韓国メディアに大反論!「極右思想家」とは片腹痛い|花田紀凱

韓国メディアに大反論!「極右思想家」とは片腹痛い|花田紀凱

月刊『Hanada』8月号に掲載した柳錫春(延世大学教授)の「でっちあげられた『慰安婦事件』」という「独占手記」が韓国内で問題視されており、韓国メディアが一斉に弊誌を誹謗中傷。「極右思想家である花田紀凱」「本人名義で発行する」「日本の極右月刊誌」と言われたのには驚いた!


こういう仕事をしているから人から批判されたり、悪口を言われたりするのは、ま、慣れている。

しかし、韓国の大手放送局SBSに「極右思想家である花田紀凱」「本人名義で発行する」「日本の極右月刊誌」と言われたのには驚いた。他の韓国メディアも同様の表現で誹謗中傷している。

はばかりながら、「ちょっと右よりですが」(ぼくが毎週やっているネット番組のタイトル)とは思うが、「極右」ではないし、「思想家」なんておこがましい。単なる編集者だ。

事の発端は月刊『Hanada』8月号に掲載した柳錫春(延世大学教授)の「でっちあげられた『慰安婦事件』」という「独占手記」。

柳教授は勤続33年という延世大学の最古参。その柳教授が2019年9月19日、講義中の発言によって大学側から懲戒処分を受けた。

柳教授は延世大学に対し、「処分無効」「懲戒停止」を要求して、争っている。韓国内では反論の場がないという。

それならばと編集部から真実を書かないかと依頼し、掲載したのが件の論文だ。

2019年秋学期、柳教授は「発展社会学」を講義。問題となった週の講義は「植民地支配を受けた経験をどのように評価するか」。

講義の中で教授は韓国の歴史教科書は間違っていると指摘、日本による「農地の略奪」「米の収奪」や「徴用工」の誤りなどを説明。当然ながら慰安婦にも触れた。

「慰安婦は売春の一種」「日本軍人に強制連行されたのではなく、就業詐欺にあった」ようなもの、要するに女衒に売り飛ばされただけと、至極最もな話をした。

韓・日の大ベストセラー李栄薫氏編の『反日種族主義』と同様の主張だ。

教授のこの講義に対し、主として女子学生たちから質問が相次いだ。

「慰安婦は強制連行ではないと言うのか」

「いまでも売春産業があるでしょ。江南に行けばたくさんいる。そこの女性は親が売り飛ばしましたか」

「では現在の売春婦と慰安婦は同じだと」

手記を読めばわかるが、執拗な女子学生たちの質問に教授は懇切丁寧に理を説いている。

そんな中で、問題とされた教授の発言が飛び出した。

「知りたいなら、一度してみますか」

柳教授は信じられないなら「一度調査、研究してみますか」と言ったのだ。

ところが、この一問一答がいつの間にか録音されていた。音声ファイルが正義記憶連帯(旧・挺対協)に持ち込まれ、柳教授を名誉毀損で訴え、韓国メディアはいっせいに柳教授批判を展開した。
「一度、調査してみませんか」という教授の発言を「一度、売春してみませんか」と言ったと故意に曲解して。

常識で考えてみればわかる。教授がそんな発言をするハズがないし、一度、売春したからといって、慰安婦の実態がわかるハズもない。素直に取れば柳教授の発言は、「調査研究してみませんか」と言ったということは明々白々だ。

正義連はいざ知らず、韓国のメディア人はその程度の理解力もないのか。

SBSといえば韓国の有力な放送メディア。それが一方的に正義連側の言い分に乗って、月刊『Hanada』を大批判。

「極右思想家」「極右雑誌」とは片腹痛い。(7月23日夕刊フジ「天下の暴論」より)

関連するキーワード


韓国 柳錫春 慰安婦

関連する投稿


한국 미디어에 대반박!  ‘극우 사상가’ 우스꽝스럽다 | 하나다 가즈요시(花田紀凱)

한국 미디어에 대반박! ‘극우 사상가’ 우스꽝스럽다 | 하나다 가즈요시(花田紀凱)

월간‘Hanada’8월호에 게재한 류석춘 (연세대 교수)의 “날조된 ‘위안부 사건’”이라는 ‘독점수기’가 한국에서 문제시되고 있어, 한국 미디어가 일제히 우리 잡지를 비방. “극우 사상가인 하나다 가즈요시” “본인 명의로 발행하는” “일본의 극우 월간지”라는 표현을 쓴 것에는 놀랐다!


