韓国メディアに大反論!「極右思想家」とは片腹痛い|花田紀凱

韓国メディアに大反論!「極右思想家」とは片腹痛い|花田紀凱

月刊『Hanada』8月号に掲載した柳錫春(延世大学教授)の「でっちあげられた『慰安婦事件』」という「独占手記」が韓国内で問題視されており、韓国メディアが一斉に弊誌を誹謗中傷。「極右思想家である花田紀凱」「本人名義で発行する」「日本の極右月刊誌」と言われたのには驚いた!


こういう仕事をしているから人から批判されたり、悪口を言われたりするのは、ま、慣れている。

しかし、韓国の大手放送局SBSに「極右思想家である花田紀凱」「本人名義で発行する」「日本の極右月刊誌」と言われたのには驚いた。他の韓国メディアも同様の表現で誹謗中傷している。

はばかりながら、「ちょっと右よりですが」(ぼくが毎週やっているネット番組のタイトル)とは思うが、「極右」ではないし、「思想家」なんておこがましい。単なる編集者だ。

事の発端は月刊『Hanada』8月号に掲載した柳錫春(延世大学教授)の「でっちあげられた『慰安婦事件』」という「独占手記」。

柳教授は勤続33年という延世大学の最古参。その柳教授が2019年9月19日、講義中の発言によって大学側から懲戒処分を受けた。

柳教授は延世大学に対し、「処分無効」「懲戒停止」を要求して、争っている。韓国内では反論の場がないという。

それならばと編集部から真実を書かないかと依頼し、掲載したのが件の論文だ。

2019年秋学期、柳教授は「発展社会学」を講義。問題となった週の講義は「植民地支配を受けた経験をどのように評価するか」。

講義の中で教授は韓国の歴史教科書は間違っていると指摘、日本による「農地の略奪」「米の収奪」や「徴用工」の誤りなどを説明。当然ながら慰安婦にも触れた。

「慰安婦は売春の一種」「日本軍人に強制連行されたのではなく、就業詐欺にあった」ようなもの、要するに女衒に売り飛ばされただけと、至極最もな話をした。

韓・日の大ベストセラー李栄薫氏編の『反日種族主義』と同様の主張だ。

教授のこの講義に対し、主として女子学生たちから質問が相次いだ。

「慰安婦は強制連行ではないと言うのか」

「いまでも売春産業があるでしょ。江南に行けばたくさんいる。そこの女性は親が売り飛ばしましたか」

「では現在の売春婦と慰安婦は同じだと」

手記を読めばわかるが、執拗な女子学生たちの質問に教授は懇切丁寧に理を説いている。

そんな中で、問題とされた教授の発言が飛び出した。

「知りたいなら、一度してみますか」

柳教授は信じられないなら「一度調査、研究してみますか」と言ったのだ。

ところが、この一問一答がいつの間にか録音されていた。音声ファイルが正義記憶連帯(旧・挺対協)に持ち込まれ、柳教授を名誉毀損で訴え、韓国メディアはいっせいに柳教授批判を展開した。
「一度、調査してみませんか」という教授の発言を「一度、売春してみませんか」と言ったと故意に曲解して。

常識で考えてみればわかる。教授がそんな発言をするハズがないし、一度、売春したからといって、慰安婦の実態がわかるハズもない。素直に取れば柳教授の発言は、「調査研究してみませんか」と言ったということは明々白々だ。

正義連はいざ知らず、韓国のメディア人はその程度の理解力もないのか。

SBSといえば韓国の有力な放送メディア。それが一方的に正義連側の言い分に乗って、月刊『Hanada』を大批判。

「極右思想家」「極右雑誌」とは片腹痛い。(7月23日夕刊フジ「天下の暴論」より)

関連するキーワード


韓国 柳錫春 慰安婦

関連する投稿


中国に尻尾を振り、呑み込まれる韓国|山本光一

中国に尻尾を振り、呑み込まれる韓国|山本光一

クライブ・ハミルトン『目に見えぬ侵略』(小社刊)で中国のオーストラリア侵略計画が明らかになったが、中国の侵略はオーストラリアに留まらず世界各地で繰り広げられ、中でも韓国は、もはや中国にずっぽり呑み込まれてしまっている……。韓国語翻訳者として韓国に精通した著者が、中国の「目に見えぬ」ならぬ、露骨な「目に見える」侵略を徹底解説!(初出:月刊『Hanada』2020年10月号)


