次亜塩素酸水こそコロナ対策の要だ!|片山さつき(参院議員)×福崎智司(三重大学教授)

次亜塩素酸水こそコロナ対策の要だ!|片山さつき(参院議員)×福崎智司(三重大学教授)

NHKの「誤報」から広まった次亜塩素酸水への誤解。次亜塩素酸水のコロナ対策活用を訴える片山さつき氏と福崎智司氏が、その誤解に徹底反論!


きっかけはNHKの誤報

Getty logo

片山 2021年5月、私が呼びかけ人となり、新型コロナウイルス対策として除菌液などの有効活用を推進する「感染対策を資材と方法から考える超党派議員連盟」が発足しました。日本除菌連合や連盟加盟企業とともに、感染対策を資材と方法の観点から研究し、提言していきます。
 
このコロナ禍で、日本社会が感染症に対し脆弱だったことが明らかになりました。これからは感染対策に有効性があるものをフル活用し、広めていくプロセスなくしてコロナ禍には打ち勝てません。
 
しかし、有効性が証明されているのに、マスコミの誤報、印象操作により、活用されていない感染対策があります。その一つが、次亜塩素酸水の噴霧による空間除菌です。
 
福崎先生は、次亜塩素酸を用いた先進的活用技術を研究されており、議員連盟発足の際、基調講演もしていただきました。

福崎 次亜塩素酸水を含むすべての次亜塩素酸水溶液について、いまだに偏見をもっている人が多いですね。次亜塩素酸水溶液は、電車の車内除菌や介護施設など、広く使われていますし、先に行われたオリンピックでも、競技に使う道具や床、ベンチなどの除菌に活用されています。
 
多くの人が誤解を抱くきっかけとなったのが、月刊『Hanada』(2020年9月号)で奈良林直先生が詳しく書かれていますが、NHKの「誤報」です。
 
2020年5月、消毒液不足を受け、エタノールに替わる消毒液はないか、独立行政法人・製品評価技術基盤機構(NITE)が経済産業省の委託で行っていた検証試験の中間報告を発表。その中間報告では、「次亜塩素酸水は試験継続中のため効果が確認されていない」 「引き続き試験を継続する」としていたにもかかわらず、NHKはこう報じました。

〈「『次亜塩素酸水』現時点では有効性は確認されず NITEが公表」NITEでは、噴霧での使用は安全性について科学的な根拠が示されていないなどとして控えるよう呼びかけています〉

〈人体への安全性を評価する科学的な方法が確立していない〉

〈国際的にも消毒液の噴霧は推奨されていない〉

 
次亜塩素酸水が新型コロナに効かないどころか、人体に「有害」であるかのように報じたのです。
 
次亜塩素酸は、人間の体内で白血球のなかの好中球と呼ばれる細胞によって生成され、細菌やウイルスなど異物を撃退する成分で、人体にはほとんど無害です。

片山 本当に有害なら、アメリカをはじめとする先進国で使われていないはずですよね。

福崎 官庁主導の検証だったことに加え、NHKが誤報したものだから、文科省は学校に次亜塩素酸水の噴霧器の使用を禁止する通達を出し、一斉に撤去されてしまいました。その後、通達を修正し、有人空間に噴霧するケースを容認しましたが、いまだに噴霧器の使用は止まったままです。
 
SNSなどで「科学者」と称する人たちが、次亜塩素酸水の空間噴霧を批判しましたが、実際に自らが実験して出したデータに基づいてコメントしている人は皆無だった。
 
結局、NITEは最終報告で、塩素濃度が35ppm以上であれば新型コロナに有効であると結論づけていますが、誤解は広まったままです。

片山 ひどい話ですね。私はずっとウィズコロナで生活を再建するために有効な科学的要件として、空間におけるウイルスの量を減らすことをイメージしていました。ダイヤモンド・プリンセス号も、あれだけ感染が広がってしまった要因の一つに、換気があったと言われています。
 
厚労省は「冬場における『換気の悪い密閉空間』を改善するための換気について」で、〈室内の二酸化炭素濃度を1000ppmに維持する〉〈1人あたりの換気量として毎時約30㎥を確保すること〉としていますが、自治体はそんなガイドラインを配られてもどう具体化すればいいかよくわからず、困っていた。
 
経済力のある会社は換気システムにおカネをかけることができますが、そうじゃないところは悲惨です。地方の繁華街にある雑居ビルでは、一度、あるテナントから感染者が出たと思ったら、数日後には別のテナントで感染者が出て、同じビルから何度も感染者が出ているという話も聞きます。換気だけではなく、空間除菌でウイルスそのものを減らす必要性を感じたのです。
 
そんなことを考えていた折、救急車問題が起こりました。救急車にコロナ感染者を乗せると、その救急車は完全に消毒しない限り使えないため、救急車のローテーションがパンクしてしまう問題です。その救急車はなにで消毒しているのか調べてみると、ほとんどが次亜塩素酸水だった。
 
そこで、次亜塩素酸水に関心を持ち、詳しく調べてみると、消毒効果は科学的に完璧に認められており、空間除菌にも使用されていることがわかりました。ところが、昨年のNITEの中間報告とNHKの誤報によって、次亜塩素酸水の利用にブレーキがかかっていると知り、これではいけないと議連を立ち上げたのです。
 
