月刊『Hanada』2020年3月春雷号

月刊『Hanada』2020年3月春雷号

「はい、終わり。日本は終わりです」の「山本太郎」、野党連合政権を目指す「共産党」、逃げ恥「ゴーン」、韓国最大の反日組織「VANK」、皇室を歪める「内閣法制局」、野党の「軍事音痴」、暴飲暴食が止まらない「金正恩」、無能の帝王「習近平」、主権を守った「台湾」、「除染詐欺」の広告塔「森ゆうこ」、反日種族主義代表幹事(?)の「青木理」など、3月号も話題の記事が満載!「なんでも反対」の野党やメディアに代わって、重要課題を提起!読みたい記事が、ここにはある!


月刊『Hanada』2020年3月号

【総力大特集 野党の劣化が止まらない!】

□高橋洋一 山本太郎の正体
□坂井広志 山本太郎ファクトチェック
□伊藤俊幸 自衛隊中東派遣、野党の呆れた軍事音痴
□松崎いたる  【告発!】森ゆうこ議員は「除染詐欺」の広告塔
□梅澤昇平 共産党「綱領改定」で蘇る 野坂参三の亡霊

【総力大特集 北も南も断末魔】

□西尾幹二 二つの病理―韓国の反日と日本の平和主義
□山崎文明 韓国最大の反日組織「VANK」の正体
□西岡力 7時間大演説でわかった 金正恩の“焦り"
□藤原かずえ 常に韓善・日悪 ある種「バカ殿」青木理というジャーナリスト
□室谷克実 新たな歴史の捏造が始まった! (隣国のかたち)
□重村智計 韓国に司法の独立はない(朝鮮半島通信)

【総力特集 習近平、これでも国賓ですか?】

□矢板明夫 習近平の人質外交、北大教授帰国の全真相
□石平 無能・無策・無責任 習近平が中国共産党を潰す!
□長谷川幸洋×高橋洋一×石橋文登×梅宮万紗子 習近平国賓招聘は日本外交の大チャンス
□山岡鉄秀 国賓大反対 安倍首相への手紙(日本エア野党の会)
□福島香織 新聞・テレビが報じない習近平による人権派大弾圧の惨状(中国残酷物語)

【ゴーン逃亡の核心】

□堤堯×久保絋之【蒟蒻問答】ゴーン、禿鷹は飛び去れり
□佐藤優 ゴーンが逃げた本当の理由(猫はなんでも知っている)

【令和皇室の危機 大激論】

□櫻井よしこ×竹田恒泰 皇室を歪める内閣法制局

【現地緊急レポート】

□門田隆将 蔡英文総統再選、土壇場で守られた台湾主権の意味

【ソレイマニを賞賛する日本メディアの愚】

□長谷川幸洋 イランの大誤算とソレイマニの裏の顔

【新シリーズ 戦後名論文再読1】

□三浦小太郎 清水幾太郎「日本よ、国家たれ――核の選択」

【令和の教育】

□帯野久美子 宗教教育こそグローバル教育の基本

【告発!消費者庁】

□加藤伸彦 常軌を逸した消費者庁のWILL株式会社イジメ

【新連載 私のらくらく健康法】

□第二回 五木寛之 夕方起床の「夜型生活50年」(取材・文/笹井恵里子)

【新連載 暮らしの救急箱】

□笹井恵里子 第二回 心の落ち込みには肉、体の痛みには魚

【新連載 ボケない食事】

□白澤卓二 第二回「ココナツオイル」 アルツハイマー病が劇的に改善

【グラビア特集】

□令和日本の新星 
新木優子・Kōki(コウキ)・炎鵬・渋野日向子・村上宗隆
奥川恭伸・佐々木朗希・久保建英・芝野虎丸・金澤翔子・新海誠

【大反響強力連載!】

□青山繁晴 澄哲録片片 あろうことか前進している
□D・アトキンソン 二つの島国で 茶室づくりで大誤算
□平川祐弘 一比較研究者(コンパラティスト)の自伝
□西村眞 日本人、最期のことば・谷崎潤一郎
□高田文夫 月刊Takada

□加地伸行 一定不易
□山際澄夫 左折禁止!
□有本香 香論乙駁
□九段靖之介 永田町コンフィデンシャル
□田村秀男 常識の経済学
□G・ボクダン 世界の常識を疑え
□蛭゛芸子 電脳三面記事
□河村真木 世界の雑誌から
□堤堯の今月この一冊
□坪内祐三の今月この一冊
□向井透史 早稲田古本劇場
□みうらじゅん シンボルズ
□岡康道 すべてはいつか、笑うため。
□高野ひろし イカの筋肉
□秋山登の今月この一本+セレクション
□なべおさみ エンドロールはまだ早い
□小林詔司 コバヤシ鍼灸院
□村西とおる 人生相談「人間だもの」
□爆笑問題 日本原論

