【スクープ!】自衛隊と神戸市が交わした驚きの文書を発見! 自衛隊を縛る「昭和の亡霊」とは……|小笠原理恵

【スクープ!】自衛隊と神戸市が交わした驚きの文書を発見! 自衛隊を縛る「昭和の亡霊」とは……|小笠原理恵

阪神地区で唯一の海上自衛隊の拠点、阪神基地隊。神戸市や阪神沿岸部を守る拠点であり、ミサイル防衛の観点からもなくてはならない基地である。しかし、この阪神基地隊の存在意義を覆すような驚くべき文書が神戸市で見つかった――。


この文書は「海幕管第722号 40.2.6」と記載された公文書で、確認事項に「火器、弾薬は集積しない」とある。つまり、阪神基地隊に「弾薬と火器」を持ち込まないという約束を神戸市と海上自衛隊の間で結んだものだ。当時の海上幕僚長「西村友晴」氏の名前と神戸市長「原口忠次郎」氏の2人の名前がそこに書かれている。

この文章に書かれてある約束通りに阪神基地隊に「火器、弾薬は集積しない」のであれば、阪神基地隊はミサイル迎撃などの防衛力を行使して市民を守ることはできない。昭和40年当時の神戸市長が取り交わしたカビの生えたような文書を自衛隊が遵守していたとすれば、阪神間の防衛力は絵に描いた餅ということだ。

神戸市は川崎重工業や新明和工業、神戸製鋼など重要な防衛産業の拠点でもある。昭和20年2月4日、3月17日、5月11日、6月5日、8月6日に神戸市の市街地や工場に対して大規模な焼夷弾による爆撃があった。さらに、海には機雷や模擬原爆が投下された。無差別爆撃攻撃で神戸市は一面焼け野原になり、8000人を超える市民が亡くなった。

昭和40年と現在では国際情勢は大きく異なる。神戸市民を守るはずの阪神基地隊が軍事攻撃に対して「迎撃力ゼロ」でいいはずがない。

2月29日、上畠寛弘議員は市議会で「昭和40年に交わされたこの文書は、神戸市に存在するのか?」と質問した。

神戸市都市局長の山本雄司氏の回答は「市議のご指摘の文書は存在します」だった。

上畠議員はさらにこう質問した。
「神戸市は見直しを行うべき協議に応じるのか?」

神戸市はこう回答した。
「利用計画変更の申し出が自衛隊側からあれば、協議を受け入れる」

市民を守ってもらうはずの神戸市議会でこの文章が発見されたが、そもそも防衛大臣はこの件を知っていたのか? 神戸市は潜水艦の唯一の製造・修理管理を行う拠点だ。海の守りの要を守る海上自衛隊の拠点が「火器・弾薬を集積しない」とされたまま、放置してきた防衛省の責任は重い。武装集団に襲撃されれば、阪神基地隊はひとたまりもないではないか。

この神戸市にあった「火器・弾薬を集積しない」のような約束が、全国の他の自治体にもあるのではないかと危惧される。

うえはたのりひろオフシャルサイト

https://uehata-japan.com/

自民党 神戸市会議員 うえはたのりひろ(上畠寛弘)の公式サイトです。日々の取り組みや思いなどをお知らせしています。

神戸以外にも「昭和の亡霊」はいる……

2019年2月7日、東京市ヶ谷の防衛省正門から侵入した男が、警戒中の自衛官の持つ小銃を奪おうとした。不意を突かれた自衛官は横転したが、不幸中の幸いで大きな怪我にはならなかった。近くにいた警備員が男を取り押さえ、事なきを得た。

この事件について、共同通信がすぐに「正門にいる自衛官が持つ小銃に実弾は入っておらず、奪われても発射される恐れはない」と配信。防衛省の正門を警備する自衛官の銃に実弾が入ってなかったことにも驚いたが、それを報じることにも、衝撃を覚えた。

自衛隊が戦後長らく、様々な形で火器や弾薬を持たず、使わないようにその能力を制限されてきた一例だ。その結果、防衛省の正門を丸腰の男が襲うほど見くびられる事態となったのだ。

