月刊『Hanada』2020年11月秋麗号

月刊『Hanada』2020年11月秋麗号

「ありがとう!安倍晋三総理」。ファクトなき印象操作で“安倍叩き”を続けた反日派をのぞいて、多くの国民が「ありがとう!」と思っているのではないだろうか。電撃退陣の内幕から菅総理誕生の秘話まで、月刊『Hanada』でしか読めない記事が満載!「中国で拘束116日間、はじめて明かされた全真相(独占スクープ!)」「津田大介、香山リカ、町山智浩ら大村愛知県知事応援団の卑劣」「小沢一郎ちゃっかり『総理宣言』」「最後まで返せなかった渡哲也への恩」「自粛ストレスこそがコロナ禍の『癌』」など、11月号も永久保存版!事実を報じない新聞やテレビにうんざりしている方たちに捧ぐ!


月刊『Hanada』2020年11月秋麗号

【総力大特集 永久保存版 ありがとう!安倍晋三総理】

□森喜朗▶朝日新聞は安倍総理に詫びよ!三度目は大いにあり得る!
□櫻井よしこ▶戦略家、安倍晋三 獅子奮迅の働き

□小川榮太郎▶菅義偉総理への進言 理想的な総理への道
□谷口智彦▶安倍総理における孤独と達成
□石橋文登▶安倍「一強」は今後も続く 電撃退陣の内幕

□松川るい▶安倍総理がいたから私は政治家になった
□山口昌子 ▶「首脳の病気」は「国家機密」幼稚なメディアが日本を滅ぼす
□藤原かずえ▶安倍政権こそ弱者に寄り添った

□大下英治▶ふたりの怪物 菅義偉と二階俊博
□山口敬之 ▶「菅総理誕生」影の立役者は麻生太郎
□長谷川幸洋×高橋洋一 ▶アベノミクスの評価は空前絶後のトリプルA

□金美齢▶安倍さんに贈る言葉は「日はまた昇る」
□有本香▶安倍晋三・昭恵夫妻との忘れられない夜

□長谷川幸洋▶安倍退陣が炙り出した左翼の劣化
□八幡和郎▶海外メディアも大絶賛!ノーベル賞級の安倍外交
□堤堯×久保絋之 ▶【蒟蒻問答】安倍晋三は日本の"お宝"だった

□世界各国首脳が惜しんだ安倍総理辞任
□地図で読む 地球儀を俯瞰する外交
□ 【グラビア特集】世界のAbe

【独占スクープ!】

□吉村剛史▶中国で拘束116日間、はじめて明かされた全真相

【リコール運動妨害を許すな!】

□高須克弥▶デマ拡散でリコール妨害!津田大介、香山リカ、町山智浩ら大村愛知県知事応援団の卑劣

【さようなら、「新・立憲民主党」】

□坂井広志▶悪夢の民主党が帰ってきた 小沢一郎ちゃっかり「総理宣言」

【アメリカ大統領選挙 最新レポート】

□あえば浩明▶トランプ陣営の中枢人物が語る トランプ再選・勝利への道

【渡哲也との感動秘話】

□田中孝一(ダイセーホールディングス会長)▶60年来の親友が語る秘話 最後まで返せなかった渡哲也への恩

【新型コロナなんかこわくない】

□奥村康▶自粛ストレスこそがコロナ禍の「癌」

【大反響連載!】

□青山繁晴【澄哲録片片】 ▶むしろ最善の時機だった
□佐藤優【猫はなんでも知っている】▶ 安倍外交の総括
□室谷克実【隣国のかたち】 ▶「反日」が揺らぎ始めた
□西村眞【日本人、最期のことば】▶薩摩治郎八

□【私のらくらく健康法】柳沢幸雄▶ 楽天的に、加点主義でいこう(取材・文/笹井恵里子)
□笹井恵里子【暮らしの救急箱】▶「腸の健康」は、脳のやる気につながる 潰瘍性大腸炎にも乳酸菌が効く!
□白澤卓二 【ボケない食事】 ▶華麗なる人生はカレーとともに来(きた)る
□小林詔司【コバヤシ鍼灸院】▶不眠と睡魔の正体

□平川祐弘 【一比較研究者(コンパラティスト)の自伝】▶森鴎外の遺言解釈をめぐって
□高田文夫【月刊Takada】▶私の心の中のアルバム

□加地伸行 【一定不易】
□石平 【「新連載」知己知彼】▶「中華民族」という虚構
□山際澄夫【 左折禁止!】▶安倍首相とともに「保守政治」も去りぬ

□九段靖之介【永田町コンフィデンシャル】▶新首相・菅義偉に二つの疑問
□田村秀男【常識の経済学】▶いまこそアベノミクスを全国に浸透させよ
□門田隆将【現場をゆく】▶「石破は国民的人気」で恥をかいたマスコミ

