最大の貧困、それは 「孤独」です|ホセ・ムヒカ(元ウルグアイ大統領)

最大の貧困、それは 「孤独」です|ホセ・ムヒカ(元ウルグアイ大統領)

グローバル化が進んだことで、市場はコントロールを失い、一部の人間だけが富を独占。大部分の人はその恩恵に与れず、未来に希望を持てずにいる。われわれはこの残酷で不条理な世界をどう生きればいいのか――「世界一貧しい大統領」が日本人に送る感動の「人生論」


市場はどんどんモノを買わせようとする

しかし、市場はどんどんモノを買わせよう、買わせようとする。市場に操られてほしいモノが増えてしまうと、あなたは自由ではなくなってしまいます。あなたがほしいモノのために、大切な時間が市場によって奪われるからです。
 
みなさんにとって何が一番大切か、考えてほしいのです。
 
市場のすべてを悪と言っているわけではありません。もちろん、生活に必要な物資はあります。私が言いたいのは、「行き過ぎはいけない」ということです。
 
すべてのものにはリミット(限界)があります。私たちはこのことを認識する必要がある。
 
私たちは文明を築きましたが、その発展の速度が加速度的に速くなっています。本来なら、その速度にリミット、制限をつけなければなりませんが、先述したように、現在は制限する術を持っていません。
 
たとえば1997年、地球温暖化防止のために京都議定書が結ばれましたが、ほとんど効果はありませんでした。また、海洋汚染もどんどん深刻化しているにもかかわらず、私たちはそれを食い止めることができていない。
 
何と恥ずべきことでしょう。人類は歴史上、これほどのリソース(資産)、能力を持ったことはないというのに、どうすることもできないのです。
 
こんな物語があります。
ある人が地球をひっくり返す魔法の棒を見つけた。彼は地球をひっくり返したはいいものの、地球を元に戻す術を知らなかった……。
 
いま、その物語のような状況が起こっているのです。

Getty logo

人は一人では生きられない

人間は、矛盾する2つのものによってできています。1つはエゴイズム。もう1つは団結力、連帯感です。
 
われわれは団結力、連帯感を教育によって高めることができます。正しく生きることによって団結力をさらに高め、自分のエゴにブレーキをかけることができるわけです。
 
1番大切なのは、ともに助け合うこと。チームワークによって、私たちは人生をより良いものにすることができます。他者の存在はとても大事なのです。「働くことができるのに仕事をしない」というのはあってはなりません。
 
アリストテレスは「人間は政治的動物だ」と言いました。人は一人で生きることはできないからです。
 
もし心臓病にかかれば、心臓病のお医者さんが必要になります。自動車が故障すれば、自動車に詳しい機械工が必要になるでしょう。あなたの存在は他者がいるからこそ、たしかなものとなるのです。
 
しかし、われわれは先述したようにエゴイズムを持っています。エゴイズムを持ちながら集団で生きなければならない。
 
だから、政治が必要なのです。私たちが神のように完璧であるならば、政治は必要ないでしょう。
 
政治とは、社会全体のことに心を砕くことです。試行錯誤して、どのように共存可能にしていくかを考えていかなくてはなりません。常に改善を繰り返し、変革していく。これは無限の戦いなのです。
 
いま、世界には重大な決断をする人がいません。
たとえば、トービン税(投機的な国際資本移動を抑制するため、短期的な為替取引に低率で課税する通貨取引課税)の導入です。
 
トービン税は一部の国だけ導入しても意味がないので国際的に導入する必要があるわけですが、まだ実現しません。生産資本よりも金融資本のほうが重要だ、という考えが強いからです。
 
また最近、パナマの弁護士事務所から流出したパナマ文書が問題になっていますが、富裕層や大企業はタックスヘイブンを使って自分たちの資産を守ること、あるいは増すことに躍起になっている。
 
みなさんのような若者は、こういった非常に馬鹿げたこと、悲惨な状況を止めるために戦わなければなりません。

関連する投稿


徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

世界では、習近平が退陣するのではないかというニュースが飛び交っている。一部のSNSでは、習近平主席がすでに半ば退位し、李克強首相が代行しているとの書き込みで溢れている。果たして、この「宮廷クーデター」(「反習派」による習主席の退位)の“噂”は本当なのか? 徹底検証する。


