両親が覚悟の独占告白!国政を動かす「小川さゆり」の真実【スクープ!ルポ統一教会3】|福田ますみ

両親が覚悟の独占告白!国政を動かす「小川さゆり」の真実【スクープ!ルポ統一教会3】|福田ますみ

メディアが連日報じる元宗教二世・「小川さゆり氏」の壮絶な体験。日本外国特派員協会でも涙ながらの会見を行い、与野党のヒアリングに応じるなど、その発言は国政にも大きな影響を及ぼしている。だが、彼女の発言は果たして本当なのか? なぜ一切検証されないのか? 「このままではいけない」と彼女の両親が決意の告白を行った。当事者の声を追ったノンフィクション作家・福田ますみ氏渾身のルポ。


「小川さゆり」の誕生

“元統一教会教会長の娘”を名乗る小川さゆりさん(仮名・27歳)は昨年、まさに時の人だった(いや、もしかすると今年もそうかもしれない)。  

連日、いくつものメディアに出演し、与野党の政治家によるヒアリングに応じ、日本外国特派員協会での記者会見も行った。この記者会見からほどなくして、岸田首相は、それまでその要件を満たさないと消極的だった旧統一教会への質問権行使を決断した。この質問権行使は、旧統一教会の解散請求を見据えた措置である。   

並行して、旧統一教会の問題を受けた被害者救済新法の審議が異例の速さで進み、12月7日には与野党が合意。12月9日に小川さんは国会に参考人として招致され、涙ながらにこう語った。

「私は毎日、現役信者や一部の方々から“うそつき”“偽善者”といわれ、その言葉を意見の一つとして受け止めようとしましたが、自分の器では到底受け止めきれず、死んだほうがましなぐらい体調を崩したこともありました。本日、国会で正式な参考人として発言させていただけることを感謝いたします」  

そしてこの翌日、12月10日に被害者救済法が成立した。誹謗中傷にも負けず、質問権行使、新法成立に大きく貢献した小川さんは、旧統一教会の解散を望む大方の国民からすれば、まさに称賛に値する人物である。  

しかし一方、自らが国会で図らずも言及したように、一部から彼女の発言の信憑性に強い疑義が囁かれていたことも事実である。その発言はその時々でコロコロ変わり、時系列などもつじつまが合わないことが多いのだ。  

いうまでもなく、公の場での発言には重大な責任が伴う。万が一、虚偽の訴えが国の政治を動かしたとなれば、わが国の政治史の汚点として後世に残ることになる。  

私は昨年暮れ、三重県のある場所で、小川さゆりさんのご両親に会った。痩身で背が高く、いかにもインテリといった雰囲気の父親と、小柄で笑顔の優しい母親。壮絶な宗教虐待と高額献金による貧乏を強いられたとして実の娘から糾弾されている身だ。「たしかに親がこれだけ批判されるのは辛い。でも、誤解が元とはいえ、娘が苦しんできたことも事実なので娘を責めることはできません」という。  

結婚して首都圏で暮らしている長女がメディアに露出し、旧統一教会に対する被害を訴えているのを両親が知ったのは7月20日のことである。父の義彦さん(仮名)がいう。

「地元の教会の教会長に教えられて、日本テレビ系の夜のニュース番組news zeroの7月15日分の録画を見ました。もう詳細をはっきり覚えていませんが、娘と電話で話した私の次男が、『子育てのストレスがあって気晴らしにやっているんだと思うよ』というので、その時は私もそれほど深刻には捉えませんでした。 ところがその後、8月4日放送のMBSニュースの録画を8月15日に見て深刻になりました。7月9日に会った時まで良好だった親子の関係がどうしてここまで変わってしまったのか、事実にないことがいくつも出てきて戸惑いました。しかし、親として不足だったことがあるからではないかと反省し、翌日16日に熟考して書いたLINEを娘に送りました。 娘のツイッターに気がついたのはそのあとです。事実でないことをたくさん言っていることに加え、教会への強い恨みと敵意を感じ、娘の精神状態が心配になりました」  

小川さんは自分でも明かしているとおり、過去に何回か精神的な不調を訴えて通院や入院をしている。両親はなにより娘の心身を案じていたのである。  

だが、両親が案じるのはそれだけではない。 「娘が発言していることは個別の家庭のことに過ぎないのに、それによって教会のイメージ、二世のイメージが著しく傷つけられてしまった。もしこの流れで解散にまで至ってしまえば、多くの教会員の心の支えであり大切にしているものが否定されることになり、その心痛を思うと大きな責任を感じます」  

娘と教会のはざまで、両親の苦悩は深い。

ワイドショーで繰り返し報じられた場面。だが、事の真相は一切報じられない(画像/https://www.ytv.co.jp/miyaneya/article/page_l369w5f1xm9zz65j.htmlより

小川さんが最初に注目を集めるようになったのは、父の指摘にあるようにツイッターである。  

彼女はいくつものツイッターアカウントをもっているようだが、安倍元総理の暗殺事件によって旧統一教会がバッシングを浴びるようになると、「元統一教会教会長の娘」というアカウントを使って、信者である両親や教会がいかに悪辣かをこれでもかと言い募るようになる。  

