韓国と左翼活動家に利用されてきた原発“汚染水”問題|赤津今朝二

韓国と左翼活動家に利用されてきた原発“汚染水”問題|赤津今朝二

日本国内の左翼のデマから始まり、それを韓国が国際的なディスカウントジャパン戦略として大いに利用する――慰安婦問題と全く同じ構図が福島原発の処理水を巡っても形成されている。福島を貶め、苦しめ続けるデマと風評の数々。マスコミが一切報じない被災地復興を妨害する「真犯人」の正体。


韓国の不当なレッテル貼りと日本のマスコミが報じない事実

Getty logo

9年前の福島第一原発事故は、ここぞとばかりに多くの左翼勢力や韓国などからの反日活動に利用されてきた。

最近は新型コロナの陰にかくれて、タンクに溜め続けられている”汚染水”を利用した日本への不当な攻撃が続いている。

この件では、韓国が以前から”福島汚染水”などと不当なレッテル張りをして、日本の悪評を国際社会に広めようと画策し続けてきた。

これについては、日本側の説明にあるように“汚染水ではなく、浄化した処理水”であり“汚染水そのものを放出することはない”。日本の左派マスコミは決して伝えたがらないが、フクイチではすでに稼働しているALPSでの処理によって、海外と同様の環境処分をするために充分な安全性を確保することが可能だ。

ここで注意すべきは、フクイチだけが特別に汚染されたものを海洋放出しようとしているわけではないということだ。長年の間、トリチウムを含んだ水は世界中の原子力施設で日常的に放出されていて、かつ、それによって健康被害が出ていることを示す客観的なデータはない。これに反論して騒いでいるのは活動家お得意の感情論か、ムダに意識だけ高い割にリテラシーは恐ろしく低く、“お気持ち”第一主義で世間知らずのボンボン自然派左翼市民、オカルト趣味の陰謀論くらいなものだ。彼らは、最近では“携帯電波の新規格5Gで健康被害が出る”などとも騒いでいるが、その手の人々が、明治の世では“写真を撮られると魂を抜かれる”などと恐れたのだろう。いつの時代も似たようなものだ。

もっとも、左翼の末端で踊らされている純朴な連中はともかく、左翼活動家の上層部は科学的な事実など百も承知で、反原発や反政府活動のために感情論やデマ・陰謀論を煽っているに過ぎない。フクイチの処理水については、韓国政府も侮日・反日を国際社会に拡散させる材料の1つとして、日本国内の左翼の論調に便乗している。

そもそも、あれだけ日本への対抗心と敵愾心を剥き出しにしている韓国が、仮想敵国としている日本の原発事故状況を9年以上経っても正しく把握できていないなどということは有り得ない。ましてや韓国は自国でも原子力発電を長年稼働し、彼らの言う“汚染水”を自分達はずっと日本海に垂れ流し続けてきたのだ。

韓国は、自分達が流しているトリチウム処理水を国内向けには安全だと断言している。その一方で、日本の処理水だけは“福島汚染水”などと国際社会に向けて言いがかりをつけるしたたかな二枚舌戦略で、被災地復興を妨害しているのである。

悪意と差別、火の無いところに煙をたてるプロパガンダ攻撃

Getty logo

はっきり断言しよう。これは日本と日本人に対する明確な悪意と差別であり、火のないところに煙を立てて日本の国益を毀損させようとする計画的戦略に基づいたプロパガンダ攻撃である。だからこそ、たとえ科学的根拠ゼロの馬鹿げた言いがかりであろうが、韓国の日本に対する攻撃、悪意と執念を過小評価してはならない。

たとえば韓国は、福島の食品についても処理水同様の言いがかりをつけ続けてきた。驚くべきことに、この件ではすでにWTO(世界貿易機関)は訴訟の最終審で、韓国の不当な言いがかりと感情論に屈してしまっている。韓国の執念深いロビイングによって事実はないがしろにされ、福島の農家が努力の末に成し遂げた復興とその成果、尊厳が、悪意の差別主義者たちにいとも簡単に踏みにじられた。“日本国内の左翼のデマから始まり、それを韓国が国際的なディスカウントジャパン戦略として大いに利用する”。これは慰安婦問題でも見られた構図そのものではないか。

しかも、日本国内ではフクイチに関連しての韓国の戦略と、その悪辣さが保守層にすら広くは知られていない。慰安婦問題同様に、韓国はこれまで着々と戦略と攻撃を重ねてきたのに、だ。

反政府に利用できるなら手段を択ばない左翼活動家

Getty logo

同じ農業の話でいえば、最近も左翼活動家らやマスコミの妨害によって日本の農家たちに大きな不利益が生じた。種苗法改正が、誤った世論誘導によって頓挫したのである。

知っての通り、日本の農業は非常に高品質な作物と匠の技のような品種改良技術が誇りだ。しかし最近は、日本が長年の試行錯誤で苦労して開発した品種が中韓に盗み出され、莫大な利益や国際的な輸出市場が奪われているという。今回、種苗法改正の阻止によって日本の国益をますます毀損させ、自国の国益を増大させることになった中韓は、ほくそ笑んでいることだろう。
https://www.sankei.com/region/news/200619/rgn2006190015-n1.html
https://smartagri-jp.com/agriculture/1543

