「中華民族」という虚構|石平

「中華民族」という虚構|石平

この地球上に「中華民族」という「民族」はどこにも存在しない。単に、人工的に作り出された一つの虚構の概念である。この本質を見なければ「中国」を見誤る。


民族の言語を抹殺する

Getty logo

2020年8月、中国政府は内モンゴル自治区の学校教育からモンゴル語を排除したうえ、子供たちに中国語の教科書で勉強することを強制した。民族の言語を葬り去ろうとするこの暴挙は当然、モンゴル人たちの猛反発を受け、国際社会からも激しく批判されている。

中国の現行憲法においては、「中華人民共和国の各民族は一律平等である。……各民族には自らの言語・文字を使用し発展させる自由がある」と書いてあるはずだが、共産党政権は構わず、モンゴル人などの少数民族から自民族の言葉を学ぶ自由を平気で奪っている。

中国の憲法はそもそも共産党政権の手で作られたものである。自分たちの作った憲法を自分たちで破るとはいかにも荒唐無稽な話だが、そのことは端的に、中国共産党という政党の横暴さと中国憲法自体の無意味さを露呈している。

中国政府のお馴染みの台詞

前述の暴挙がモンゴル人から反発されると、あるいは外部世界から批判されると、中国政府の口から返ってくるのは、「モンゴル族はそもそも中華民族の一員であるから、子供たちが中華民族の共通語である中国語を学ぶのが何か悪いのか」というお馴染みの台詞である。

もしモンゴル人が中国政府の言うように「中華民族の一員」であるなら、モンゴルの子供たちが中国語を勉強するのは当然のことかもしれないが、一つの民族としてのモンゴル人が一体なぜ、「中華民族の一員」にならなければならないのか。モンゴル人と「中華」に一体何の関係があると言うのか。
「中華」あるいは「中華文明」というものはもともと、黄河流域や揚子江流域の農耕地帯で誕生し発達してきた農耕民の文明である。大草原で生きる遊牧民族のモンゴル人は、最初から「中華」とは何の関係もない。モンゴル人は一時期「中華」を征服したことはあるが、「中華」そのものではない。なのに中国政府は無理矢理にモンゴル人を「中華民族」の枠組みに入れる。

こんな理不尽な扱いを強いられたのはモンゴル人だけではない。中国国内にはいま、漢民族以外に55の民族が住んでいるが、中国政府の言い分からすると、歴史も文化も生活習慣もそれぞれ違っているはずの彼らは全員、「中華民族」なのである。

関連する投稿


英国の太平洋戦略に中国の焦り|湯浅博

英国の太平洋戦略に中国の焦り|湯浅博

米中間の地政学的な競争が激しさを増す中、英国が経済と安全保障の両面からインド太平洋への関与を強める動きは、独裁国家・中国の危険性に気づき始めた他の欧州主要国をこの地域に誘い込む大きな力となる。


ついに“転機”を迎えた公明党|門田隆将

ついに“転機”を迎えた公明党|門田隆将

安全保障上重要な法案の成立を阻み、中国擁護の姿勢を崩さない公明党。 なぜ公明党はこれほど中国の味方をするのか――その核心に迫る!


習近平も打たない!中国製ワクチンの闇|福島香織

習近平も打たない!中国製ワクチンの闇|福島香織

生理食塩水をワクチンと偽って販売などは日常茶飯事の相次ぐ悪質な偽ワクチン事件。そして今や第三国の途上国を実験場にするワクチン外交に対しても批判が続出。中国人自身も信用しない中国製ワクチンの深すぎる闇。


発電プラント製造能力は存亡の危機|奈良林直

発電プラント製造能力は存亡の危機|奈良林直

実利を冷徹に追求する中国。その一方でマスコミ受けを狙う日本の閣僚。彼らの幼稚な発言で国の基幹産業の盛衰が決まってしまう。このままいけば日本は中国や韓国に頭を下げ、原発やリプレースの技術を輸入する日が確実にくる。エネルギー安全保障の欠落した政治家の体たらく。まさに国難だ!


「2021年7月号」新聞広告大公開!

「2021年7月号」新聞広告大公開!

2020年12月号、●●ウイルス以来のNGあり!NGを出したのは、読売新聞。「尾身茂は『〇〇』だ!」の○○がダメとのこと。話は変わりますが、武漢ウイルスはNGで、なぜインド株はOKなのか…。広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


最新の投稿


【読書亡羊】本は体を表す 面白くなかった『枝野ビジョン』

【読書亡羊】本は体を表す 面白くなかった『枝野ビジョン』

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評。


英国の太平洋戦略に中国の焦り|湯浅博

英国の太平洋戦略に中国の焦り|湯浅博

米中間の地政学的な競争が激しさを増す中、英国が経済と安全保障の両面からインド太平洋への関与を強める動きは、独裁国家・中国の危険性に気づき始めた他の欧州主要国をこの地域に誘い込む大きな力となる。


万全の感染対策で東京五輪を成功させよう|奈良林直

万全の感染対策で東京五輪を成功させよう|奈良林直

「命と五輪とどちらが大事か」という二者択一の議論が国会やマスコミをにぎわしているが、五輪の感染対策を万全にすることで、命と五輪を両立させるという三つ目の選択肢がある。


表現の自由をも「抹消」するキャンセル・カルチャー|久保弾(ジャーナリスト)

表現の自由をも「抹消」するキャンセル・カルチャー|久保弾(ジャーナリスト)

いま世界で横行するキャンセル・カルチャー。 ノーベル賞作家、カズオ・イシグロも危機感を抱くキャンセル・カルチャーとはいったいなんなのか。 その歴史と問題点を徹底追及!


ついに“転機”を迎えた公明党|門田隆将

ついに“転機”を迎えた公明党|門田隆将

安全保障上重要な法案の成立を阻み、中国擁護の姿勢を崩さない公明党。 なぜ公明党はこれほど中国の味方をするのか――その核心に迫る!