月刊『Hanada』2020年3月春雷号

月刊『Hanada』2020年3月春雷号

「はい、終わり。日本は終わりです」の「山本太郎」、野党連合政権を目指す「共産党」、逃げ恥「ゴーン」、韓国最大の反日組織「VANK」、皇室を歪める「内閣法制局」、野党の「軍事音痴」、暴飲暴食が止まらない「金正恩」、無能の帝王「習近平」、主権を守った「台湾」、「除染詐欺」の広告塔「森ゆうこ」、反日種族主義代表幹事(?)の「青木理」など、3月号も話題の記事が満載!「なんでも反対」の野党やメディアに代わって、重要課題を提起!読みたい記事が、ここにはある!


月刊『Hanada』2020年3月号

【総力大特集 野党の劣化が止まらない!】

□高橋洋一 山本太郎の正体
□坂井広志 山本太郎ファクトチェック
□伊藤俊幸 自衛隊中東派遣、野党の呆れた軍事音痴
□松崎いたる  【告発!】森ゆうこ議員は「除染詐欺」の広告塔
□梅澤昇平 共産党「綱領改定」で蘇る 野坂参三の亡霊

【総力大特集 北も南も断末魔】

□西尾幹二 二つの病理―韓国の反日と日本の平和主義
□山崎文明 韓国最大の反日組織「VANK」の正体
□西岡力 7時間大演説でわかった 金正恩の“焦り"
□藤原かずえ 常に韓善・日悪 ある種「バカ殿」青木理というジャーナリスト
□室谷克実 新たな歴史の捏造が始まった! (隣国のかたち)
□重村智計 韓国に司法の独立はない(朝鮮半島通信)

【総力特集 習近平、これでも国賓ですか?】

□矢板明夫 習近平の人質外交、北大教授帰国の全真相
□石平 無能・無策・無責任 習近平が中国共産党を潰す!
□長谷川幸洋×高橋洋一×石橋文登×梅宮万紗子 習近平国賓招聘は日本外交の大チャンス
□山岡鉄秀 国賓大反対 安倍首相への手紙(日本エア野党の会)
□福島香織 新聞・テレビが報じない習近平による人権派大弾圧の惨状(中国残酷物語)

【ゴーン逃亡の核心】

□堤堯×久保絋之【蒟蒻問答】ゴーン、禿鷹は飛び去れり
□佐藤優 ゴーンが逃げた本当の理由(猫はなんでも知っている)

【令和皇室の危機 大激論】

□櫻井よしこ×竹田恒泰 皇室を歪める内閣法制局

【現地緊急レポート】

□門田隆将 蔡英文総統再選、土壇場で守られた台湾主権の意味

【ソレイマニを賞賛する日本メディアの愚】

□長谷川幸洋 イランの大誤算とソレイマニの裏の顔

【新シリーズ 戦後名論文再読1】

□三浦小太郎 清水幾太郎「日本よ、国家たれ――核の選択」

【令和の教育】

□帯野久美子 宗教教育こそグローバル教育の基本

【告発!消費者庁】

□加藤伸彦 常軌を逸した消費者庁のWILL株式会社イジメ

【新連載 私のらくらく健康法】

□第二回 五木寛之 夕方起床の「夜型生活50年」(取材・文/笹井恵里子)

【新連載 暮らしの救急箱】

□笹井恵里子 第二回 心の落ち込みには肉、体の痛みには魚

【新連載 ボケない食事】

□白澤卓二 第二回「ココナツオイル」 アルツハイマー病が劇的に改善

【グラビア特集】

□令和日本の新星 
新木優子・Kōki(コウキ)・炎鵬・渋野日向子・村上宗隆
奥川恭伸・佐々木朗希・久保建英・芝野虎丸・金澤翔子・新海誠

【大反響強力連載!】

□青山繁晴 澄哲録片片 あろうことか前進している
□D・アトキンソン 二つの島国で 茶室づくりで大誤算
□平川祐弘 一比較研究者(コンパラティスト)の自伝
□西村眞 日本人、最期のことば・谷崎潤一郎
□高田文夫 月刊Takada

□加地伸行 一定不易
□山際澄夫 左折禁止!
□有本香 香論乙駁
□九段靖之介 永田町コンフィデンシャル
□田村秀男 常識の経済学
□G・ボクダン 世界の常識を疑え
□蛭゛芸子 電脳三面記事
□河村真木 世界の雑誌から
□堤堯の今月この一冊
□坪内祐三の今月この一冊
□向井透史 早稲田古本劇場
□みうらじゅん シンボルズ
□岡康道 すべてはいつか、笑うため。
□高野ひろし イカの筋肉
□秋山登の今月この一本+セレクション
□なべおさみ エンドロールはまだ早い
□小林詔司 コバヤシ鍼灸院
□村西とおる 人生相談「人間だもの」
□爆笑問題 日本原論

□編集部から、編集長から

※休載
なべやかん ユネスコ非公認・なべやかん遺産
北村稔 中国共産党97年目の真実
堤堯 ある編集者のオデッセイ

関連する投稿


「2021年1月号」新聞広告大公開!