私もいろいろ情報発信をしていますが、先生のおっしゃるように、なかなか次亜塩素酸水に対する誤解は解けません。

「有害説」の嘘

Getty logo

関連する投稿


韓国のプロパガンダに使われたNHK「緑なき島」|和田政宗

韓国のプロパガンダに使われたNHK「緑なき島」|和田政宗

「軍艦島は地獄島だった」「強制連行されたうえ劣悪な環境で働かされ、多くの人が命を落とした」。このような韓国のプロパガンダは、NHKの短編ドキュメンタリー映画「緑なき島」から始まった。NHKの捏造疑惑について国会で何度も質問をしたが、NHKはいまだにはぐらかし続けている――。


沖縄県知事選「敗北」の理由と今後の政局|和田政宗

沖縄県知事選「敗北」の理由と今後の政局|和田政宗

再選直後、玉城デニー氏は次のように述べている。「沖縄の未来を描いていくため、基地問題の解決を図っていくこと。私はこれまでもこれからも1ミリもぶれない」。「今回は辺野古の新基地建設が大きな争点だった」とも語っているが、辺野古移設や基地問題は沖縄県民の第一の関心ではなかった――。(サムネイルは玉城デニー氏のTwitterより)


玉城デニー氏の公約達成率はわずか2.7%!|和田政宗

玉城デニー氏の公約達成率はわずか2.7%!|和田政宗

玉城デニー候補は、選挙の法定ビラに「公約の実現率98.6%」と記載しているが、これに対しては沖縄タイムスからも「不正確」だと追及された。また、玉城候補はSNSなどで、「相手候補は沖縄を潰しにかかっている」と攻撃しているが、抽象的な論争でなく、政策議論をすべきではないか。


政治家の発言を打ち切ったテレビ朝日の暴挙|和田政宗

政治家の発言を打ち切ったテレビ朝日の暴挙|和田政宗

NHK党の立花孝志党首の発言の多くは全く賛同できるものではないと考えているが、番組キャスターが「認める、認めない」と判断することではない。もし政治家がテーマから逸脱した発言を行ったとしたならば、その政治家や党のモラルは選挙で国民に判断されるからだ。選挙のたびに行われる、大手メディアによる世論誘導を許してはならない!


“弱毒”のオミクロン株に翻弄!岸田内閣は“ワイドショー内閣”だ|坂井広志

“弱毒”のオミクロン株に翻弄!岸田内閣は“ワイドショー内閣”だ|坂井広志

「聞く力」がトレードマークの岸田首相だが、いったい誰の声を聞いているのか。「まん延防止等重点措置」の適用について、ある政府関係者は「先手の対応だ」とご満悦だったが、浮かれている場合ではない。そもそも本当に「先手」なのだろうか。「聞かなきゃわからない岸田首相」のコロナ対策を、産経新聞編集委員の坂井広志氏が斬る!


最新の投稿


光に満ちた悲劇、安倍晋三とヤマトタケル|櫻井よしこ

光に満ちた悲劇、安倍晋三とヤマトタケル|櫻井よしこ

安倍晋三元総理はなぜ死ななければならなかったのだろうか。なぜテロに斃れなければならなかったのか。なぜ日本の警察と公安の弛緩しきった警備体制の犠牲にならなければならなかったのか。櫻井よしこ氏が綴った慟哭の30枚。


両親が覚悟の独占告白!国政を動かす「小川さゆり」の真実|福田ますみ

両親が覚悟の独占告白!国政を動かす「小川さゆり」の真実|福田ますみ

メディアが連日報じる元宗教二世・「小川さゆり氏」の壮絶な体験。日本外国特派員協会でも涙ながらの会見を行い、与野党のヒアリングに応じるなど、その発言は国政にも大きな影響を及ぼしている。だが、彼女の発言は果たして本当なのか? なぜ一切検証されないのか? 「このままではいけない」と彼女の両親が決意の告白を行った。当事者の声を追ったノンフィクション作家・福田ますみ氏渾身のルポ。


与党にはびこる〝中国共産党代理人〟|長尾たかし

与党にはびこる〝中国共産党代理人〟|長尾たかし

欧米各国が中国による人権侵害を事実認定して、政府や議会において対応すべく法整備が整っているのに、なぜ日本だけは一歩も前に進めないのでしょうか。永田町、霞が関の広範囲にわたって、中国共産党の呪いがかけられているとしか思えません――。


安保3文書履行に早くも暗雲|太田文雄

安保3文書履行に早くも暗雲|太田文雄

2+2の共同発表は昨年末に政府が決定した安保3文書を踏まえている。沖縄県による下地島空港の「軍事利用」拒否は、民間空港・港湾の利用拡大をうたった3文書の履行に背を向けることを意味する。


「ピークパワーの罠」に向かう中国|湯浅博

「ピークパワーの罠」に向かう中国|湯浅博

問題は、国力のピークを迎えた新興大国が一転、迫り来る衰退を恐れると、他国に攻撃的になるという「ピークパワーの罠」が現実味を帯びてくることである。