愛媛県・青島 人口6人、猫210匹の島の大プロジェクト|瀬戸内みなみ

愛媛県・青島 人口6人、猫210匹の島の大プロジェクト|瀬戸内みなみ

瀬戸内みなみの「猫は友だち」 第6回


瀬戸内みなみの「猫は友だち」 第6回

瀬戸内みなみの「猫は友だち」

愛媛県・青島 人口6人、猫210匹の島の大プロジェクト

港を散歩する猫

港を散歩する猫

住民がたった15人の小さな瀬戸内海の島に、150匹の猫がいる。豊かな島の自然に抱かれて、ひと懐こい猫たちがのんびり、のどかに暮らしている……。

牧歌的な、あまりに牧歌的な光景だ。そのイメージが主にSNSで広まって、愛媛県大洲市の青島は数年前から一躍、世界的に有名になった。

海辺を散歩する猫

海辺を散歩する猫

でもここは本当に猫の楽園なのか?

危機感を抱いたのが、愛媛県内で猫保護活動をしているSさんだ。島民の平均年齢は70歳を超えている。島民自身も市も、今さらこの小さな漁業の島を盛り立てて活性化しようという意欲には乏しい。近い将来、無人島になってもおかしくないというのが現状なのだ。

来訪者が猫に餌をやる場所は決まっている

来訪者が猫に餌をやる場所は決まっている

いうまでもなく野生動物ではない猫たちは、島民のKさんが毎日与える餌に頼って生きている。高齢のKさんにとって体力的にも経済的にも大変な負担だ。でももしもそのうち、誰も世話ができなくなったら150匹の猫たちはどうなる? 最悪の事態だけは避けたい、と思うのがふつうの人間ではないだろうか。

まずは猫がこれ以上繁殖して増えないよう、全頭に不妊去勢手術をしなければならない。そう決心したSさんは4年かけて粘り強く島民と大洲市を説得し、県内外に協力を呼びかけた。

青島の猫。手術済みで片耳の先がカットされている

青島の猫。手術済みで片耳の先がカットされている

そしてようやく昨年、平成30年10月にそれは実現することになったのである。島に上陸したのはSさんの他に、大洲市市議会議員の弓逹(ゆだて)秀樹さん、市役所職員、獣医師3名、獣医師を派遣した公益財団法人どうぶつ基金のスタッフ、県内外から集結したボランティアの面々。

島の総人口はそのときすでに、死去や入院などで3世帯6人にまで減っていた。

手術のための猫の捕獲が始まる。ところが間もなくボランティアの間から悲鳴が上がった。

「200匹以上いる!」

餌をねだりに人間に近づく

餌をねだりに人間に近づく

用意していたケージの数が足りなくなったのだ。後方支援を要請してケージを増やし、捕獲を続行、翌日から手術を開始。折しも台風の接近で定期船が欠航するかもしれないという事態になり、急遽10数人が着の身着のままで手術会場に宿泊することが決まる。その日の深夜、最後の1匹の手術が終了した。

結局捕獲されたのは210匹。うちすでに手術済みだった猫を除いた172匹を一昼夜で手術するハードな事業となった。

人気猫・ドキンちゃん。片耳の先がカットされているのは手術済みの印

人気猫・ドキンちゃん。片耳の先がカットされているのは手術済みの印

島民Kさんは翌朝、どうぶつ基金の担当者にこう語ったという。

「これまでは猫たちが可哀想でした。ここで生まれた子猫たちはすぐ死ぬんですよ。子孫を残したい本能に駆られたオス猫が子猫やメス猫を襲うし、オス同士はケンカしてケガが絶えないし……。手術をすることでケンカもなくなって、みんなが穏やかに暮らせるようになれば本当にうれしい」

人気猫・ドキンちゃん

人気猫・ドキンちゃん

猫に手術をするのは人間のエゴだという意見もある。一面では確かにその通りだ。だが人間が引き起こした事態は、やはり人間が責任を取らなくてはならない。Kさんの言葉は、その責任の過酷さを物語っているのではないだろうか。

(初出:月刊『ねこ新聞』2019年2月号)

※「日本で唯一の『猫文学』新聞」、月刊『ねこ新聞』については公式サイト( http://www.nekoshinbun.com )をご覧ください。

■青島の猫たちについてもっと詳しくは、AERA dot.の記事

「愛媛県・青島『猫の楽園』の未来(瀬戸内みなみ)」をお読みください

「愛媛県・青島『猫の楽園』の未来(瀬戸内みなみ)」はこちら

著者略歴

瀬戸内みなみ

https://hanada-plus.jp/articles/202

作家。広島県生まれ。上智大学文学部卒業。会社勤務などを経て、小説、ノンフィクションなどを手掛けている。テーマは猫と旅と日本酒。著書に『にっぽん猫島紀行』(イースト新書)。月刊『Hanada』で「わが人生に悔いなし」を連載中。

関連する投稿


山本太郎ファクトチェック|坂井広志

山本太郎ファクトチェック|坂井広志

「空気を読めるから、空気を読まない」。“歩く風評被害”と呼ばれる山本太郎がついに、東京都知事選に立候補。“おもしろい”選挙戦になることは間違いないが、“おもしろい”で本当にいいのだろうか。空気に流されないために、山本太郎の過去の言説をファクトチェック!彼は民主主義の救世主か、それとも……。“ファンタジー・ヤマモトタロウ”の正体とは?


