【埼玉県川口市 クルドの現場を行く①】不良・犯罪行為は本当か?|西牟田靖

【埼玉県川口市 クルドの現場を行く①】不良・犯罪行為は本当か?|西牟田靖

「クルド人がかわいそうってのもいいけど、この地域に住んでいる子供たちの、そういう現状を見てから言ってくださいよ」と川口市議会議員である奥富精一氏。「そういう現状」とはどういう現状なのか、現場を取材した――。


深夜の集会、放尿、つば吐き、ナンパ……

奥富氏の運転する車は、蕨駅東口から近くのパチンコ屋前の路地へと進む。

「今もいますね。中東系の外国人ずっと張っていて、通行する女性に声をかけてナンパをするんです」

日本人女性と結婚できれば、配偶者としての在留特別許可が下りる可能性が高い。その機会を狙って声を掛け続けているのだという。

車道である東口駅前通りに出る。するとまもなくクルド人が経営しているトルコ料理屋が見えた。その前には、日中堂々、白い外車が停まっている。

「このポルシェも彼らのものですよ。路駐はしょっちゅうです」

この車の所有者はいったいどうやってこの車を手に入れたのだろうか。意外と羽振りが良かったりするのだろうか。そもそも免許は持っているのだろうか。

その後、車は2~3キロ先の芝・前川・上青木へと進んだ。この付近は奥富氏がツイートに記した地名。クルド人がもっとも住んでいるのがこの地域だ。

奥富氏の車は、大きな駐車場を持つドラッグストアの前に停まった。数十人の中東系の男性たちが集まり、暴動のように小競り合いをしている――そんな、とても日本とは思えない衝撃的な映像がジャーナリストである石井孝明さんのツイッターにて公開されたことは先に触れた。

ここがまさにその場所だ。

「深夜の集会もうるさいですし、放尿、つば吐き、夜騒ぎ、駅前のナンパ……。ドラッグストアでの数十人の騒動、あの映像ほどのものは見たことがないけど、なにかあると10人ぐらいならすぐ集まってきますよ」

ドラッグストアの壁には英語が併記された「不法投棄は犯罪です!」という文面の警告ポスターが何枚も貼られており、不法投棄がしばしばあることが見て取れた。

《ドラッグストア前への不法投棄が珍しくないようだ》
(撮影:筆者)

車を降りて、店内に入り、パート店員の中年女性に話しを伺ってみた。「中東系のお客さんはよく来られますよ。万引きですか? なくはないですね」とさらりと言う。

外に出て、住民に話しを聞いた。店の向かいの集合住宅に住む還暦ぐらいの男性は言う。

「この辺りに不良外国人がいっぱい来て夜騒がしくしたりします。そういうのはけっこう頻繁にある。うるさくてうるさくて。あとここから200メートル先の公園で殴り合いやって人が倒れたりしてたこともあったね」

さらに男性は続けた。

「この建物(3階建て)に住んでいる日本人は3人だけ。あとは全部、中東の人たち。クルドかトルコか? それは知らない。とにかくね、ここには若い子だけじゃなくて、男女年齢関係なく大人から子供までいろいろ住んでいる。言葉で言い表せないぐらい困ってますよ。俺は今も住んでいるけど他の人は出て行ってしまった。日常的な事だからたまらない。大量のチラシを下に落っことしたり、私のところに入れていたり。夜中騒ぐし道路におもちゃを出しっぱなしだし。とにかく常識がなくてめちゃくちゃ」

彼にお礼を言うと、「ぜひ書いてください」と念を押された。

(撮影:筆者)

関連する投稿


トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

バイデン大統領は2021年1月25日、トランスジェンダーの米軍入隊を原則禁止したトランプ前大統領の方針を撤廃する大統領令に署名した。米軍では大統領が変わるごとにLGBTの扱いが激変――。だが、自衛隊ではお互いに理解を深めつつ共存している。その一例をご紹介しよう。


「派閥全廃」は党改革の出発点に過ぎない!|和田政宗

「派閥全廃」は党改革の出発点に過ぎない!|和田政宗

派閥全廃とその先の根本的な党改革を構築するため、「政治(まつりごと)変革会議」を今月22日に結成した。党変革、政治変革が中途半端に終われば、自民党は国民の信を失い、下野し、将来消滅する――。(サムネイルは自民党HPより)


「24時間」働けますか? 自衛隊の過酷な労働環境|小笠原理恵

「24時間」働けますか? 自衛隊の過酷な労働環境|小笠原理恵

自衛隊に入隊する多くの人は、誰かの役に立ちたい、家族や国民の命を守りたいという思いをもっている。しかし自衛隊は隊員を大切にしない。入隊時には説明されていなかった無数の職務が課され、休養を取る時間すらないのが現実だ。(サムネイルは「防衛省統合幕僚監部」のXより)


派閥を全廃し、自民党は解体的出直しを!|和田政宗

派閥を全廃し、自民党は解体的出直しを!|和田政宗

平成元年(1989年)に党として国民に実現を約束した「政治改革大綱」には、「われわれは、派閥解消を決意」と明記されている。35年前に国民とした約束を果たしていないこを、私を含む党所属の全国会議員は猛省すべきだ。


台湾総統選 頼清徳氏の勝利と序章でしかない中国の世論工作|和田政宗

台湾総統選 頼清徳氏の勝利と序章でしかない中国の世論工作|和田政宗

中国は民進党政権を継続させないよう様々な世論工作活動を行った。結果は頼清徳氏の勝利、中国の世論工作は逆効果であったと言える。しかし、中国は今回の工作結果を分析し、必ず次に繋げてくる――。


最新の投稿


トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

バイデン大統領は2021年1月25日、トランスジェンダーの米軍入隊を原則禁止したトランプ前大統領の方針を撤廃する大統領令に署名した。米軍では大統領が変わるごとにLGBTの扱いが激変――。だが、自衛隊ではお互いに理解を深めつつ共存している。その一例をご紹介しよう。


【今週のサンモニ】住民関係をズタズタにする『サンモニ』・反原発活動家|藤原かずえ

【今週のサンモニ】住民関係をズタズタにする『サンモニ』・反原発活動家|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


被災地支援会議より新年会を優先…川勝知事の「知事失格」言行録|小林一哉

被災地支援会議より新年会を優先…川勝知事の「知事失格」言行録|小林一哉

新年早々、リニア妨害宣言した川勝知事。 しかし、知事失格の言動はこれだけではなかった


「トランプ大統領」阻止に死に物狂い、米民主党のウルトラC【ほぼトラ通信】|石井陽子

「トランプ大統領」阻止に死に物狂い、米民主党のウルトラC【ほぼトラ通信】|石井陽子

今度のアメリカ大統領選挙は単なる「トランプvsバイデン」の単純な構図ではない!「操り人形」「トロイの木馬」「毒蛇」――トランプの対抗馬と目されるニッキーヘイリーはなぜ共和党内からこう批判されるのか。日本では報じられない米大統領選の深層!