【独占スクープ!】統一教会問題の「黒幕」|福田ますみ

【独占スクープ!】統一教会問題の「黒幕」|福田ますみ

新潮ドキュメント賞を受賞したノンフィクション作家の福田ますみ氏が、「報じられない旧統一教会問題」を徹底取材。第2回目は「統一教会問題の『黒幕』」。自らの正体と真の狙いを35年間ひた隠しにしてきた巨悪の実態。


“脱会請負人”宮村峻氏

第1回(月刊『Hanada』22年12月号)では、反統一教会陣営にとって絶対触れられたくない、信者に対する拉致監禁の実態について報じた。しかも、この拉致監禁はそれだけで終わるのではなく、拉致監禁して強制棄教させた元信者に教団を訴えることを促し、人為的に教団に対する“被害者”を作り出し、しかもそれが莫大な金を生み出すシステムになっている事実を説明した。  

なんといっても、このシステムを編み出した立役者のひとりは、“脱会請負人”宮村峻氏である。前回、彼の所業を明らかにしたからにはご本人の弁明をぜひ聞きたいと思い、都合4度、都内の彼の自宅に赴きインターフォンを鳴らしたが、いずれも応答がなかった。

実は最初に訪れた時、インターフォンに反応がないので、家の周りを歩いて時間を潰し、また家の前に戻ってみると、路上に宮村氏の親族らしき男性がいた。「宮村さんですか?」と声をかけると、そうだと言う。取材したい旨話すと、(宮村氏は)「夜にならないと戻らない」という。私は一応名刺を渡しておいた。  

4度目に訪ねた時は室内に明かりが灯っているのが見えたが、やはりなんの返答もなかった。かなり警戒しているのかもしれない。  

そこで、12年間に及ぶ拉致監禁の被害者である後藤徹氏の民事裁判に提出されたある陳述書を引用することにする。これは、信者に対する拉致監禁の事実を最初に報じたルポライター米本和広氏が書いたものである。2008年2月14日、後藤氏が解放されて4日目に米本氏は宮村邸を訪ね、路上で短時間の立ち話ではあるが彼に話を聞くことに成功している。そのやりとりの一部をここに紹介する。  

「あの、キチガイババアか」

米本氏は、まずこう書いている。

「宮村峻の自宅や車を写真撮影していると、近所から通報があったのか、宮村本人が出てきました。時間にすれば、30分程度でしょうが、立ち話をしました。私が名前を名乗ると、宮村は緊張した面持ちになり、最初の5分間は首筋がピクピクしていました(後略)」

米本「後藤さんのことを取材しているが、後藤さんを知っているか」
宮村「ああ、数年前に説得したことがある」
米本「後藤さんは12年間も監禁されたと話しているが」
宮村「監禁? そんなことは知らない。俺は家族から頼まれて説得に行っただけだ」
米本「玄関に南京錠が施されていたということだが」
宮村「そんなことは知らない」
米本「どのくらい説得に出向いていたのか」
宮村「数年前に1年間か1年半だ」
米本「これまでずいぶんいろんなところで説得をやっているようだけど、どのくらいの頻度で説得に出向くのか」
宮村「だいたい、月に2、3回行く程度だ」
米本「ということは、後藤さんが監禁されていた荻窪フラワーホームには、54回出向いていたことになるが、本当に南京錠のことは知らなかったのか」(実際は73回)
宮村「……俺は家族から頼まれて説得に行っていただけだ」
米本「しかし、これまで私が取材した例でいえば、すべてが外に出ることができないように玄関、窓がしっかり鍵をかけられた状態で、牧師などあなたのような脱会説得者がやってきては説得を受けている」
宮村「そりゃあ、悪いことをするから、家族が保護するんだ」
米本「保護といえば聞こえはいいが、実際は監禁だ」
宮村「俺は監禁なんかしない。家族が保護するだけだ」
米本「緊急入院となった後藤さんを見舞ったけど、一人で立ち上がることができないほどやせ細っていた。可哀そうな感じがした」
宮村「後藤が断食なんかするからだよ」  

この返答について、米本氏はこう述べている。

「自分が説得した相手がやせ細った状態で緊急入院したと聞かされれば、心配して様子を聞くのがふつうです。それを彼は顔色ひとつ変えることなく、平然と断食のことを口にしただけでした。また宮村は数年前に1年か1年半説得に行っていただけで後は知らないと語っていたにもかかわらず、後藤さんの2年前の断食のことを知っていたことには驚きました。宮村は、家族から後藤さんの様子を逐一報告を受けていたということです」 (中略)

米本「あなたはなぜ脱会説得をしているのか」
宮村「家族から頼まれるからだ」
米本「頼まれるからやるのか」
宮村「そうだ。俺は人権の尊重とか正義とかそんな大上段に振りかぶった目的でやっているわけではない。家族から頼まれるからだ」  

この発言は、他の牧師など脱会説得者たちが「基本的人権の尊重の立場から統一教会から信者を救出することを目的に脱会説得している」と主張していることを意識してのものだと米本氏はいう。

米本「頼まれたら、すべて引き受けるのか」
宮村「そんなことはない。俺の考えで引き受けるかどうかを決める」 (中略)
米本「あなたが引き受ける条件について興味がある。けっこう高い料金を請求するという話を聞いているし、またある信者家族の母親に『子供を脱会させたいのだったら』と関係を迫ったという話も聞いているからだ。言っておくが、これは統一教会からの情報ではなく、反統一教会の陣営から聞いた話だ」
宮村「ハハハ。人は勝手にいろんな噂を流している」
米本「関係を迫ったという話は、『全国原理運動被害者父母の会』のAさんが話している」
宮村「あの、キチガイババアか。勝手に噂を流しているだけだ」
米本「当初あなたが活動の拠点としていた荻窪栄光教会から追放されたのも女性問題だったと言われているが」
宮村「……」
米本「ところでBさんだが、あなたの愛人だと聞いているが(Bは、宮村氏が脱会させた元信者)」 宮村「ハハハ。人は噂を流すさ」
米本「Bさんのお父さんがあなたに『脱会させてくれるように頼んだが、娘を情婦にしてくれと頼んだ覚えはない』と怒鳴ったのは、被害弁連の一部の弁護士の間では有名な話らしいが」
宮村「……」
米本「ここでの立ち話ではなく、きちんと取材に応じてほしい」
宮村「あなたの取材を受けたくない」  

