北海道も危ない! 約束を守らない〝おそロシア〟|小笠原理恵

北海道も危ない! 約束を守らない〝おそロシア〟|小笠原理恵

「ロシアは北海道に対するすべての権利を持っている」。こう語ったのは、「公正なロシア」のセルゲイ・ミロノフ党首だ。ウクライナと同様にロシアと領土問題を抱える日本は、ロシアの脅威をも認識し、備えなければならない。


「第二次世界大戦の教訓と関東軍の運命」

ウクライナのゼレンスキー大統領は10月7日、北方領土を日本の領土だとする国内文書に署名した。
「ロシアは、これらの領土に対して何の権利もなく、世界中の誰もがそのことをよく理解している」

日本では好意的に受け止められたが、ロシアを牽制する戦略的意図を考えると諸手をあげて喜ぶことはできない。未だ苦境下にあるゼレンスキー大統領のこの北方領土発言は、ロシアの目を同じ領土問題を抱える日本に向けさせる意図が見え隠れする。

北方領土の返還交渉は現在も進展しないまま膠着状態だ。経済制裁で日ロ関係は冷え切っている。北海道には大規模な在日米軍の駐留基地は存在せず、自衛隊だけでの防衛は困難だ。本格的なロシアの軍事侵攻があれば北海道は奪われてしまう可能性が高い。
 
ロシアは北方領土の国後、択捉、色丹島の地上軍配備だけでなく、2018年には軍民共用化された択捉島の新空港にSu-35戦闘機や地対空ミサイル、寒冷地用の戦車も配備。日本の北方領土は返還どころか、我が国を脅かす軍事要塞化されている。

2022年3月、ロシアのヘリコプター1機が領空侵犯するなど、航空自衛隊のスクランブル発進回数も中国機に次いでロシア機が多い。9月4日にはロシア軍の大規模軍事演習「ボストーク2022」がロシア、中国の合同海軍艦艇6隻で行われ、日本海で機関銃射撃も行なった。ロシアと中国が同時に北海道沖で軍事演習を行う意味を考えると恐ろしくなる。

4月4日、ロシアの「レグナム通信」のインタビューで「公正なロシア」のセルゲイ・ミロノフ党首は次のように述べている。

「ロシアは北海道に対するすべての権利を持っている。日本の政治家が第二次世界大戦の教訓と関東軍の運命を完全に忘れていないことを願っています」

このミロノフ党首の「第二次世界大戦の教訓と関東軍の運命を思い出せ」という言葉について考えてみたい。関東軍の運命とは、日ソ中立条約を破棄してソビエトが満州に軍事侵攻し、関東軍をシベリアに抑留、強制労働をさせたことだろう。

ミロノフ党首の言う通り、旧ソ連軍が日本に行った残虐な所業とシベリア抑留という国際法違反の事例を振り返っておきたい。

母の叫び「戦争は負けたらダメだ」

京都府に舞鶴という港がある。1945年10月7の引き揚げ第一船「雲仙丸」を皮切りに、13年間で66万人の引揚者がこの港へ帰ってきた。平成27年に舞鶴引揚記念館が改修され、シベリア抑留や満州からの引き揚げの実態、その恐ろしさが実感できた蝋人形による展示はほとんど消えた。

レンガ造りの旧記念館には何度か足を運んだが、戦争の残虐さを知る当事者が高齢で死去していくタイミングを見計らって「なかったこと」にされてしまうのかもしれない。中国や韓国で日本軍の「ありもしない事実」を広める展示館が増えていくのと反比例するように、日本では日本人に対し行われた略奪や殺戮の歴史を忘れさせようとする動きが止まらない。

歴史を風化させないために、満州からの引揚げ時の話をここに記す。ソ連軍に追われた満州からの引き揚げの様子について、亡母が語った話ですが……とご子息が話してくれた。

関連する投稿


「子供1人生んだら1000万円」は、とても安い投資だ!|和田政宗

「子供1人生んだら1000万円」は、とても安い投資だ!|和田政宗

チマチマした少子化対策では、我が国の人口は将来半減する。1子あたり1000万円給付といった思い切った多子化政策を実現し、最低でも8000万人台の人口規模を維持せよ!(サムネイルは首相官邸HPより)


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

先の大戦有数の大激戦である硫黄島の戦いで、日米両軍合わせて2万9千人が亡くなった。今回の訪問で、硫黄島で戦った方々がどのような状況で、どのような思いで戦ったのかを、まざまざと知ることができた。


プーチンは「内部」から崩れるかもしれない|石井英俊

プーチンは「内部」から崩れるかもしれない|石井英俊

ウクライナ戦争が引き起こす大規模な地殻変動の可能性。報じられない「ロシアの民族問題というマグマ」が一気に吹き出した時、“選挙圧勝”のプーチンはそれを力でねじ伏せることができるだろうか。


ナワリヌイの死、トランプ「謎の投稿」を解読【ほぼトラ通信2】|石井陽子

ナワリヌイの死、トランプ「謎の投稿」を解読【ほぼトラ通信2】|石井陽子

「ナワリヌイはプーチンによって暗殺された」――誰もが即座に思い、世界中で非難の声があがったが、次期米大統領最有力者のあの男は違った。日本では報じられない米大統領選の深層!


最新の投稿


「子供1人生んだら1000万円」は、とても安い投資だ!|和田政宗

「子供1人生んだら1000万円」は、とても安い投資だ!|和田政宗

チマチマした少子化対策では、我が国の人口は将来半減する。1子あたり1000万円給付といった思い切った多子化政策を実現し、最低でも8000万人台の人口規模を維持せよ!(サムネイルは首相官邸HPより)


【読書亡羊】出会い系アプリの利用データが中国の諜報活動を有利にする理由とは  『トラフィッキング・データ――デジタル主権をめぐる米中の攻防』(日本経済新聞出版)

【読書亡羊】出会い系アプリの利用データが中国の諜報活動を有利にする理由とは 『トラフィッキング・データ――デジタル主権をめぐる米中の攻防』(日本経済新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】岸田総理訪米を巡るアクロバティックな論点逃避|藤原かずえ

【今週のサンモニ】岸田総理訪米を巡るアクロバティックな論点逃避|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


わが日本保守党|広沢一郎(日本保守党事務局次長)

わが日本保守党|広沢一郎(日本保守党事務局次長)

昨今の政治状況が多くの日本人の心に危機感を抱かせ、「保守」の気持ちが高まっている。いま行動しなければ日本は失われた50年になってしまう。日本を豊かに、強くするため――縁の下の力持ち、日本保守党事務局次長、広沢一郎氏がはじめて綴った秘話。


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。