□有本香【香論乙駁】▶菅直人らを国会で証人喚問せよ
□久保弾 【世界の常識を疑え】▶ロシアでまたも反体制派暗殺未遂

□蛭゛芸子 【電脳三面記事】▶アフターコロナの「突撃!隣の晩ごはん」
□河村真木 【世界の雑誌から】

□堤堯の今月この一冊▶藤井厳喜『米中最終決戦』
□西川清史の今月この一冊▶井上ひさし『社会とことば』
□向井透史【早稲田古本劇場】▶夏の終わりに

□みうらじゅん 【シンボルズ】▶地獄
□高野ひろし【イカの筋肉】

□秋山登の今月この一本+セレクション
□なべおさみ【エンドロールはまだ早い】▶イングリッド・バーグマン

□村西とおる【人生相談「人間だもの」】
□爆笑問題 【日本原論】▶突然の……

□編集部から、編集長から

※休載
D・アトキンソン【ふたつの島国で】
山岡鉄秀【右から右へ進路を取れ!】

関連する投稿


「2020年12月号」新聞広告大公開!

「2020年12月号」新聞広告大公開!

12月号の新聞広告は、西日本新聞と山口新聞以外はパーフェクト!●●になったのは、やはり、あの部分……。「差別を助長する」という理由なのでしょうが、気に入らない総理を「ヒトラーだ!」と呼ぶほうが、よほど問題なのではないでしょうか。おもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


月刊『Hanada』2020年12 月鶺鴒号

月刊『Hanada』2020年12 月鶺鴒号

12月号の総力大特集は「日本学術会議と中国共産党」。日本学術会議の任命問題は憲法違反でもなければ、学問の自由の侵害でもない。では、問題の本質はどこにあるのか。「日本学術会議」はもちろん、「菅総理」「尖閣諸島」「米国大統領選」「安倍政権7年8カ月」「慰安婦像」「実子誘拐」「人種問題」「新型コロナ」などあらゆる問題の“中心”にタブーなしで切り込む!


「2020年11月号」新聞広告大公開!

「2020年11月号」新聞広告大公開!

11月号の新聞広告は、伏字なし!ですが、日経新聞にわずかな異変あり!「安倍総理」ではなく「安倍前総理」に、との注文が……。結果、どうなったのか?ぜひご覧ください。違いがわかった方は、正真正銘の「違いがわかる男(女)」です。広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


「2020年10月号」新聞広告大公開!

「2020年10月号」新聞広告大公開!

10月号の新聞広告は、読売新聞、産経新聞、西日本新聞に伏字あり!「バカ」は良くて「武漢」はダメ、「武漢」は良くて「バカ」はダメ。新聞社のスタンスがまるわかり、全4パターンを特別公開!広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


「2020年9月号」新聞広告大公開!

「2020年9月号」新聞広告大公開!

9月号の新聞広告は、産経、読売、日経、地方紙(16紙)、すべて伏字なし!もちろん、中日新聞もOK!伏字ファンの方には申し訳ないのですが……これが本来のカタチです。広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


最新の投稿


なべやかん遺産|「ハロウィン」

なべやかん遺産|「ハロウィン」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ハロウィン」!


自制が利かない「手負いの龍」習近平|湯浅誠

自制が利かない「手負いの龍」習近平|湯浅誠

ロバート・オブライエン大統領補佐官、クリス・レイFBI長官、ウイリアム・バー司法長官、そしてポンペオ国務長官の「反共四騎士」が行った立て続けの演説は何を意味するのか――それはアメリカがついに新たな危機に対応するパラダイムシフト(枠組み転換)に踏み切る宣言だった! 11月の大統領選挙でどちらが勝ったとしても、アメリカの対中強硬策は変わらない。ならば日本はどうすべきか?(初出:月刊『Hanada』2020年10月号)


「2020年12月号」新聞広告大公開!

「2020年12月号」新聞広告大公開!

12月号の新聞広告は、西日本新聞と山口新聞以外はパーフェクト!●●になったのは、やはり、あの部分……。「差別を助長する」という理由なのでしょうが、気に入らない総理を「ヒトラーだ!」と呼ぶほうが、よほど問題なのではないでしょうか。おもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


【告知!】「月刊『Hanada』おすすめ これはウマイ!」スタート!!

【告知!】「月刊『Hanada』おすすめ これはウマイ!」スタート!!

今月号より、グルメ通販記事「月刊『Hanada』おすすめ これはウマイ!」がスタートしました!


学界正常化へ学術会議を解散せよ|西岡力

学界正常化へ学術会議を解散せよ|西岡力

私が慰安婦問題と北朝鮮による日本人拉致問題の研究を始めた1980年代後半、私の研究は学界でほぼ完全に孤立していた。慰安婦に関する研究は、朝日新聞が2014年に自社の誤報を一部認めたことで、私の学説がやっと学界の一部で認められるかに思えた。しかし――。