外交や安全保障は「国の専管事項」とされているが、自治体によって国防能力が制限されるような過去の制約を見直す時期だ。

日本の周辺情勢は大きく変わった。北朝鮮は核兵器や各種ミサイル開発を行い、中国は軍事力拡大と日本の領土領海に迫る動きを見せている。自治体側がすでにその制約を不要だと感じていても、自衛隊側が今もこだわっている場合もあるだろう。「昭和の亡霊」のような文書で自衛隊の手足が縛られていないか、いますぐ確認しなければならない。

警察で対処できない事件やテロ、暴動が発生した場合、自衛隊が治安出動する。その時に自衛隊の拠点に火器や弾薬を集積していないのでは対処はできない。

2019年11月、尼崎市で軍用の自動小銃での暴力団幹部銃殺事件があった。ハンドガンと自動小銃では殺傷能力が全く違う。自動小銃の弾丸は回転しながら人体の内部組織を大きく破壊する。着弾速度750m/s以上の弾が命中すれば弾丸直径の30倍の穴が体に開く。NATO弾7.62mm弾であれば直径約23cmの大きな穴になる。

大腿部に命中しても血管や骨を損傷し致命傷になりかねない。殺傷能力の高い武器での犯罪がすでに関西圏で発生している。これが複数犯であれば、とても警察では対処できないだろう。凶悪犯罪から国民を守る治安維持組織としての自衛隊の存在意義も認識すべきだ。 
 
自衛隊員がいかに体を鍛え、厳しい訓練で練度をあげても「火器や弾薬」がなければ、武装したテロリストから国民を守る力はない。「昭和の亡霊」が日本の各地で自衛隊の能力を著しく縛りつけている……。

今回、神戸市でこの文書が見つかったことで神戸の治安維持は大きく向上することだろう。他の市町村もこのような過去の亡霊がいないかを調べ、早急に見直してほしい。

関連する投稿


「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

トランプ前大統領の〝盟友〟、安倍晋三元総理大臣はもういない。「トランプ大統領復帰」で日本は、東アジアは、ウクライナは、中東は、どうなるのか?


自衛隊員靖国参拝で防衛省内に共産党の内通者|松崎いたる

自衛隊員靖国参拝で防衛省内に共産党の内通者|松崎いたる

自衛隊員の靖国参拝の情報を赤旗と毎日新聞にリークした者を突き止めようとする防衛省と、防衛省内にいる内通者を守ろうとする共産党――事の本質は安全保障に直結する深刻な問題だった。


速やかなる憲法改正が必要だ!|和田政宗

速やかなる憲法改正が必要だ!|和田政宗

戦後の日本は現行憲法のおかしな部分を修正せず、憲法解釈を積み重ねて合憲化していくという手法を使ってきた。しかし、これも限界に来ている――。憲法の不備を整え、わが国と国民を憲法によって守らなくてはならない。(サムネイルは首相官邸HPより)


トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

バイデン大統領は2021年1月25日、トランスジェンダーの米軍入隊を原則禁止したトランプ前大統領の方針を撤廃する大統領令に署名した。米軍では大統領が変わるごとにLGBTの扱いが激変――。だが、自衛隊ではお互いに理解を深めつつ共存している。その一例をご紹介しよう。


「24時間」働けますか? 自衛隊の過酷な労働環境|小笠原理恵

「24時間」働けますか? 自衛隊の過酷な労働環境|小笠原理恵

自衛隊に入隊する多くの人は、誰かの役に立ちたい、家族や国民の命を守りたいという思いをもっている。しかし自衛隊は隊員を大切にしない。入隊時には説明されていなかった無数の職務が課され、休養を取る時間すらないのが現実だ。(サムネイルは「防衛省統合幕僚監部」のXより)


最新の投稿


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!


【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点  園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点 園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

急転直下、辞意を表明した川勝知事。しかし、本当の戦いはここからだ――。