2022年7月13日のツイート(抜粋)。

〈小さい頃から貧乏を強いられ学校ではいじめられ、親は信者とランチに行っていました。私がバイトをし出すと親は給与を全て奪い、隠れて貯めたお金も私が精神病棟に初めて入院した際、勝手に引き落とされていました。入院した理由は介護になった祖母を家族で虐待していたこと  
毎日祖母に対して早く死ねと罵声を浴びせる家族、暴力もありました。教会長だった父は「祖母と母の責任分担だ」と見て見ぬふり。母は婦人部長という地位を守るため今も借金しながら献金ノルマに勤しんでいます。  
服を脱がされたり壮絶ないじめを受けたことを勇気を出して告白したのに、「神様がそれほどあなたに期待していたのね愛の試練だよ」と、全て神に置き換えられて言ったのを後悔した。  
ただ純粋に私だけを見て、親としての言葉が欲しかった  
社会に出ても仕事の人と馴染めず鬱になって引きこもってしまっていた頃天井しか見れない日々が続いた  
家で優しく接してくれる母だけが救いだったが母は私のいないところで「あの子いつになったら働くんだろう、早くお金入れてくれないかな」と妹に愚痴っていることを知った時、脱会と家出を決意した  
親が勝手にお金をおろしたことについては警察に訴えたが、家庭内のことは家庭内で解決してくれと言われた  
犯人がしたことは肯定できないが、私も教会の幹部誰でもいいから殺したい、火をつけて燃やしたいと思っていたので、今の最愛の夫と出会っていなければ自分が犯罪者になっていたかもしれない  
走り書いたので訂正があります。精神病になったのは信じていた親に搾取されたことがきっかけでした〉  

また、彼女は前日の7月12日にも、同ツイッターに「統一教会炎上してんの楽しい笑笑 オンマンセー!!!!」と書き込んでいる。オンとは、韓国語で「億」の意味だそうだ。つまり「億万歳」、日本語にすれば「万々歳」というようなニュアンスか。旧統一教会にバッシングが集中しているのを欣喜雀躍して見ている印象だ。  

読む者には異様に映るが、ある意味、過激であればあるほどマスコミが飛びつきやすい。近畿地方をカバーするMBS毎日放送の8月4日のニュースに、彼女は「小川さゆり」の仮名で初めて登場した。自宅で家族とともにインタビューに応じたその内容は、大筋でツイッターでの発言と同様だが、より具体的になった部分もある。

メディアは小川さゆり氏の発言を検証したのか?(画像/https://www.mbs.jp/news/feature/kansai/article/2022/08/090318.shtmlより

関連する投稿


なぜ今なのかが不可解な旧統一協会解散請求|西岡力

なぜ今なのかが不可解な旧統一協会解散請求|西岡力

これは宗教団体に対する「人民裁判」ではないか。キリスト教、仏教、神道などのリーダーを含む宗教法人審議会が解散命令請求に全会一致で賛成したことに戦慄を覚えた。


【独占スクープ!】統一教会問題の「黒幕」【ルポ統一教会2】|福田ますみ

【独占スクープ!】統一教会問題の「黒幕」【ルポ統一教会2】|福田ますみ

新潮ドキュメント賞を受賞したノンフィクション作家の福田ますみ氏が、「報じられない旧統一教会問題」を徹底取材。第2回目は「統一教会問題の『黒幕』」。自らの正体と真の狙いを35年間ひた隠しにしてきた巨悪の実態。


キリスト教信者から見た旧統一協会問題|西岡力

キリスト教信者から見た旧統一協会問題|西岡力

世論が変われば憲法に定められた信教の自由、私有財産処分の自由などの枠組みがいとも簡単に崩れていく。多数派の日本人とはかなり異なる少数派の信仰を持つ私は、それを目撃して、その矛先がいつ私たちに向くかもしれないという恐怖を感じるのだ。


新聞・テレビが報じない“脱会屋”の犯罪【ルポ統一教会1】|福田ますみ

新聞・テレビが報じない“脱会屋”の犯罪【ルポ統一教会1】|福田ますみ

ベストセラー『でっちあげ』で新潮ドキュメント賞を受賞したノンフィクション作家の福田ますみ氏が、「報じられない旧統一教会問題」を徹底取材。第1回目は「“脱会屋”の犯罪」。人為的に“被害者”を作り出し、カネを貪るシステム化された犯罪の構図。彼らの「裏の顔」をテレビは絶対に報じない。


「トリプル危機」を無視する選良たち|湯浅博

「トリプル危機」を無視する選良たち|湯浅博

日本はロシアの侵略戦争、中国の台湾恫喝、北朝鮮のミサイル乱射のトリプル危機の最前線にある。ところが国会の選良たちは、国内スキャンダルの泥仕合に明け暮れて、国家や国民を守る気概もない。


最新の投稿


「子供1人生んだら1000万円」は、とても安い投資だ!|和田政宗

「子供1人生んだら1000万円」は、とても安い投資だ!|和田政宗

チマチマした少子化対策では、我が国の人口は将来半減する。1子あたり1000万円給付といった思い切った多子化政策を実現し、最低でも8000万人台の人口規模を維持せよ!(サムネイルは首相官邸HPより)


【読書亡羊】出会い系アプリの利用データが中国の諜報活動を有利にする理由とは  『トラフィッキング・データ――デジタル主権をめぐる米中の攻防』(日本経済新聞出版)

【読書亡羊】出会い系アプリの利用データが中国の諜報活動を有利にする理由とは 『トラフィッキング・データ――デジタル主権をめぐる米中の攻防』(日本経済新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】岸田総理訪米を巡るアクロバティックな論点逃避|藤原かずえ

【今週のサンモニ】岸田総理訪米を巡るアクロバティックな論点逃避|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


わが日本保守党|広沢一郎(日本保守党事務局次長)

わが日本保守党|広沢一郎(日本保守党事務局次長)

昨今の政治状況が多くの日本人の心に危機感を抱かせ、「保守」の気持ちが高まっている。いま行動しなければ日本は失われた50年になってしまう。日本を豊かに、強くするため――縁の下の力持ち、日本保守党事務局次長、広沢一郎氏がはじめて綴った秘話。


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。