□編集部から、編集長から

※休載
なべやかん ユネスコ非公認・なべやかん遺産
北村稔 中国共産党97年目の真実
堤堯 ある編集者のオデッセイ

関連する投稿


月刊『Hanada』2020年5月初夏号

月刊『Hanada』2020年5月初夏号

5月号も永久保存版!なぜ早期に、安倍首相は中国全土からの入国禁止をしなかったのか。コロナ・ショックで日本経済はどうなるのか。イタリアの失敗の本質、習近平の宣伝戦、テレビ報道の欺瞞、コロナ後の世界など「武漢肺炎」をあらゆる角度から徹底分析!テレビ報道ではわからない、わからなかった情報や秘話が満載。「『実子誘拐ビジネス』の闇!人権派弁護士らのあくどい手口」(告発スクープ!)、「教科書検定問題徹底追及第2弾!」など注目記事が盛りだくさん。5月号は伝説の号に、きっと、なる!


「2020年5月号」新聞広告大公開!

「2020年5月号」新聞広告大公開!

完売続出の5月号。今回の新聞広告もかなりおもしろい展開に…。「武漢肺炎」「武漢ウイルス」がOKなところもあれば、NGなところも。なかには「親日国・台湾」がNGな新聞社も。あなたの新聞はどのタイプでしょうか。新聞社のスタンスがまるわかり、全5パターンを特別公開!広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


「2020年4月号」新聞広告大公開!

「2020年4月号」新聞広告大公開!

4月号の新聞広告。産経新聞からまさかのダメ出しが…。八幡和郎氏「野党はもはや腐った魚だ」に、「頭から腐っているのはアンタだよ、辻元清美議員」というキャッチをつけたら、産経新聞がこれは載せられないと。理由は国会議員に対して失礼云々。しかし、一国の総理に向かって失礼な発言を連発する辻元議員のほうがよほど失礼でしょう。読売、日経はOKでしたが、産経はキャッチの文言を変更することに……。 広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


月刊『Hanada』2020年4月春愁号

月刊『Hanada』2020年4月春愁号

4月号も永久保存版!新型肺炎とは何なのか。犯人は習近平なのか。安倍政権の対応は大間違いか。厚労省は無能なのか。世界はどう対応したのか。武漢ウイルス研究所の謎とは…。新型肺炎の実態を豪華執筆陣があらゆる角度で徹底分析!告発スクープ「『つくる会教科書』不合格」「山本太郎の『放射能』」「野党はもはや『腐った魚』だ」「青木理は極悪レフェリー」「追悼・野村克也」などほかにも読みどころが満載!いま読みたい記事が、ここにはある!


「2020年3月号」新聞広告大公開!

「2020年3月号」新聞広告大公開!

「違い」がわかるみなさまへ。広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!あなたが読みたい記事が、ここにはある!


最新の投稿


なべやかん遺産|「大魔神」

なべやかん遺産|「大魔神」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し!


月刊『Hanada』2020年5月初夏号

月刊『Hanada』2020年5月初夏号

5月号も永久保存版!なぜ早期に、安倍首相は中国全土からの入国禁止をしなかったのか。コロナ・ショックで日本経済はどうなるのか。イタリアの失敗の本質、習近平の宣伝戦、テレビ報道の欺瞞、コロナ後の世界など「武漢肺炎」をあらゆる角度から徹底分析!テレビ報道ではわからない、わからなかった情報や秘話が満載。「『実子誘拐ビジネス』の闇!人権派弁護士らのあくどい手口」(告発スクープ!)、「教科書検定問題徹底追及第2弾!」など注目記事が盛りだくさん。5月号は伝説の号に、きっと、なる!


「2020年5月号」新聞広告大公開!

「2020年5月号」新聞広告大公開!

完売続出の5月号。今回の新聞広告もかなりおもしろい展開に…。「武漢肺炎」「武漢ウイルス」がOKなところもあれば、NGなところも。なかには「親日国・台湾」がNGな新聞社も。あなたの新聞はどのタイプでしょうか。新聞社のスタンスがまるわかり、全5パターンを特別公開!広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


 Darkness of child abduction business|Nozomi Makino

Darkness of child abduction business|Nozomi Makino

In Japan today, parental child abductions occur on a daily basis, and false DV claims are fabricated to justify them. A father, whose child was abducted, accuses so-called "human rights groups" of defamation. His case shows their fraudulent business in quite some detail. Their dirty tricks are finally revealed!


新型コロナ蔓延は中国共産党の「殺人だ」|楊逸

新型コロナ蔓延は中国共産党の「殺人だ」|楊逸

中国出身で2012年に日本国籍を取得した芥川賞作家が、涙と怒りの告発! 文化大革命の経験から、中国政府を信用してはいけない事を身をもって知り、「彼らは想像をはるかに超える残酷なことを平気で行う」と日本人に警告。