“脱会請負人”と有田芳生氏

関連する投稿


両親が覚悟の独占告白!国政を動かす「小川さゆり」の真実|福田ますみ

両親が覚悟の独占告白!国政を動かす「小川さゆり」の真実|福田ますみ

メディアが連日報じる元宗教二世・「小川さゆり氏」の壮絶な体験。日本外国特派員協会でも涙ながらの会見を行い、与野党のヒアリングに応じるなど、その発言は国政にも大きな影響を及ぼしている。だが、彼女の発言は果たして本当なのか? なぜ一切検証されないのか? 「このままではいけない」と彼女の両親が決意の告白を行った。当事者の声を追ったノンフィクション作家・福田ますみ氏渾身のルポ。


キリスト教信者から見た旧統一協会問題|西岡力

キリスト教信者から見た旧統一協会問題|西岡力

世論が変われば憲法に定められた信教の自由、私有財産処分の自由などの枠組みがいとも簡単に崩れていく。多数派の日本人とはかなり異なる少数派の信仰を持つ私は、それを目撃して、その矛先がいつ私たちに向くかもしれないという恐怖を感じるのだ。


新聞・テレビが報じない“脱会屋”の犯罪【ルポ統一教会1】|福田ますみ

新聞・テレビが報じない“脱会屋”の犯罪【ルポ統一教会1】|福田ますみ

ベストセラー『でっちあげ』で新潮ドキュメント賞を受賞したノンフィクション作家の福田ますみ氏が、「報じられない旧統一教会問題」を徹底取材。第1回目は「“脱会屋”の犯罪」。人為的に“被害者”を作り出し、カネを貪るシステム化された犯罪の構図。彼らの「裏の顔」をテレビは絶対に報じない。


「トリプル危機」を無視する選良たち|湯浅博

「トリプル危機」を無視する選良たち|湯浅博

日本はロシアの侵略戦争、中国の台湾恫喝、北朝鮮のミサイル乱射のトリプル危機の最前線にある。ところが国会の選良たちは、国内スキャンダルの泥仕合に明け暮れて、国家や国民を守る気概もない。


“報道テロリスト”金平茂紀に与えられた使命|山口敬之【WEB連載第18回】

“報道テロリスト”金平茂紀に与えられた使命|山口敬之【WEB連載第18回】

9月一杯で「報道特集」のキャスターを降板させられた金平茂紀氏。金平氏とは一体どういう人物なのか。かつてともに仕事をした山口敬之さんが金平氏の本性を暴く!


最新の投稿


「緑なき島」、高額報酬、天下り、はぐらかし続けるNHK|和田政宗

「緑なき島」、高額報酬、天下り、はぐらかし続けるNHK|和田政宗

1月31日に行われた自民党総務部会(NHK予算審議)は大紛糾となった――。NHKは国民の受信料から成り立っている組織である。「経営改革」と言いながら、自らの報酬に手をつけない経営陣がこの世のどこにいるだろうか。


『デンジャー・ゾーン』「日本語版へのまえがき」を特別公開!

『デンジャー・ゾーン』「日本語版へのまえがき」を特別公開!

早まる台湾有事を警告した2022年8月刊の話題の書『デンジャー・ゾーン 迫る中国との衝突』の第一人者による邦訳が完成。ピーター・ナヴァロ『米中もし戦わば』やマイケル・ピルズベリー『China2049』、グレアム・アリソン『米中開戦前夜』を越える衝撃作の「日本語版まえがき」を特別公開!


話題書『デンジャー・ゾーン』の序章の一部を特別公開!

話題書『デンジャー・ゾーン』の序章の一部を特別公開!

早まる台湾有事を警告した2022年8月刊の話題の書『デンジャー・ゾーン 迫る中国との衝突』の第一人者による邦訳が完成。ピーター・ナヴァロ『米中もし戦わば』やマイケル・ピルズベリー『China2049』、グレアム・アリソン『米中開戦前夜』を越える衝撃作から、中国による台湾攻撃のシミュレーションを一部公開!


光に満ちた悲劇、安倍晋三とヤマトタケル|櫻井よしこ

光に満ちた悲劇、安倍晋三とヤマトタケル|櫻井よしこ

安倍晋三元総理はなぜ死ななければならなかったのだろうか。なぜテロに斃れなければならなかったのか。なぜ日本の警察と公安の弛緩しきった警備体制の犠牲にならなければならなかったのか。櫻井よしこ氏が綴った慟哭の30枚。


両親が覚悟の独占告白!国政を動かす「小川さゆり」の真実|福田ますみ

両親が覚悟の独占告白!国政を動かす「小川さゆり」の真実|福田ますみ

メディアが連日報じる元宗教二世・「小川さゆり氏」の壮絶な体験。日本外国特派員協会でも涙ながらの会見を行い、与野党のヒアリングに応じるなど、その発言は国政にも大きな影響を及ぼしている。だが、彼女の発言は果たして本当なのか? なぜ一切検証されないのか? 「このままではいけない」と彼女の両親が決意の告白を行った。当事者の声を追ったノンフィクション作家・福田ますみ氏渾身のルポ。