しかし、普段”弱者の味方”“反差別”だのと気取っている左翼連中は、こうした日本の国益が棄損されることはもちろん、農家の苦しみにすら沈黙する。なぜならば、連中にとっての“弱者”は、自分達の反政府活動に利用価値があるかどうかだけで決めているからだ。

左翼活動家は反政府に利用できるならば手段を択ばない。フクイチの事故に関して言えば、同じ被害者でも自主避難者などは“弱者”扱いで御輿に担いだ一方、福島に留まった人間の復興は執拗に妨害・攻撃してきた。その基準は、“原発事故で苦しむ哀れなフクシマ”の象徴として反政府活動に利用できるか否か。慰安婦もLGBTも、ぜんぶそうだった。“弱者の味方”しぐさを大義名分としていながら、その実、真の弱者を左翼は簡単に踏みにじる。

福島への心無いデマと風評

Getty logo

たとえば福島への心無いデマと風評など、実態は左翼活動家とマスコミが作り温存してきたものだ。まんまと煽動されている“善意の”末端はともかく、左翼の中核は日本を良くしようなどとは毛頭考えていない。日本の国力を弱体化させ、社会の破壊と転覆を虎視眈々と狙っている。そのためには外患誘致に等しいことも行ってきた。慰安婦問題しかり、フクイチの放射能問題しかりだ。“東京放射能オリンピック“などと海外で喧伝してきた左翼活動家を野党が公認し、選挙に擁立した実例すらある。

古くは成田三里塚闘争の時代から何一つ変わっていない。事あるごとに足を引っ張る左翼の“反対”が、真に国益を高めようとするものであった試しがあるものか。

極左暴力集団の跋扈は過去の話ではなく、安保闘争世代が“老害”のように権力を握った今こそ、“青春の残滓をもう一度“的にハッスルしているので実にタチが悪い。同世代としては恥じ入るばかりである。安保闘争の亡霊どもに、日本の未来を奪わせてはならない。

Getty logo

左翼活動家の思惑通りにことは進んでいる

しかし情けないことに、今の日本ではこうした安保闘争くずれのロートル左翼が強い影響力を持っている。特にマスコミへの浸透は深刻で、意識だけが高い純朴な国民の多くは彼らにまんまと踊らされている。

結果、フクイチ処理水について多くの国民はもとより、福島県内の自治体までもがこぞって“反対”を表明する泥沼になっている。福島の自治体が処理水を危険なものだと追認するような真似をすれば、自分達の首をますます絞めることになるというのに、まんまと左翼活動家の思惑通りにことは進んでいる。(https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20200625/6050010751.html

放置されてきた左翼活動家のデマ

なぜこのようなことになったのかと言えば、フクイチ関連で左翼活動家たちが騒いできたことやデマが、これまで事実上放置されてきたからだ。今からでも、これに猛反撃せねばならないだろう。

このままでは、国民の税金と電気料がムダなタンク量産に充てられた挙句、処理水問題(=左翼が騒ぐネタ)は永続的に温存される。日本の国力がますます奪われるのは間違いない。

細野豪志議員の正論、国民の声を政府に

この問題については、意外であろうが元民主党の細野豪志議員が現状、もっとも真摯に取り組んでいる。紆余曲折あった人間だが、処理水について細野が今語っている内容に全く異存はないので参考にしてもらいたい。(https://note.com/hosono_54/n/nbf3252d5e9b6

また、処理水問題について現在、政府では7月15日までパブリックコメントも受け付けている。左翼活動家に対抗するために、どうか、協力をして頂ければ幸甚であります。
https://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=620220008&Mode=0

赤津今朝二

https://hanada-plus.jp/articles/440

福島県浜通り出身、在住。企業経営に関わる傍ら、フクイチ原発事故後の郷里がマスコミ、活動家の食い物にされてきた地元の現実に危機を感じ、筆をとった。日本の美しい伝統や文化、古美術を訪ね歩くのが趣味。座右の銘は「陰徳あれば陽報あり」

関連するキーワード


原発 汚染水 福島 韓国

関連する投稿


繰り返される報道被害~なぜメディアは「捏造」をやめられないのか~|林智裕

繰り返される報道被害~なぜメディアは「捏造」をやめられないのか~|林智裕

発言の切り取り、事実の歪曲、捏造はもはや日常茶飯事。無責任に社会不安を扇動し風評被害をまき散らす。放送法は形骸化し罪に問われることもないためまさに「野放し状態」。時に炎上すればかたちだけの「謝罪」で、実態は多くが謝罪も訂正もなく被害者は苦しみ続け泣き寝入りせざるを得ない。繰り返される報道被害の深刻な実態を福島県からレポート。


