最大の貧困、それは 「孤独」です|ホセ・ムヒカ(元ウルグアイ大統領)

最大の貧困、それは 「孤独」です|ホセ・ムヒカ(元ウルグアイ大統領)

グローバル化が進んだことで、市場はコントロールを失い、一部の人間だけが富を独占。大部分の人はその恩恵に与れず、未来に希望を持てずにいる。われわれはこの残酷で不条理な世界をどう生きればいいのか――「世界一貧しい大統領」が日本人に送る感動の「人生論」


行動に移さなければ何も変わらない

これらは、決して解決できない問題ではありません。人々がまとまり、団結すれば戦うことができます。
 
日本では希望を持てないと聞いています。日本の若者は30%しか投票に行かないとも聞きました。政治が信じられないのですね。
 
しかし、もし信じられないのであれば、自分が信じられるように何か行動してください。不平ばかり言っても、行動に移さなければ何も変わりません。生きるためには希望が必要です。行動しなければ、きっと希望よりも失望が勝利してしまうでしょう。
 
あなたの人生が希望のないものになってしまうとしたらどうでしょうか。
 
私は非常に批判的ではありますが、悲観的ではありません。反対です。私は人生を愛しています。
 
私たちは、社会をよくするために戦わなければなりません。それこそが人生の大義なのです。そして大義こそが、私たちの存在に意義を与えてくれるでしょう。
 
大切なのは勝利することではありません。「歩き続けること」です。歩き続ければ、100には到達できないかもしれないけれど、10ぐらいまでは到達できるかもしれない。
 
私は若かりし頃、革命運動に参加して世界を変えたいと夢見ていましたが、叶わなかった。
 
4度、逮捕・投獄され、1972年に逮捕された時には13年間、刑務所に入れられました。踏みつけられたり、ゴミ同然に扱われたりしたこともありました。とても辛い時期でした。
 
しかし、それほど辛い時間を過ごさなかったら、これまで言ったようなことを学ぶことはできなかったと思います。
 
軍事独裁の圧政などもありましたが、私は最終的に大統領になることができた。大統領になってからも、もっといろいろなことを実現したいと挑戦しましたが、途中で挫折して叶わなかったこともありました。
 
自分が切り拓こうとした道、自分が掲げた旗を引き継ごうとする人は必ずいます。私は、ほかの人が歩き続けられるように道を耕してきたつもりです。

私たちは「人生」という奇跡を得ている

政治的な立場をとるために、必ずしも何らかの政党に属する必要はありません。私は「人生」という党に属しています。
 
残念ながら、私はまだ神を信じるに至っていませんが、もし人生最後の時に神が現れたなら、「もう一度、生きさせてください」と頼むかもしれません。
 
はじめにも言いましたが、私たちは「人生」という奇跡を得ています。みなさん、どうぞよく生きてください。
 
それから、ぜひ家族を持ってください。家族とは、単に血のがった家族のことだけではありません。「同じ考え方を持った人」という意味です。人生を一人で歩まないでください。
 
アンデス山脈に住むアイマラ族では、貧しい人、かわいそうな人はコミュニティがない人、つまり孤独な人を指します。最大の貧困は「孤独」なのです。
 
私は何も、同感してほしいとの気持ちでこういった思いを話したわけではありません。
ただ、毎晩ベッドに入った時、たとえば5分でもいい。私の言ったことについてぜひ考えてみてください。

(2016年4月7日、東京外国語大学府中キャンパスで行われた講演「日本人は本当に幸せですか?」を整理再録)

著者略歴

関連する投稿


徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

世界では、習近平が退陣するのではないかというニュースが飛び交っている。一部のSNSでは、習近平主席がすでに半ば退位し、李克強首相が代行しているとの書き込みで溢れている。果たして、この「宮廷クーデター」(「反習派」による習主席の退位)の“噂”は本当なのか? 徹底検証する。


