河野談話を今すぐ「上書き」せよ!|山岡鉄秀

河野談話を今すぐ「上書き」せよ!|山岡鉄秀

軍や官憲による強制連行を裏付ける資料は一切見つかっていない。にもかかわらず、なぜ日本政府は河野談話を「継承」し続けるのか。「慰安婦=性奴隷」という歴史の捏造を放置すれば、日本は歴史問題で惨めな敗北を続けるだろう。オーストラリアで慰安婦像設置を阻止した山岡鉄秀氏が加藤勝信官房長官に物申す!


亡霊から逃れられない政府

河野談話が最大の元凶だ! (写真提供/時事)

河野談話という政治的妥協の産物と河野洋平氏の不用意な発言が、日本の国益をどれだけ損ねたか計り知れない。慰安婦の強制連行や性奴隷化について、民間の研究者がどれだけ反論しても、常に河野談話が根拠にされてきた。
 
吉田清治関連の記事を誤報と認めて撤回したあとも、朝日新聞は英語で強制連行を想起させる表現を使い続けた。私の使用中止の申し入れに対する朝日新聞の反論は、やはり河野談話に依拠していた。昨年になってベルリン市に突然設置された慰安婦像を巡る議論でも、議会で根拠として検証されたのは河野談話だった。
 
問題は河野談話だけではないが、河野談話が最大の元凶であることに疑いの余地はない。その河野談話が発表されてから28年の歳月が経った。実に4半世紀以上の年月を経ながら、日本政府はこの亡霊を振り払うことができない。これを外交的敗北主義と言わずしてなんと言うのだろうか。
 
その河野談話に果敢に挑んだのが、自民党参議院の有村治子議員だ。実は、有村議員はもともと慰安婦問題に熱心というわけではなかった。ベルリン市ミッテ区に突然慰安婦像が建った時、私はドイツ語での抗議文を作成して複数の国会議員に賛同を依頼した。その際、有村議員は慰安婦問題について十分な知見を持たないことを理由に辞退された。
 
大変慎重な方だと思ったが、有村議員はそれで終わらず、猛勉強を始めてあらゆる文献と資料を読み込んだ。そして今回、国会で堂々と河野談話について切り込んだ。その質問内容は包括的で精緻であり、歴史的なものだったと言っても過言ではないだろう。
 
28年間も河野談話の亡霊から逃れられない政府に対し、有村議員が脱出する機会を与えたのだ。しかし、それに対する加藤官房長官の回答はあまりにも官僚的でちぐはぐなもので、せっかくの機会を台無しにするものだった。その理由は後述する。

嘘を拡散させた朝日新聞の罪

有村議員は今回の質問を通じて以下の点を明確にし、公式に議事録に残した。国会での正式な発言は海外でも報道される。その点は最大限の称賛に値するだろう。

■河野談話を作成した頃と現在とでは、歴史の真実をめぐってとても大きな環境変化がある。
■吉田清治は完全な詐欺師で、朝日新聞もそれを認めて記事を取り消して謝罪した。
■宮澤内閣で出した河野談話は、軍による何らかの強制性を認めることを日韓両国であらかじめ合意し、その内容も韓国政府と詳細なすり合わせを重ねた政治的決着の産物だった。
■韓国において元慰安婦を支援してきたとされる正義記憶連帯(旧挺対協)の尹美香(ユンミヒャン)前代表は、元慰安婦がアジア女性基金の償い金を受けて和解することを邪魔したり、慰安婦を食い物にして自らの私腹を肥やす言動を重ねてきた。
■尹美香前代表は韓国の国会議員となった現在も、業務上横領罪、詐欺罪、業務上背任罪、補助金管理法違反など8つの容疑により在宅起訴されている。
■この正義連が喧伝してきた旧日本軍による強制連行についても、強制連行を示す証拠は日本からも韓国からも、現在に至るまで1点たりとも示されていない。
 
これらを明らかにしたうえで、有村議員は「国際世論において日本が歴史を修正し、女性の人権を軽視しているといういわれなきレッテルを貼られて孤立することを避けるために、日本政府は河野談話を全体として継承するという苦渋の選択をしてきた」と政府の立場に一定の理解を示した。

そのうえで、「菅内閣においても談話を継承するのであれば、その意図をしっかりと整理し、日本の尊厳と信用に懸けてわが国の立ち位置を的確に発信することこそが、いまを生きる私たちの責任ではないか」と述べ、官房長官に次のように質問する。

「河野談話を継承することによって、国民を代表する日本政府は一体何にお詫びと反省の気持ちを表明しているのか、また、何に対して事実に反すると毅然として反論しておられるのか、それぞれ明確にお答えください」

