月刊『Hanada』2020年7月青葉号

月刊『Hanada』2020年7月青葉号

緊急事態宣言が全面解除されたとはいえ、「第二波」をどう乗り切るか、経済をどう立て直すか、コロナ終息までの道のりはまだまだ険しい。野党は「コロナ」より「ケンサツ」に夢中だが、本当にそれでいいのか。米中情報戦争、日本を殺す「専門家会議」、どうなる世界経済、ゼロリスク扇動者、『武漢日記』、「コウモリ女」、「75億人の肉」、コロナ後の世界、香港“民主化の女神”、金正恩死亡説、検察庁法改正、尖閣諸島、消費減税、「実子誘拐」など、あらゆる問題をあらゆる角度で徹底検証!悪意ある“キャンペーン”に釣られない方たちに捧ぐ!


月刊『Hanada』7月青葉号

【総力超大特集202ページ!人類共通の敵 習近平と武漢ウイルス】

□古森義久 「米中断交」トランプは本気だ!アメリカの対中戦略全貌
□長谷川幸洋 スクープ! 感染爆発直前、中国が「マスク買占め」極秘指令
□川口マーン恵美 ドイツ発行部数NO1大衆紙が習近平に宣戦布告

□小川榮太郎 西浦博教授と専門家会議の大罪
□藤原かずえ 「自粛警察」を生んだゼロリスク扇動者たち

□上念司 トランプTPP電撃復帰で中国包囲網完成
□田村秀男 ビル・ゲイツを太らせる日本の経済対策(常識の経済学)

□黒井文太郎 米中情報戦の内幕「生物兵器」と「人工説」の真偽
□山口敬之 武漢P4研究所の「コウモリ女」石正麗を追え!

□石平 アメリカ大統領副補佐官が中国語で「打倒中国共産党」の号砲
□宮崎紀秀 涙が止まらない…著名中国人女流作家、絶望を生き抜いた魂の記録『武漢日記』

□リチャード・プレストン(世界的大ベストセラー『ホット・ゾーン』著者:インタビュー大野和基)
 ウイルスが標的にする「75億人の肉」
□周庭(聞き手:福島香織)
 香港“民主化の女神"周庭独占インタビュー コロナ禍で加速する中国の香港大弾圧

□木村盛世 必ず来る第2波をどう乗り切るか
□山岡鉄秀 世界制覇した「超限戦ウイルス」(右から右へ進路を取れ! )
□堤堯×久保絋之 トランプもプーチンも習近平に怒り心頭(蒟蒻問答)

【総力特集 コロナ後の世界】

□八幡和郎 「日本大改革」のチャンスにせよ!

□星野佳路(星野リゾート代表)  観光業界の未来は明るい

□D・アトキンソン 零細企業の倒産は日本にとってプラス

【特集 朝鮮半島ショック! 】

□西岡力 金正恩死亡説の真偽 妹・金与正の指示で相次ぐスパイ粛清

□室谷克実 文在寅「K防疫」、「韓国に学べ」の大嘘

□重村智計 消えない影武者説と健康不安への疑問(朝鮮半島通信)

【検察庁法改正の核心】

□乾正人 「#検察庁法改正反対」派の無知蒙昧

□門田隆将 検察内部の“暗闘"が生んだ喜劇(現場をゆく)

□九段靖之介 何が悪い? 検察官の定年延長(永田町コンフィデンシャル)

【大反響!「実子誘拐」告発キャンペーン第3弾】

□三谷英弘(衆議院議員) 諸悪の根源は「単独親権」

【今こそ、憲法改正】

□加藤伸彦 「緊急事態条項」を憲法に明記せよ

【著者インタビュー】

□高樹のぶ子 『小説伊勢物語 業平』

【グラビア特集】

□人類共通の敵

【大反響連載!】

□青山繁晴【澄哲録片片】消費減税への攻防
□佐藤優【猫はなんでも知っている】安倍・プーチン電話会談

□平川祐弘【一比較研究者(コンパラティスト)の自伝】私の変わりよう
□西村眞【日本人、最期のことば】宮澤賢治

□和田秀樹【私のらくらく健康法】コロナうつ、自殺を防げ!(取材・文/笹井恵里子)
□笹井恵里子【暮らしの救急箱】肺炎を予防する食と生活習慣
□白澤卓二【ボケない食事】好きとか嫌いとかではなく、大人はゴーヤを食べる
□小林詔司【コバヤシ鍼灸院】鼻血の原因は18年前の事故

□高田文夫【月刊Takada】東京で生まれた男たち
□みうらじゅん【シンボルズ】スクラップ
□高野ひろし【イカの筋肉】
□岡康道【すべてはいつか、笑うため。】「謎」 

□堤堯の今月この一冊『歴史に残る外交三賢人』
□西川清史の今月この一冊『木簡 古代からの便り』
□向井透史【早稲田古本劇場】大学閉鎖と緊急事態宣言

□蛭゛芸子 【電脳三面記事】おじさん若者バディ
□河村真木【世界の雑誌から】

□秋山登の今月この一本+セレクション『ペイン・アンド・グローリー』
□なべおさみ【エンドロールはまだ早い】ヘンリー・フォンダ

□加地伸行【 一定不易】
□山際澄夫【左折禁止】今こそ戦後レジームからの脱却を
□有本香【香論乙駁】あれから10年、高くなった尖閣の波
□久保弾【世界の常識を疑え】スウェーデンに学ぶ“大人”のコロナ対策

□村西とおる【人生相談「人間だもの」】バカ息子
□爆笑問題【日本原論】家でステイホーム!

