副知事は退職金辞退なのに川勝知事は……自民県議団は5000万円返納を求めよ!|小林一哉

副知事は退職金辞退なのに川勝知事は……自民県議団は5000万円返納を求めよ!|小林一哉

不信任案決議にまでつながったボーナス未返納問題。しかし、まだ川勝知事には残されたカネの疑惑が……。


キーワードは「辞職勧告決議」

9月県議会に給料等の返上のための条例案提出を述べた川勝知事(静岡県議会本会議場、筆者撮影)

9月21日に開会した静岡県議会のキーワードは「辞職勧告決議」である。
 
今春の統一地方選で、戦後最年少で初当選した中山真珠県議(28)=静岡市清水区、無所属=が県議会全3会派(自民、公明、ふじのくに県民クラブ)から「辞職勧告決議」を突きつけられ、9月6日、県議会議長に潔く、辞職願いを伝え、あっさりと政界からの引退を決めた。議会閉会中のため、議長が同日付で辞職を許可した。
 
20代という若手の女性で注目された中山県議の辞職で、静岡県議会の平均年齢も一挙に高齢化した。
 
中山県議は自動車運転免許証の失効に気づかずに車を運転していて、8月4日横断歩道で一時停止を怠ったことを警察官に発見され、反則切符を切られ無免許運転が発覚した。
 
当初の記者会見では謝罪した上で、議員を続ける意向を示していた。その後、手続きのため運転免許センターへ行った折、帰りは代行運転を頼んでいたとの説明が虚偽であり、帰りも無免許で車を運転していたと一部メディアに明らかにされてしまった。
 
そうなると、中山県議が所属していたふじのくに県民クラブは除名処分だけでなく、「辞職勧告決議」に加わった。これで中山県議には、県議会全員が敵に回ったような重圧に耐えられなくなったのかもしれない。
 
21日の開会日に中山県議の辞職が、議長から報告された。
 

自民党県議団は中山県議を懐柔すべきだった

かたや、いわゆる「コシヒカリ発言」を受けて、2021年11月臨時県議会で、「辞職勧告決議」を受けた川勝平太知事。
 
辞職勧告決議に法的拘束力はなく、川勝知事はそのまま知事職を続けるに当たって、自らにペナルティを科すとして給料1カ月分と暮れのボーナスの合計約440万円を返上すると記者団に表明した。
 
しかし、1年半もその約束を頬かむりしたことで厳しい批判を受けたため、6月県議会最終日(6月12日)に、9月県議会に給料等返上の条例案を提出すると表明した。9月21日に条例案が提出、川勝知事の提案説明が行われた。
 
中山県議と違って、こちらの「辞職勧告決議」はどこ吹く風のたとえ通り、川勝知事に何らの打撃を与えることはなかった。
 
6月県議会でも、給料等返上を表明した答弁に虚偽があったとして、最大会派の自民党県議団が反発、13日未明に川勝知事の不信任決議案を提出された。
 
採決の結果、1票差で否決された。議員総数68に対して、賛成50、反対18だった。
 
当然、中山県議は6月県議会に出席していて、不信任決議案に反対票を投じた。つまり、川勝知事の強力な支持者だったわけである。
 
今回、中山県議が辞職することで、1議席が失われ、川勝知事にとって不利な情勢をもたらす事態となるのがわかっていれば、川勝知事は「『辞職勧告決議』など政治家にとっては“勲章”のようなものであり、あまり深刻に受け止めるべきではない」などと中山県議に助言したかもしれない。

「無免許運転と言っても、単に失効に気づかなかっただけである。嘘と言っても、それほど悪質なものとは言えない。今後、政治家として成長するために、したたかさを学ぶよい機会だ、その見本は自分である」などと、川勝知事のアドバイスが聞こえてきそうだ。
 
実際には、川勝知事だけでなく、誰もそのような助言などを積極的にしなかったようだ。中山県議の若さゆえの未熟な決断となってしまった。
中山県議の1議席が失われても、県議会には数の上では何の影響はなかったからだ。
 
6月県議会の不信任決議案では、賛成50、反対18で、賛成票は4分の3(75%)に達することができなかった。賛成が51あれば、ちょうど75%で可決された。
 
もし、9月県議会で再び、不信任決議案が審議されたとしても、1議席欠員となり総数67に対して、賛成50では、74・6%で4分の3に届かない。やはり、1票足りない。つまり、中山県議が辞めたとしても、川勝知事には何らの影響を与えないのだ。

