大泣きした菅前総理の弔辞と謝罪ですまない玉川徹氏|和田政宗

大泣きした菅前総理の弔辞と謝罪ですまない玉川徹氏|和田政宗

一般献花の長い列からも分かるように、安倍元総理への弔意は国民の多くが持っており、国葬実施後のSNSの反応も、「国葬をして良かった」との声が多数だった。各国代表の方々の弔意に応えるためにも、やはり国葬でなければならなかったと実感している。


昭恵夫人が涙をこらえきれなかった言葉

Getty logo

菅前総理の弔辞では、安倍昭恵夫人が涙をこらえきれなかった言葉があった。
「武道館の周りには、花をささげよう国葬儀に立ちあおうと、たくさんの人が集まってくれています。20代、30代の人たちが、少なくないようです。明日を担う若者たちが、大勢、あなたを慕い、あなたを見送りに来ています」

「これが、あなたの口癖でした。次の時代を担う人々が、未来を明るく思い描いて、初めて、経済も成長するのだと」

実際に、一般献花に並んでいる方の列を見ても、20代、30代を中心に若い世代の方が多かった。安倍総理は、給付型奨学金の導入、幼児教育保育の無償化、そしてアベノミクスによる経済成長と、未来を担う世代のために政策を次々に実現してきた。若い世代の圧倒的支持は、まさに安倍総理が実現してきたことの評価の表れなのである。

一方で、「国葬反対」を叫ぶ勢力を一部メディアが後押ししたことにより、世論は引っ張られた。日本は元来、十七条の憲法にあるように「和を以て貴しとなす」という民族性であり、何か対立する意見があっても話し合い、和を以て行動していこうという民族である。神話の世界においても、天の岩戸などで神々は合議してきた。

しかし、今回の反対論は、「反対のための反対」に近く、国論を二分することが目的であったようにも見える。反対論を強く叫んだ人たちの中心には、過去に安倍政権への反対を叫び、対立を煽ってきた人がいる。

このように対立を生み出し世論を分断する手法は、元はコミンテルン(共産主義インターナショナル)が提唱したもので、社会に混乱を引き起こし、革命に繋げるというものである。

極めて高い安倍元総理への評価

私はこのような対立を煽るやり方により世論が二分されるようなことが続けば、日本の民主主義は危機に陥ると思う。何でも「賛成」か「反対」かではなく、「和」を以て行動する穏やかさを取り戻さなくてはならないと考える。

国葬の翌日、私はスリランカ大統領など各国要人と会談した。安倍元総理に対する評価は外交的にも経済的にも極めて高かった。安倍元総理への評価は実際はそうであるのに、国葬に反対する人々の影響により、米国CNNなどでは、「国葬は世論を二分した」というネガティブな部分が伝えられた。

これは安倍元総理の評価を落としかねないものであり、世界の方々からすれば、「日本はこれだけ功績のあった方の国葬にも反対する冷たい民族なのか」との誤ったメッセージにもなってしまう。

要人と会談する中、皆さんが必ず口にし絶賛したのが、安倍総理が提唱した「自由で開かれたインド太平洋戦略」である。これによってアジアと世界の安定と平和がもたらされているという評価で、戦後初めて日本の総理大臣が提唱した外交戦略が世界のスタンダードとなっていることからも分かる。

我々はこうした安倍外交の成果に立脚しながら、強い意志で引き続きリーダーシップを取っていかなくてはならない。もう我々の外交は日本だけのものではなく、アジアのため、世界のためのものになっている。安倍外交をさらに強化し、安倍元総理の功績に報い、世界平和のために尽くしていきたい。

関連する投稿


虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

11月13日、東アジアサミットで中国を名指しで批判した岸田首相。「岸田首相は覚醒した」「初めて毅然とした姿勢を示した」と評価する声も出たが、はたして本当にそうだろうか。岸田首相の発言を検証すると、バイデン大統領の発言と「ウリ二つ」であることがわかった――。(サムネイルは首相官邸HPより)


韓国のプロパガンダに使われたNHK「緑なき島」|和田政宗

韓国のプロパガンダに使われたNHK「緑なき島」|和田政宗

「軍艦島は地獄島だった」「強制連行されたうえ劣悪な環境で働かされ、多くの人が命を落とした」。このような韓国のプロパガンダは、NHKの短編ドキュメンタリー映画「緑なき島」から始まった。NHKの捏造疑惑について国会で何度も質問をしたが、NHKはいまだにはぐらかし続けている――。


3年ぶりの日韓首脳会談 日本は言うべきことを言えたのか|和田政宗

3年ぶりの日韓首脳会談 日本は言うべきことを言えたのか|和田政宗

約3年ぶりに開かれた日韓首脳会談は、岸田総理と尹大統領の初会談でもあった。初会談は相手にくさびを打ち込む重要な会談である。はたして岸田総理は、韓国にくさびを打つことができたのだろうか。(サムネイルは首相官邸HPより)


ミサイル連発の北朝鮮 Jアラート精度向上と「反撃能力」保有を急げ!|和田政宗

ミサイル連発の北朝鮮 Jアラート精度向上と「反撃能力」保有を急げ!|和田政宗

10月に続いて2度目の「Jアラート」が発出されたが、「遅い!」「不正確!」などの批判が殺到している――。なかには「毎回Jアラート出して騒ぎすぎるべきなのか」という意見も。Jアラートの改善点と、北朝鮮にミサイルを撃たせないために必要な軍事力を和田政宗議員が緊急提言!


習近平が狙う「毛沢東越え」と国家による「臓器狩り」|和田政宗

習近平が狙う「毛沢東越え」と国家による「臓器狩り」|和田政宗

第20回中国共産党大会によって、習近平独裁は完全に確立された。国際社会は中国の横暴を阻止しなくてはならないが、まだあまり知られていない問題もある。それは、中国がウイグル人や政治犯とされる人たちから移植用の臓器を摘出する「臓器狩り」についてだ。


最新の投稿


なべやかん遺産|「価値のない物」

なべやかん遺産|「価値のない物」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「価値のない物」!


ロシアと北朝鮮の「悪の取引」|西岡力

ロシアと北朝鮮の「悪の取引」|西岡力

米韓軍事演習への対抗措置として、4日間で39発のミサイル乱射した北朝鮮。その常軌を逸した行動の裏には、ロシアの影が――。


【独占スクープ!】統一教会問題の「黒幕」|福田ますみ

【独占スクープ!】統一教会問題の「黒幕」|福田ますみ

新潮ドキュメント賞を受賞したノンフィクション作家の福田ますみ氏が、「報じられない旧統一教会問題」を徹底取材。第2回目は「統一教会問題の『黒幕』」。自らの正体と真の狙いを35年間ひた隠しにしてきた巨悪の実態。


虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

11月13日、東アジアサミットで中国を名指しで批判した岸田首相。「岸田首相は覚醒した」「初めて毅然とした姿勢を示した」と評価する声も出たが、はたして本当にそうだろうか。岸田首相の発言を検証すると、バイデン大統領の発言と「ウリ二つ」であることがわかった――。(サムネイルは首相官邸HPより)


【読書亡羊】中台統一に「タピオカ屋」まで使う習近平 川島真、小嶋華津子編『UP Plus 習近平の中国』(東京大学出版会)

【読書亡羊】中台統一に「タピオカ屋」まで使う習近平 川島真、小嶋華津子編『UP Plus 習近平の中国』(東京大学出版会)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!