月刊『Hanada』2020年9月秋茜号

月刊『Hanada』2020年9月秋茜号

香港は死んだ――。中国によって、殺されたのだ。次は台湾か、はたまた日本か。自由や人権を踏み潰す中国共産党に「礼儀」など必要だろうか。安倍総理・菅官房長官の2大独占インタビュー、総力大特集「中国の底知れぬ恐怖」(102ページ!)、高須院長×河村市長の「憤激対談」、特集「メディアが元凶」、「実子誘拐」告発キャンペーン第4弾、三峡ダム決壊“前夜”、韓国が早速クレーム「産業遺産情報センター」、など“偽善メディア”が報じない「論点」が9月号も盛りだくさん!読みたい記事が、ここにはある!


月刊『Hanada』2020年9月秋茜号

【本誌2大独占インタビュー】

□安倍晋三内閣総理大臣、闘争宣言

□菅義偉官房長官、覚悟を語る

【総力大特集 中国の底知れぬ恐怖】

□櫻井よしこ 習近平の蛮行「世界大改修戦略」
□門田隆将×有本香 あらゆる問題をコロナが暴いた

□石平 背筋が凍りついた『目に見えぬ侵略』
□福島香織 恐るべき香港安全維持法の中身

□大塚耕平 コロナ感染者の58%が国籍未確認
□水上清之 大洪水で三峡ダム決壊"前夜"

□佐々木類 習近平の頭脳狩り「千人計画」
□山口昌子 中国に牛耳られたフランスの惨状
□中山義隆(石垣市長)×恵隆之介 尖閣字名変更で中国が内政干渉

【韓国・朝日新聞の批判にお答えします】

□加藤康子 韓国と朝日新聞が早速クレーム「産業遺産情報センター」

【大村愛知県知事リコール!】

□高須克弥×河村たかし(名古屋市長)【憤激対談】 腐敗した大村王国をリセットせにゃいかん!

【小池都知事とは何者か】

□堤堯×久保絋之 【蒟蒻問答】嘘で塗り固めた女天一坊、小池百合子

【ポスト安倍を徹底的に考え抜く】

□八幡和郎 石破茂だけは絶対にダメ!ポスト安倍の通信簿

【特集 元凶はメディア】

□新田哲史 創業家が朝日新聞を徹底批判
□奈良林直 第二波を招くNHKの大誤報 【「次亜塩素酸水」消滅の危機】
□渡辺康平 空自出身議員が重大証言! ブルーインパルス妨害工作の「犯人」

【緊急提言】

□長谷川幸洋 外交戦略はボルトン本に学べ
□D・アトキンソン いまこそ最低賃金引き上げを断行せよ!

【「実子誘拐」告発キャンペーン第4弾!】

□池田良子 「片親疎外」という児童洗脳

【シリーズ対談 御社の決まり手、教えてください!14】

□松信健太郎(有隣堂副社長)×舞の海秀平 紙の本、消滅危機で有隣堂書店大転換

【告発レポート! 】

□藤田章 レオパレス改修遅れの裏側

【グラビア特集】

□銀幕の香港

【大反響連載! 】

□青山繁晴【澄哲録片片】 日本の官僚と政治家は変わったのか
□佐藤優【猫はなんでも知っている】北朝鮮によるアメリカ内政分析
□室谷克実【隣国のかたち 】ランキング狂国
□西村眞【日本人、最期のことば】泉鏡花

□黒川伊保子【私のらくらく健康法】欠点だけの「脳」はありません(取材・文/笹井恵里子)
□笹井恵里子【暮らしの救急箱】
「外気温」と「死亡率」の関係~夏は1度上がると、死亡率が2・8~4%も上昇
□白澤卓二【ボケない食事 】
 味噌は人生の基礎 毎日、味噌汁をのめば医者は“ひま"になる
□小林詔司【コバヤシ鍼灸院】
 「冷え」すぎは最悪のくすり

□平川祐弘【 一比較研究者(コンパラティスト)の自伝】東大紛争前後
□高田文夫【 月刊Takada】常にその日は突然だ

□加地伸行【一定不易】
□石平 〈新連載〉【知己知彼】唯我独尊の独裁者・習近平の思考回路
□山際澄夫【左折禁止!】中国を恐れる日本の病

□九段靖之介【永田町コンフィデンシャル】敵基地攻撃能力の保有を急げ
□田村秀男【常識の経済学】「香港の自由」圧殺を許す強欲資本主義
□門田隆将【現場をゆく】公務員の“不作為の罪”が国民を殺す

□有本香【香論乙駁】石破が次の総理なら、喜ぶのは中国
□久保弾 【世界の常識を疑え】それでも「水革命」は消えない

□蛭゛芸子【電脳三面記事】リスクとコスパの時代
□河村真木【世界の雑誌から】

□堤堯の今月この一冊 『疫病2020』
□西川清史の今月この一冊 『MMTによる令和 「新」経済論』
□向井透史【早稲田古本劇場】「店舗再開!」

□みうらじゅん【シンボルズ】「落語」特集
□岡康道【すべてはいつか、笑うため。】「闘病記」
□高野ひろし【イカの筋肉】

□秋山登の今月この一本+セレクション
□なべおさみ【エンドロールはまだ早い】マーロン・ブランド(下)

□村西とおる【人生相談「人間だもの」】こだわるべき遺伝子
□爆笑問題【日本原論】再開したはいいけれど

□編集部から、編集長から

※休載
□山岡鉄秀【右から右へ進路をとれ!】

関連する投稿


「2020年11月号」新聞広告大公開!

