月刊『Hanada』2020年6月雨蛙号

月刊『Hanada』2020年6月雨蛙号

日本は「ダメ」な国。そのようなイメージで報道するマスコミが多いが、果たして本当にそうなのだろうか。「緊急事態列島、日本人の底力」と題して、安倍官邸の知られざる舞台裏から世界の現地レポートまで、あらゆる角度で徹底検証!「実子誘拐ビジネスの闇」(スクープ第2弾!)、「追悼 志村けん」(高田文夫)、「金正恩 北朝鮮の深層」(西岡力)、「ざんねんな石破茂」(阿比留瑠比)、「令和2年、桜咲く」(グラビア特集)など、6月号も永久保存版!危機ばかりを煽るメディアにうんざりしている方たちに捧ぐ!


月刊『Hanada』2020年6月雨蛙号

【総力超大特集218ページ!緊急事態列島 日本人の底力】

□谷口智彦(内閣官房参与)  官邸四階からみた危機の宰相論 安倍総理の外交スピーチライターが初めて明かす!
□K・T・マクファーランド(元トランプ大統領副補佐官) トランプは習近平とWHOを許さない!
□長谷川幸洋 中国を待ち受ける“賠償地獄"

□上念司 世界経済大激変!“失血死"する中国
□矢板明夫 中国発表の数字は全部嘘だ!
□千正康裕(元厚労省企画官)  国会対応で、厚労省現場が悲鳴

□山口敬之 三種の武漢ウイルス 「集団免疫」という起死回生
□藤原かずえ 危機煽るワイドショー 致死率と死亡率を混同
□高橋洋一×長谷川幸洋 財政支出39兆円なら日本沈没

□石橋文登 バカのクラスターを一掃せよ 枝野幸男・蓮舫・福山哲郎ら
□堤堯×久保絋之 【蒟蒻問答】安倍は「三密」より「四密」に気をつけろ!
□室谷克実 国滅びても選挙勝つ 文在寅の「大韓人民共和国」

□門田隆将 なぜ中国は謝らないのか【現場をゆく】
□有本香 安倍総理、伊勢神宮に遥拝しましょうか【香論乙駁】

□山際澄夫 ポスト・コロナの世界と日本の国防【左折禁止!】
□田村秀男 中国発コロナ危機が促す政治の覚醒【常識の経済学】
□久保弾 WHO・テドロス事務局長の正体【世界の常識を疑え】

□佐藤優 安倍晋三首相の下で団結しよう【猫は何でも知っている】
□山岡鉄秀 コロナ戦争=中国との戦い【右から右へ進路を取れ!】
□青山繁晴 45年体制を一掃する【澄哲録片片】

【世界各国からの“戦時下"現地レポート】

□山口昌子 日仏「国のかたち」の違い
□川口マーン恵美 看護師が一喝、「ドイツは今、戦時下だ!」

□木村正人 助け合って生きるロンドンの日本人
□山田一仁 ロンドンは今、まるでSF映画
□W・ミストレッタ イタリアへの直通電話 プラダがついにマスクを製造

□宮本巌 アジア人差別も横行 ニューヨークの惨状
□イグナシ・ジスペルト×ジュリア・ジスペルト スペイン父娘対談 隔離が生んだ不思議な連帯感
□武田靖 医療崩壊を防いだスイスの「勧告」

□末永恵 アジア初の全土封鎖マレーシア+炙り出されたシンガポールの暗部
□大野美夏 シュラスコもやめたサンバの国

【金正恩 北朝鮮の深層】

□西岡力 餓死か、コロナか 生き地獄と化した北朝鮮

【告発スクープ第二弾!】

□池田良子 「実子誘拐ビジネス」の闇 ハーグ条約を“殺した"人権派弁護士たち

【世論調査への疑問】

□阿比留瑠比 絶対に総理にしてはいけない ざんねんな石破茂

【迷走する沖縄県政】

□石本譲二 失政の連発! 高まる玉城デニー知事への不信

【追悼 志村けん】

□高田文夫 笑ったぶんだけ、悲しくなるよ【月刊Takada拡大版】

【追悼 土井尚道】

□島地勝彦 土井ちゃん、シマジは号泣しました
□土井尚道 飛鳥新社40創立周年のご挨拶

【御社の決まり手、教えて下さい!13】

□北村雅良(電源開発代表取締役会長)×舞の海秀平

【新連載 私のらくらく健康法】

□第5回 鎧塚俊彦(パティシエ)  ピンチをチャンスに変える!(取材・文/笹井恵里子)

【新連載 暮らしの救急箱】

□笹井恵里子 第5回 屋外での切り傷「破傷風」に注意の世代は

【新連載 ボケない食事】

□白澤卓二 第5回
人生いろいろ きのこもいろいろ 十年後も笑っていたいなら きのこの山を食べなさい

【グラビア特集】

□令和2年、桜咲く

【大反響連載!】

□平川祐弘 一比較研究者(コンパラティスト)の自伝 煉獄にいたころ
□福島香織 現代中国残酷物語 ポストパンデミックに食糧危機が襲う
□西村眞 日本人、最期のことば 土方歳三

□加地伸行 一定不易
□九段靖之介 永田町コンフィデンシャル

□蛭゛芸子 電脳三面記事
□河村真木 世界の雑誌から

□堤堯の今月この一冊
□西川清史の今月この一冊
□向井透史 早稲田古本劇場

□みうらじゅん シンボルズ
□岡康道 すべてはいつか、笑うため。
□高野ひろし イカの筋肉

□秋山登の今月この一本+セレクション
□なべおさみ エンドロールはまだ早い
□小林詔司 コバヤシ鍼灸院

□村西とおる 人生相談「人間だもの」
□爆笑問題 日本原論

□編集部から、編集長から

※休載
重村智計 朝鮮半島通信
D・アトキンソン ふたつの島国で

関連する投稿


「2020年11月号」新聞広告大公開!

