「つくる会」教科書不合格 文科官僚の不正|藤岡信勝

「つくる会」教科書不合格 文科官僚の不正|藤岡信勝

「新しい歴史教科書をつくる会」が作成した中学歴史の歴史教科書が文部科学省の検定で不合格となったが、それは検定は結論ありきの異常なもので、いわば文部科学官僚の不正によるものだった! 検定結果と不正の内容の告発第一弾!(初出:『Hanada』2020年4月号)


合格ズミの記述も標的に

そもそも、平成26年度の検定に合格した現行版の『新版 新しい歴史教科書』(代表執筆者・杉原誠四郎)にも、右の「欠陥」とされたのと同じ、「黒船来航で西洋文明の衝撃を受けた日本はこの150年工業立国をめざして成功した」という記述が存在する。このことから見ても、教科書調査官がこれを問題にするのは全く不当である。

そればかりではない。多くの同じ例がすでに見つかっている。先に述べたように、現行版をなるべく踏襲してつくるというのが自由社の大方針であった。安全を図ったのである。その、すでに検定に一度合格した記述まで標的にされたのでは、執筆者としては立つ瀬がない。

あとの面接の場面で、4人の教科書調査官の在職年数を訊いてみた。最長が20年で、最短が7年だった。4人は、いずれも前回の2014年度の検定に従事していた。自分たちが検定で合格させた記述を欠陥箇所に指定するとは何ごとか。申請本で欠陥というなら、現行版でも欠陥だということになる。

それなら、まずその責任をとって教科書調査官を辞任し、それから批判すればよい。このような行為は、ブーメランとなって自分にふりかかってくるのである。それをかむりして、民間の会社に責任を負わせ不合格にする。許すことのできない悪行である。

おかしな指摘がゾロゾロ

さらに欠陥箇所のページをパラパラとめくると、おかしな箇所がいろいろとある。とりあえず、二つあげてみる。

▽欠陥箇所番号194番。「戦国大名」の単元に「300年以上命脈を保った毛利氏」というコラムをおいた。これに欠陥箇所の指摘があった。指摘箇所と指摘事由は次のとおり。

《「輝元の時代には豊臣秀吉政権の重臣となり、関ヶ原の戦いでは西軍の大将格として徳川家康に敗北しました。」》

《生徒が誤解するおそれのある表現である。(輝元が関ヶ原で実際に戦闘に参加したかのように誤解する。)》

これには心底驚いた。子供の頃、こういう言葉遊びがあった。「法隆寺を建てたのは誰?」と訊いて、相手が「聖徳太子」と答えると、「残念でした! 宮大工です」とオチを付けるのである。

関ヶ原の戦いとは、日本を二分した東西の大名の政治的対立の問題であって、個々の大名が戦場にいたかどうかは二義的な問題だ。薩摩藩の島津義弘も、退却戦まで実際の戦闘には参加していない。

ある現象を記述するレベルの違いを意識できず、関ヶ原の戦いという単語を聞くと「実際の戦闘」しか考えられないのは、言葉遊びに興ずる子供のような頭脳構造だ。

▽近代史からも一つ。欠陥番号320番。「満州事変と満州国の建国」という単元で、「満州はなぜ建国されたのか」というコラムを配した。このなかで、《満州はもとは「満洲」(州にさんずい)という狩猟民の故郷だった》と書いた。これが欠陥箇所とされ、《生徒に理解し難い表現である。(「満洲」(州にさんずい))》とされた。

これは「洲」の字が当用漢字になく、意味のまったく違う「州」の字を充てなければならないことから、「洲」の字は生徒になじみがなく、ただ「洲」と書いただけでは生徒が見逃してしまう可能性があるので、「(州にさんずい)」と説明した教育的配慮である。これが欠陥だ、という教科書調査官の頭の構造こそおかしいのではないか。

こんな調子で、いたるところにおかしな指摘がゾロゾロ出てくるのである。

▽最後は現代史から。欠陥番号369番。1949年に成立した中華人民共和国。これを「冷戦」を学ぶためにつくった東西対立の対比年表で、《1949年・・・中華人民共和国(共産党政権)成立》と書いたら、《生徒が誤解するおそれのある表現である。(成立時の中華人民共和国の性格)》という指摘事由が書かれた。

お飾りの政党を作るのは共産党の常套手段である。それを教科書調査官は「連合政権」だという。こういう教科書検定をしている限り、子供が物事の本質を学ぶことを文科省は妨害していると言わざるを得ない。