「2020年11月号」新聞広告大公開!

11月号の新聞広告は、伏字なし!ですが、日経新聞にわずかな異変あり!「安倍総理」ではなく「安倍前総理」に、との注文が……。結果、どうなったのか?ぜひご覧ください。違いがわかった方は、正真正銘の「違いがわかる男(女)」です。広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


月刊『Hanada』2020年11月秋麗号

月刊『Hanada』2020年11月秋麗号

「ありがとう!安倍晋三総理」。ファクトなき印象操作で“安倍叩き”を続けた反日派をのぞいて、多くの国民が「ありがとう!」と思っているのではないだろうか。電撃退陣の内幕から菅総理誕生の秘話まで、月刊『Hanada』でしか読めない記事が満載!「中国で拘束116日間、はじめて明かされた全真相(独占スクープ!)」「津田大介、香山リカ、町山智浩ら大村愛知県知事応援団の卑劣」「小沢一郎ちゃっかり『総理宣言』」「最後まで返せなかった渡哲也への恩」「自粛ストレスこそがコロナ禍の『癌』」など、11月号も永久保存版!事実を報じない新聞やテレビにうんざりしている方たちに捧ぐ!


「2020年10月号」新聞広告大公開!

「2020年10月号」新聞広告大公開!

10月号の新聞広告は、読売新聞、産経新聞、西日本新聞に伏字あり!「バカ」は良くて「武漢」はダメ、「武漢」は良くて「バカ」はダメ。新聞社のスタンスがまるわかり、全4パターンを特別公開!広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


「2020年9月号」新聞広告大公開!

「2020年9月号」新聞広告大公開!

9月号の新聞広告は、産経、読売、日経、地方紙(16紙)、すべて伏字なし!もちろん、中日新聞もOK!伏字ファンの方には申し訳ないのですが……これが本来のカタチです。広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


月刊『Hanada』2020年8月草笛号

月刊『Hanada』2020年8月草笛号

中国の「目に見えぬ侵略」が日本でも進んでいる――。日本のメディアや政財界は、なぜ、自由や人権を踏み潰す“習近平帝国”に物が言えないのか。マネーか、ハニーか、はたまたスパイか。“偽善メディア”が報じない「論点」が8月号も盛りだくさん。話にならない「大村知事」、でっちあげ「慰安婦事件」、歴代最低「小池都知事」、恐怖を煽った「玉川徹」、日本を貶め続ける「朝日新聞」、など日本の病を徹底追及!読みたい記事が、ここにはある!


最新の投稿


学界正常化へ学術会議を解散せよ|西岡力

学界正常化へ学術会議を解散せよ|西岡力

私が慰安婦問題と北朝鮮による日本人拉致問題の研究を始めた1980年代後半、私の研究は学界でほぼ完全に孤立していた。慰安婦に関する研究は、朝日新聞が2014年に自社の誤報を一部認めたことで、私の学説がやっと学界の一部で認められるかに思えた。しかし――。


原発処理水は、南鳥島に海洋放出しかない|松沢成文(日本維新の会参議院議員)

原発処理水は、南鳥島に海洋放出しかない|松沢成文(日本維新の会参議院議員)

福島原発の処理水の現状を放置したままでは原発の廃炉は進まず、福島の復興はありえない。政府は一刻も早く処分方法を決定し、実行しなければならない。一方で懸念されるのが風評被害の拡大だ。そこで、各方面からの反対意見を最小化し、早期に実現できる画期的な方策を緊急提言する。


朝日新聞「伝承館語り部検閲記事」は即刻、撤回すべきだ|渡辺康平

朝日新聞「伝承館語り部検閲記事」は即刻、撤回すべきだ|渡辺康平

被災者を馬鹿にするのもいい加減にしてほしい!「東日本大震災・原子力災害伝承館」を巡る悪意に満ちた印象操作と誘導尋問――いま朝日新聞の報道によって深刻な被害が生じている。繰り返される報道被害。被災者を貶め続ける朝日新聞の大罪!


インド太平洋同盟への脱皮を期待する|湯浅博

インド太平洋同盟への脱皮を期待する|湯浅博

自由の同盟は中国共産党の軍門に下らない!中国の威嚇が、それまで中国の出方を恐れてきたインドと豪州を近づけた。中国の領域侵犯と懲罰外交に対しては、周辺国が結束して不測の事態に備え、中国をサプライチェーン(供給網)から切り離すなど、その代償を払わせなければならない。


中国人民解放軍が進める「外国要人データベース化」|山崎文明

中国人民解放軍が進める「外国要人データベース化」|山崎文明

中国国有系企業が世界の財界関係者、軍関係者を含む240万人分の個人データを集めていたことを各国メディアが一斉に報じた。創設者はデータを中国政府の諜報機関や人民解放軍へ提供していると公言。住所、電話番号から、交友関係、銀行取引記録、診療カルテ情報に至るまで。その中には日本人も500名以上が記録されていた!