「王土」と「教化」を押し付ける中華思想の危険性|石平

「王土」と「教化」を押し付ける中華思想の危険性|石平

中華文明こそ世界の最高にして唯一の文明だと一方的に宣言したうえで、外部世界に対して「中華」の絶対的優位を主張する――天下一品の自惚れ・ホラ吹きの極め付きだが、この思想にはとてつもない危険性が内在している。


世界の土地と人民のすべては中華帝国の所有物

Getty logo

前回の本欄(知己知彼)は、中国が作り出した「中華民族」という虚構の欺瞞性と危うさについて解説した。

実は、この怪しげな「中華民族」の虚構の背後にはもう一つ、非常にタチの悪い中国の伝統思想が潜んでいる。世にいう「中華思想」というものだ。  

昔ながらの中華思想とは要するに、中国人が自分たちの住む国を世界の中心だと勝手に認定し、自分たちの文明を世界の最高にして唯一の文明だと一方的に宣言したうえで、外部世界に対する「中華」の絶対的優位を主張するという考えである。言ってみればそれこそは天下一品の自惚れ・ホラ吹きの極め付きであるが、昔の中国人は至って真剣にそう思っていて信じて疑わなかったし、いまの中国人の世界観の根底にも、この伝統思想の悪しき影響は依然として根強く残っている。  

中華思想の一つの重要なる側面は、すなわち「王土思想」である。中国古典の『詩経』の小雅には、「溥天之下、王土に非ざる莫く、率土之浜、王臣に非ざる莫し」というのがある。現代語に訳すれば、「天の下にひろがる土地はすべて天の命を受けた帝王の領土であり、その土地に住む人民はことごとく帝王の支配を受くべきもの」という意味合いである。漢王朝以降の歴代王朝において、それがそのまま、中華帝国の政治原理となっている。  

要するに中華帝国の人々からすれば、天命を受けた「天子」としての中国皇帝こそが、「天下」と呼ばれるこの世界の唯一の主であるから、世界の土地と人民のすべては中国皇帝、すなわち中華帝国の所有物だ、というのである。

日本列島そのものが中国の「王土」

このような自己勝手な世界観において「領土」と「国境」の概念はまず存在しない。すべての土地ははじめから中国皇帝の所有物であるから、それをあえて「領土」と呼ぶ必要もなく、「国境」を定める必要もない。世界全体はまさに、中国皇帝を中心にして無限に広がっていく一つの同心円である。

現代の国際感覚からすれば、このような世界観は嗤うべき「妄想」というしかないが、近代までの中国人は本気でそう信じていたし、その残滓たるものがいまでも、中国の指導者やエリートたちの意識の根底に根強く染み込んでいる。  

それだからこそ、中国大陸で共産党政権が成立した早々、毛沢東らは直ちに解放軍の大軍を派遣して独立国家だったチベットやウイグル人の住む新疆地域を占領して無理やりに中国の一部にした。だからこそ、いまの共産党政権は、中国本土から数千キロも離れた南シナ海の地域で違法の「九段線」を勝手に設定して、そのなかの公海を自分たちものだと堂々と主張できたのである。  

この考え方の延長線上では、日本の尖閣諸島や沖縄はもとより、日本列島そのものが中国の「王土」になっておかしくないと、多くの中国人が考えている。

恐るべき教化思想

Getty logo

中華思想のもう一つの側面は、すなわち「教化思想」である。中華思想からすれば、中国の文明はこの世界の最高にして唯一の文明であり、中国の皇帝と王朝がこの最高にして唯一の文明の代表者であるから、未だに文明の洗礼を受けていない「化外の民=野蛮民族」をつかまえて、彼らを「教育」し「文明化」させていくのはまさに中国の王朝と皇帝の責務であって、それはすなわち「教化」だというのだ。  

中国人からすれば、中華文明からの「教化」を受けることは受ける側の幸せとなるから、「野蛮民族」はむしろ喜んで「教化」を受けなければならない。つまり、中国の王朝と皇帝が「野蛮民族」を「教化」するというのは彼らに恩恵を与えることになるから、それらの「化外の民」から感謝されることはあっても文句を言われる筋合いはないと考える。「文化のない民」はおとなしく無条件に、中華文明の「教化」を受ければそれで良いとなる。

ナチスドイツも顔負けの民族浄化政策

このような恐ろしい「教化思想」は実は、いまの中国共産党政権にそのまま受け継がれている。習近平政権は、まさにそのとおりの傲慢にして横暴な「教化」をチベット人やウイグル人、そして中国国内のモンゴル人に押し付けている最中である。彼らはチベット人やウイグル人やモンゴル人の子供たちから自民族の言葉を学ぶ機会を奪い、諸民族の子供に中国語の教育を強制している。諸民族の宗教や伝統をことごとく破壊してこの地上から消していき、彼らの心の漢民族化を図ろうとしている。

中国共産党政権こそ、ナチスドイツも顔負けの民族浄化政策・精神的な民族消滅政策の極悪の推進者となっており、その悪辣さの背後には中華思想という悪しき思想の影響があることを忘れてはならない。   

