月刊『Hanada』2020年9月秋茜号

月刊『Hanada』2020年9月秋茜号

香港は死んだ――。中国によって、殺されたのだ。次は台湾か、はたまた日本か。自由や人権を踏み潰す中国共産党に「礼儀」など必要だろうか。安倍総理・菅官房長官の2大独占インタビュー、総力大特集「中国の底知れぬ恐怖」(102ページ!)、高須院長×河村市長の「憤激対談」、特集「メディアが元凶」、「実子誘拐」告発キャンペーン第4弾、三峡ダム決壊“前夜”、韓国が早速クレーム「産業遺産情報センター」、など“偽善メディア”が報じない「論点」が9月号も盛りだくさん!読みたい記事が、ここにはある!


月刊『Hanada』2020年9月秋茜号

【本誌2大独占インタビュー】

□安倍晋三内閣総理大臣、闘争宣言

□菅義偉官房長官、覚悟を語る

【総力大特集 中国の底知れぬ恐怖】

□櫻井よしこ 習近平の蛮行「世界大改修戦略」
□門田隆将×有本香 あらゆる問題をコロナが暴いた

□石平 背筋が凍りついた『目に見えぬ侵略』
□福島香織 恐るべき香港安全維持法の中身

□大塚耕平 コロナ感染者の58%が国籍未確認
□水上清之 大洪水で三峡ダム決壊"前夜"

□佐々木類 習近平の頭脳狩り「千人計画」
□山口昌子 中国に牛耳られたフランスの惨状
□中山義隆(石垣市長)×恵隆之介 尖閣字名変更で中国が内政干渉

【韓国・朝日新聞の批判にお答えします】

□加藤康子 韓国と朝日新聞が早速クレーム「産業遺産情報センター」

【大村愛知県知事リコール!】

□高須克弥×河村たかし(名古屋市長)【憤激対談】 腐敗した大村王国をリセットせにゃいかん!

【小池都知事とは何者か】

□堤堯×久保絋之 【蒟蒻問答】嘘で塗り固めた女天一坊、小池百合子

【ポスト安倍を徹底的に考え抜く】

□八幡和郎 石破茂だけは絶対にダメ!ポスト安倍の通信簿

【特集 元凶はメディア】

□新田哲史 創業家が朝日新聞を徹底批判
□奈良林直 第二波を招くNHKの大誤報 【「次亜塩素酸水」消滅の危機】
□渡辺康平 空自出身議員が重大証言! ブルーインパルス妨害工作の「犯人」

【緊急提言】

□長谷川幸洋 外交戦略はボルトン本に学べ
□D・アトキンソン いまこそ最低賃金引き上げを断行せよ!

【「実子誘拐」告発キャンペーン第4弾!】

□池田良子 「片親疎外」という児童洗脳

【シリーズ対談 御社の決まり手、教えてください!14】

□松信健太郎(有隣堂副社長)×舞の海秀平 紙の本、消滅危機で有隣堂書店大転換

【告発レポート! 】

□藤田章 レオパレス改修遅れの裏側

【グラビア特集】

□銀幕の香港

【大反響連載! 】

□青山繁晴【澄哲録片片】 日本の官僚と政治家は変わったのか
□佐藤優【猫はなんでも知っている】北朝鮮によるアメリカ内政分析
□室谷克実【隣国のかたち 】ランキング狂国
□西村眞【日本人、最期のことば】泉鏡花

□黒川伊保子【私のらくらく健康法】欠点だけの「脳」はありません(取材・文/笹井恵里子)
□笹井恵里子【暮らしの救急箱】
「外気温」と「死亡率」の関係~夏は1度上がると、死亡率が2・8~4%も上昇
□白澤卓二【ボケない食事 】
 味噌は人生の基礎 毎日、味噌汁をのめば医者は“ひま"になる
□小林詔司【コバヤシ鍼灸院】
 「冷え」すぎは最悪のくすり

□平川祐弘【 一比較研究者(コンパラティスト)の自伝】東大紛争前後
□高田文夫【 月刊Takada】常にその日は突然だ

□加地伸行【一定不易】
□石平 〈新連載〉【知己知彼】唯我独尊の独裁者・習近平の思考回路
□山際澄夫【左折禁止!】中国を恐れる日本の病

□九段靖之介【永田町コンフィデンシャル】敵基地攻撃能力の保有を急げ
□田村秀男【常識の経済学】「香港の自由」圧殺を許す強欲資本主義
□門田隆将【現場をゆく】公務員の“不作為の罪”が国民を殺す