慰安婦「正義連」告発は文政権に致命的打撃|鄭炳喆

慰安婦「正義連」告発は文政権に致命的打撃|鄭炳喆

2020年5月、元慰安婦の李容洙が会見を開いた。その内容は、「正義記憶連帯」(通称「正義連」、韓国挺身隊問題対策協議会〈挺対協〉の後継団体)と、その元理事長の不正疑惑、資金流用疑惑告発という衝撃的なものだった。一体何が起こったのか。現地韓国のジャーナリストが徹底解説!(初出:月刊『Hanada』2020年8月号)


한국 최대 반일(反日) 조직 ‘반크(VANK)’의 정체|야마자키 후미아키 (山崎文明)

한국 최대 반일(反日) 조직 ‘반크(VANK)’의 정체|야마자키 후미아키 (山崎文明)

지금 전 세계 인텔리전스 기관이 주시하는 것이 인플루언스 오퍼레이션 (유도 공작)이다.그 위협에 일본이 수년 동안 노출 되고있는 것은 거의 알려져 있지 않다.이상한 반일 공작, 정보 조작, 가짜 뉴스 - 한국 최대 반일 조직 'VANK'의 놀라운 실태를 인텔리전스 전문가가 폭로!


文政権下での日韓関係正常化は不可能|西岡力

文政権下での日韓関係正常化は不可能|西岡力

「日本に対話を呼びかけ」――。日本の多くのマスコミは8月15日の文在寅韓国大統領の演説にこのような見出しを付けた。しかし事実は全く異なる。文在寅政権下での日韓関係の正常化など不可能だ!


NHKがデマとプロパガンダを拡散させる原発“汚染水”問題|赤津今朝二

NHKがデマとプロパガンダを拡散させる原発“汚染水”問題|赤津今朝二

公安監視対象でもある特定政治団体との関連が濃厚な「団体」の主張を、あたかも「福島の普通の若者の素朴な声」として大々的に報道。非科学的なデマとプロパガンダを海外にまで拡散させるNHK。被災地を今もなお苦しめ続けるメディアの大罪。


最新の投稿


新首相・菅義偉に二つの疑問|九段靖之介

新首相・菅義偉に二つの疑問|九段靖之介

2020年9月16日、菅義偉氏が総理大臣に指名された。初の世論調査では74%と高い数字をあげており(日経新聞)、多くの国民に期待され、報道でもご祝儀的なものが続いている中で、あえて二つの大きな疑問をぶつけたい。それは――経済運営と外交!


“貧困調査”の帝王!恥知らずな前川喜平|花田紀凱

“貧困調査”の帝王!恥知らずな前川喜平|花田紀凱

安倍総理辞任によって暴かれた“左側”の正体――。素養も資格もない厚顔無恥な連中がなぜ、ある界隈では“人気者”なのか。これは右とか左とかの対立ではない。人としてどうか、の問題である。「Yahoo!ニュース個人」で公開する予定の記事が、まさかの非公開に…。この記事のどこに問題があるのか。表現の自由とは何なのか。花田編集長が記した「幻の記事」を特別公開!


「2020年11月号」新聞広告大公開!

「2020年11月号」新聞広告大公開!

11月号の新聞広告は、伏字なし!ですが、日経新聞にわずかな異変あり!「安倍総理」ではなく「安倍前総理」に、との注文が……。結果、どうなったのか?ぜひご覧ください。違いがわかった方は、正真正銘の「違いがわかる男(女)」です。広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


菅政権は習主席を国賓で迎えてはならない|湯浅博

菅政権は習主席を国賓で迎えてはならない|湯浅博

日本が習近平主席の天皇陛下との会見に道を開けば、香港弾圧や軍事力による周辺国への恫喝を認めてしまうことになる。まして、習主席から天皇ご訪中を要請されれば、1989年の天安門事件後、天皇ご訪中により西側の経済制裁に風穴を開けてしまった悪夢の再来だ。


月刊『Hanada』2020年11月秋麗号

月刊『Hanada』2020年11月秋麗号

「ありがとう!安倍晋三総理」。ファクトなき印象操作で“安倍叩き”を続けた反日派をのぞいて、多くの国民が「ありがとう!」と思っているのではないだろうか。電撃退陣の内幕から菅総理誕生の秘話まで、月刊『Hanada』でしか読めない記事が満載!「中国で拘束116日間、はじめて明かされた全真相(独占スクープ!)」「津田大介、香山リカ、町山智浩ら大村愛知県知事応援団の卑劣」「小沢一郎ちゃっかり『総理宣言』」「最後まで返せなかった渡哲也への恩」「自粛ストレスこそがコロナ禍の『癌』」など、11月号も永久保存版!事実を報じない新聞やテレビにうんざりしている方たちに捧ぐ!