「2020年11月号」新聞広告大公開!

11月号の新聞広告は、伏字なし!ですが、日経新聞にわずかな異変あり!「安倍総理」ではなく「安倍前総理」に、との注文が……。結果、どうなったのか?ぜひご覧ください。違いがわかった方は、正真正銘の「違いがわかる男(女)」です。広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


月刊『Hanada』2020年11月秋麗号

月刊『Hanada』2020年11月秋麗号

「ありがとう!安倍晋三総理」。ファクトなき印象操作で“安倍叩き”を続けた反日派をのぞいて、多くの国民が「ありがとう!」と思っているのではないだろうか。電撃退陣の内幕から菅総理誕生の秘話まで、月刊『Hanada』でしか読めない記事が満載!「中国で拘束116日間、はじめて明かされた全真相(独占スクープ!)」「津田大介、香山リカ、町山智浩ら大村愛知県知事応援団の卑劣」「小沢一郎ちゃっかり『総理宣言』」「最後まで返せなかった渡哲也への恩」「自粛ストレスこそがコロナ禍の『癌』」など、11月号も永久保存版!事実を報じない新聞やテレビにうんざりしている方たちに捧ぐ!


「2020年10月号」新聞広告大公開!

「2020年10月号」新聞広告大公開!

10月号の新聞広告は、読売新聞、産経新聞、西日本新聞に伏字あり!「バカ」は良くて「武漢」はダメ、「武漢」は良くて「バカ」はダメ。新聞社のスタンスがまるわかり、全4パターンを特別公開!広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


「2020年9月号」新聞広告大公開!

「2020年9月号」新聞広告大公開!

9月号の新聞広告は、産経、読売、日経、地方紙(16紙)、すべて伏字なし!もちろん、中日新聞もOK!伏字ファンの方には申し訳ないのですが……これが本来のカタチです。広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


月刊『Hanada』2020年9月秋茜号

月刊『Hanada』2020年9月秋茜号

香港は死んだ――。中国によって、殺されたのだ。次は台湾か、はたまた日本か。自由や人権を踏み潰す中国共産党に「礼儀」など必要だろうか。安倍総理・菅官房長官の2大独占インタビュー、総力大特集「中国の底知れぬ恐怖」(102ページ!)、高須院長×河村市長の「憤激対談」、特集「メディアが元凶」、「実子誘拐」告発キャンペーン第4弾、三峡ダム決壊“前夜”、韓国が早速クレーム「産業遺産情報センター」、など“偽善メディア”が報じない「論点」が9月号も盛りだくさん!読みたい記事が、ここにはある!


最新の投稿


「2020年11月号」新聞広告大公開!

「2020年11月号」新聞広告大公開!

11月号の新聞広告は、伏字なし!ですが、日経新聞にわずかな異変あり!「安倍総理」ではなく「安倍前総理」に、との注文が……。結果、どうなったのか?ぜひご覧ください。違いがわかった方は、正真正銘の「違いがわかる男(女)」です。広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


菅政権は習主席を国賓で迎えてはならない|湯浅博

菅政権は習主席を国賓で迎えてはならない|湯浅博

日本が習近平主席の天皇陛下との会見に道を開けば、香港弾圧や軍事力による周辺国への恫喝を認めてしまうことになる。まして、習主席から天皇ご訪中を要請されれば、1989年の天安門事件後、天皇ご訪中により西側の経済制裁に風穴を開けてしまった悪夢の再来だ。


月刊『Hanada』2020年11月秋麗号

月刊『Hanada』2020年11月秋麗号

「ありがとう!安倍晋三総理」。ファクトなき印象操作で“安倍叩き”を続けた反日派をのぞいて、多くの国民が「ありがとう!」と思っているのではないだろうか。電撃退陣の内幕から菅総理誕生の秘話まで、月刊『Hanada』でしか読めない記事が満載!「中国で拘束116日間、はじめて明かされた全真相(独占スクープ!)」「津田大介、香山リカ、町山智浩ら大村愛知県知事応援団の卑劣」「小沢一郎ちゃっかり『総理宣言』」「最後まで返せなかった渡哲也への恩」「自粛ストレスこそがコロナ禍の『癌』」など、11月号も永久保存版!事実を報じない新聞やテレビにうんざりしている方たちに捧ぐ!


永田町の政治家が読むべき、菅総理の愛読書|花田紀凱

永田町の政治家が読むべき、菅総理の愛読書|花田紀凱

ついに発足した菅内閣。菅総理は、どういった基準で人選していったのか。そのヒントとなるのが、菅総理の愛読書『リーダーを目指す人の心得』(コリン・パウエル著、飛鳥新社刊)。本書の内容を紹介しながら、菅内閣人事の核心に迫る!


人道的危機下の南モンゴルに関与を|楊海英

人道的危機下の南モンゴルに関与を|楊海英

中国による南モンゴルへの弾圧がとまらない。いま小学生から高校生までの児童・生徒、そしてその保護者とメディア関係者、大学教師、公務員など、モンゴル人は民族を挙げて中国政府の文化的ジェノサイド政策に反対の声を上げている。モンゴル人たちの命を懸けた闘いに日本も積極的に関与し、モンゴル人を応援してほしい。