文明社会のわれわれにとって、特に近隣国の日本人にとって、中国共産党政権の危険性と同様、中国伝統の中華思想も大いに警戒すべき危険思想そのものである。(初出:月刊『Hanada』2020年12月号)

著者略歴

石平

https://hanada-plus.jp/articles/195

評論家。1962年、四川省生まれ。北京大学哲学部を卒業後、四川大学哲学部講師を経て、88年に来日。95年、神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了。2002年『なぜ中国人は日本人を憎むのか』(PHP研究所)刊行以来、日中・中国問題を中心とした評論活動に入る。07年に日本国籍を取得。08年拓殖大学客員教授に就任。14年『なぜ中国から離れると日本はうまくいくのか』(PHP新書)で第23回山本七平賞を受賞。著書に『韓民族こそ歴史の加害者である』(飛鳥新社)など多数。

関連する投稿


バイデン一族の異常な「習近平愛」|石平

バイデン一族の異常な「習近平愛」|石平

バイデン大統領の習近平に対する「偏愛ぶり」は異常だ!オバマ政権時代、副大統領としての8年間に中国とどう付き合ってきたのか――事あるごとに習近平との蜜月ぶりをアピールするばかりか、遂には習近平の暴挙を容認し同盟国日本と国際社会を裏切ってきた。断言する、バイデンは「罪人」である!


自由世界の勝利へ日本は戦え|櫻井よしこ

自由世界の勝利へ日本は戦え|櫻井よしこ

米中両大国の常軌を逸した振る舞いで幕を開けた今年、国際社会の直面する危機は尋常ではない。現在の危機は黒船来航から始まった160年余り前のそれよりも、はるかに深刻だ。


「全家腐」から見た中国的道徳心の異質性(上)|石平

「全家腐」から見た中国的道徳心の異質性(上)|石平

中国が、共産党幹部による腐敗が酷い「腐敗大国」であることはよく知られている。だがその「腐敗」には中国ならではのある特徴がある。日本人の想像を超えた「腐敗大国」の実態。


“新冷戦”で「命」が守れない日本人|門田隆将

“新冷戦”で「命」が守れない日本人|門田隆将

ウイルスと共に世界を侵略し、民主主義の本家・米大統領選まで破壊した中国。2021年も、中国の覇権主義は止まらないだろう。このままでは日本が滅びかねない――日本が生き残るための唯一の道とは。


元旦早々、読売の渡邉恒雄主筆に問いたい| 花田紀凱

元旦早々、読売の渡邉恒雄主筆に問いたい| 花田紀凱

新聞はもう終わってしまったのか。朝日新聞ではなく、毎日新聞でもなく、「元旦の読売の1面はなんだ!」と花田編集長が読売新聞に大激怒!読売新聞オンラインには「独自」の文言も……。『週刊新潮』の焼き直しを「独自」と呼ぶ、恥知らずな読売新聞に物申す!


最新の投稿


バイデン大統領で日本は最悪事態も|島田洋一

バイデン大統領で日本は最悪事態も|島田洋一

「ジョーは過去40年間、ほとんどあらゆる主要な外交安保政策について判断を誤ってきた」オバマ政権で同僚だったロバート・ゲイツ元国防長官は回顧録にこう記している。バイデンの発言のあとに、そのとおりの行動が続くと考えてはならない。土壇場で梯子を外された場合を想定して、その収拾策も用意しておく必要がある。


バイデン一族の異常な「習近平愛」|石平

バイデン一族の異常な「習近平愛」|石平

バイデン大統領の習近平に対する「偏愛ぶり」は異常だ!オバマ政権時代、副大統領としての8年間に中国とどう付き合ってきたのか――事あるごとに習近平との蜜月ぶりをアピールするばかりか、遂には習近平の暴挙を容認し同盟国日本と国際社会を裏切ってきた。断言する、バイデンは「罪人」である!


自由世界の勝利へ日本は戦え|櫻井よしこ

自由世界の勝利へ日本は戦え|櫻井よしこ

米中両大国の常軌を逸した振る舞いで幕を開けた今年、国際社会の直面する危機は尋常ではない。現在の危機は黒船来航から始まった160年余り前のそれよりも、はるかに深刻だ。


韓国の不当判決に事実に基づき反論せよ|西岡力

韓国の不当判決に事実に基づき反論せよ|西岡力

1月8日、ソウル地裁は、慰安婦制度を「主権免除」が適用されない「反人道的犯罪」であると決め付けた。国際法を無視した韓国の不当判決と、それを事実上後押しした「反日日本人」たち。今回の判決を批判するためには、「日本発の二つの嘘」に対する反論もする必要がある!


「全家腐」から見た中国的道徳心の異質性(上)|石平

「全家腐」から見た中国的道徳心の異質性(上)|石平

中国が、共産党幹部による腐敗が酷い「腐敗大国」であることはよく知られている。だがその「腐敗」には中国ならではのある特徴がある。日本人の想像を超えた「腐敗大国」の実態。