世界一の要注意人物・習近平の思考回路|石平

世界一の要注意人物・習近平の思考回路|石平

毛沢東以来の、共産党政権最大の独裁者・習近平はいったいどのような思考回路をしているのか? 私はこう断言する!「習近平には、長期的な視点に立って自国の国益を考える余裕もなければその能力もない」と。


最大の独裁者

Getty logo

新連載「知己知彼」の第2回目は、 中国の独裁者・習近平をとりあげてみる。  

習近平といえばいま、毛沢東以来の、共産党政権最大の独裁者となっている。彼は公式的には、中国共産党総書記、共産党軍事委員会主席、国家主席、国家軍事委員会主席などの肩書を持ち、党と国家の最高指導者であり、軍の最高司令官である。  

その一方で彼はまた、中央の「○○領導小組」の「組長」のポストを十数個も兼任している。「領導小組」とは、政権の中枢において常設されている「○○対策本部」のことであり、「組長」は各分野における政権運営の司令塔である。習近平が「組長」を兼任している「領導小組」には、中央財経領導小組、中央外事領導小組、国防及び軍隊改革深化領導小組、中央インターネット安全領導小組などがある。  

前述の「総書記」「主席」などの公式ポストを合わせて、いまの習近平は、おそらく世界で最も兼任ポストが多く、「組長」という肩書を一番多く持つ指導者であろう。

本欄第1回目で中国共産党政権を「ヤクザのなかのチンピラ」と揶揄したが、やはり政権トップの習近平は、「組長」という肩書をこよなく愛している。

自ら国際的孤立を招く

冗談はさておき、とにかくいまの中国では、習近平という一個人が国の政治・経済・軍事・外交を動かす権限をすべて握る。習近平は唯我独尊の独裁者となっている。  

問題は、14億人の大国を動かす権力を手に入れた習近平は一体どのような政治を行っているのかということであるが、それは一面においては、実は鼻で笑えるほど愚かなものである。  

6月30日に習近平の主導下で強行された「香港国家安全維持法」の成立はその一例である。この「天下の悪法」の成立と施行によって、習近平政権が香港から反対勢力を一掃することはたしかにできるが、その代償はあまりにも大きい。香港を殺すことで、中国は外国資本導入・外国企業誘致の主要な窓口、対外輸出の窓口の一つを失う。そして、「一国二制度」の約束を公然と破ったことで国際的信用をさらに失い、自らの国際的孤立を招いている。

「アホ」と言うしかない

Getty logo

自国に多大な損をさせる習近平のやり方は、関西弁でいえばまさに「アホ」と言うしかないが、実は「香港国家安全維持法」制定も、アホな習近平の取った愚挙が一つのきっかけとなっていた。  

2015年10月、香港銅鑼湾書店店主の林栄基氏以下5名が相次いで失踪。書店が習近平のスキャンダル暴露本の出版を予定していたため店主らが中国に拉致されたのではないか、との疑いが広がった。翌年六月、香港に戻った林栄基氏は記者会見を開き、中国の公安によって拉致された事実を暴露した。結局、習近平は、自分のスキャンダル暴露本を潰すために拉致するという、乱暴にして愚かな行動に出た。  

しかし、この拉致行為は香港市民と国際社会の強い批判に晒され、さすがの習政権も拉致という非常手段はいつでも使えるものではないと悟った。政権はその後、香港から人を「合法的に」拉致できるような代替手段を模索、その結果、2019年2月に香港政府が習政権の意向を受けて「逃亡犯条例改正案」を提出した。「改正案」が成立すれば、「容疑者」の中国本土への移送が可能となる。

自分の体面を保つことが大事

それに対して香港市民が史上最大規模の抗議運動を展開し、10月には香港政府は「改正案」の撤回を余儀なくされた。このことに習政権は大きな挫折感を味わい、と同時に香港における「反対勢力」の一掃を決心した。   

そこから出てきたのが、前述の「香港国家安全維持法」の制定と施行だ。習政権からすれば、この「法律」さえ作っておけば、気に食わない連中を香港から「拉致」・「移送」する必要はもはやない。中国共産党政権の直接指揮下の公安警察・秘密警察が香港のなかに入り込み、反対勢力を一掃し、根絶やしにすることができるからだ。だからこそ、習政権はこの「法律」の成立を強行した。これで習近平は雪辱を果たし、独裁者としてのメンツを保ったのだ。  

しかし前述のように、長期的にみればむしろ中国の失うものは非常に多く、大損したのは中国のほうだ。独裁者の習近平には、長期的な視点に立って自国の国益を考える余裕もなければその能力もない。そんなことよりも自分の体面を保つことのほうが大事なのだ。こうした思考回路の指導者はたしかに愚かと言うほかないが、その一方、拉致事件から「国家安全維持法」制定までのプロセスにおいて露呈した習近平政治の短視と横暴と猪突猛進の狂気は、他人事ではない。  

14億人の政治・軍事大国は、この気まぐれな独裁者の意のままに動き出していくと、周辺世界にどれほど大きな被害を与えるか知れない。習近平はやはり、世界一の要注意人物である。

