北海道も危ない! 約束を守らない〝おそロシア〟|小笠原理恵

北海道も危ない! 約束を守らない〝おそロシア〟|小笠原理恵

「ロシアは北海道に対するすべての権利を持っている」。こう語ったのは、「公正なロシア」のセルゲイ・ミロノフ党首だ。ウクライナと同様にロシアと領土問題を抱える日本は、ロシアの脅威をも認識し、備えなければならない。


「第二次世界大戦の教訓と関東軍の運命」

ウクライナのゼレンスキー大統領は10月7日、北方領土を日本の領土だとする国内文書に署名した。
「ロシアは、これらの領土に対して何の権利もなく、世界中の誰もがそのことをよく理解している」

日本では好意的に受け止められたが、ロシアを牽制する戦略的意図を考えると諸手をあげて喜ぶことはできない。未だ苦境下にあるゼレンスキー大統領のこの北方領土発言は、ロシアの目を同じ領土問題を抱える日本に向けさせる意図が見え隠れする。

北方領土の返還交渉は現在も進展しないまま膠着状態だ。経済制裁で日ロ関係は冷え切っている。北海道には大規模な在日米軍の駐留基地は存在せず、自衛隊だけでの防衛は困難だ。本格的なロシアの軍事侵攻があれば北海道は奪われてしまう可能性が高い。
 
ロシアは北方領土の国後、択捉、色丹島の地上軍配備だけでなく、2018年には軍民共用化された択捉島の新空港にSu-35戦闘機や地対空ミサイル、寒冷地用の戦車も配備。日本の北方領土は返還どころか、我が国を脅かす軍事要塞化されている。

2022年3月、ロシアのヘリコプター1機が領空侵犯するなど、航空自衛隊のスクランブル発進回数も中国機に次いでロシア機が多い。9月4日にはロシア軍の大規模軍事演習「ボストーク2022」がロシア、中国の合同海軍艦艇6隻で行われ、日本海で機関銃射撃も行なった。ロシアと中国が同時に北海道沖で軍事演習を行う意味を考えると恐ろしくなる。

4月4日、ロシアの「レグナム通信」のインタビューで「公正なロシア」のセルゲイ・ミロノフ党首は次のように述べている。

「ロシアは北海道に対するすべての権利を持っている。日本の政治家が第二次世界大戦の教訓と関東軍の運命を完全に忘れていないことを願っています」

このミロノフ党首の「第二次世界大戦の教訓と関東軍の運命を思い出せ」という言葉について考えてみたい。関東軍の運命とは、日ソ中立条約を破棄してソビエトが満州に軍事侵攻し、関東軍をシベリアに抑留、強制労働をさせたことだろう。

ミロノフ党首の言う通り、旧ソ連軍が日本に行った残虐な所業とシベリア抑留という国際法違反の事例を振り返っておきたい。

母の叫び「戦争は負けたらダメだ」

京都府に舞鶴という港がある。1945年10月7の引き揚げ第一船「雲仙丸」を皮切りに、13年間で66万人の引揚者がこの港へ帰ってきた。平成27年に舞鶴引揚記念館が改修され、シベリア抑留や満州からの引き揚げの実態、その恐ろしさが実感できた蝋人形による展示はほとんど消えた。

レンガ造りの旧記念館には何度か足を運んだが、戦争の残虐さを知る当事者が高齢で死去していくタイミングを見計らって「なかったこと」にされてしまうのかもしれない。中国や韓国で日本軍の「ありもしない事実」を広める展示館が増えていくのと反比例するように、日本では日本人に対し行われた略奪や殺戮の歴史を忘れさせようとする動きが止まらない。

歴史を風化させないために、満州からの引揚げ時の話をここに記す。ソ連軍に追われた満州からの引き揚げの様子について、亡母が語った話ですが……とご子息が話してくれた。

関連する投稿


「緑なき島」、高額報酬、天下り、はぐらかし続けるNHK|和田政宗

「緑なき島」、高額報酬、天下り、はぐらかし続けるNHK|和田政宗

1月31日に行われた自民党総務部会(NHK予算審議)は大紛糾となった――。NHKは国民の受信料から成り立っている組織である。「経営改革」と言いながら、自らの報酬に手をつけない経営陣がこの世のどこにいるだろうか。


