役に立たない日本学術会議は要らない|奈良林直

役に立たない日本学術会議は要らない|奈良林直

新会長に選ばれた光石衛(まもる)・東京大学名誉教授(機械工学)は、菅義偉前首相が任命を拒否した6人について「改めて任命を求めていく」と語っており、左翼イデオロギーによる学術会議支配が今も続いていることが分かる。


10月2日、首相官邸で日本学術会議新会員の辞令が交付され、学術会議の新体制が決まった。新会長に選ばれた光石衛(まもる)・東京大学名誉教授(機械工学)は、菅義偉前首相が任命を拒否した6人について「改めて任命を求めていく」と語っており、左翼イデオロギーによる学術会議支配が今も続いていることが分かる。学術会議の反原発、反軍事思想の弊害が顕著に表れた最近の例を紹介しよう。

相変わらぬ反原発思想

まず、東京電力福島第一原発のトリチウム処理水の海洋放出について、学術会議は科学的知見に基づく見解を一切発表しなかった。処理水の安全に国際原子力機関(IAEA)のお墨付きを得たにもかかわらず、中国が猛烈に反発し、我が国の水産物を輸入禁止にした。学術会議の沈黙の背景には反原発思想があり、研究上の交流がある中国への遠慮もあったのではないか。

第二に学術会議の委員会は9月26日、原発事故で住民を避難させる際、放射性物質の広がりを予測する時代遅れのシステムSPEEDIの活用を提言した。

原子力規制委員会では、正式名称「緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム」のSPEEDIを原子力災害時に使わないことを決めている。事故を起こした原発の炉心状況から放射能の放出量を求め、気象拡散シミュレーションを用いた複雑な解析手順を踏むため、放射性物質の飛散方向予測がめまぐるしく変わり、行政当局の避難指示系統に乱れが生じ、福島第一原発事故では高齢者を無理に避難させ関連死を招いた負の実績があるからだ。

多くの安全対策を施して再稼働した原発には、万一の事故の時でも放射性物質を除去して安全な状態にして排気するフィルターベントが設置されている。フィルターベントが作動して空気中の放射線量が上がらなければ原発から5~30キロ圏内は屋内退避で済む。過酷事故解析は長足の進歩を遂げており、フィルターベントの作動を放射線のモニタリングポスト(観測施設)で検証すれば良い。反原発で凝り固まる学術会議はそれを認めない。

軍事拒否は科学技術研究凋落の1要因

第三に、学術会議の軍事研究禁止が我が国の科学技術研究凋落の要因の一つとなっている。文部科学省が8月に発表した「科学技術指標2023」によると、国際的に注目されて引用される科学論文の数では、2019~21年の3年間平均で、1位が中国、2位米国、3位英国、4位ドイツで、日本は13位だった。2000年には1位が米国、2位が英国、3位がドイツ、4位が日本、10位が中国だったので、日本の一人負けである。

米欧や中国では、軍民協力研究が大きな成果を上げている。航空宇宙、高性能半導体、量子コンピューター、高度な通信網、人工頭脳(AI)、ウイルス研究など、先端分野の科学技術は、軍事研究と民間研究が車の両輪となって急速な進歩を遂げている。ところがわが国では、ロシアのウクライナ侵略で国民が安全保障の重要性に気づく中で、学術会議は軍事研究を相変わらず禁止して、科学技術の進歩の足を引っ張っている。科学技術立国が泣く。(2023.10.10国家基本問題研究所「今週の直言」より転載)

関連する投稿


【陸自ヘリ墜落】自衛隊の装備品だけでなく予備品の大幅増額を|奈良林直

【陸自ヘリ墜落】自衛隊の装備品だけでなく予備品の大幅増額を|奈良林直

今年4月、沖縄県の宮古島周辺で発生した陸上自衛隊のヘリコプターUH60JAの墜落事故。原因究明が急がれるが、筆者は、「あること」に気がついた。もし、れに気が付かず、改善されなければ、また新たな事故が……。


「汚染魚食べろ」「人が住めない土地」「Fukushima Water」日本共産党の風評加害は組織的に行われていた|松崎いたる

「汚染魚食べろ」「人が住めない土地」「Fukushima Water」日本共産党の風評加害は組織的に行われていた|松崎いたる

日本共産党の度重なる風評加害の源泉は志位委員長による公式発言にあった!共産党が組織的に福島を貶め続ける理由は何か?『日本共産党 暗黒の百年史』の著者、松崎いたる氏による「ここが変だよ共産党」第8弾!


ウクライナのダム決壊と原発の危機|奈良林直

ウクライナのダム決壊と原発の危機|奈良林直

ロシアは、ウクライナの火力発電所、送電鉄塔や送電線、水力発電のための巨大ダムを破壊し尽そうとしている。原発への電力供給が途絶えると、外部電源喪失となり、冷却水を送るポンプが停止する。潜在的にメルトダウン(炉心溶融)の危険がある。


陸自ヘリ墜落は金属疲労が原因か|奈良林直

陸自ヘリ墜落は金属疲労が原因か|奈良林直

4月23日のYahooニュースに、今回の事故原因として、2018年に佐賀県で起きた陸自の戦闘ヘリAH-64Dの墜落原因にもなった、メインローターヘッド(主回転翼取り付け部)周りの折損を疑うべきだというコメントが載った。


原子力規制委の抜本的改革が必須|奈良林直

原子力規制委の抜本的改革が必須|奈良林直

柏崎刈羽原発で東電の社長を厳しく追及し、社員のやる気をなくさせているのが現在の原子力規制委の山中伸介委員長。電力事業者の取り組みがうまくいかないのは、規制委の采配が下手だからだ。我が国でも米国のように、規制委の抜本的改革が必要である。


最新の投稿


憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

すでに衆院の憲法審査会では4党1会派の計5会派が、いま行うべき憲法改正の内容について一致している。現在いつでも具体的な条文作業に入れる状況であり、岸田総理が決断すれば一気に進む。


【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)