関連する投稿


米露のプロパガンダに踊らされるな!|山岡鉄秀

米露のプロパガンダに踊らされるな!|山岡鉄秀

主流メディアで流される情報がいかに恣意的に操作されているか、骨身にしみて知っているはずだ。それを思い知らされたのが1991年の第1次湾岸戦争である。油にまみれた水鳥、そして、泣きながらイラク人兵士の蛮行を議会で証言したクウェート人少女。それらは戦争広告代理店によって仕組まれたフェイクニュースだった――。親ウクライナか、親ロシアか、の二元論で喧嘩している場合ではない!


立憲民主党と謎の会社「ブルージャパン」の危険な関係|山岡鉄秀

立憲民主党と謎の会社「ブルージャパン」の危険な関係|山岡鉄秀

他人に厳しく、身内にはやたら甘く、自浄能力がない立憲民主党。立憲民主党の問題は、CLPだけではなかった。これより遥かに大きな金額が党から投入されている謎の会社が存在したのだ。それが、ブルージャパンという会社だ。CLP事件の際に少し報じられたものの、なぜ主流メディアはこの問題を追及しないのか。(サムネイルは辻元清美Twitterより)


【橋下徹研究⑦】咲洲メガソーラー入札の重大疑惑①|山口敬之【永田町インサイド WEB第7回】

【橋下徹研究⑦】咲洲メガソーラー入札の重大疑惑①|山口敬之【永田町インサイド WEB第7回】

「当時の入札手続きのどこが問題なのか具体的に指摘して欲しいね」と橋下徹氏。では、ご希望に応えて、2012年12月5日に行われた咲洲メガソーラーの入札の数々の問題点を指摘しよう。橋下徹さん、もうあなたは詰んでいる――。


再論・北朝鮮の核恫喝にどう立ち向かうのか|西岡力

再論・北朝鮮の核恫喝にどう立ち向かうのか|西岡力

日本は核拡散防止条約からの脱退を検討すべきだ!我が国の核抑止力を早急に整備しなければならないと再度強調する。


北朝鮮の核恫喝にどう立ち向かうのか|西岡力

北朝鮮の核恫喝にどう立ち向かうのか|西岡力

我が国がいま置かれている状況は、ソ連が米本土まで届く核ミサイルを完成した時の英仏両国の状況と同じだ。そのとき両国は、米国は米本土を危険にさらして他国を守らないかもしれないと考え、独自の核武装を決断した。


最新の投稿


徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

世界では、習近平が退陣するのではないかというニュースが飛び交っている。一部のSNSでは、習近平主席がすでに半ば退位し、李克強首相が代行しているとの書き込みで溢れている。果たして、この「宮廷クーデター」(「反習派」による習主席の退位)の“噂”は本当なのか? 徹底検証する。


なべやかん遺産|「淡路島のシン・ゴジラ」

なべやかん遺産|「淡路島のシン・ゴジラ」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「淡路島のシン・ゴジラ」!


参院選に暗雲!逃げずに正面から原発再稼働、憲法改正を訴えよ!|和田政宗

参院選に暗雲!逃げずに正面から原発再稼働、憲法改正を訴えよ!|和田政宗

酷暑のなか、もし電力が止まり冷房が止まってしまえば、命の危機にもつながる。国民は根本的な対応を求めており、もしそれを打ち出すことができなければ、大変な結果が待っているだろう。この1週間が決断すべき期間である。正面から訴えるべき政策については堂々と国民に訴えるべきだ。


【橋下徹研究⑪】「副市長案件」弁明の崩壊と橋下市長関与の証明|山口敬之【WEB連載第11回】

【橋下徹研究⑪】「副市長案件」弁明の崩壊と橋下市長関与の証明|山口敬之【WEB連載第11回】

6月20日以降、ツイートがない橋下徹氏。ほとぼりが冷めるまで待つ方針かもしれないが、いつまで「副市長案件」で逃げ切るつもりなのだろうか。「副市長案件」「遊休地だった」と抗弁する橋下氏の弁明には何の説得力もないどころか、事実を歪曲し隠蔽する悪意がはっきりと浮き彫りになっている――。【※サムネイルは『実行力 結果を出す「仕組み」の作りかた』 (PHP新書)】


【大募集!】#わたしのにゃんこ四字熟語

【大募集!】#わたしのにゃんこ四字熟語

『にゃんこ四字熟語辞典』が大ヒット。それを踏まえて、新しい「にゃんこ」企画をスタートいたします!