】⑫これはどんな四字熟語?

『Hanada』で書評を連載している西川清史さんが、世界中から集めた激カワにゃんこ写真に四字熟語でツッコミを入れた『にゃんこ四字熟語辞典』が発売されました。本書から一部を抜粋してクイズです。この写真はどんな四字熟語を現した一枚でしょうか?


最新の投稿


【読書亡羊】出会い系アプリの利用データが中国の諜報活動を有利にする理由とは  『トラフィッキング・データ――デジタル主権をめぐる米中の攻防』(日本経済新聞出版)

【読書亡羊】出会い系アプリの利用データが中国の諜報活動を有利にする理由とは 『トラフィッキング・データ――デジタル主権をめぐる米中の攻防』(日本経済新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】岸田総理訪米を巡るアクロバティックな論点逃避|藤原かずえ

【今週のサンモニ】岸田総理訪米を巡るアクロバティックな論点逃避|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


わが日本保守党|広沢一郎(日本保守党事務局次長)

わが日本保守党|広沢一郎(日本保守党事務局次長)

昨今の政治状況が多くの日本人の心に危機感を抱かせ、「保守」の気持ちが高まっている。いま行動しなければ日本は失われた50年になってしまう。日本を豊かに、強くするため――縁の下の力持ち、日本保守党事務局次長、広沢一郎氏がはじめて綴った秘話。


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。