地方選惨敗後の「共産党声明」が“ヤバすぎる”|松崎いたる

地方選惨敗後の「共産党声明」が“ヤバすぎる”|松崎いたる

統一地方選挙で惨敗した日本共産党。だが、選挙翌日に出された「声明」は驚くべきものだった。もはやできないとわかっていながら、突き進むしかない“玉砕政党”の深刻すぎる実態!『日本共産党 暗黒の百年史』の著者で元共産党員の松崎いたる氏による「こんなに変だよ日本共産党」第4弾!


91議席減でも他人事

統一地方選挙が終わった。案の定、日本共産党は敗北した。

4年前と比べて、東京の区議選で13議席減、一般市議選挙で55議席減、町村議選挙で23議席減で合計91議席減という大幅後退だった。

選挙結果が確定した4月24日に発表された党中央委員会常任幹部会の声明「統一地方選挙後半戦の結果について」では、「多くの候補者を落選させたことは、悔しく残念であり、おわびを申し上げます」としおらしいことを言っている。しかし、誰ひとりとして幹部が敗戦の責任を取ろうとしないところが、この党らしいところだ。

だいたい「私たちは、今回の統一地方選挙の結果を、日本共産党の封じ込めをはかる大逆流との生きた攻防のプロセスのなかでとらえることが大切だと考えています」(同声明)などと、他人事のような態度なのだ。

「生きた攻防のプロセス」というのは、ひと昔前まで党内でよく言われてきた「階級闘争の弁証法」の言い直しに過ぎない。共産党員以外の人にも分かるように〝通訳〟すると、「がんばっても負けることもあるから、落ち込むな」くらいの意味になる。

だが、今回の敗北の原因は「攻防のプロセス」などという言い訳はまったく通用しない。個々の地域の選挙の勝敗は、その地域ごとの要因があり、落選は、それぞれの候補者、選挙対策担当者の責任が大きいだろう。しかし、今回の選挙では、全国ほとんどの地域で、得票を減らし、議席を減らしているのだから、個々の選対に原因があったとはとても言えない。志位和夫委員長をはじめとする党中央の指導部にこそ敗因があるのだ。

党を見限る岩盤支持者たち

「日本共産党の封じ込めをはかる大逆流」も、志位指導部自らが起こしている。党首を党員による直接選挙で選ぶことを主張した党員を問答無用に除名した問題だ。

この除名問題でこれまで固い党支持者だった人たちが、党を見限っている。

西郷南海子氏は、「安保関連法に反対するママの会」発起人としてたびたび「しんぶん赤旗」に登場し、共産党議員らへの応援の弁を発表してきた。その西郷氏が統一地方選前半戦(知事選、県議選)投票日翌日の4月10日、ツイッターにこんな投稿をした。

「西郷南海子@minako_saigo 実は今回、わたしは共産党に入れませんでした。規約・除名問題からです。『規約に同意して入党しているだろう!』と言うのは『校則分かってて入学してるだろう!』と似ています。中から変えるというのも無理な場合があります」。

除名問題についての党の反論も踏まえての主張だ。共産党に期待している人にとって「除名」こそが裏切り行為であることを志位指導部は理解しようとしていない。

「話し合い」を放棄しておきながら「話し合い」を要求

関連する投稿


今こそ、旧宮家の男系男子の皇籍復帰を!|和田政宗

今こそ、旧宮家の男系男子の皇籍復帰を!|和田政宗

皇室は我が国の根幹であり、我が国の歴史そのものである。日本共産党の志位委員長はかつて、「多様な性を持つ人びとが天皇になることも認められるべきだ」と述べたが、これは皇統の破壊である。こうした論を無意味にするために今やるべきこととはなにか。


「汚染魚食べろ」「人が住めない土地」「Fukushima Water」日本共産党の風評加害は組織的に行われていた|松崎いたる

「汚染魚食べろ」「人が住めない土地」「Fukushima Water」日本共産党の風評加害は組織的に行われていた|松崎いたる

日本共産党の度重なる風評加害の源泉は志位委員長による公式発言にあった!共産党が組織的に福島を貶め続ける理由は何か?『日本共産党 暗黒の百年史』の著者、松崎いたる氏による「ここが変だよ共産党」第8弾!


志位委員長が誤魔化す優生思想に染まった日本共産党暗黒の歴史|松崎いたる

志位委員長が誤魔化す優生思想に染まった日本共産党暗黒の歴史|松崎いたる

誤りを一切認めない独善的体質は党史『日本共産党の百年』の編纂でもいかんなく発揮された!志位委員長による歴史の偽造を元党員で『日本共産党 暗黒の百年史』の著者・松崎いたる氏が指弾する。ここが変だよ日本共産党第7弾!


仙台市議選で見えた、自民党への根強い不信感|和田政宗

仙台市議選で見えた、自民党への根強い不信感|和田政宗

今回の仙台市議選において自民党は5つの選挙区で、現職の公認候補3人が落選した。私が選挙戦を通して感じたのは、岸田内閣の政策への厳しい評価である。“サラリーマン増税”について岸田総理は否定したものの、「岸田政権では増税が続く」と考えている方がとても多かった。


「小池晃」の正体|松崎いたる

「小池晃」の正体|松崎いたる

テレビでもおなじみ共産党の“論客”こと、ご存知!小池晃書記局長。彼はいったい何者なのか?『日本共産党暗黒の百年史』の著者で元共産党員の松崎いたる氏がその本性を初めて暴露する!誰も書かなかった小池晃という男の正体!


最新の投稿


トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

バイデン大統領は2021年1月25日、トランスジェンダーの米軍入隊を原則禁止したトランプ前大統領の方針を撤廃する大統領令に署名した。米軍では大統領が変わるごとにLGBTの扱いが激変――。だが、自衛隊ではお互いに理解を深めつつ共存している。その一例をご紹介しよう。


【今週のサンモニ】住民関係をズタズタにする『サンモニ』・反原発活動家|藤原かずえ

【今週のサンモニ】住民関係をズタズタにする『サンモニ』・反原発活動家|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】寺島実郎氏の「禅問答」に徹底的に付き合ってみた|藤原かずえ

【今週のサンモニ】寺島実郎氏の「禅問答」に徹底的に付き合ってみた|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。今回はいつも何を言っているのかピンとくることのない寺島実郎氏のコメントに、逐一突っ込みを入れてみました。


被災地支援会議より新年会を優先…川勝知事の「知事失格」言行録|小林一哉

被災地支援会議より新年会を優先…川勝知事の「知事失格」言行録|小林一哉

新年早々、リニア妨害宣言した川勝知事。 しかし、知事失格の言動はこれだけではなかった