次亜塩素酸水こそコロナ対策の要だ!|片山さつき(参院議員)×福崎智司(三重大学教授)

次亜塩素酸水こそコロナ対策の要だ!|片山さつき(参院議員)×福崎智司(三重大学教授)

NHKの「誤報」から広まった次亜塩素酸水への誤解。次亜塩素酸水のコロナ対策活用を訴える片山さつき氏と福崎智司氏が、その誤解に徹底反論!


片山 マスコミが次亜塩素酸水について正確な情報を出さない弊害は非常に大きい。学童保育ではクラスターが発生してしまっています。学校であれば窓が多く換気しやすいですが、学童保育は換気しづらい建物に教室があることも多く、換気だけでは対処できないのです。次亜塩素酸水があったら絶対に大丈夫と言うつもりはありませんが、従来できていた自助努力ができないというのは如何なものでしょうか。
 
また、自衛隊の宿舎でもクラスターが出ていると聞きます。

福崎 自衛隊のなかでも、問題になっているのでしょう。以前、幕僚長から、次亜塩素酸水について関心があるので、ぜひ話を聞かせてほしいと連絡がありましたよ。
 
これだけ誤解が広まっても、次亜塩素酸水溶液を使用し続けている企業、施設もあります。たとえば予備校の河合塾では、全ての教室に次亜塩素酸除菌脱臭機を設置しており、いまだに感染者が出ていません。受験生にとって、健康維持は最重要課題ですからね。除菌脱臭機の近くの席は取り合いになるんだそうです(笑)。
 
といっても、除菌脱臭機の近くでなければ効かないというわけではなく、気化した次亜塩素酸は気体として空間すべてに行き渡ります。換気をしても、気体状次亜塩素酸の濃度は一定に保たれますから、噴霧器と換気の併用を私はおすすめしています。
 
次亜塩素酸は、コロナウイルスのスパイクタンパク質(人の細胞に付着しやすくするためのトゲトゲの部分)を損傷させ、感染力を下げるので、いま危険視されているデルタ株やラムダ株など変異株にも有効です。

片山 デルタ株の封じ込めに成功したと威張っている中国も、現地の映像を見ると、次亜塩素酸水を使っていますね。
 
最近、次亜塩素酸水について明るい話題もありました。ニプロという医療品メーカーの大手が、次亜塩素酸水の実験を行い、99・78%のヒトコロナウイルスの不活化に成功したのです。そのときの空間濃度は0・02~0・03ppmで、室内水泳プールの空中成分とほぼ同じ濃度でした。

福崎 屋内プールの空間と同じ濃度なのですから、もう誰も気体状次亜塩素酸を「危険だ」とは言えませんね。

片山 もうひとつ、明るいニュースがあります。議員連盟が先生や日本除菌連合と一緒になって厚労省に対して働きかけ続けた結果、厚労省が次亜塩素酸水の空間噴霧に関する方針を改め、それが10月21日付の事務連絡で全国に通知されたのです。いまは、エンドユーザーが自らの判断において噴霧使用することを妨げないとしています。

また、三省(厚労省・経産省・消費者庁)が連名で出していた次亜塩素酸水が危険だと思わせてしまう資料(ポスター)も、11月30日付で大きく修正されました。従来のものは赤字で否定的な表現を多用し、とても使用を推奨しているとは思えないもので、噴霧は危険だとか、ヒタヒタにしないと効かないとか、そのような科学的根拠が不明なことが書かれていました。

修正された資料では、そのような表記は全て削除されました。この事実が大きく取り上げられれば、国民の次亜塩素酸水への認識はガラッと変わりますよ。

福崎 私も事務連絡と新しいポスターを確認しました。画期的なことだと思います。ようやく科学的な視点から、次亜塩素酸水溶液の有効性と安全性を厚労省はじめ、各省庁にも認めていただけたと思っています。
 
おっしゃるように、この事実が大々的に取り上げられれば、世の中が大きく変わると思います。ただ、世間一般にまではこの事実がまだ周知されていません。
 
次亜塩素酸水溶液についての「サイエンス」はもうはっきりしているんです。次の問題は、どう「エンジニアリング」するか。いままでは「サイエンス」の部分が蔑ろにされ、極めて非科学的な論法があちこちでまかり通ってしまっていました。
 
役所やマスコミには、今回の各省庁による情報修正をきっかけにして、広まってしまった次亜塩素酸水に関する誤解や風評を払拭するために尽力してもらいたいと思います。そして今後は、本当に科学的な根拠に基づいて物事を判断していってもらいたいと思います。

(初出:月刊『Hanada』2022年2月号)

片山さつき

https://hanada-plus.jp/articles/897

1959年、埼玉県生まれ。82年、東京大学法学部卒業後、大蔵省(現財務省)入省。84~85年、フランス国立行政学院(ENA)留学。2005年、第44回衆議院議員総選挙にて初当選。18年10月~19年9月まで第四次安倍改造内閣にて内閣府特命担当大臣として地方創生・規制改革・女性活躍推進担当として各種政策に取り組む。現在、自民党総務会長代理、金融調査会長。

福崎智司

https://hanada-plus.jp/articles/898

1991年3月、広島大学大学院醗酵工学科博士課程後期修了後、同年4月、岡山県工業技術センター入所。食品技術グループ長、研究開発部長を経て、2013年より現職。専門は、洗浄・殺菌工学、食品微生物学、生物化学工学、廃水処理工学。工学博士。

関連する投稿


政治家の発言を打ち切ったテレビ朝日の暴挙|和田政宗

政治家の発言を打ち切ったテレビ朝日の暴挙|和田政宗

NHK党の立花孝志党首の発言の多くは全く賛同できるものではないと考えているが、番組キャスターが「認める、認めない」と判断することではない。もし政治家がテーマから逸脱した発言を行ったとしたならば、その政治家や党のモラルは選挙で国民に判断されるからだ。選挙のたびに行われる、大手メディアによる世論誘導を許してはならない!


