米で「慰安婦≠性奴隷」論文を削除|西岡力

米で「慰安婦≠性奴隷」論文を削除|西岡力

米国に拠点を置く国際問題専門ネット雑誌が、戦時中の慰安婦は性奴隷でなかったと主張する韓国人学者の論文をいったん掲載しながら、すぐに削除して謝罪し、性奴隷説に立つ別の学者の論文を掲載した。米ハーバード大学のラムザイヤー教授が学術誌の論文撤回を要求された出来事に続いて、慰安婦に関する今年2度目の学問の自由の侵害事件だ。


米国に拠点を置く国際問題専門ネット雑誌が、戦時中の慰安婦は性奴隷でなかったと主張する韓国人学者の論文をいったん掲載しながら、すぐに削除して謝罪し、性奴隷説に立つ別の学者の論文を掲載した。米ハーバード大学のラムザイヤー教授が学術誌の論文撤回を要求された出来事に続いて、慰安婦に関する今年2度目の学問の自由の侵害事件だ。

抗議に屈した編集部

ネット雑誌ディプロマットは11月14日、日韓両国でベストセラーになった「反日種族主義」の共同著者、李宇衍博士の論文「慰安婦問題と韓国の反日種族主義」を掲載した。この論文で李博士は「慰安婦という職業は『ハイリスク・ハイリターン』であり、巨額の金を得た者もしばしば見つかっている。雇用契約の期間終了後に朝鮮へ戻ったり、慰安婦として再就職したりする例も非常に多かった。 日常の自由制限は、戦場という環境から、軍人、軍属、看護婦等と同様であった。 結論を言えば、 慰安婦は現在の性労働者と基本的に同じ性労働者だった」と主張した。

すると、編集部に対して韓国と米国から抗議が入り、15日、編集部は李博士の論文を削除し、「週末に韓国人『慰安婦』に関連する不正確で没理性的な記述が含まれる寄稿論文を掲載した。この論文は我が社の編集基準を満たしておらず、内部的に問題を解決中だ。お詫びする」という謝罪文を載せた。

ラムザイヤー論文の学術誌掲載に反対した米ノースカロライナ州立大学歴史学部のデービッド・アンバラス教授はSNSで「ディプロマット編集部は(李宇衍論文の)掲載経緯と再発防止措置について説明せよ」と抗議を続けた。

同誌は18日、韓国に帰化した日本出身の学者で、竹島は韓国領、慰安婦は性奴隷という主張をしている保坂祐二氏の「2015年日韓『慰安婦』合意はなぜ破綻したのか」という論文を掲載し、19日、同誌の韓国人記者がSNSに「緊急に依頼したのに快諾してくれ、論文を書いてくれた保坂祐二教授に感謝する」「週末にしてしまった失敗は絶対に容認できないものだった」と投稿した。

学問の自由の侵害

以上が事実関係だ。抗議を受けたディプロマット誌は李宇衍論文を削除せず、それとは異なる意見の保坂論文を掲載して、論争の舞台を提供すべきだった。慰安婦問題に関して米国では学問の自由、言論の自由が著しく侵害されていると言わざるを得ない。

国基研は11月29日、「歴史認識に関する国際広報体制を強化せよ」という政策提言を発表したが、米国での歴史広報を官民が協力してより強化しなければならないと強調したい。(2021.12.02国家基本問題研究所「今週の直言」より転載)

関連する投稿


ロシアと北朝鮮の「悪の取引」|西岡力

ロシアと北朝鮮の「悪の取引」|西岡力

米韓軍事演習への対抗措置として、4日間で39発のミサイル乱射した北朝鮮。その常軌を逸した行動の裏には、ロシアの影が――。


デサンティス知事の圧勝が教えるもの|島田洋一

デサンティス知事の圧勝が教えるもの|島田洋一

大勝を収めた結果、デサンティス氏は一躍、2年後の大統領選における最有力候補の1人と目されるに至った。デサンティス氏はまた、中国共産党政権によるスパイ行為を防ぐため、フロリダに本拠地を置く諸大学が中国人の研究者や中国の大学と行う共同プロジェクトに制限を課す州法の制定を議会に促してきた。


中国を脅威でないと言い切れるのか|田久保忠衛

中国を脅威でないと言い切れるのか|田久保忠衛

フランスの歴史人口学者・家族人類学者エマニュエル・トッド氏の発言は、日本人の常識を超えるものだった。


キリスト教信者から見た旧統一協会問題|西岡力

キリスト教信者から見た旧統一協会問題|西岡力

世論が変われば憲法に定められた信教の自由、私有財産処分の自由などの枠組みがいとも簡単に崩れていく。多数派の日本人とはかなり異なる少数派の信仰を持つ私は、それを目撃して、その矛先がいつ私たちに向くかもしれないという恐怖を感じるのだ。


対北朝鮮外交の落とし穴|島田洋一

対北朝鮮外交の落とし穴|島田洋一

危惧されるのは、米バイデン政権がブッシュ(子)政権の犯した対北朝鮮外交の歴史的失敗を繰り返さないかである。2007年2月の金融制裁解除を皮切りに、歯止めなき圧力緩和の急坂を転げ落ちていった過去を覚えているだろうか。


最新の投稿


なべやかん遺産|「価値のない物」

なべやかん遺産|「価値のない物」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「価値のない物」!


ロシアと北朝鮮の「悪の取引」|西岡力

ロシアと北朝鮮の「悪の取引」|西岡力

米韓軍事演習への対抗措置として、4日間で39発のミサイル乱射した北朝鮮。その常軌を逸した行動の裏には、ロシアの影が――。


【独占スクープ!】統一教会問題の「黒幕」|福田ますみ

【独占スクープ!】統一教会問題の「黒幕」|福田ますみ

新潮ドキュメント賞を受賞したノンフィクション作家の福田ますみ氏が、「報じられない旧統一教会問題」を徹底取材。第2回目は「統一教会問題の『黒幕』」。自らの正体と真の狙いを35年間ひた隠しにしてきた巨悪の実態。


虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

11月13日、東アジアサミットで中国を名指しで批判した岸田首相。「岸田首相は覚醒した」「初めて毅然とした姿勢を示した」と評価する声も出たが、はたして本当にそうだろうか。岸田首相の発言を検証すると、バイデン大統領の発言と「ウリ二つ」であることがわかった――。(サムネイルは首相官邸HPより)


【読書亡羊】中台統一に「タピオカ屋」まで使う習近平 川島真、小嶋華津子編『UP Plus 習近平の中国』(東京大学出版会)

【読書亡羊】中台統一に「タピオカ屋」まで使う習近平 川島真、小嶋華津子編『UP Plus 習近平の中国』(東京大学出版会)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!