【読書亡羊】なぜプーチンや金正恩は核による威嚇をやめないのか ブラッド・ロバーツ著、村野将監訳・解説『正しい核戦略とは何か』(勁草書房)

【読書亡羊】なぜプーチンや金正恩は核による威嚇をやめないのか ブラッド・ロバーツ著、村野将監訳・解説『正しい核戦略とは何か』(勁草書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末、もとい、今年最後、年末書評!


「核は使ったら終わり」ではない

さらに本書を読むうちに気づかされるのは、「核は使ったら終わり」「核は使われたら終わり」ではないという点だ。

日本では第二次世界大戦が広島・長崎への原爆投下によって終戦に至った経験があるため、特に「核を撃たれたら終わり、白旗を挙げるしかない」という感覚が強い。

だが実際にはそうではない。例えばロシアは非戦略核と呼ばれる、相手国の中枢を破壊するようなものでない局地的に使われる核兵器を、戦況を有利にするために使うケースも想定している。これを本書では〈コントロール可能な核戦争〉と表現している。日本の感覚で言えば「そんなものがあり得るのか」という印象だが、それはあくまでも日本の感覚に過ぎない。

ロシアからすれば戦況打開のために核の使用をほのめかし、実際に使うぞと脅すことは、あくまでも戦略、戦術の一つ。そして、どこまで「脅し」で押せるのか、さらには実際どれほどの核をどこに使った場合、ロシアが望まない事態のエスカレート――米国やNATOの参戦――を招いてしまうのかを測っている。

さらにはロシアの核が狙っているウクライナにとっても、必ずしも「核を撃たれたら終わり」というわけではない。もちろん首都キーウや主要都市の何十万人もを焼き尽くすような核が使われれば話は別だが、「戦況を打開するために局地的に使う核」の場合、核攻撃を受けたウクライナの人々が白旗を挙げるとは限らない。

こうした核抑止の駆け引きが、今まさに行われている。本書を読めば、素人なりに現在起きていることの理解の解像度が上がるだろう。

Getty logo

リアルなリスクの議論を!

監訳者である村野氏が手がける「あとがき」にもあるように、「核の議論」そのものが嫌悪の対象になってきた日本では、こうした議論そのものが過激に映るほど、きわめて表層的でナイーブな核議論に終始してきた。

それでも2000年代から保守派の間では核武装論や核共有の議論は起きてきたものの、「持つか持たないか」「共有するか否か」にとどまっていたのが実態だろう。

ここへきて核共有が取りざたされているのは、「アメリカがいざという時、本当に核報復をしてくれるのか」という懸念があるからだ。だが、国会議員の一部には「核共有を日本国内で肯定的に議論することは、現状のアメリカの核の傘、拡大抑止に対する疑念を示すのと同様なので、失礼だからやめるべきだ」と発言している人もいる。

失礼かどうかでこういう判断をすべきではないと思うが、ともかく「どのような時に使われるのか」「それは確実なのか」「『日本のために使った』場合、日本国民はその事実を受け止める覚悟があるのか」は改めて問われなければなるまい。

著者のロバーツ氏は、日米拡大抑止協議といわれる核をも含む安全保障戦略を話し合う場を立ち上げた当事者だという。もちろん手の内を明かすことはできないとしても、日本政府はどの程度の話し合いが行われ、どういうシナリオや戦略を考えておくべきなのかを国民にも知らせてほしい。

これは核に限らない。例えば台湾有事でも、日本が台湾を助けた場合、日本がどのような損害や代償を受ける可能性があるのかは、やはり率直な議論が必要だろう。

関連する投稿


【読書亡羊】「助平ジジイ」は誉め言葉!? ヨーロッパ王侯貴族のニックネーム  佐藤賢一『王の綽名』(日本経済新聞出版)

【読書亡羊】「助平ジジイ」は誉め言葉!? ヨーロッパ王侯貴族のニックネーム 佐藤賢一『王の綽名』(日本経済新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【読書亡羊】移民大国・フランスの実態――富豪たちの驚きの人権意識  アリゼ・デルピエール著『富豪に仕える』(新評論)

【読書亡羊】移民大国・フランスの実態――富豪たちの驚きの人権意識 アリゼ・デルピエール著『富豪に仕える』(新評論)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【読書亡羊】まるで「賽の河原の石積み」……イスラエル―パレスチナ問題を考える  ダニエル・ソカッチ『イスラエル 人類史上最もやっかいな問題』(NHK出版)

【読書亡羊】まるで「賽の河原の石積み」……イスラエル―パレスチナ問題を考える ダニエル・ソカッチ『イスラエル 人類史上最もやっかいな問題』(NHK出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【読書亡羊】中国軍人の危険な書、なぜ「台湾統一」の項は削除されたのか  劉明福『中国「軍事強国」への夢』(文春新書)

【読書亡羊】中国軍人の危険な書、なぜ「台湾統一」の項は削除されたのか 劉明福『中国「軍事強国」への夢』(文春新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


イーロン・マスクが激奨する38歳の米大統領選候補者とは何者か|石井陽子

イーロン・マスクが激奨する38歳の米大統領選候補者とは何者か|石井陽子

米史上最年少の共和党大統領候補者にいま全米の注目が注がれている。ビべック・ラマスワミ氏、38歳。彼はなぜこれほどまでに米国民を惹きつけるのか。政治のアウトサイダーが米大統領に就任するという「トランプの再来」はなるか。


最新の投稿


【今週のサンモニ】田中優子氏「立ち止まれ」発言の無責任|藤原かずえ

【今週のサンモニ】田中優子氏「立ち止まれ」発言の無責任|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。外交交渉の具体的アイデアを全く示すことができないコメンテーターたち。


「パンダ」はいらない!|和田政宗

「パンダ」はいらない!|和田政宗

中国は科学的根拠に基づかず宮城県産水産物の輸入禁止を続け、尖閣への領海侵入を繰り返し、ブイをEEZ内に設置するなど、覇権的行動を続けている。そんななか、公明党の山口那津男代表が、中国にパンダの貸与を求めた――。(写真提供/時事)


中国で逮捕された邦人の救出に全力を尽くせ|矢板明夫

中国で逮捕された邦人の救出に全力を尽くせ|矢板明夫

数カ月もすると、拘束される人は精神状態がおかしくなり、外に出て太陽の光を浴びるため、すべてのでっち上げられた罪を自白する人もいる。中国当局のやり方が深刻な人権侵害であることは言うまでもない。


首相から危機感が伝わってこない|田久保忠衛

首相から危機感が伝わってこない|田久保忠衛

ハマスやレバノンの武装勢力ヒズボラをイランが操り、その背後に中露両国がいる世界的な構図がはっきりしてこよう。


なぜ今なのかが不可解な旧統一協会解散請求|西岡力

なぜ今なのかが不可解な旧統一協会解散請求|西岡力

これは宗教団体に対する「人民裁判」ではないか。キリスト教、仏教、神道などのリーダーを含む宗教法人審議会が解散命令請求に全会一致で賛成したことに戦慄を覚えた。