NHKがデマとプロパガンダを拡散させる原発“汚染水”問題|赤津今朝二

NHKがデマとプロパガンダを拡散させる原発“汚染水”問題|赤津今朝二

公安監視対象でもある特定政治団体との関連が濃厚な「団体」の主張を、あたかも「福島の普通の若者の素朴な声」として大々的に報道。非科学的なデマとプロパガンダを海外にまで拡散させるNHK。被災地を今もなお苦しめ続けるメディアの大罪。


さらに問題は、政治的中立性が求められるはずの報道機関がこぞって、どっぷりと色のついた(しかも公安監視対象である)団体や関係者だということをいずれもひた隠しにしながら、まるで福島の普通の若者の“素朴な声”であるかのように紹介したことにある。

しかも、それは“たまたま触れた”などというレベルではない。地元テレビ局のTUFはこの団体の声を何度も執拗に取り上げているし、NHKもこの7月12日のニュース報道だけに留まらず、翌日の14日には、NHK福島放送局の中でも視聴率も高いであろう夕方の看板番組「はまなかあいづToday」で、なんとこのDAPPEに関して放送時間全体50分の中で10分30秒にも及ぶ大特集を組んだのである。もちろん番組中で共産党関係者であることなどには一切触れず、事実を誤認させる彼らの主張やプロパガンダへの反論や注釈も無くそのまま垂れ流す形で、だ。

この2つの問題点を並べれば、つまり“NHKまで含めた複数の報道機関が公安監視対象でもある特定政治団体が発信するデマとプロパガンダに加担した”ということだ。このケースが仮にマルチ商法詐欺グループ、あるいはオウム真理教のようなカルト集団のダミー団体の場合であればどうなのか想像すれば、いかに深刻な問題であるかが判りやすいだろう。

そうと知らせないまま“テレビで紹介されていた有名な団体”としてサブリミナル的な親近感が刷り込まれることで、一般人がトラブルに巻き込まれる可能性すらも出てくる。

しかし実際のところ、天下のNHKまでもが報道、さらには番組中で大特集を組んでまで紹介する団体や代表の素性すら調べていないわけもあるまい。万が一知らずにやっていたならば大問題、知っててやっていたならば公共放送の政治的中立性を大きく逸脱した、いずれにせよ大スキャンダルである。

驚くべきNHKの返答

私もこの件についてNHKに質問のメールを送ってみたところ、比較的早く返事が返ってきた。その内容はこうだ。

〈このたびはご意見、ご質問をいただきありがとうございます。
福島第一原発にたまるトリチウムを含む水の処分については、連日さまざまな動きをニュースとしてお伝えしております。
ことし2月の経済産業省の小委員会による報告書とりまとめ以降でも、IAEA事務局長による協力表明や、政府による地方議会や漁業関係者への説明、政府主催の意見を聞く会、地方議会における意見書の可決状況などを県域ニュースや全国ニュースでお伝えしてきました。
DAPPEのデモ活動についても、そうした動きの1つとしてご紹介しました。風評被害の拡大にもつながりかねない重要な問題であるからこそ、国民的な理解を進める必要があるという観点から、ニュースとして取材した次第です。
別のニュースでは、政府が処分方法を決定していないことや、丁寧に意見を聞いていくという方針についてもお伝えしており、NHKとして海への放出や処分そのもの是非を一方からのみ報じていることはありません。過去にはトリチウムの性質・についても、ニュースやWEB記事などでお伝えしています。
参考)トリチウムとは? なぜ「海か大気中に放出」なのか?
https://www.nhk.or.jp/politics/articles/lastweek/27975.html
いただきましたご指摘、ご意見も参考にさせていただきながら、今後も、さまざまな観点からこの問題を取り上げ、さまざまな立場の方々を取材させていただきたいと考えております。その際には、正確かつ公正な報道を心がけて参ります。
NHK福島放送局〉