岸田首相はデフレの泥沼に日本を沈めるのか|田村秀男

岸田首相はデフレの泥沼に日本を沈めるのか|田村秀男

岸田文雄政権は財務官僚の均衡財政主義に引きずられ、日銀審議委員人事では反金融緩和派を指名した。財務省の政権に対する影響力は絶大だ。このままでは日本再生の見込みは完全に失せ、国家と国民はデフレの泥沼に沈んで行くだろう。


谷口智彦のこの一冊|小野圭司『日本 戦争経済史~戦費、通貨金融政策、国際比較』

谷口智彦のこの一冊|小野圭司『日本 戦争経済史~戦費、通貨金融政策、国際比較』

安倍晋三前総理のスピーチライターを務めた慶応義塾大学大学院教授の谷口智彦氏が選ぶ珠玉の一冊!


2050年脱炭素化には原子力活用しかない|奈良林直

2050年脱炭素化には原子力活用しかない|奈良林直

「2050年までに二酸化炭素(CO2)の排出を実質ゼロにする脱炭素社会の実現を目指す」と宣言した菅義偉首相。その一連の発言には、安全な原発の新増設への端緒をつくろうとする菅首相の深謀遠慮が冴え渡る。理想論ではない、CO2の排出ゼロ実現のための現実的な解を示す。


原発処理水は、南鳥島に海洋放出しかない|松沢成文(日本維新の会参議院議員)

原発処理水は、南鳥島に海洋放出しかない|松沢成文(日本維新の会参議院議員)

福島原発の処理水の現状を放置したままでは原発の廃炉は進まず、福島の復興はありえない。政府は一刻も早く処分方法を決定し、実行しなければならない。一方で懸念されるのが風評被害の拡大だ。そこで、各方面からの反対意見を最小化し、早期に実現できる画期的な方策を緊急提言する。


最新の投稿


【読書亡羊】「犠牲者・被害者ポジション」は最強なのか 林志弦著・澤田克己訳『犠牲者意識ナショナリズム』(東洋経済新報社)

【読書亡羊】「犠牲者・被害者ポジション」は最強なのか 林志弦著・澤田克己訳『犠牲者意識ナショナリズム』(東洋経済新報社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


安倍元総理の遺志を完全に無視した岸田人事|山口敬之【WEB連載第14回】

安倍元総理の遺志を完全に無視した岸田人事|山口敬之【WEB連載第14回】

私は今回の人事に「大いなる異変」を見てとる。「優柔不断から唯我独尊へ」。安倍晋三元総理という重石から解放された岸田文雄という政治家が、その本性を剥き出しにした「岸田の岸田による岸田のための政治」の始まりである――。 (サムネイルは首相官邸HPより)


軍事情報ダダ漏れ! YouTubeに溢れかえる「空母改修工事」|小笠原理恵

軍事情報ダダ漏れ! YouTubeに溢れかえる「空母改修工事」|小笠原理恵

陸海空の自衛隊の基地や航空機・潜水艦など様々な動画が撮影され、動画サイトに溢れかえっている――。日本では、当たり前のように自衛隊基地を撮影できるが、これは世界から見るとかなり特殊だ。いつまで日本政府と国会は軍事情報をダダ漏れさせるのか?


中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

ペロシ米下院議長の訪台(8月2~3日)に伴い、台湾を威嚇する中国の軍事演習が実施されたが、中国が同時に行った非軍事面での「攻撃」にも注目すべきだ。サイバー攻撃には、日本政府が基本原則とする「専守防衛」で対応できない。


もはや米海軍だけで抑止は効かない|織田邦男

もはや米海軍だけで抑止は効かない|織田邦男

台湾有事は日本有事である。もはや米海軍だけでは抑止は効かなくなった。日本は防衛力強化を急がねばならない。日本のEEZにミサイルを撃ち込まれても、国家安全保障会議(NSC)が開かないという感度の鈍さでは、取り返しがつかなくなる。