月刊『Hanada』2020年11月秋麗号

月刊『Hanada』2020年11月秋麗号

「ありがとう!安倍晋三総理」。ファクトなき印象操作で“安倍叩き”を続けた反日派をのぞいて、多くの国民が「ありがとう!」と思っているのではないだろうか。電撃退陣の内幕から菅総理誕生の秘話まで、月刊『Hanada』でしか読めない記事が満載!「中国で拘束116日間、はじめて明かされた全真相(独占スクープ!)」「津田大介、香山リカ、町山智浩ら大村愛知県知事応援団の卑劣」「小沢一郎ちゃっかり『総理宣言』」「最後まで返せなかった渡哲也への恩」「自粛ストレスこそがコロナ禍の『癌』」など、11月号も永久保存版!事実を報じない新聞やテレビにうんざりしている方たちに捧ぐ!


□田中孝一(ダイセーホールディングス会長)▶60年来の親友が語る秘話 最後まで返せなかった渡哲也への恩

【新型コロナなんかこわくない】

□奥村康▶自粛ストレスこそがコロナ禍の「癌」

【大反響連載!】

□青山繁晴【澄哲録片片】 ▶むしろ最善の時機だった
□佐藤優【猫はなんでも知っている】▶ 安倍外交の総括
□室谷克実【隣国のかたち】 ▶「反日」が揺らぎ始めた
□西村眞【日本人、最期のことば】▶薩摩治郎八

□【私のらくらく健康法】柳沢幸雄▶ 楽天的に、加点主義でいこう(取材・文/笹井恵里子)
□笹井恵里子【暮らしの救急箱】▶「腸の健康」は、脳のやる気につながる 潰瘍性大腸炎にも乳酸菌が効く!
□白澤卓二 【ボケない食事】 ▶華麗なる人生はカレーとともに来(きた)る
□小林詔司【コバヤシ鍼灸院】▶不眠と睡魔の正体

□平川祐弘 【一比較研究者(コンパラティスト)の自伝】▶森鴎外の遺言解釈をめぐって
□高田文夫【月刊Takada】▶私の心の中のアルバム

□加地伸行 【一定不易】
□石平 【「新連載」知己知彼】▶「中華民族」という虚構
□山際澄夫【 左折禁止!】▶安倍首相とともに「保守政治」も去りぬ

□九段靖之介【永田町コンフィデンシャル】▶新首相・菅義偉に二つの疑問
□田村秀男【常識の経済学】▶いまこそアベノミクスを全国に浸透させよ
□門田隆将【現場をゆく】▶「石破は国民的人気」で恥をかいたマスコミ

□有本香【香論乙駁】▶菅直人らを国会で証人喚問せよ
□久保弾 【世界の常識を疑え】▶ロシアでまたも反体制派暗殺未遂

□蛭゛芸子 【電脳三面記事】▶アフターコロナの「突撃!隣の晩ごはん」
□河村真木 【世界の雑誌から】

□堤堯の今月この一冊▶藤井厳喜『米中最終決戦』
□西川清史の今月この一冊▶井上ひさし『社会とことば』
□向井透史【早稲田古本劇場】▶夏の終わりに

□みうらじゅん 【シンボルズ】▶地獄
□高野ひろし【イカの筋肉】

□秋山登の今月この一本+セレクション
□なべおさみ【エンドロールはまだ早い】▶イングリッド・バーグマン

□村西とおる【人生相談「人間だもの」】
□爆笑問題 【日本原論】▶突然の……

□編集部から、編集長から

※休載
D・アトキンソン【ふたつの島国で】
山岡鉄秀【右から右へ進路を取れ!】

関連する投稿


【ファクトチェック最前線「特別編」】共同親権の核心を〝報道しない自由〟|新田哲史

【ファクトチェック最前線「特別編」】共同親権の核心を〝報道しない自由〟|新田哲史

虚偽事実にしろ、偏向報道にしろ、オモテに出ている〝ファクト〟は検証しやすい。しかし世の中には、メディアが存在をひた隠しにするファクトも。ネットでは「報道しない自由」と揶揄するが、最近筆者がその対象になっていると感じるのが共同親権の問題だ。


「共同親権」を潰す赤いネットワークと北朝鮮の家族法|池田良子

「共同親権」を潰す赤いネットワークと北朝鮮の家族法|池田良子

日本共産党や社民党に近い「赤いネットワーク」はなぜ、離婚後共同親権制に反対するのか。彼らの本当の目的は、「離婚後も男性による女性と子供の支配が継続することを断固阻止する」ことにある――。(画像は駒崎弘樹氏twitterより)


「伊藤詩織」問題 金平茂紀と望月衣塑子の正体|山口敬之

「伊藤詩織」問題 金平茂紀と望月衣塑子の正体|山口敬之

「犯罪事実があった」とする伊藤詩織氏の主張は、検察と検察審査会によって、2度にわたって退けられた。日本の法制度上、刑事事件としては完全に終結し、伊藤氏の私を犯罪者にしようという目論見は失敗に終わったのである。ところが、私に一切取材依頼や問い合わせを行わないで、新聞やテレビで発信をしたり、記者会見で発言をしたりした人物が、少なくとも2名いる。そのうちのひとりが金平茂紀であり、もうひとりが望月衣塑子である――。(初出:月刊『Hanada』2018年1月号)


月刊『Hanada』2021年12月未来選択号

月刊『Hanada』2021年12月未来選択号

「岸田総理 憲法改正宣言!」をはじめ、「高市早苗×櫻井よしこ」の特別大型対談、総力大特集「日本の争点!」、総力特集「習近平の限界!」、特集「眞子様ご結婚問題の核心!」、「新・創価学会研究」、「コロナ禍、徹底検証!」、グラビア特集「追悼・すぎやまこういち」など12月号も読みどころが満載!読みたいニュース、知りたいニュースがここにある!


「2021年12月号」新聞広告・中吊り大公開!

「2021年12月号」新聞広告・中吊り大公開!

読売新聞は「ひとつ」、福島民報は「みっつ」、新潟日報は「よっつ」、久しぶりに伏字が発生!各新聞社の度量なのか、それとも…? 広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


最新の投稿


憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

すでに衆院の憲法審査会では4党1会派の計5会派が、いま行うべき憲法改正の内容について一致している。現在いつでも具体的な条文作業に入れる状況であり、岸田総理が決断すれば一気に進む。


【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)