両親が覚悟の独占告白!国政を動かす「小川さゆり」の真実【スクープ!ルポ統一教会3】|福田ますみ

両親が覚悟の独占告白!国政を動かす「小川さゆり」の真実【スクープ!ルポ統一教会3】|福田ますみ

メディアが連日報じる元宗教二世・「小川さゆり氏」の壮絶な体験。日本外国特派員協会でも涙ながらの会見を行い、与野党のヒアリングに応じるなど、その発言は国政にも大きな影響を及ぼしている。だが、彼女の発言は果たして本当なのか? なぜ一切検証されないのか? 「このままではいけない」と彼女の両親が決意の告白を行った。当事者の声を追ったノンフィクション作家・福田ますみ氏渾身のルポ。


たとえば、幼い頃から貧乏だったと語る時、「お年玉は全部親に没収され、誕生日やクリスマスプレゼントは買ってもらえなかった」といい、お金がない代わりに自宅には壺や印鑑があったと話し、親が高額な献金をしていたことを示唆している。  

脱会のきっかけは、祖母の介護だったという。介護に疲れた母親から強く当たられるようになり、そのストレスでパニック障害になったそうだ。  

ただ、早くも矛盾がある。先のツイッターでは、「母は私のいないところで『あの子いつになったら働くんだろう、早くお金入れてくれないかな』と妹に愚痴っていることを知った時、脱会と家出を決意した」とある。  

また、精神病になったきっかけ(精神病院に入院したきっかけ)は、ツイッターでは当初、「介護になった祖母を家族が虐待していたこと」としていたが、同じツイッターの最後で、「走り書いたので訂正があります。精神病になったのは信じていた親に搾取されたことがきっかけでした」と自ら訂正。ところが、このMBSニュースのインタビューでは、「介護に疲れた母親から強く当たられるようになり、こうしたストレスでパニック障害になった」と、再び大筋で元に戻ってしまっている。  
インタビューによると、小川さんは脱会の前後の十九歳の頃に自殺願望が高まり、遺書を書いたそうだ。彼女はそれをクリアファイルに入れて保存していた。番組ではその遺書の一部を紹介した。

「お父さんお母さんがしてしまった間違いは、やはり消化しきれない。私が死んだのはお前らのせいだ。でも大好きだったこともVSじゃない。悔しい。悔しい。生きていたかった。愛し愛されたかった」  

冒頭に記したが、小川さんは現在27歳である。テレビカメラが映し出したその遺書は、19歳の頃のものにしては紙が真新しく、しかも折り目がなく畳んだ形跡がない。遺書ともなれば、小さく畳んでどこかに隠しておくのが普通ではないかと疑問視する声がある。さらに、この遺書にも彼女はショッキングな言葉を書き込んでいた。

「最初はおばあちゃんを殺そうと思った。次に家族のだれか。誰でもいいから一人死んでくれれば~」  

彼女は、介護が必要な祖母を家族が虐待していたことに心を痛めていたのではなかったか――。

この続きは月刊『Hanada』2023年3月号もしくはHanadaプレミアムでご購読頂けます。

『Hanada』23年3月号

¥ 980

関連する投稿


なぜ今なのかが不可解な旧統一協会解散請求|西岡力

なぜ今なのかが不可解な旧統一協会解散請求|西岡力

これは宗教団体に対する「人民裁判」ではないか。キリスト教、仏教、神道などのリーダーを含む宗教法人審議会が解散命令請求に全会一致で賛成したことに戦慄を覚えた。


【独占スクープ!】統一教会問題の「黒幕」【ルポ統一教会2】|福田ますみ

【独占スクープ!】統一教会問題の「黒幕」【ルポ統一教会2】|福田ますみ

新潮ドキュメント賞を受賞したノンフィクション作家の福田ますみ氏が、「報じられない旧統一教会問題」を徹底取材。第2回目は「統一教会問題の『黒幕』」。自らの正体と真の狙いを35年間ひた隠しにしてきた巨悪の実態。


キリスト教信者から見た旧統一協会問題|西岡力

キリスト教信者から見た旧統一協会問題|西岡力

世論が変われば憲法に定められた信教の自由、私有財産処分の自由などの枠組みがいとも簡単に崩れていく。多数派の日本人とはかなり異なる少数派の信仰を持つ私は、それを目撃して、その矛先がいつ私たちに向くかもしれないという恐怖を感じるのだ。


新聞・テレビが報じない“脱会屋”の犯罪【ルポ統一教会1】|福田ますみ

新聞・テレビが報じない“脱会屋”の犯罪【ルポ統一教会1】|福田ますみ

ベストセラー『でっちあげ』で新潮ドキュメント賞を受賞したノンフィクション作家の福田ますみ氏が、「報じられない旧統一教会問題」を徹底取材。第1回目は「“脱会屋”の犯罪」。人為的に“被害者”を作り出し、カネを貪るシステム化された犯罪の構図。彼らの「裏の顔」をテレビは絶対に報じない。


「トリプル危機」を無視する選良たち|湯浅博

「トリプル危機」を無視する選良たち|湯浅博

日本はロシアの侵略戦争、中国の台湾恫喝、北朝鮮のミサイル乱射のトリプル危機の最前線にある。ところが国会の選良たちは、国内スキャンダルの泥仕合に明け暮れて、国家や国民を守る気概もない。


最新の投稿


【スクープ!】自衛隊と神戸市が交わした驚きの文書を発見! 自衛隊を縛る「昭和の亡霊」とは……|小笠原理恵

【スクープ!】自衛隊と神戸市が交わした驚きの文書を発見! 自衛隊を縛る「昭和の亡霊」とは……|小笠原理恵

阪神地区で唯一の海上自衛隊の拠点、阪神基地隊。神戸市や阪神沿岸部を守る拠点であり、ミサイル防衛の観点からもなくてはならない基地である。しかし、この阪神基地隊の存在意義を覆すような驚くべき文書が神戸市で見つかった――。


川勝知事、リニア妨害シナリオ|小林一哉

川勝知事、リニア妨害シナリオ|小林一哉

静岡県のリニア問題責任者を務める副知事による記者会見は、デタラメだらけだった。この記者会見の本当の目的とは――。


【今週のサンモニ】サンモニならではの否定とデマ|藤原かずえ

【今週のサンモニ】サンモニならではの否定とデマ|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


速やかなる憲法改正が必要だ!|和田政宗

速やかなる憲法改正が必要だ!|和田政宗

戦後の日本は現行憲法のおかしな部分を修正せず、憲法解釈を積み重ねて合憲化していくという手法を使ってきた。しかし、これも限界に来ている――。憲法の不備を整え、わが国と国民を憲法によって守らなくてはならない。(サムネイルは首相官邸HPより)


トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

バイデン大統領は2021年1月25日、トランスジェンダーの米軍入隊を原則禁止したトランプ前大統領の方針を撤廃する大統領令に署名した。米軍では大統領が変わるごとにLGBTの扱いが激変――。だが、自衛隊ではお互いに理解を深めつつ共存している。その一例をご紹介しよう。