Hypocrisy of the Propaganda Film|Tetsuhide Yamaoka

Hypocrisy of the Propaganda Film|Tetsuhide Yamaoka

The Main Battleground of the Comfort Women Issue


If so, Dezaki was wrong. His Japanese American background had nothing to do with why he was welcomed by the conservatives he sought to interview.

The truth is, all of them believed Dezaki when he told them he had found many contradictions in the testimony of comfort women and that he doubted the theory that the comfort women were sex slaves. They thought he was an earnest graduate student who genuinely wanted to make a fair documentary film and welcomed his requests for interviews.

All of the conservative interview subjects, including Kent Gilbert, were astonished at the preview of the film. It went entirely against their expectations. It was then that they realized Dezaki had taken advantage of their kindness.

Why did they believe Dezaki's words? It was because he was a Sofia University graduate student and had nothing to do with his nationality. They thought it right to help an earnest student. But they were deceived.

Unfounded Stories

Yoshiko Sakurai was probably the greatest victim of the film. She accepted Dezaki's request for an interview because of Kent Gilbert's introduction. In return, she was horribly mistreated.

A woman named Hisae Kennedy appeared abruptly in the film. At one time she advocated that comfort women were not sex slaves. But she changed her views in the film, saying without explanation, "I regret paying $60,000 to an American journalist without thinking it through."

Then the interview jumped to Yoshiko Sakurai who was asked, "I heard you also had something to do with the [American] journalist. Is that right?"

Sakurai's face clouded over and she answered briefly, saying "I don't want to touch on the matter. It's complicated."

Dezaki maliciously pulled this scene out of context and used it in the film's trailer, depicting Sakurai's discomfort as though she was guilty of something.

However, Sakurai's reservations had nothing to do with guilt. Rather, she did not want to expose Hisae Kennedy's finances, personal relationships and private matters. She was discreet, despite Kennedy’s sudden disappearance, which had been a bitter experience for people such as Sakurai who once helped her.

Yoshiko Sakurai had been asked for advice by Kennedy. Accordingly it is quite natural that she thought it best to avoid comment on the circumstances.

Although the film included very few comments from Sakurai, she was introduced again in the latter half. There she was portrayed as an alleged key speaker for the Japan Conference and leader of their campaign to "revive the constitution of the Empire of Japan and return the country to an era of militarism."

The allegation was patently false, and the Japan Conference has already issued a public statement protesting Dezaki's work, saying, "This film is a groundless delusion."

The unveiling of these falsehoods exposed The Main Battleground of the Comfort Women Issue as a propaganda ploy spreading fabrications. It was not the fair documentary film Dezaki had promised.

Concealed Witnesses

関連する投稿


韓国の反日プロパガンダを撃退せよ!|和田政宗

韓国の反日プロパガンダを撃退せよ!|和田政宗

なぜ韓国は「反日プロパガンダ」から卒業できないのか。韓国のプロパガンダの元になっているのは、日本の朝鮮統治が「植民地支配」「侵略」であったというものだが、当時の日本の統治は、「植民地支配」とも「侵略」とも言えないのである――。


【読書亡羊】「犠牲者・被害者ポジション」は最強なのか 林志弦著・澤田克己訳『犠牲者意識ナショナリズム』(東洋経済新報社)

【読書亡羊】「犠牲者・被害者ポジション」は最強なのか 林志弦著・澤田克己訳『犠牲者意識ナショナリズム』(東洋経済新報社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


米露のプロパガンダに踊らされるな!|山岡鉄秀

米露のプロパガンダに踊らされるな!|山岡鉄秀

主流メディアで流される情報がいかに恣意的に操作されているか、骨身にしみて知っているはずだ。それを思い知らされたのが1991年の第1次湾岸戦争である。油にまみれた水鳥、そして、泣きながらイラク人兵士の蛮行を議会で証言したクウェート人少女。それらは戦争広告代理店によって仕組まれたフェイクニュースだった――。親ウクライナか、親ロシアか、の二元論で喧嘩している場合ではない!


立憲民主党と謎の会社「ブルージャパン」の危険な関係|山岡鉄秀

立憲民主党と謎の会社「ブルージャパン」の危険な関係|山岡鉄秀

他人に厳しく、身内にはやたら甘く、自浄能力がない立憲民主党。立憲民主党の問題は、CLPだけではなかった。これより遥かに大きな金額が党から投入されている謎の会社が存在したのだ。それが、ブルージャパンという会社だ。CLP事件の際に少し報じられたものの、なぜ主流メディアはこの問題を追及しないのか。(サムネイルは辻元清美Twitterより)


【橋下徹研究⑦】咲洲メガソーラー入札の重大疑惑①|山口敬之【永田町インサイド WEB第7回】

【橋下徹研究⑦】咲洲メガソーラー入札の重大疑惑①|山口敬之【永田町インサイド WEB第7回】

「当時の入札手続きのどこが問題なのか具体的に指摘して欲しいね」と橋下徹氏。では、ご希望に応えて、2012年12月5日に行われた咲洲メガソーラーの入札の数々の問題点を指摘しよう。橋下徹さん、もうあなたは詰んでいる――。


最新の投稿


日中国交正常化50年 中国の横暴を防ぐ出発点に!|和田政宗

日中国交正常化50年 中国の横暴を防ぐ出発点に!|和田政宗

「中国は低姿勢だったが、50年たったら態度はガラッと変わる。大きく経済発展して日本を見下すようになるよ」(時事通信)。当時の大平正芳外務大臣の予言だが、まさにその通りの状況になった。今こそ国交正常化以降の50年を、中国対応を誤った50年として反省すべきだ。


【日本原論】サタンに敗けない![冒頭先行公開]

【日本原論】サタンに敗けない![冒頭先行公開]

旧統一教会を巡る問題について、「サンデージャポン」での「爆笑問題」の太田光の発言がまたもや炎上。「#太田光をテレビに出すな」がTwitterでトレンド入りまでした。太田光は何を思う……本誌人気連載「日本原論」で大いに語った!


「ケツ舐め記者」と誹謗する金平茂紀の正体|山口敬之【WEB連載第17回】

「ケツ舐め記者」と誹謗する金平茂紀の正体|山口敬之【WEB連載第17回】

9月17日、金平茂紀氏はFacebookにこう投稿した。《この国にも「ケツ舐め記者」という連中が少なからず棲息していて、権力者、独裁者、ご主人様の局所を舐めて、その対価として「ご褒美」をもらって、それを得意げに広報し、「独自」「スクープ」とかのワッペンを自分で貼りつけて(中略)男性にも女性にも、もちろんいます、「ケツ舐め記者」は》。金平氏は、一体何様のつもりなのか。


日米共同演習でロシアを牽制せよ|岩田清文

日米共同演習でロシアを牽制せよ|岩田清文

今、米国が最も神経を使っているのは、今後、ウクライナの反撃が進展し、東部2州あるいは、クリミアまでをも奪還できる状況になった時、それをどこまで許容するかという点であろう。


数字合わせの防衛費で防衛力強化はできない|織田邦男

数字合わせの防衛費で防衛力強化はできない|織田邦男

言葉は美しい。だが、防衛省単独の予算を積み上げるより、他省庁の経費も含めた方が本来の防衛予算を抑えつつ「GDP比2%」を達成しやすくなるという思惑がみえみえである。