『反日種族主義』著者らの戦い|西岡力

『反日種族主義』著者らの戦い|西岡力

韓国の暴走が止まらない!遂に『反日種族主義』の編著者李栄薫氏と、柳錫春・延世大教授らを「歴史歪曲があまりにも深刻で到底黙過できない」と非難し、名誉毀損、死者に対する名誉毀損、国家保安法違反などで刑事告訴すると発表した。「親日発言禁止法案」も準備されている韓国は今後どこへ向かうのか。


自称元慰安婦と悪徳活動家集団の正体|山岡鉄秀

自称元慰安婦と悪徳活動家集団の正体|山岡鉄秀

“詐欺師”と“詐欺師”の痴話喧嘩で、積もり積もった嘘と不正がついに噴出!元慰安婦支援団体「挺対協(現・正義連)」とはいったいどんな組織なのか。北朝鮮との関係、日本社会党との秘密会談、「挺対協」結成の経緯が改めて明らかに。銭ゲバたちによる“慰安婦像ビジネス”はもう終わりにすべきだ。


韓国と左翼活動家に利用されてきた原発“汚染水”問題|赤津今朝二

韓国と左翼活動家に利用されてきた原発“汚染水”問題|赤津今朝二

日本国内の左翼のデマから始まり、それを韓国が国際的なディスカウントジャパン戦略として大いに利用する――慰安婦問題と全く同じ構図が福島原発の処理水を巡っても形成されている。福島を貶め、苦しめ続けるデマと風評の数々。マスコミが一切報じない被災地復興を妨害する「真犯人」の正体。


연세대 발전사회학(發展社會學) 강의 징계 전말(顚末)|류석춘 (연세대 교수·사회학)

연세대 발전사회학(發展社會學) 강의 징계 전말(顚末)|류석춘 (연세대 교수·사회학)

한국의 명문・ 연세대 류석춘 교수가 수업 중에 한 발언이 큰 논란이 되고 한국에서 사회 문제로 발전!와중의 류 교수가 월간 『Hanada』에 완전 독점수기를 기고. 한국에서 보도되지 않는 발언의 진의, 정론 · 사실을 봉살하고 발언자의 존재 자체를 말살하려는 한국 사회의 이상한 실태를 고발! 한일 전 국민 필독!


最新の投稿


なべやかん遺産|「雛形」

なべやかん遺産|「雛形」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「雛形」!


米の対中強硬方針は日本への戒め |田久保忠衛

米の対中強硬方針は日本への戒め |田久保忠衛

ポンペオ米国務長官がカリフォルニア州のニクソン図書館で行った「共産主義中国と自由世界の将来」と題する演説の真意とは何か。日本の政財界指導者にとって、ポンペオ演説は頂門の一針になろう。


追悼 李登輝 |渡辺利夫

追悼 李登輝 |渡辺利夫

「李登輝、消えゆくの報。頭(こうべ)を深く床に伏す。ありがとうございました」これ以上、私には言葉がない。


今日もねこびより|花田紀凱

今日もねこびより|花田紀凱

ねこ好きにはたまらない、新連載がスタート!花田家のねこをほぼ毎日、紹介いたします。記念すべき第1回は「気が強いリスベット」。


今こそ「昭和史の声」に耳を澄ませてほしい|早坂隆

今こそ「昭和史の声」に耳を澄ませてほしい|早坂隆

史実を追い求め各地へ何度も足を運び、先人たちの貴重な証言を丹念に追い続けてこられたノンフィクション作家の早坂隆さん。取材生活20年余の集大成となる『昭和史の声』が遂に8月4日発刊となります。戦後75年、令和を生きる全ての世代にお読み頂きたい戦史ノンフィクションの決定版です。