中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

ペロシ米下院議長の訪台(8月2~3日)に伴い、台湾を威嚇する中国の軍事演習が実施されたが、中国が同時に行った非軍事面での「攻撃」にも注目すべきだ。サイバー攻撃には、日本政府が基本原則とする「専守防衛」で対応できない。


ペロシ米下院議長の訪台(8月2~3日)に伴い、台湾を威嚇する中国の軍事演習が実施されたが、中国が同時に行った非軍事面での「攻撃」にも注目すべきだ。軍事力と非軍事的手段を複合的に組み合わせた「ハイブリッド戦」への備えを我が国も加速させる必要がある。

まず2日夜、中国国営メディアは「人民解放軍空軍のSu35が台湾海峡を横断した」と報じた。これに対して台湾国防部(国防省)は「事実でない」と否定した。偽情報を流布して相手国民を恐怖に陥れ、社会を混乱させようとする「認知戦」は、中国の常套手段である。偽情報に対してはタイムリーに当局が真実を公表する必要があるが、台湾国防部の公式サイトはサイバー攻撃により4日早朝から夜まで機能を停止した。

機密情報公開の事前調整を

ロシアのウクライナ侵攻に際しては、米英両国がロシアの偽情報を打ち消すため、自ら収集した機密情報を積極的に公開した。しかし、機密情報の公開にはデメリットも伴う。

1983年に大韓航空機が旧ソ連空軍機によって撃墜され、当初ソ連は例によって偽情報で事件への関与を否定した。撃墜時、現在は防衛省情報本部に属する稚内通信所がソ連機と地上との交信を傍受しており、その音声を米政府に提供し、国連安保理で公開した。そのため当時のグロムイコ・ソ連外相も大韓航空機撃墜を認めざるを得なくなった。

しかし、事件後、ソ連は交信電波に暗号をかける等の対抗措置を取ったため、稚内通信所ではソ連軍機の交信を傍受できなくなった。

機密情報を公開するには、事前に政府が情報機関と何をどこまで公開すべきかを調整しておく必要がある。事が起きてからタイムリーに政府が正しい情報を出すためには、平素からシミュレーションが必要だ。

また、相手国が仕掛けてくるサイバー攻撃には、日本政府が基本原則とする「専守防衛」で対応できない。常日頃からサイバー攻撃者のアトリビューション(帰属)を特定して備えておかなければ、攻撃してきた相手国を非難できないし、相手国を攻撃できなければ抑止も不可能である。

同胞拘束と貿易制限も武器に

3日、中国国家安全局は中国沿岸部の浙江省で台湾人男性を拘束した。2010年に尖閣諸島の日本領海内で海上保安庁巡視船に体当たりした中国漁船の船長を海保が拘束した際も、中国は国内で働いていた建設会社フジタの日本人社員4人を拘束した。

当時、中国は日本が必要としているレアアース(希土類)の輸出を制限したが、今回も中国は、台湾産かんきつ類の輸入を停止し、中国産の天然砂の輸出も停止した。日本の多くの中国研究者、政治家、企業家が主張するように中国との「協働」を深化させれば、それだけ中国に乗じる隙を与えることになる。(2022.08.08 国家基本問題研究所「今週の直言」より転載)

関連する投稿


中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

頼清徳新総統の演説は極めて温和で理知的な内容であったが、5月23日、中国による台湾周辺海域全域での軍事演習開始により、事態は一気に緊迫し始めた――。


全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米に広がる「反イスラエルデモ」は周到に準備されていた――資金源となった中国在住の実業家やBLM運動との繋がりなど、メディア報道が真実を伝えない中、次期米大統領最有力者のあの男が動いた!


【読書亡羊】出会い系アプリの利用データが中国の諜報活動を有利にする理由とは  『トラフィッキング・データ――デジタル主権をめぐる米中の攻防』(日本経済新聞出版)

【読書亡羊】出会い系アプリの利用データが中国の諜報活動を有利にする理由とは 『トラフィッキング・データ――デジタル主権をめぐる米中の攻防』(日本経済新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

トランプ前大統領の〝盟友〟、安倍晋三元総理大臣はもういない。「トランプ大統領復帰」で日本は、東アジアは、ウクライナは、中東は、どうなるのか?


【スクープ!】自衛隊と神戸市が交わした驚きの文書を発見! 自衛隊を縛る「昭和の亡霊」とは……|小笠原理恵

【スクープ!】自衛隊と神戸市が交わした驚きの文書を発見! 自衛隊を縛る「昭和の亡霊」とは……|小笠原理恵

阪神地区で唯一の海上自衛隊の拠点、阪神基地隊。神戸市や阪神沿岸部を守る拠点であり、ミサイル防衛の観点からもなくてはならない基地である。しかし、この阪神基地隊の存在意義を覆すような驚くべき文書が神戸市で見つかった――。


最新の投稿


わが日本保守党と「4つの縦糸」|小坂英二

わが日本保守党と「4つの縦糸」|小坂英二

なぜ完全無所属から日本保守党結党メンバーの地方議員となったのか――小坂英二東京都荒川区議会議員がはじめて綴った日本保守党と祖国への熱き想い。


【読書亡羊】それでもツイッターは踊る  津田正太郎『ネットはなぜいつも揉めているのか』(ちくまプリマー新書)

【読書亡羊】それでもツイッターは踊る 津田正太郎『ネットはなぜいつも揉めているのか』(ちくまプリマー新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】黒川敦彦氏は『サンデーモーニング』の申し子|藤原かずえ

【今週のサンモニ】黒川敦彦氏は『サンデーモーニング』の申し子|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


日本保守党初陣の裏方日記|広沢一郎

日本保守党初陣の裏方日記|広沢一郎

日本保守党事務局次長の広沢一郎氏が日本保守党の初陣となった選挙戦の舞台裏をはじめて綴る。〈あれこれ探している時間がなかったので今回は私が2011年の県議選用に買った自転車を名古屋から運びました〉


【今週のサンモニ】病的反日陰謀論の青木理氏は今週も絶好調|藤原かずえ

【今週のサンモニ】病的反日陰謀論の青木理氏は今週も絶好調|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。