一票に格差があってどこが悪い!|深澤成壽

一票に格差があってどこが悪い!|深澤成壽

選挙の度に問題となっている「一票の格差」。昨年10月の参院選もこれをもって違憲だとする訴訟が各地で相次いでいる。しかし、本当に「一票の格差」は問題なのか? 改めて考え直してみると……。(初出:2013年5月号)(本稿は著者の考えに基づき、旧仮名遣いとなっています)


政党はパーティー(部分)であり、政治とは部分利害の調整である

最高裁判事殿はご存じないやうなので教へて進んぜるが、近代民主政治は政党政治を以て営為され、その基礎を成すものは政党であり、政党とはパーティー(part・部分)の謂ひなのだ。これは何も、新来の言葉ではない。古くは聖徳太子さまも仰言つた。

「人みな党(たむら)あり」と。「一に曰く、和を以て貴しと為し、忤(さから)ふこと無きを宗(むね)と為(せ)よ。人皆党有り、亦(また)達(さと)れる者少し」と。「人皆党有」るのは、神代の昔から変はらない。

悪党、一味徒党、一族郎党などと使ふが、「郷党(きょうとう)」もある。政治家は概ね、「郷党」の輿望(よぼう)を担つて国政議場に馳せ参ずる。「郷党の輿望」とは、敢へて偽悪的に云へば地域エゴである。或いはそれは業界のエゴであり、或いは団体のエゴである。

全国からエゴとエゴが集結し、衝突し、争ひ、説得と理解、総合的見地からの妥協と自制、そしてその熱気の中から個々のパーティー(部分)が一つのパーティー、即ち「党」としての方向、政党の所見、政策として集約される。纏(まと)まらぬ政党もある。綱領も決まらぬとか。

何れにせよ、政治とは個々のパーティー(部分)が基礎であり、一足飛びに、最高裁判決の御託宣「衆院議員は、どこの地域の選出かを問はず、全国民を代表して国政に関与することが要請されてゐる」とは、屁も放らぬ青書生の作文で、生きた政治の話ではない。

固より一国の命運への洞察、国家理念、国防、外交、財政への抱負経綸(ほうふけいりん)、歴史観などが、政略人望なども含めて、その資質有りや無しやが最終的にその政治家の地位を決する。安倍晋三が山口県のエゴの固まりである訳はない。然し紛れも無く、「郷党の輿望」を担つてゐる筈だ。

一つの見解(最高裁判決)が国政(立法府)を隴断する危機

冒頭「壱」に於いて既に述べておいたが、憲法は選挙制度について入念に定めてゐる。ここに司法官が介入し、第14条「法の前の平等」の一般則の恣意的解釈に拠り、別条第47条に拠り立法府が制定した法律を否定するのは越権であり、司法官が憲法に一条を加上したに等しいではないかと、既に指摘しておいた。

ここに「恣意的解釈」と述べたのは、当該違憲判決が最高裁大法廷の多数意見に過ぎず、「唯一絶対の解」ではないからである。幅広い解釈の中の一案に過ぎない。

冒頭引用しておいた初期判例に於いて、第十四条の一般則は柔軟な適用を認めてゐる。選挙区割りに於いてのみ俄に厳格な適用を迫るのは異様な一見解であるが、その「異様な一見解」が多数意見として判示されたのは暴走と評してよいだらう。

選挙区の区割りに於ける都道府県別区割りの否定は度外れの暴論で、思い上がりも度が過ぎやう。

憲法第14条一般則の適用は、下世話に謂へば「理屈はどうにでもつく」のであり(9条と自衛隊を見よ)、原理主義的適用はその一つの所見(理屈)、幅広い解釈の中の偏域の一案なのだ。

それにつけても、これまでの政治の無力を思はずにはゐられない。もつと早くから、政治(立法府)の立場からの反論が有つて然るべきであつたのだ。何かと云へば「司法への介入」と言ひ立てるマスコミの批判を恐れるの余り、この裁判への言及に過度に臆病でありすぎた。臆病どころか完黙であり、寧ろ迎合であつたのだ。その怯懦(きょうだ)と不見識が斯かる事態を招いたのである。

2012年3月23日付日経新聞記事によると、自民党の石破茂政調会長(当時)は「一人が二票を持ってはいけないというのは民主主義の絶対原則。格差を二倍以内に収めないと」とコメントしたとあるが、この事案は、選挙区割りと議員定数の関係で、結果として一票の比重にばらつきが生じたのであり、定義に依つて明示的に区分(差別)された或る選挙人団に二票が与へられるやうな形態と同日に論ずるのは筋違ひである。

民主党の岡田克也幹事長(当時)も、「一人別枠方式の廃止を念頭に党内で討議」と積極的だ。揃ひも揃つての不見識には唯、慨嘆するしかない。

高(たか)が最高裁大法廷の暴走的多数意見に、況(ま)してや己が専門である選挙制度に不当に介入されたにも拘はらず、神のお告げかの如くこれに懾伏(しょうふく)する姿は無様である。