□編集部から、編集長から

関連する投稿


「2020年11月号」新聞広告大公開!

「2020年11月号」新聞広告大公開!

11月号の新聞広告は、伏字なし!ですが、日経新聞にわずかな異変あり!「安倍総理」ではなく「安倍前総理」に、との注文が……。結果、どうなったのか?ぜひご覧ください。違いがわかった方は、正真正銘の「違いがわかる男(女)」です。広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


月刊『Hanada』2020年11月秋麗号

月刊『Hanada』2020年11月秋麗号

「ありがとう!安倍晋三総理」。ファクトなき印象操作で“安倍叩き”を続けた反日派をのぞいて、多くの国民が「ありがとう!」と思っているのではないだろうか。電撃退陣の内幕から菅総理誕生の秘話まで、月刊『Hanada』でしか読めない記事が満載!「中国で拘束116日間、はじめて明かされた全真相(独占スクープ!)」「津田大介、香山リカ、町山智浩ら大村愛知県知事応援団の卑劣」「小沢一郎ちゃっかり『総理宣言』」「最後まで返せなかった渡哲也への恩」「自粛ストレスこそがコロナ禍の『癌』」など、11月号も永久保存版!事実を報じない新聞やテレビにうんざりしている方たちに捧ぐ!


「2020年10月号」新聞広告大公開!

「2020年10月号」新聞広告大公開!

10月号の新聞広告は、読売新聞、産経新聞、西日本新聞に伏字あり!「バカ」は良くて「武漢」はダメ、「武漢」は良くて「バカ」はダメ。新聞社のスタンスがまるわかり、全4パターンを特別公開!広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


「2020年9月号」新聞広告大公開!

「2020年9月号」新聞広告大公開!

9月号の新聞広告は、産経、読売、日経、地方紙(16紙)、すべて伏字なし!もちろん、中日新聞もOK!伏字ファンの方には申し訳ないのですが……これが本来のカタチです。広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


月刊『Hanada』2020年9月秋茜号

月刊『Hanada』2020年9月秋茜号

香港は死んだ――。中国によって、殺されたのだ。次は台湾か、はたまた日本か。自由や人権を踏み潰す中国共産党に「礼儀」など必要だろうか。安倍総理・菅官房長官の2大独占インタビュー、総力大特集「中国の底知れぬ恐怖」(102ページ!)、高須院長×河村市長の「憤激対談」、特集「メディアが元凶」、「実子誘拐」告発キャンペーン第4弾、三峡ダム決壊“前夜”、韓国が早速クレーム「産業遺産情報センター」、など“偽善メディア”が報じない「論点」が9月号も盛りだくさん!読みたい記事が、ここにはある!


最新の投稿


新首相・菅義偉に二つの疑問|九段靖之介

新首相・菅義偉に二つの疑問|九段靖之介

2020年9月16日、菅義偉氏が総理大臣に指名された。初の世論調査では74%と高い数字をあげており(日経新聞)、多くの国民に期待され、報道でもご祝儀的なものが続いている中で、あえて二つの大きな疑問をぶつけたい。それは――経済運営と外交!


“貧困調査”の帝王!恥知らずな前川喜平|花田紀凱

“貧困調査”の帝王!恥知らずな前川喜平|花田紀凱

安倍総理辞任によって暴かれた“左側”の正体――。素養も資格もない厚顔無恥な連中がなぜ、ある界隈では“人気者”なのか。これは右とか左とかの対立ではない。人としてどうか、の問題である。「Yahoo!ニュース個人」で公開する予定の記事が、まさかの非公開に…。この記事のどこに問題があるのか。表現の自由とは何なのか。花田編集長が記した「幻の記事」を特別公開!


「2020年11月号」新聞広告大公開!

「2020年11月号」新聞広告大公開!

11月号の新聞広告は、伏字なし!ですが、日経新聞にわずかな異変あり!「安倍総理」ではなく「安倍前総理」に、との注文が……。結果、どうなったのか?ぜひご覧ください。違いがわかった方は、正真正銘の「違いがわかる男(女)」です。広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


菅政権は習主席を国賓で迎えてはならない|湯浅博

菅政権は習主席を国賓で迎えてはならない|湯浅博

日本が習近平主席の天皇陛下との会見に道を開けば、香港弾圧や軍事力による周辺国への恫喝を認めてしまうことになる。まして、習主席から天皇ご訪中を要請されれば、1989年の天安門事件後、天皇ご訪中により西側の経済制裁に風穴を開けてしまった悪夢の再来だ。


月刊『Hanada』2020年11月秋麗号

月刊『Hanada』2020年11月秋麗号

「ありがとう!安倍晋三総理」。ファクトなき印象操作で“安倍叩き”を続けた反日派をのぞいて、多くの国民が「ありがとう!」と思っているのではないだろうか。電撃退陣の内幕から菅総理誕生の秘話まで、月刊『Hanada』でしか読めない記事が満載!「中国で拘束116日間、はじめて明かされた全真相(独占スクープ!)」「津田大介、香山リカ、町山智浩ら大村愛知県知事応援団の卑劣」「小沢一郎ちゃっかり『総理宣言』」「最後まで返せなかった渡哲也への恩」「自粛ストレスこそがコロナ禍の『癌』」など、11月号も永久保存版!事実を報じない新聞やテレビにうんざりしている方たちに捧ぐ!