与党にはびこる〝中国共産党代理人〟|長尾たかし

与党にはびこる〝中国共産党代理人〟|長尾たかし

欧米各国が中国による人権侵害を事実認定して、政府や議会において対応すべく法整備が整っているのに、なぜ日本だけは一歩も前に進めないのでしょうか。永田町、霞が関の広範囲にわたって、中国共産党の呪いがかけられているとしか思えません――。


【読書亡羊】「情報戦」の最前線、中露は何を仕掛けてくるのか 小泉悠・桒原響子・小宮山功一朗 『偽情報戦争――あなたの頭の中で起こる戦い』(ウェッジ)

【読書亡羊】「情報戦」の最前線、中露は何を仕掛けてくるのか 小泉悠・桒原響子・小宮山功一朗 『偽情報戦争――あなたの頭の中で起こる戦い』(ウェッジ)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


佐渡金山の世界遺産登録 韓国のプロパガンダを覆す重要な戦い|和田政宗

佐渡金山の世界遺産登録 韓国のプロパガンダを覆す重要な戦い|和田政宗

1月19日、日本政府が佐渡金山の推薦書を再提出したことについて、韓国外務省は20日、「遺憾を表明する」と発表。韓国は、佐渡金山は「強制労働の被害現場」であると主張しているが、事実に基づかない韓国などのプロパガンダがユネスコに受け入れられることは絶対にあってはならない!


CSISシミュレーション 中国を撃退する“4つ”の条件|和田政宗

CSISシミュレーション 中国を撃退する“4つ”の条件|和田政宗

1月9日、米国の戦略国際問題研究所(CSIS)が、中国による台湾侵略シミュレーションの結果をレポートにして発表した。24通り中22回は中国を台湾から撃退することができたが、では残りの2回は何なのか。


最新の投稿


「緑なき島」、高額報酬、天下り、はぐらかし続けるNHK|和田政宗

「緑なき島」、高額報酬、天下り、はぐらかし続けるNHK|和田政宗

1月31日に行われた自民党総務部会(NHK予算審議)は大紛糾となった――。NHKは国民の受信料から成り立っている組織である。「経営改革」と言いながら、自らの報酬に手をつけない経営陣がこの世のどこにいるだろうか。


『デンジャー・ゾーン』「日本語版へのまえがき」を特別公開!

『デンジャー・ゾーン』「日本語版へのまえがき」を特別公開!

早まる台湾有事を警告した2022年8月刊の話題の書『デンジャー・ゾーン 迫る中国との衝突』の第一人者による邦訳が完成。ピーター・ナヴァロ『米中もし戦わば』やマイケル・ピルズベリー『China2049』、グレアム・アリソン『米中開戦前夜』を越える衝撃作の「日本語版まえがき」を特別公開!


話題書『デンジャー・ゾーン』の序章の一部を特別公開!

話題書『デンジャー・ゾーン』の序章の一部を特別公開!

早まる台湾有事を警告した2022年8月刊の話題の書『デンジャー・ゾーン 迫る中国との衝突』の第一人者による邦訳が完成。ピーター・ナヴァロ『米中もし戦わば』やマイケル・ピルズベリー『China2049』、グレアム・アリソン『米中開戦前夜』を越える衝撃作から、中国による台湾攻撃のシミュレーションを一部公開!


光に満ちた悲劇、安倍晋三とヤマトタケル|櫻井よしこ

光に満ちた悲劇、安倍晋三とヤマトタケル|櫻井よしこ

安倍晋三元総理はなぜ死ななければならなかったのだろうか。なぜテロに斃れなければならなかったのか。なぜ日本の警察と公安の弛緩しきった警備体制の犠牲にならなければならなかったのか。櫻井よしこ氏が綴った慟哭の30枚。


両親が覚悟の独占告白!国政を動かす「小川さゆり」の真実|福田ますみ

両親が覚悟の独占告白!国政を動かす「小川さゆり」の真実|福田ますみ

メディアが連日報じる元宗教二世・「小川さゆり氏」の壮絶な体験。日本外国特派員協会でも涙ながらの会見を行い、与野党のヒアリングに応じるなど、その発言は国政にも大きな影響を及ぼしている。だが、彼女の発言は果たして本当なのか? なぜ一切検証されないのか? 「このままではいけない」と彼女の両親が決意の告白を行った。当事者の声を追ったノンフィクション作家・福田ますみ氏渾身のルポ。