保守系言論界も亦、お粗末の極みであつた。

我が国に於ける民主主義の未成熟、若しくは幼児性は「一票の格差」是正の訴訟沙汰に狂奔する原告団に於いてこそ最も顕著に現れてゐると、重ねて指摘しておく。

彼らは、絶対の正義我に有りとの幼稚な思い込みで、お手の物の訴訟を至る所で連発してゐる。衆を頼み、嵩に掛かつて威丈高に押しまくるその姿に、少数派への配慮、自制、惻隠の情は微塵も無い。数に於ける平等こそ正義。多数こそ正義。それしか無い。地方過疎地住民への嗜虐的性向でもあるのか。歪(いびつ)な人間像の典型かも知れぬ。融和と協調、同朋相助け、僻地辺土に至るまで我がはらからの地との思ひは皆無であらう。

関連する投稿


憲法改正の好機が到来した|田久保忠衛

憲法改正の好機が到来した|田久保忠衛

ウクライナ戦争で戦略的打撃を受けたロシアが経済面で中国に依存する関係になり、ユーラシア大陸に一大覇権国家が誕生する事態を目前にして、「日本が軍国主義を復活させる」などと視野狭窄的な議論を弄んでいる時期ではないのだろう。


日本はウクライナの悲劇に学べ|櫻井よしこ

日本はウクライナの悲劇に学べ|櫻井よしこ

わが国はロシアと中国、北朝鮮に囲まれ、世界で最も深刻な脅威に直面するというのに、周回遅れの対応を続けている。専守防衛のもたらす結果を日本人はよく考えるべきだ。私たちが日々目にしているウクライナの悲劇こそ、専守防衛の思想がもたらす現実ではないのか。日本は空想的平和主義を捨て去る時だ。


中川昭一の「日本核武装論と憲法改正」

中川昭一の「日本核武装論と憲法改正」

「日本が危ない」―そう自身のブログに記し志半ばで逝った中川昭一元財務大臣。亡くなる約1年前に綴った渾身の論文「日本核武装と憲法改正」は今読んでも決して色褪せることはない。月刊『Hanada』5月号で再録した全文の内、冒頭を特別公開する。


ウクライナが日本に教えてくれる“世界の現実”|門田隆将

ウクライナが日本に教えてくれる“世界の現実”|門田隆将

憲法9条の改正も未だできず、自衛隊も“違憲状態”で、集団安保体制が築けない日本――ウクライナがロシアに侵攻された経緯をたどりながら、日本の存続のために何が必要なのかを見つめ直す。


住民投票に名を借りた外国人参政権条例|百地章

住民投票に名を借りた外国人参政権条例|百地章

東京都武蔵野市で外国人にも住民投票権を認めた住民投票条例が制定されようとしている。これは住民投票に名を借りた外国人参政権条例であり、憲法違反と思われる。断じて許してはならない!


最新の投稿


岸田政権の〝増税〟に反対!|和田政宗

岸田政権の〝増税〟に反対!|和田政宗

時事通信は5月19日、『法人税率、引き上げ案が浮上』との見出しで、与党の税制調査会で法人税の実効税率を引き上げる案が浮上していると伝えた――。日本経済の閉塞感が強まっているなか、積極的な財政出動を行わなければ経済は支えられないのに、増税という論が出てくること自体が滅茶苦茶であり、私は明確に反対である。


払拭できない沖縄の反ヤマト感情|田久保忠衛

払拭できない沖縄の反ヤマト感情|田久保忠衛

沖縄返還の「核抜き」(沖縄からの核兵器撤去)の要求をニクソン政権がのんだことは、米国から中国への関係改善のシグナルとなり、ニクソン大統領の歴史的な訪中につながった。「核抜き」で最も喜ぶ国が中国であったことを、日本は今でも理解しているだろうか。


日本の核不安の一因はバイデン政権にある|太田文雄

日本の核不安の一因はバイデン政権にある|太田文雄

ウクライナ侵略後、ロシアが核兵器使用をほのめかして威嚇する中で、我が国においても核攻撃に対する不安から、米国との核共有や日本独自の核保有を検討すべきだとの議論が高まっている。そうした不安の一因はバイデン政権の政策にある。


【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


【にゃんこ四字熟語辞典クイズ】⑮これはどんな四字熟語?

【にゃんこ四字熟語辞典クイズ】⑮これはどんな四字熟語?

『Hanada』で書評を連載している西川清史さんが、世界中から集めた激カワにゃんこ写真に四字熟語でツッコミを入れた『にゃんこ四字熟語辞典』が発売されました。本書から一部を抜粋してクイズです。この写真はどんな四字熟語を現した一枚でしょうか?