□有本香【香論乙駁】石破が次の総理なら、喜ぶのは中国
□久保弾 【世界の常識を疑え】それでも「水革命」は消えない

□蛭゛芸子【電脳三面記事】リスクとコスパの時代
□河村真木【世界の雑誌から】

□堤堯の今月この一冊 『疫病2020』
□西川清史の今月この一冊 『MMTによる令和 「新」経済論』
□向井透史【早稲田古本劇場】「店舗再開!」

□みうらじゅん【シンボルズ】「落語」特集
□岡康道【すべてはいつか、笑うため。】「闘病記」
□高野ひろし【イカの筋肉】

□秋山登の今月この一本+セレクション
□なべおさみ【エンドロールはまだ早い】マーロン・ブランド(下)

□村西とおる【人生相談「人間だもの」】こだわるべき遺伝子
□爆笑問題【日本原論】再開したはいいけれど

□編集部から、編集長から

※休載
□山岡鉄秀【右から右へ進路をとれ!】

関連する投稿


「2020年9月号」新聞広告大公開!

「2020年9月号」新聞広告大公開!

9月号の新聞広告は、産経、読売、日経、地方紙(16紙)、すべて伏字なし!もちろん、中日新聞もOK!伏字ファンの方には申し訳ないのですが……これが本来のカタチです。広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


月刊『Hanada』2020年8月草笛号

月刊『Hanada』2020年8月草笛号

中国の「目に見えぬ侵略」が日本でも進んでいる――。日本のメディアや政財界は、なぜ、自由や人権を踏み潰す“習近平帝国”に物が言えないのか。マネーか、ハニーか、はたまたスパイか。“偽善メディア”が報じない「論点」が8月号も盛りだくさん。話にならない「大村知事」、でっちあげ「慰安婦事件」、歴代最低「小池都知事」、恐怖を煽った「玉川徹」、日本を貶め続ける「朝日新聞」、など日本の病を徹底追及!読みたい記事が、ここにはある!


「2020年8月号」新聞広告大公開!

「2020年8月号」新聞広告大公開!

7月号は伏字なしでしたが、8月号は読売新聞のみ伏字あり。中国共産党と“お友達(?)”の朝日新聞ならわかるのですが…。今号の新聞広告の注目は、やはり、中日新聞です。「ちょっと大きい、高須克弥院長」をぜひご覧ください。広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


「2020年7月号」新聞広告大公開!

「2020年7月号」新聞広告大公開!

7月号の新聞広告は、産経、読売、日経ともに伏字なし!7月号は地方紙に広告を掲載していないため、久しぶりに武漢ウイルス含めNGゼロに。伏字ファンの方には申し訳ないのですが……これが本来のカタチです。広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


月刊『Hanada』2020年7月青葉号

月刊『Hanada』2020年7月青葉号

緊急事態宣言が全面解除されたとはいえ、「第二波」をどう乗り切るか、経済をどう立て直すか、コロナ終息までの道のりはまだまだ険しい。野党は「コロナ」より「ケンサツ」に夢中だが、本当にそれでいいのか。米中情報戦争、日本を殺す「専門家会議」、どうなる世界経済、ゼロリスク扇動者、『武漢日記』、「コウモリ女」、「75億人の肉」、コロナ後の世界、香港“民主化の女神”、金正恩死亡説、検察庁法改正、尖閣諸島、消費減税、「実子誘拐」など、あらゆる問題をあらゆる角度で徹底検証!悪意ある“キャンペーン”に釣られない方たちに捧ぐ!


最新の投稿


なべやかん遺産|「雛形」

なべやかん遺産|「雛形」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「雛形」!


米の対中強硬方針は日本への戒め |田久保忠衛

米の対中強硬方針は日本への戒め |田久保忠衛

ポンペオ米国務長官がカリフォルニア州のニクソン図書館で行った「共産主義中国と自由世界の将来」と題する演説の真意とは何か。日本の政財界指導者にとって、ポンペオ演説は頂門の一針になろう。


追悼 李登輝 |渡辺利夫

追悼 李登輝 |渡辺利夫

「李登輝、消えゆくの報。頭(こうべ)を深く床に伏す。ありがとうございました」これ以上、私には言葉がない。


今日もねこびより|花田紀凱

今日もねこびより|花田紀凱

ねこ好きにはたまらない、新連載がスタート!花田家のねこをほぼ毎日、紹介いたします。記念すべき第1回は「気が強いリスベット」。


今こそ「昭和史の声」に耳を澄ませてほしい|早坂隆

今こそ「昭和史の声」に耳を澄ませてほしい|早坂隆

史実を追い求め各地へ何度も足を運び、先人たちの貴重な証言を丹念に追い続けてこられたノンフィクション作家の早坂隆さん。取材生活20年余の集大成となる『昭和史の声』が遂に8月4日発刊となります。戦後75年、令和を生きる全ての世代にお読み頂きたい戦史ノンフィクションの決定版です。