だから、逆に、自民党県議団は、本当に川勝知事の辞職を望むのであれば、中山県議を取り込む算段をすべきだった。
 
次回の不信任決議案で、賛成に回るよう懐柔すればよかったのである。国民民主党の現在の対応を見れば、それも不可能ではない。自民県議団はふじのくに県民クラブと一緒になって、中山県議を徹底的に糾弾すべきではなかったのだ。
 

関連する投稿


川勝知事のヤバすぎる「不適切発言」が止まらない!|小林一哉

川勝知事のヤバすぎる「不適切発言」が止まらない!|小林一哉

議会にかけることもなく、「三島を拠点に東アジア文化都市の発展的継承センターのようなものを置きたい」と発言。まだ決まってもいない頭の中のアイデアを「詰めの段階」として、堂々と外部に話す川勝知事の「不適切発言」はこれだけではない!


【リニア】会見でも言及なし!川勝知事が頬かむりするJR東海への「風評加害」問題|小林一哉

【リニア】会見でも言及なし!川勝知事が頬かむりするJR東海への「風評加害」問題|小林一哉

虚言、妄言、ごまかしばかりの「川勝劇場」。そして、自分自身に不利なことは決して言わない。JR東海への風評加害もその一つだ。


三島に日中韓「東アジア文化都市」の施設を……やりたい放題の川勝知事|小林一哉

三島に日中韓「東アジア文化都市」の施設を……やりたい放題の川勝知事|小林一哉

議会に諮ることなく「三島を拠点に東アジア文化都市(日中韓の通年文化事業)の発展的継承センターのようなものを置きたい」とぶち上げた川勝知事。「議会とのコミュニケーションを密にする」とした約束したことなど、どこ吹く風……。


全知全能感にとらわれた権力者・川勝知事に必要なもの|小林一哉

全知全能感にとらわれた権力者・川勝知事に必要なもの|小林一哉

川勝知事の独断専決の行政運営をなぜ止められないのか。 全知全能感に囚われた権力者をコントロールするカギは、徳川家康に学べ!


科学者たちの無責任が川勝知事を支える不思議なカラクリ|小林一哉

科学者たちの無責任が川勝知事を支える不思議なカラクリ|小林一哉

47年前、東京大学の石橋克彦助手(現・神戸大学名誉教授)が発表した「東海地震説」。しかし、その後、なにも起こらなかった。その石橋氏がまた南海トラフ地震を根拠に川勝知事同様、反リニアを掲げている……。


最新の投稿


混迷する中東情勢を読み解く!|和田政宗

混迷する中東情勢を読み解く!|和田政宗

中東情勢が混迷を深めている。我が国も国民も「遠い中東のこと」と高をくくってはならない。実際すでに日本も巻き込まれ、被害を受けている――。


【今週のサンモニ】反原発・反核原理主義を大爆発!|藤原かずえ

【今週のサンモニ】反原発・反核原理主義を大爆発!|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。今週は原発や核兵器をめぐって、反原発・反核原理主義を大爆発させておりました。


日本防衛の要「宮古島駐屯地」の奇跡|小笠原理恵

日本防衛の要「宮古島駐屯地」の奇跡|小笠原理恵

「自衛官は泣いている」と題して、「官舎もボロボロ」(23年2月号)、「ざんねんな自衛隊〝めし〟事情」(23年3月号)、「戦闘服もボロボロ」(23年4月号)……など月刊『Hanada』に寄稿し話題を呼んだが、今回は、自衛隊の待遇改善のお手本となるケースをレポートする。


なべやかん遺産|エクシストコレクション

なべやかん遺産|エクシストコレクション

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「エクシストコレクション」!


川勝知事のヤバすぎる「不適切発言」が止まらない!|小林一哉

川勝知事のヤバすぎる「不適切発言」が止まらない!|小林一哉

議会にかけることもなく、「三島を拠点に東アジア文化都市の発展的継承センターのようなものを置きたい」と発言。まだ決まってもいない頭の中のアイデアを「詰めの段階」として、堂々と外部に話す川勝知事の「不適切発言」はこれだけではない!