これらの例を見てくると、何としても自由社の教科書を落としたいという執念が感じられる。落とすために欠陥箇所を大量に水増ししたのである。

関連する投稿


堂々と歴史戦を戦おう―佐渡金山|島田洋一

堂々と歴史戦を戦おう―佐渡金山|島田洋一

今後最も重要なのは、韓国の歴史歪曲に正面から反撃し、間違った歴史認識を正すことである。地元有力紙、新潟日報のように韓国の歪曲に「理解」を示す姿勢は百害あって一利なしだ。


「伊藤詩織」問題 金平茂紀と望月衣塑子の正体|山口敬之

「伊藤詩織」問題 金平茂紀と望月衣塑子の正体|山口敬之

「犯罪事実があった」とする伊藤詩織氏の主張は、検察と検察審査会によって、2度にわたって退けられた。日本の法制度上、刑事事件としては完全に終結し、伊藤氏の私を犯罪者にしようという目論見は失敗に終わったのである。ところが、私に一切取材依頼や問い合わせを行わないで、新聞やテレビで発信をしたり、記者会見で発言をしたりした人物が、少なくとも2名いる。そのうちのひとりが金平茂紀であり、もうひとりが望月衣塑子である――。(初出:月刊『Hanada』2018年1月号)


「2021年5月号」新聞広告大公開!

「2021年5月号」新聞広告大公開!

5月号の新聞広告のキャッチコピーは、《習近平と小池百合子に騙されるな!》。空っぽな小泉進次郎のEV推進、恫喝とデマがお好きな朝日新聞、「文春砲」に踊らされる野党とメディア、「コロナ、常識の嘘」など5月号も目から鱗の記事が満載!広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


月刊『Hanada』2021年5月若葉号

月刊『Hanada』2021年5月若葉号

1年前は「コロナより桜」、いまは「コロナより接待」、そして、戦略はまさかの「ゼロコロナ」。『週刊文春』頼みの野党と、とてつもない既得権益集団である大手メディアにできることは白々しい“追及ごっこ”のみ。中国共産党、朝日新聞、コロナ、接待問題、EVなどあらゆる「闇」にタブーなしで切り込む!爆笑問題をはじめとする豪華連載陣、グラビア特集「東京オリンピック1964」など5月号も永久保存版!


月刊『Hanada』2021年3月残雪号

月刊『Hanada』2021年3月残雪号

本当の悪者は誰なのか。菅総理か、トランプ前大統領か、習近平独裁の中国か、“コロナ脳”に感染したマスコミか、アホでマヌケな野党か――。288ページの大ボリュームで、日本を分断する「病」に迫る!韓国慰安婦判決の真相、NHK捏造疑惑、爆笑問題をはじめとする豪華連載陣、グラビア特集「ありがとう嵐、また会う日まで」など3月号も永久保存版!


最新の投稿


TBS報道特集「甲状腺がん特集」があまりにも酷すぎる|渡辺康平

TBS報道特集「甲状腺がん特集」があまりにも酷すぎる|渡辺康平

明らかな誤報、結論ありきの番組構成、驚くべき偏向報道。5月21日に放送されたTBS「報道特集」があまりにも酷すぎる!福島が受ける深刻な風評被害。こんなことが許されていいのか。


岸田政権の〝増税〟に反対!|和田政宗

岸田政権の〝増税〟に反対!|和田政宗

時事通信は5月19日、『法人税率、引き上げ案が浮上』との見出しで、与党の税制調査会で法人税の実効税率を引き上げる案が浮上していると伝えた――。日本経済の閉塞感が強まっているなか、積極的な財政出動を行わなければ経済は支えられないのに、増税という論が出てくること自体が滅茶苦茶であり、私は明確に反対である。


払拭できない沖縄の反ヤマト感情|田久保忠衛

払拭できない沖縄の反ヤマト感情|田久保忠衛

沖縄返還の「核抜き」(沖縄からの核兵器撤去)の要求をニクソン政権がのんだことは、米国から中国への関係改善のシグナルとなり、ニクソン大統領の歴史的な訪中につながった。「核抜き」で最も喜ぶ国が中国であったことを、日本は今でも理解しているだろうか。


日本の核不安の一因はバイデン政権にある|太田文雄

日本の核不安の一因はバイデン政権にある|太田文雄

ウクライナ侵略後、ロシアが核兵器使用をほのめかして威嚇する中で、我が国においても核攻撃に対する不安から、米国との核共有や日本独自の核保有を検討すべきだとの議論が高まっている。そうした不安の一因はバイデン政権の政策にある。


【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!