著者略歴

石平

https://hanada-plus.jp/articles/195

評論家。1962年、四川省生まれ。北京大学哲学部を卒業後、四川大学哲学部講師を経て、88年に来日。95年、神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了。2002年『なぜ中国人は日本人を憎むのか』(PHP研究所)刊行以来、日中・中国問題を中心とした評論活動に入る。07年に日本国籍を取得。08年拓殖大学客員教授に就任。14年『なぜ中国から離れると日本はうまくいくのか』(PHP新書)で第23回山本七平賞を受賞。著書に『韓民族こそ歴史の加害者である』(飛鳥新社)など多数。

関連するキーワード


習近平 中国 石平

関連する投稿


自由世界の勝利へ日本は戦え|櫻井よしこ

自由世界の勝利へ日本は戦え|櫻井よしこ

米中両大国の常軌を逸した振る舞いで幕を開けた今年、国際社会の直面する危機は尋常ではない。現在の危機は黒船来航から始まった160年余り前のそれよりも、はるかに深刻だ。


「全家腐」から見た中国的道徳心の異質性(上)|石平

「全家腐」から見た中国的道徳心の異質性(上)|石平

中国が、共産党幹部による腐敗が酷い「腐敗大国」であることはよく知られている。だがその「腐敗」には中国ならではのある特徴がある。日本人の想像を超えた「腐敗大国」の実態。


“新冷戦”で「命」が守れない日本人|門田隆将

“新冷戦”で「命」が守れない日本人|門田隆将

ウイルスと共に世界を侵略し、民主主義の本家・米大統領選まで破壊した中国。2021年も、中国の覇権主義は止まらないだろう。このままでは日本が滅びかねない――日本が生き残るための唯一の道とは。


元旦早々、読売の渡邉恒雄主筆に問いたい| 花田紀凱

元旦早々、読売の渡邉恒雄主筆に問いたい| 花田紀凱

新聞はもう終わってしまったのか。朝日新聞ではなく、毎日新聞でもなく、「元旦の読売の1面はなんだ!」と花田編集長が読売新聞に大激怒!読売新聞オンラインには「独自」の文言も……。『週刊新潮』の焼き直しを「独自」と呼ぶ、恥知らずな読売新聞に物申す!


背筋が凍りついた中国による『目に見えぬ侵略』|石平

背筋が凍りついた中国による『目に見えぬ侵略』|石平

『目に見えぬ侵略 中国のオーストラリア支配計画』(飛鳥新社刊)を読むのは、私にとっては近年に滅多にない、強烈な読書体験であった。


最新の投稿


自由世界の勝利へ日本は戦え|櫻井よしこ

自由世界の勝利へ日本は戦え|櫻井よしこ

米中両大国の常軌を逸した振る舞いで幕を開けた今年、国際社会の直面する危機は尋常ではない。現在の危機は黒船来航から始まった160年余り前のそれよりも、はるかに深刻だ。


韓国の不当判決に事実に基づき反論せよ|西岡力

韓国の不当判決に事実に基づき反論せよ|西岡力

1月8日、ソウル地裁は、慰安婦制度を「主権免除」が適用されない「反人道的犯罪」であると決め付けた。国際法を無視した韓国の不当判決と、それを事実上後押しした「反日日本人」たち。今回の判決を批判するためには、「日本発の二つの嘘」に対する反論もする必要がある!


「全家腐」から見た中国的道徳心の異質性(上)|石平

「全家腐」から見た中国的道徳心の異質性(上)|石平

中国が、共産党幹部による腐敗が酷い「腐敗大国」であることはよく知られている。だがその「腐敗」には中国ならではのある特徴がある。日本人の想像を超えた「腐敗大国」の実態。


“서부지검 공소장을 마주하며”|류석춘(전 연세대 교수)

“서부지검 공소장을 마주하며”|류석춘(전 연세대 교수)

"위안부는 매춘의 일종"- 한국의 명문 연세대학교에서 수업 중에 한 발언에 의해 사회에서 말살될 정도로 비난을 받은 류석춘 전 교수. 검찰은 류 씨를 명예 훼손 혐의로 기소하고, 조만간 재판이 열린다."독재 정권이 사회를 지배하고, 역사적 사실조차 말하지 못하고, 학문과 사상의 자유를 짓밟는 현재 한국에 미래는 없다. 나는 단호히 싸운다!"


ソウル西部地方検察庁の起訴状を受けて|柳錫春(元延世大学教授)

ソウル西部地方検察庁の起訴状を受けて|柳錫春(元延世大学教授)

「慰安婦は売春の一種」―- 韓国の名門・延世大学で授業中に行った発言により社会から抹殺されるほどのバッシングを浴びた柳錫春元教授。検察は柳氏を名誉棄損の罪で起訴し、まもなく裁判が行われる。「独裁政権が社会を牛耳り、史実を口にすることすらできず、学問と思想の自由を踏みにじる今の韓国に未来はない。私は断固闘う!」