愛媛県・青島 人口6人、猫210匹の島の大プロジェクト|瀬戸内みなみ

愛媛県・青島 人口6人、猫210匹の島の大プロジェクト|瀬戸内みなみ

瀬戸内みなみの「猫は友だち」 第6回


そしてようやく昨年、平成30年10月にそれは実現することになったのである。島に上陸したのはSさんの他に、大洲市市議会議員の弓逹(ゆだて)秀樹さん、市役所職員、獣医師3名、獣医師を派遣した公益財団法人どうぶつ基金のスタッフ、県内外から集結したボランティアの面々。

島の総人口はそのときすでに、死去や入院などで3世帯6人にまで減っていた。

手術のための猫の捕獲が始まる。ところが間もなくボランティアの間から悲鳴が上がった。

「200匹以上いる!」

餌をねだりに人間に近づく

餌をねだりに人間に近づく

用意していたケージの数が足りなくなったのだ。後方支援を要請してケージを増やし、捕獲を続行、翌日から手術を開始。折しも台風の接近で定期船が欠航するかもしれないという事態になり、急遽10数人が着の身着のままで手術会場に宿泊することが決まる。その日の深夜、最後の1匹の手術が終了した。

結局捕獲されたのは210匹。うちすでに手術済みだった猫を除いた172匹を一昼夜で手術するハードな事業となった。

人気猫・ドキンちゃん。片耳の先がカットされているのは手術済みの印

人気猫・ドキンちゃん。片耳の先がカットされているのは手術済みの印

島民Kさんは翌朝、どうぶつ基金の担当者にこう語ったという。

「これまでは猫たちが可哀想でした。ここで生まれた子猫たちはすぐ死ぬんですよ。子孫を残したい本能に駆られたオス猫が子猫やメス猫を襲うし、オス同士はケンカしてケガが絶えないし……。手術をすることでケンカもなくなって、みんなが穏やかに暮らせるようになれば本当にうれしい」

関連する投稿


林真理子さんが感服! 村西とおる「有名人の人生相談『人間だもの』」

林真理子さんが感服! 村西とおる「有名人の人生相談『人間だもの』」

「捨て身で生きよう、と思える一冊。私の心も裸にされたくなりました」(脚本家・大石静さん)。「非常にいい本ですね、ステキ」(漫画家・内田春菊さん)。そして村西とおる監督の「人生相談『人間だもの』」を愛する方がもうひとり。作家の林真理子さんです。「私はつくづく感服してしまった」。その理由とは?


【にゃんこ四字熟語辞典クイズ】⑮これはどんな四字熟語?

【にゃんこ四字熟語辞典クイズ】⑮これはどんな四字熟語?

『Hanada』で書評を連載している西川清史さんが、世界中から集めた激カワにゃんこ写真に四字熟語でツッコミを入れた『にゃんこ四字熟語辞典』が発売されました。本書から一部を抜粋してクイズです。この写真はどんな四字熟語を現した一枚でしょうか?


【にゃんこ四字熟語辞典クイズ】⑭これはどんな四字熟語?

【にゃんこ四字熟語辞典クイズ】⑭これはどんな四字熟語?

『Hanada』で書評を連載している西川清史さんが、世界中から集めた激カワにゃんこ写真に四字熟語でツッコミを入れた『にゃんこ四字熟語辞典』が発売されました。本書から一部を抜粋してクイズです。この写真はどんな四字熟語を現した一枚でしょうか?


【にゃんこ四字熟語辞典クイズ】⑬これはどんな四字熟語?

【にゃんこ四字熟語辞典クイズ】⑬これはどんな四字熟語?

『Hanada』で書評を連載している西川清史さんが、世界中から集めた激カワにゃんこ写真に四字熟語でツッコミを入れた『にゃんこ四字熟語辞典』が発売されました。本書から一部を抜粋してクイズです。この写真はどんな四字熟語を現した一枚でしょうか?


【にゃんこ四字熟語辞典クイズ】⑫これはどんな四字熟語?

【にゃんこ四字熟語辞典クイズ】⑫これはどんな四字熟語?

『Hanada』で書評を連載している西川清史さんが、世界中から集めた激カワにゃんこ写真に四字熟語でツッコミを入れた『にゃんこ四字熟語辞典』が発売されました。本書から一部を抜粋してクイズです。この写真はどんな四字熟語を現した一枚でしょうか?


最新の投稿


【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!


【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点  園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点 園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

急転直下、辞意を表明した川勝知事。しかし、本当の戦いはここからだ――。


硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

先の大戦有数の大激戦である硫黄島の戦いで、日米両軍合わせて2万9千人が亡くなった。今回の訪問で、硫黄島で戦った方々がどのような状況で、どのような思いで戦ったのかを、まざまざと知ることができた。