最大の貧困、それは 「孤独」です|ホセ・ムヒカ(元ウルグアイ大統領)

最大の貧困、それは 「孤独」です|ホセ・ムヒカ(元ウルグアイ大統領)

グローバル化が進んだことで、市場はコントロールを失い、一部の人間だけが富を独占。大部分の人はその恩恵に与れず、未来に希望を持てずにいる。われわれはこの残酷で不条理な世界をどう生きればいいのか――「世界一貧しい大統領」が日本人に送る感動の「人生論」


Getty logo

気がつくと、あなたはローンの支払いのために一生を捧げている

私は現在、80歳。人生の後半に私の国、ウルグアイとは反対に位置する日本という重要な国を知ることができたことを、心から感謝したいと思います。日本人は秩序立てて物事を判断するので、東洋のドイツ人との印象を持ちました。
 
いま、いろいろな価値観がありますが、もっとも重要なことは「生きている」ことです。生きていれば、これから数多くのチャンスに出会うことができる。これは奇跡のように尊いことです。
 
若者には2つ選択肢があります。1つは、「生まれたから生きる」という生き方。もう1つは、そこから出発して「自分の人生を自身で方向づける」生き方です。後者は、自分自身で人生を操縦していくということです。
 
人間には意識があり、感情があります。理性的に考えることも、抽象的に考えることもできる。
 
つまり、私たちは自分自身で人生の道を築くことができるのです。これは自然が人間に与えてくれた特権です。ほかの動物はそのような能力を持っていません。
 
私たちは自分の人生をコントロールしなければなりませんが、市場はもはやコントロールできない状態になっています。
 
その結果、一部の人間が富を占めるようになってしまいました。人類の歴史においてこれほど生産性が高まったことはないのに、分配の仕方が悪いために、大部分の人は恩恵に与ることができず、フラストレーションを抱えています。
 
もちろん、市場に屈服したまま生きることもできます。グローバル企業のために一生を捧げる人生もあるでしょう。2年ごとに新車に乗りたい、いまよりも大きな家に住みたいと負債を積み重ねて返済に追われる。気がつくと、あなたはローンの支払いのために一生を捧げていたということになるでしょう。

貧しい人とは、「いくらあっても満足しない人」

でもそうして生きて、私のようなリウマチ持ちの老人になった時、何が残るのか。モノを買うこと自体を楽しみにして、自分の人生の時間を浪費してしまう。
 
あなたが何かモノを買う時、それはおカネで買っているのではありません。モノを買うことは、そのおカネを稼ぐために費やさなければならない時間の一部を支払っているのです。私たちは人生の時間をもっと尊重しなければなりません。時間は重要です。時間は2度と戻ってこないからです。
 
スーパーマーケットに行けばいろいろなモノを買うことができますが、過ぎ去った人生の時間を買うことはできません。
 
若い時には愛のために――愛は地上においてもっとも重要なものです――多くの時間が必要です。パートナーや子供がいれば、彼らと愛を交わす時間が必要です。モノは愛をくれません。
 
みんな、私のことを貧しいといいますが、別に貧しいわけではありません。“質素”なだけです。以前は「austerity」(慎ましい)という言葉を使っていました。最近、「austerity」はヨーロッパで緊縮経済の意味で使われるので、いまは使っていませんが。
 
貧しい人とは少ししか持っていない人のことではなく、いくらあっても満足しない人のことです。
 
しかし、私には重要なものさえあれば、十分なのです。
 
質素に暮らしたほうが、本当にしたいことに時間を使えます。私にとってそれは社会運動ですが、ほかの人にとっては魚釣りをすることかもしれませんし、友人と遊ぶことかもしれません。
 
自分のしたいことに時間を使うことができる、それが「自由」です。そのためには、必ずしもモノが必要なわけではありません。

関連する投稿


徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

世界では、習近平が退陣するのではないかというニュースが飛び交っている。一部のSNSでは、習近平主席がすでに半ば退位し、李克強首相が代行しているとの書き込みで溢れている。果たして、この「宮廷クーデター」(「反習派」による習主席の退位)の“噂”は本当なのか? 徹底検証する。


岸田首相はデフレの泥沼に日本を沈めるのか|田村秀男

岸田首相はデフレの泥沼に日本を沈めるのか|田村秀男

岸田文雄政権は財務官僚の均衡財政主義に引きずられ、日銀審議委員人事では反金融緩和派を指名した。財務省の政権に対する影響力は絶大だ。このままでは日本再生の見込みは完全に失せ、国家と国民はデフレの泥沼に沈んで行くだろう。


谷口智彦のこの一冊|小野圭司『日本 戦争経済史~戦費、通貨金融政策、国際比較』

谷口智彦のこの一冊|小野圭司『日本 戦争経済史~戦費、通貨金融政策、国際比較』

安倍晋三前総理のスピーチライターを務めた慶応義塾大学大学院教授の谷口智彦氏が選ぶ珠玉の一冊!


2050年脱炭素化には原子力活用しかない|奈良林直

2050年脱炭素化には原子力活用しかない|奈良林直

「2050年までに二酸化炭素(CO2)の排出を実質ゼロにする脱炭素社会の実現を目指す」と宣言した菅義偉首相。その一連の発言には、安全な原発の新増設への端緒をつくろうとする菅首相の深謀遠慮が冴え渡る。理想論ではない、CO2の排出ゼロ実現のための現実的な解を示す。


原発処理水は、南鳥島に海洋放出しかない|松沢成文(日本維新の会参議院議員)

原発処理水は、南鳥島に海洋放出しかない|松沢成文(日本維新の会参議院議員)

福島原発の処理水の現状を放置したままでは原発の廃炉は進まず、福島の復興はありえない。政府は一刻も早く処分方法を決定し、実行しなければならない。一方で懸念されるのが風評被害の拡大だ。そこで、各方面からの反対意見を最小化し、早期に実現できる画期的な方策を緊急提言する。


最新の投稿


新領域での戦いに自衛隊は取り残される|織田邦男

新領域での戦いに自衛隊は取り残される|織田邦男

サイバー戦においても立ちはだかる「専守防衛」の軛。日本は現代戦に取り残される一方である。にもかかわらず、「自衛隊は現代戦が戦えるのか」といった本質的な問いかけをする政党はない。


自民党「敗北」の可能性も 参院選終盤情勢を占う|和田政宗

自民党「敗北」の可能性も 参院選終盤情勢を占う|和田政宗

参院選は終盤戦へ突入し、10日の投開票日まで1週間を切った。ここにきて自民支持が下落しているのはなぜなのか。自民に投票していた方々の投票先は今回どうなるのか。私の分析では岩盤保守層、岩盤自民支持層20%のうちすでに10%は逃げている――。


国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

当然ながら、参院選最大の論点は、日本を改革する憲法改正の是非になるはずだ。が、どの候補が日本の国難の核心に触れる意見表明を行ったか。自分はどうなろうと国を憂える、といったパフォーマンスは流行らなくなったのだろうか。


違う意見に耳を傾けたら相手をもっと嫌いになった! クリス・ベイル『ソーシャルメディア・プリズム』(みすず書房)

違う意見に耳を傾けたら相手をもっと嫌いになった! クリス・ベイル『ソーシャルメディア・プリズム』(みすず書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

世界では、習近平が退陣するのではないかというニュースが飛び交っている。一部のSNSでは、習近平主席がすでに半ば退位し、李克強首相が代行しているとの書き込みで溢れている。果たして、この「宮廷クーデター」(「反習派」による習主席の退位)の“噂”は本当なのか? 徹底検証する。