これに対し、当方からはこう返信した。
〈こちらからの質問はDAPPEが共産党の民青組織であり、代表が共産党専従職員であることを全く報道せずにとりあげたことについてのものであったはず。なぜそこを答えないのか。一番大事な点はそこである。
NHKが特定政党・政治団体のステルスプロパガンダに加担したという事実は重い。まして、昨夜のはまなかあいづでの10分以上にわたってのDAPPE特集が恣意的でなくてなんだというのか。あれで"トリチウムに対する科学的な性質が正しく伝わる"わけがない。
また、"風評被害の拡大にもつながりかねない重要な問題であるからこそ、国民的な理解を進める必要があるという観点から、ニュースとして取材した次第です。"とあるが、彼らが2次処理予定のタンク処理水を「汚染水」と呼んでいること自体が非科学的なデマと印象操作であり、NHK自身がすでに風評の拡大、ひいては福島への差別に加担している。その責任をどう取っていくつもりなのか。
まして、海外に英文記事でまでDAPPEの活動を拡散させていながら、“参考)トリチウムとは? なぜ「海か大気中に放出」なのか?
https://www.nhk.or.jp/politics/articles/lastweek/27975.html
の記事の英文版はどこにあるというのか。同じ記事内なり番組内でトリチウムについてきちんとした科学的な根拠を説明せずに紹介したのでは、参考)などなんの言い訳にもならない。
発信側がどう考えていようと、結果から見れば”NHKはすでに風評と差別に加担した”のが現実である。
1つだけはっきり答えて頂きたい。
・NHKが公共放送の立場でありながら、結果として共産党のプロパガンダに加担し非科学的なデマと差別の拡散に加担した理由はなぜか。再発防止のために具体的に今後どうするつもりなのか。
この点だけは、どうしてもはっきりとした返事を頂きたい。〉

するとNHKからは、

〈お問い合わせをいただきありがとうございます。
ご質問につきましては、本日お答えしたとおりですが、今回の放送は、福島第一原発のトリチウムを含む水の処分をめぐる、さまざまな動きの1つをご紹介したものです。
このテーマにつきましては、今後も幅広い視点でお伝えしていきます。
NHK福島放送局〉

とだけ記された返事が返ってきた。問題としている特定政党とのつながりと不正確な情報の拡散についての質問は一切、頑なに無視されている。

答えないNHKに国民一人一人が声を届ける必要が

これに対し、当方からは再度こう返した。

〈繰り返しになるが、”こちらからの質問はDAPPEが共産党の民青組織であり、代表が共産党専従職員であることを全く報道せずにとりあげたことについてのものであったはず。なぜそこを答えないのか。一番大事な点はそこである。”と記したにも関わらず、意図的にこの件への言及を避け続けているのは何故なのか。
繰り返すが、今回の問題はNHKの公共放送としての政治的中立性と公平性、報道の科学的正確性が著しく逸脱されたことにある。
”今後も幅広い視点でお伝えしていきます。”というのは、天動説と地動説、標準医療とニセ医療、科学的事実とオカルトを等価に語ることを言うのか。
それを免罪符にすれば、たとえデマであろうと一切の注釈を入れずに、共産党や民青の主張をそれと伝えず垂れ流すのがNHKの公共放送の報道としての在り方という見解でよろしいか。その無責任な報道姿勢が福島の風評と偏見・差別を生んで我々を苦しめてきたのではないのか。
DAPPEはすでに「はまなかあいづ」で10分30秒にもわたる大特集が組まれ、海外に英文記事でも紹介された。
そもそも彼らDAPPEの主張は事実ではない。彼らが主張するように“汚染水”をそのまま流すのではなく、ALPSで追加処理をした上で海外と同様の処分をするというのが事実だ。
この事実を伝えるために、今後10分30秒以上の時間を取ったり、海外に英文記事での発信はいつ予定されているのか。それすらないならば、実際には “今後も幅広い視点でお伝えしていきます。” の言葉すら嘘であり、NHKがデマの垂れ流しに偏重し、福島への差別を助長させたとしか言いようがあるまい。
当初はそこまでを考えていなかったものの、ここまで頑なに特定政党とのつながりへの質問を無視し、謝罪どころか開き直った上で今後の具体的な改善案も何ら示さず、風評と偏見・差別にNHKが加担し続けようとする事実はあまりにも重い。かくなれば今までのメールのやりとりも含めて広く社会に公開し、雑誌などにも情報提供させて頂く所存である。
私は本来、NHKを愛している。県内に暮らし、地域の復興を共に真剣に考え取材しているNHKの記者や職員がほとんどであることも知っている。
八重の桜も、いま放送されているエールも素晴らしいものであり、制作人のみならず、関わったNHK関係者も含めて深く感謝している。震災直後の”花が咲く”には、何度涙したことだろう。
しかし、だからこそなおさら、一部の人間が暴走したであろう今回のこの件は断じて看過できない。これは、福島に暮らす子どもたちの未来に関わる重要な問題だからだ。
公共放送であるNHKの在り方が社会から問われる必要が強く迫られていると、改めて考えさせられた。〉