“弱毒”のオミクロン株に翻弄!岸田内閣は“ワイドショー内閣”だ|坂井広志

“弱毒”のオミクロン株に翻弄!岸田内閣は“ワイドショー内閣”だ|坂井広志

「聞く力」がトレードマークの岸田首相だが、いったい誰の声を聞いているのか。「まん延防止等重点措置」の適用について、ある政府関係者は「先手の対応だ」とご満悦だったが、浮かれている場合ではない。そもそも本当に「先手」なのだろうか。「聞かなきゃわからない岸田首相」のコロナ対策を、産経新聞編集委員の坂井広志氏が斬る!


東京五輪反対デモと民主主義の破壊者たち|和田政宗

東京五輪反対デモと民主主義の破壊者たち|和田政宗

ここ数年、全国各地で人々の分断を煽るような過激な行動を取る勢力が顕在化している。東京五輪の反対運動、沖縄の基地反対運動は、はたして本当に国民の「声」なのか。我々は、メディアが民主主義を破壊する活動に加担しようとしている事実をしっかりと認識しなくてはならない。


毎日新聞による“脅迫”取材!~武蔵野市の住民投票条例問題~|和田政宗

毎日新聞による“脅迫”取材!~武蔵野市の住民投票条例問題~|和田政宗

外国籍の住民も日本国籍の住民と同じ条件で投票権を認める東京都武蔵野市の住民投票条例案。「実質的な外国人参政権にあたるのではないか」という懸念の声が上がるなか、なぜ松下玲子市長はこの条例案を強引に推し進めようとするのか。そして、なぜ毎日新聞は条例案撤回を求める和田政宗議員に対して暴力的取材を行ったのか。和田政宗議員がマスコミによる妨害活動のすべてを告発!(写真提供/共同通信)


憲法改正への大前提「自衛隊は軍隊」だ|玉木雄一郎

憲法改正への大前提「自衛隊は軍隊」だ|玉木雄一郎

11月7日、玉木雄一郎代表はツイッターに「憲法の議論をするだけで袋叩きにするようなスタイルが忌避されていることに気づかないと、野党が多くの国民、特に若い世代に支持されることはないでしょう」と投稿。「比例は1議席も取れない」と言われながらも、「改革中道」「対決より解決」の立場を貫き、選挙で躍進した国民民主党。惨敗した立憲民主党とは何が違うのか。2021年2月号(2020年12月21日発売)に掲載されたインタビューを特別公開!(※肩書等は当時のママ)。


最新の投稿


昭和天皇 靖國神社への御親拝はなぜ途絶えたのか|和田政宗

昭和天皇 靖國神社への御親拝はなぜ途絶えたのか|和田政宗

昭和天皇が靖國神社に御親拝されなくなったのはA級戦犯とされる方々が合祀されたことにあるとの説があるが、A級戦犯とされる方々が合祀されたのは昭和53年であり、この間の3年間は説明がつかない――。


【読書亡羊】「犠牲者・被害者ポジション」は最強なのか 林志弦著・澤田克己訳『犠牲者意識ナショナリズム』(東洋経済新報社)

【読書亡羊】「犠牲者・被害者ポジション」は最強なのか 林志弦著・澤田克己訳『犠牲者意識ナショナリズム』(東洋経済新報社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


安倍元総理の遺志を完全に無視した岸田人事|山口敬之【WEB連載第14回】

安倍元総理の遺志を完全に無視した岸田人事|山口敬之【WEB連載第14回】

私は今回の人事に「大いなる異変」を見てとる。「優柔不断から唯我独尊へ」。安倍晋三元総理という重石から解放された岸田文雄という政治家が、その本性を剥き出しにした「岸田の岸田による岸田のための政治」の始まりである――。 (サムネイルは首相官邸HPより)


軍事情報ダダ漏れ! YouTubeに溢れかえる「空母改修工事」|小笠原理恵

軍事情報ダダ漏れ! YouTubeに溢れかえる「空母改修工事」|小笠原理恵

陸海空の自衛隊の基地や航空機・潜水艦など様々な動画が撮影され、動画サイトに溢れかえっている――。日本では、当たり前のように自衛隊基地を撮影できるが、これは世界から見るとかなり特殊だ。いつまで日本政府と国会は軍事情報をダダ漏れさせるのか?


中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

ペロシ米下院議長の訪台(8月2~3日)に伴い、台湾を威嚇する中国の軍事演習が実施されたが、中国が同時に行った非軍事面での「攻撃」にも注目すべきだ。サイバー攻撃には、日本政府が基本原則とする「専守防衛」で対応できない。