岸田首相はデフレの泥沼に日本を沈めるのか|田村秀男

岸田首相はデフレの泥沼に日本を沈めるのか|田村秀男

岸田文雄政権は財務官僚の均衡財政主義に引きずられ、日銀審議委員人事では反金融緩和派を指名した。財務省の政権に対する影響力は絶大だ。このままでは日本再生の見込みは完全に失せ、国家と国民はデフレの泥沼に沈んで行くだろう。


谷口智彦のこの一冊|小野圭司『日本 戦争経済史~戦費、通貨金融政策、国際比較』

谷口智彦のこの一冊|小野圭司『日本 戦争経済史~戦費、通貨金融政策、国際比較』

安倍晋三前総理のスピーチライターを務めた慶応義塾大学大学院教授の谷口智彦氏が選ぶ珠玉の一冊!


2050年脱炭素化には原子力活用しかない|奈良林直

2050年脱炭素化には原子力活用しかない|奈良林直

「2050年までに二酸化炭素(CO2)の排出を実質ゼロにする脱炭素社会の実現を目指す」と宣言した菅義偉首相。その一連の発言には、安全な原発の新増設への端緒をつくろうとする菅首相の深謀遠慮が冴え渡る。理想論ではない、CO2の排出ゼロ実現のための現実的な解を示す。


原発処理水は、南鳥島に海洋放出しかない|松沢成文(日本維新の会参議院議員)

原発処理水は、南鳥島に海洋放出しかない|松沢成文(日本維新の会参議院議員)

福島原発の処理水の現状を放置したままでは原発の廃炉は進まず、福島の復興はありえない。政府は一刻も早く処分方法を決定し、実行しなければならない。一方で懸念されるのが風評被害の拡大だ。そこで、各方面からの反対意見を最小化し、早期に実現できる画期的な方策を緊急提言する。


最新の投稿


【読書亡羊】「犠牲者・被害者ポジション」は最強なのか 林志弦著・澤田克己訳『犠牲者意識ナショナリズム』(東洋経済新報社)

【読書亡羊】「犠牲者・被害者ポジション」は最強なのか 林志弦著・澤田克己訳『犠牲者意識ナショナリズム』(東洋経済新報社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


安倍元総理の遺志を完全に無視した岸田人事|山口敬之【WEB連載第14回】

安倍元総理の遺志を完全に無視した岸田人事|山口敬之【WEB連載第14回】

私は今回の人事に「大いなる異変」を見てとる。「優柔不断から唯我独尊へ」。安倍晋三元総理という重石から解放された岸田文雄という政治家が、その本性を剥き出しにした「岸田の岸田による岸田のための政治」の始まりである――。 (サムネイルは首相官邸HPより)


軍事情報ダダ漏れ! YouTubeに溢れかえる「空母改修工事」|小笠原理恵

軍事情報ダダ漏れ! YouTubeに溢れかえる「空母改修工事」|小笠原理恵

陸海空の自衛隊の基地や航空機・潜水艦など様々な動画が撮影され、動画サイトに溢れかえっている――。日本では、当たり前のように自衛隊基地を撮影できるが、これは世界から見るとかなり特殊だ。いつまで日本政府と国会は軍事情報をダダ漏れさせるのか?


中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

ペロシ米下院議長の訪台(8月2~3日)に伴い、台湾を威嚇する中国の軍事演習が実施されたが、中国が同時に行った非軍事面での「攻撃」にも注目すべきだ。サイバー攻撃には、日本政府が基本原則とする「専守防衛」で対応できない。


もはや米海軍だけで抑止は効かない|織田邦男

もはや米海軍だけで抑止は効かない|織田邦男

台湾有事は日本有事である。もはや米海軍だけでは抑止は効かなくなった。日本は防衛力強化を急がねばならない。日本のEEZにミサイルを撃ち込まれても、国家安全保障会議(NSC)が開かないという感度の鈍さでは、取り返しがつかなくなる。