「2021年1月号」新聞広告大公開!

1月号の新聞広告は、●●なし!伏字ファンの皆さま、申し訳ございません…。「Hanadaも丸くなったのか?」。違います。報道しない自由を大手メディアが行使するなか、弊誌は今月号もタブーなしのストレート勝負です!広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


月刊『Hanada』2021年1月若水号

月刊『Hanada』2021年1月若水号

「報道しない自由」で国民を情報弱者にする大手メディアに喝!1月号の総力大特集は「日米メディアが報じないトランプVSバイデン全内幕」。米大統領選をめぐり数々の陰謀論が飛び交っているが、日米メディアの多くが「反トランプ」であり、露骨な偏向報道をしているのは事実だ。「米大統領選中も続く中国の侵略」「NHK『軍艦島ドキュメント』偏向の全手口」「ウイグル人強制労働プログラム」「川勝平太静岡県知事の正体」など1月号もあらゆる問題の“中心”にタブーなしで切り込む!


「2020年12月号」新聞広告大公開!

「2020年12月号」新聞広告大公開!

12月号の新聞広告は、西日本新聞と山口新聞以外はパーフェクト!●●になったのは、やはり、あの部分……。「差別を助長する」という理由なのでしょうが、気に入らない総理を「ヒトラーだ!」と呼ぶほうが、よほど問題なのではないでしょうか。広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


月刊『Hanada』2020年12 月鶺鴒号

月刊『Hanada』2020年12 月鶺鴒号

12月号の総力大特集は「日本学術会議と中国共産党」。日本学術会議の任命問題は憲法違反でもなければ、学問の自由の侵害でもない。では、問題の本質はどこにあるのか。「日本学術会議」はもちろん、「菅総理」「尖閣諸島」「米国大統領選」「安倍政権7年8カ月」「慰安婦像」「実子誘拐」「人種問題」「新型コロナ」などあらゆる問題の“中心”にタブーなしで切り込む!


「2020年11月号」新聞広告大公開!

「2020年11月号」新聞広告大公開!

11月号の新聞広告は、伏字なし!ですが、日経新聞にわずかな異変あり!「安倍総理」ではなく「安倍前総理」に、との注文が……。結果、どうなったのか?ぜひご覧ください。違いがわかった方は、正真正銘の「違いがわかる男(女)」です。広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


最新の投稿


「2021年1月号」新聞広告大公開!

「2021年1月号」新聞広告大公開!

1月号の新聞広告は、●●なし!伏字ファンの皆さま、申し訳ございません…。「Hanadaも丸くなったのか?」。違います。報道しない自由を大手メディアが行使するなか、弊誌は今月号もタブーなしのストレート勝負です!広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


月刊『Hanada』2021年1月若水号

月刊『Hanada』2021年1月若水号

「報道しない自由」で国民を情報弱者にする大手メディアに喝!1月号の総力大特集は「日米メディアが報じないトランプVSバイデン全内幕」。米大統領選をめぐり数々の陰謀論が飛び交っているが、日米メディアの多くが「反トランプ」であり、露骨な偏向報道をしているのは事実だ。「米大統領選中も続く中国の侵略」「NHK『軍艦島ドキュメント』偏向の全手口」「ウイグル人強制労働プログラム」「川勝平太静岡県知事の正体」など1月号もあらゆる問題の“中心”にタブーなしで切り込む!


ファーウェイ、Zoom、TikTok…核より怖い中国のサイバー兵器|山崎文明

ファーウェイ、Zoom、TikTok…核より怖い中国のサイバー兵器|山崎文明

日本は脆弱すぎる!世界で多発する中国の情報窃取。事件は既に日本でも起きている!ファーウェイ、Zoom、TikTok…核より怖い中国のサイバー兵器に食い物にされる日本の危うさ。


日本学術会議は即刻、解散せよ!|島田洋一

日本学術会議は即刻、解散せよ!|島田洋一

政府の防衛事業を組織を挙げて妨害する、人事はすべて自分たちで決める、黙って税金からカネを出せといった虫の良い話をいつまで許すのか?政府は6人の任命拒否をこう説明すべきだろう。「この6人には税金を使って提言してもらうほどの見識がなく、また国際交流に関与させると国益を損なう言動をする可能性が高いと判断した」と。


「中華民族」という虚構|石平

「中華民族」という虚構|石平

この地球上に「中華民族」という「民族」はどこにも存在しない。単に、人工的に作り出された一つの虚構の概念である。この本質を見なければ「中国」を見誤る。