「中華民族」という虚構|石平

「中華民族」という虚構|石平

この地球上に「中華民族」という「民族」はどこにも存在しない。単に、人工的に作り出された一つの虚構の概念である。この本質を見なければ「中国」を見誤る。


民族の言語を抹殺する

Getty logo

2020年8月、中国政府は内モンゴル自治区の学校教育からモンゴル語を排除したうえ、子供たちに中国語の教科書で勉強することを強制した。民族の言語を葬り去ろうとするこの暴挙は当然、モンゴル人たちの猛反発を受け、国際社会からも激しく批判されている。

中国の現行憲法においては、「中華人民共和国の各民族は一律平等である。……各民族には自らの言語・文字を使用し発展させる自由がある」と書いてあるはずだが、共産党政権は構わず、モンゴル人などの少数民族から自民族の言葉を学ぶ自由を平気で奪っている。

中国の憲法はそもそも共産党政権の手で作られたものである。自分たちの作った憲法を自分たちで破るとはいかにも荒唐無稽な話だが、そのことは端的に、中国共産党という政党の横暴さと中国憲法自体の無意味さを露呈している。

中国政府のお馴染みの台詞

前述の暴挙がモンゴル人から反発されると、あるいは外部世界から批判されると、中国政府の口から返ってくるのは、「モンゴル族はそもそも中華民族の一員であるから、子供たちが中華民族の共通語である中国語を学ぶのが何か悪いのか」というお馴染みの台詞である。

もしモンゴル人が中国政府の言うように「中華民族の一員」であるなら、モンゴルの子供たちが中国語を勉強するのは当然のことかもしれないが、一つの民族としてのモンゴル人が一体なぜ、「中華民族の一員」にならなければならないのか。モンゴル人と「中華」に一体何の関係があると言うのか。
「中華」あるいは「中華文明」というものはもともと、黄河流域や揚子江流域の農耕地帯で誕生し発達してきた農耕民の文明である。大草原で生きる遊牧民族のモンゴル人は、最初から「中華」とは何の関係もない。モンゴル人は一時期「中華」を征服したことはあるが、「中華」そのものではない。なのに中国政府は無理矢理にモンゴル人を「中華民族」の枠組みに入れる。

こんな理不尽な扱いを強いられたのはモンゴル人だけではない。中国国内にはいま、漢民族以外に55の民族が住んでいるが、中国政府の言い分からすると、歴史も文化も生活習慣もそれぞれ違っているはずの彼らは全員、「中華民族」なのである。

関連する投稿


「全家腐」から見た中国的道徳心の異質性(下)|石平

「全家腐」から見た中国的道徳心の異質性(下)|石平

中国共産党幹部は大半が幹部本人だけでなく一家全員がグルとなって腐敗に励む(全家腐)。一体なぜなのか?それを理解する一つのカギが、中国古来の「宗族」という家族制度にある。「宗族中心主義」を知らずして中国はわからない。


菅政権“歴史的”支持率急落の意味|門田隆将

菅政権“歴史的”支持率急落の意味|門田隆将

菅政権の支持率が下がり続けている。報道各社の1月の世論調査で菅政権を支持しない「不支持率」が支持率を相次いで上回った。 その要因はいったいどこにあるのか――。 菅政権が進める“入国フリー政策”の闇を徹底批判!


バイデン一族の異常な「習近平愛」|石平

バイデン一族の異常な「習近平愛」|石平

バイデン大統領の習近平に対する「偏愛ぶり」は異常だ!オバマ政権時代、副大統領としての8年間に中国とどう付き合ってきたのか――事あるごとに習近平との蜜月ぶりをアピールするばかりか、遂には習近平の暴挙を容認し同盟国日本と国際社会を裏切ってきた。断言する、バイデンは「罪人」である!


自由世界の勝利へ日本は戦え|櫻井よしこ

自由世界の勝利へ日本は戦え|櫻井よしこ

米中両大国の常軌を逸した振る舞いで幕を開けた今年、国際社会の直面する危機は尋常ではない。現在の危機は黒船来航から始まった160年余り前のそれよりも、はるかに深刻だ。


「全家腐」から見た中国的道徳心の異質性(上)|石平

「全家腐」から見た中国的道徳心の異質性(上)|石平

中国が、共産党幹部による腐敗が酷い「腐敗大国」であることはよく知られている。だがその「腐敗」には中国ならではのある特徴がある。日本人の想像を超えた「腐敗大国」の実態。


最新の投稿


英空母とクアッドの共同訓練を提案する|太田文雄

英空母とクアッドの共同訓練を提案する|太田文雄

英空母部隊の東アジア来航時、これにドイツ海軍のみならずフランス海軍も加わったら、英仏独というNATO主要海軍国が揃い踏みすることになり、クアッド(日米豪印4カ国)との共同訓練で中国に対しては強烈なメッセージを発することができる。


あなたたちは北京五輪をボイコットしますか|花田紀凱

あなたたちは北京五輪をボイコットしますか|花田紀凱

《沈黙は賛同であると言われ、強く反省しています。私はいかなる性差別にも反対します》と世界陸上銅メダルの為末大。ならば、問う。「森発言」のどこが「女性差別」にあたるのか。《沈黙は賛同》であるならば、中国が行うウイグルでの「ジェノサイド」にこそ声を上げるべきだ。


『Hanada』編集部オススメ、4月号の「これはウマイ!」

『Hanada』編集部オススメ、4月号の「これはウマイ!」

グルメ通販記事「月刊『Hanada』おすすめ これはウマイ!」、編集部が厳選した今月のオススメはこちら! ぜひ「これはウマイ!」と舌つづみを打ってください。


なべやかん遺産|「究極の癒やしソフビ」

なべやかん遺産|「究極の癒やしソフビ」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「究極の癒やしソフビ」!


森元総理への異常なメディア・リンチ|花田紀凱

森元総理への異常なメディア・リンチ|花田紀凱

「男性は会議が長い」には寛容であり、「女性は会議が長い」にはなぜ不寛容なのか。そもそも森元総理の発言のどこが「女性差別」なのか。大新聞、テレビ、週刊誌、ネット、外国メディアまで揃いも揃って叩きまくる、異常なメディア・リンチに花田編集長が物申す!