この返信を送って以降、NHKからの返信は現在まで途絶えている。1個人からのクレームに過ぎないと、タカを括られたのか。

しかし、NHKでは視聴者からの問い合わせは局内で文字起こしされて共有されると聞く。受信料を支払っている我々国民の一人ひとりが、この件では直接NHKに声を届ける必要が出ている局面なのかも知れない。

関連する投稿


成長戦略を起動させる原子力の活用|奈良林直

成長戦略を起動させる原子力の活用|奈良林直

太陽光、風力などの再生可能エネルギーだけで電力やエネルギーの供給に成功した国は存在しない。ドイツを中心とした再エネ優先政策は、もはや破綻した。


韓国のプロパガンダに使われたNHK「緑なき島」|和田政宗

韓国のプロパガンダに使われたNHK「緑なき島」|和田政宗

「軍艦島は地獄島だった」「強制連行されたうえ劣悪な環境で働かされ、多くの人が命を落とした」。このような韓国のプロパガンダは、NHKの短編ドキュメンタリー映画「緑なき島」から始まった。NHKの捏造疑惑について国会で何度も質問をしたが、NHKはいまだにはぐらかし続けている――。


小型核融合炉は実用段階に程遠い|奈良林直

小型核融合炉は実用段階に程遠い|奈良林直

世界の開発競争に負けないように開発投資を急ぐべきだとの意見も一部にあるが、実は核融合炉が商業用発電炉として実用化される見通しすら付いていないことを指摘したい。


首相の原発政策転換を歓迎する|奈良林直

首相の原発政策転換を歓迎する|奈良林直

エネルギー資源を持たない我が国にとって、原子力発電所の最大限の活用は国家存続の唯一の選択肢である。岸田文雄首相が次世代型原発の開発・建設の検討を指示するなどエネルギー政策の大転換を打ち出したことは首相のクリーンヒットである。


政治家の発言を打ち切ったテレビ朝日の暴挙|和田政宗

政治家の発言を打ち切ったテレビ朝日の暴挙|和田政宗

NHK党の立花孝志党首の発言の多くは全く賛同できるものではないと考えているが、番組キャスターが「認める、認めない」と判断することではない。もし政治家がテーマから逸脱した発言を行ったとしたならば、その政治家や党のモラルは選挙で国民に判断されるからだ。選挙のたびに行われる、大手メディアによる世論誘導を許してはならない!


最新の投稿


安保3文書履行に早くも暗雲|太田文雄

安保3文書履行に早くも暗雲|太田文雄

2+2の共同発表は昨年末に政府が決定した安保3文書を踏まえている。沖縄県による下地島空港の「軍事利用」拒否は、民間空港・港湾の利用拡大をうたった3文書の履行に背を向けることを意味する。


「ピークパワーの罠」に向かう中国|湯浅博

「ピークパワーの罠」に向かう中国|湯浅博

問題は、国力のピークを迎えた新興大国が一転、迫り来る衰退を恐れると、他国に攻撃的になるという「ピークパワーの罠」が現実味を帯びてくることである。


〝太陽光の直接受益者〟三浦瑠麗を政策立案に関与させた官邸の大罪|山口敬之【WEB連載第23回】

〝太陽光の直接受益者〟三浦瑠麗を政策立案に関与させた官邸の大罪|山口敬之【WEB連載第23回】

1月20日、三浦瑠麗氏は「今般、私の夫である三浦清志の会社が東京地方検察庁による捜索を受けたという一部報道は事実です。私としてはまったく夫の会社経営には関与しておらず、一切知り得ないことではございますが、捜査に全面的に協力する所存です」とコメントを発表。本当に「まったく」「関与」していないのか? (サムネイルは「三浦瑠麗チャンネル」より)


【読書亡羊】「情報戦」の最前線、中露は何を仕掛けてくるのか 小泉悠・桒原響子・小宮山功一朗 『偽情報戦争――あなたの頭の中で起こる戦い』(ウェッジ)

【読書亡羊】「情報戦」の最前線、中露は何を仕掛けてくるのか 小泉悠・桒原響子・小宮山功一朗 『偽情報戦争――あなたの頭の中で起こる戦い』(ウェッジ)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


佐渡金山の世界遺産登録 韓国のプロパガンダを覆す重要な戦い|和田政宗

佐渡金山の世界遺産登録 韓国のプロパガンダを覆す重要な戦い|和田政宗

1月19日、日本政府が佐渡金山の推薦書を再提出したことについて、韓国外務省は20日、「遺憾を表明する」と発表。韓国は、佐渡金山は「強制労働の被害現場」であると主張しているが、事実に基づかない韓国などのプロパガンダがユネスコに受け入れられることは絶対にあってはならない!