感染爆発回避した日本人の力|櫻井よしこ

感染爆発回避した日本人の力|櫻井よしこ

命令権の発動なしにここまで達成したのは、日本でなければできない立派なことだ。ただウイルスとの闘いはこれからも恐らく長く続くだろう。第2波、第3波の襲来を現体制で乗り切れるのか。わが国の危機対応体制はこのままでよいのか。


三種の武漢ウイルス 「集団免疫」という起死回生|山口敬之

三種の武漢ウイルス 「集団免疫」という起死回生|山口敬之

「安倍政権は死因までも誤魔化しているのだ」。安倍政権のコロナ対応は失敗だったのか。日本はウイルスの抑え込みに最も成功した国であるにもかかわらず、なぜ、支持率は急落したのか。安倍政権の一連の対応を振り返りながら、“集団免疫獲得”の実像に迫る!L型の流入の有無こそが、日米伊の分水嶺となった――。


致死率と死亡率を混同 危機煽るワイドショー|藤原かずえ

致死率と死亡率を混同 危機煽るワイドショー|藤原かずえ

日本は世界の主要国に比べて死亡率が極めて低い。にもかかわらず、日本国民の日本政府への評価が低いのはなぜなのか。ひとつの理由が、常識的な安倍政権のリスク管理をワイドショーがヒステリックに罵倒し、情報弱者をミスリードしたことにある――。新型コロナをめぐる日本政府の一連の対応を、データとロジックで読み解く!日本モデルは成功したのか、それとも――。


「実子誘拐ビジネス」の闇 人権派弁護士らのあくどい手口|牧野のぞみ

「実子誘拐ビジネス」の闇 人権派弁護士らのあくどい手口|牧野のぞみ

「10年前の今日(5月6日)、娘が誘拐された――。2歳だった娘は、いまや中学生である」。突然、愛するわが子を奪われた父親(A氏)。彼の身に、いったい、なにが起きたのか。その背後には、連れ去り勝ち、虚偽のDVなど「実子誘拐」の方法を指南する人権派弁護士らの暗躍があった――。愛する娘を奪われた父親が、魂の告発!日本で日常的に行われている「実子誘拐ビジネス」の闇に迫る!


最新の投稿


日本の先端技術を海外流出から守れ|奈良林直

日本の先端技術を海外流出から守れ|奈良林直

中国は毎年5000人の留学生を選抜し、外国の一流大学に国費留学生として送り出し、工学やバイオなどの先端分野を学ばせて、自国に無い技術を吸収してきた。日本は外国人留学生の最多を占める12万人の中国人学生を受け入れているが――。


【動画】今明かされる平成「失われた30年」の新事実|上念司×高橋洋一

【動画】今明かされる平成「失われた30年」の新事実|上念司×高橋洋一

『経済で読み解く日本史』6巻セット発売記念・特典オーディオブック収録。平成経済の裏の裏を知り尽くした高橋洋一氏が経済と金融の裏面を語る!


なべやかん遺産|「キングギドラ」

なべやかん遺産|「キングギドラ」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「キングギドラ」!


自称元慰安婦と悪徳活動家集団の正体|山岡鉄秀

自称元慰安婦と悪徳活動家集団の正体|山岡鉄秀

“詐欺師”と“詐欺師”の痴話喧嘩で、積もり積もった嘘と不正がついに噴出!元慰安婦支援団体「挺対協(現・正義連)」とはいったいどんな組織なのか。北朝鮮との関係、日本社会党との秘密会談、「挺対協」結成の経緯が改めて明らかに。銭ゲバたちによる“慰安婦像ビジネス”はもう終わりにすべきだ。


The identity of an organization dealing with the Korean comfort women issue |Tetsuhide Yamaoka

The identity of an organization dealing with the Korean comfort women issue |Tetsuhide Yamaoka

The shameful identity of "the Korean Council for the Women Drafted for Military Sexual Slavery by Japan"is now revealing itself through the disgraceful infighting between Ms. Lee Yong-soo, a self-proclaimed former comfort woman, and Ms. Yoon Mi-hyang, the former representative of the Council.