慰安婦「正義連」告発は文政権に致命的打撃|鄭炳喆

慰安婦「正義連」告発は文政権に致命的打撃|鄭炳喆

2020年5月、元慰安婦の李容洙が会見を開いた。その内容は、「正義記憶連帯」(通称「正義連」、韓国挺身隊問題対策協議会〈挺対協〉の後継団体)と、その元理事長の不正疑惑、資金流用疑惑告発という衝撃的なものだった。一体何が起こったのか。現地韓国のジャーナリストが徹底解説!(初出:月刊『Hanada』2020年8月号)


한국 최대 반일(反日) 조직 ‘반크(VANK)’의 정체|야마자키 후미아키 (山崎文明)

한국 최대 반일(反日) 조직 ‘반크(VANK)’의 정체|야마자키 후미아키 (山崎文明)

지금 전 세계 인텔리전스 기관이 주시하는 것이 인플루언스 오퍼레이션 (유도 공작)이다.그 위협에 일본이 수년 동안 노출 되고있는 것은 거의 알려져 있지 않다.이상한 반일 공작, 정보 조작, 가짜 뉴스 - 한국 최대 반일 조직 'VANK'의 놀라운 실태를 인텔리전스 전문가가 폭로!


文政権下での日韓関係正常化は不可能|西岡力

文政権下での日韓関係正常化は不可能|西岡力

「日本に対話を呼びかけ」――。日本の多くのマスコミは8月15日の文在寅韓国大統領の演説にこのような見出しを付けた。しかし事実は全く異なる。文在寅政権下での日韓関係の正常化など不可能だ!


한국 미디어에 대반박!  ‘극우 사상가’ 우스꽝스럽다 | 하나다 가즈요시(花田紀凱)

한국 미디어에 대반박! ‘극우 사상가’ 우스꽝스럽다 | 하나다 가즈요시(花田紀凱)

월간‘Hanada’8월호에 게재한 류석춘 (연세대 교수)의 “날조된 ‘위안부 사건’”이라는 ‘독점수기’가 한국에서 문제시되고 있어, 한국 미디어가 일제히 우리 잡지를 비방. “극우 사상가인 하나다 가즈요시” “본인 명의로 발행하는” “일본의 극우 월간지”라는 표현을 쓴 것에는 놀랐다!


最新の投稿


学界正常化へ学術会議を解散せよ|西岡力

学界正常化へ学術会議を解散せよ|西岡力

私が慰安婦問題と北朝鮮による日本人拉致問題の研究を始めた1980年代後半、私の研究は学界でほぼ完全に孤立していた。慰安婦に関する研究は、朝日新聞が2014年に自社の誤報を一部認めたことで、私の学説がやっと学界の一部で認められるかに思えた。しかし――。


原発処理水は、南鳥島に海洋放出しかない|松沢成文(日本維新の会参議院議員)

原発処理水は、南鳥島に海洋放出しかない|松沢成文(日本維新の会参議院議員)

福島原発の処理水の現状を放置したままでは原発の廃炉は進まず、福島の復興はありえない。政府は一刻も早く処分方法を決定し、実行しなければならない。一方で懸念されるのが風評被害の拡大だ。そこで、各方面からの反対意見を最小化し、早期に実現できる画期的な方策を緊急提言する。


朝日新聞「伝承館語り部検閲記事」は即刻、撤回すべきだ|渡辺康平

朝日新聞「伝承館語り部検閲記事」は即刻、撤回すべきだ|渡辺康平

被災者を馬鹿にするのもいい加減にしてほしい!「東日本大震災・原子力災害伝承館」を巡る悪意に満ちた印象操作と誘導尋問――いま朝日新聞の報道によって深刻な被害が生じている。繰り返される報道被害。被災者を貶め続ける朝日新聞の大罪!


インド太平洋同盟への脱皮を期待する|湯浅博

インド太平洋同盟への脱皮を期待する|湯浅博

自由の同盟は中国共産党の軍門に下らない!中国の威嚇が、それまで中国の出方を恐れてきたインドと豪州を近づけた。中国の領域侵犯と懲罰外交に対しては、周辺国が結束して不測の事態に備え、中国をサプライチェーン(供給網)から切り離すなど、その代償を払わせなければならない。


中国人民解放軍が進める「外国要人データベース化」|山崎文明

中国人民解放軍が進める「外国要人データベース化」|山崎文明

中国国有系企業が世界の財界関係者、軍関係者を含む240万人分の個人データを集めていたことを各国メディアが一斉に報じた。創設者はデータを中国政府の諜報機関や人民解放軍へ提供していると公言。住所、電話番号から、交友関係、銀行取引記録、診療カルテ情報に至るまで。その中には日本人も500名以上が記録されていた!