堂々と歴史戦を戦おう―佐渡金山|島田洋一

堂々と歴史戦を戦おう―佐渡金山|島田洋一

今後最も重要なのは、韓国の歴史歪曲に正面から反撃し、間違った歴史認識を正すことである。地元有力紙、新潟日報のように韓国の歪曲に「理解」を示す姿勢は百害あって一利なしだ。


「聞く力」をぎりぎりまで発揮するせいか、「決める力」がないように見える岸田文雄首相だが、2月1日の期限を目前にした1月28日、「佐渡島の金山」(新潟県佐渡市)の世界文化遺産登録を国連教育科学文化機関(ユネスコ)に推薦すると正式に表明した。

今後の焦点は、国際舞台において日本政府がどこまで事実に基づく主張を展開できるかにある。それは、韓国政府から「歴史戦を挑まれている以上、避けることはできない」(安倍晋三元首相)のである。

韓国の歪曲に「理解」示す新潟日報

韓国政府はすでに、佐渡の金山は「第2次大戦時における朝鮮人強制労働被害の現場」とする主張を掲げ、日本政府の決定を強く非難している。今後、全力を挙げて登録阻止に動くだろう。

しかし、歴史的資料に明らかなように、朝鮮人労働者の待遇は内地人と同じで、宿舎は無料、安価な食事も出されていた。強制連行や強制労働の事実はない。

ところが、関係者の一部に方向感覚を欠く動きが見られる。代表例として、地元有力紙、新潟日報の社説(1月29日付)を挙げておこう。

「韓国が問題視するのは、佐渡金山は戦時中に朝鮮半島出身者が強制労働させられた被害の現場だったということだ。強制労働を巡る韓国側の心情は理解できるが、推薦された佐渡金山の対象時期は江戸時代までだ。…歴史認識と切り離して文化的価値の観点から是非を議論するのが筋だろう」

ここに見られるのは、韓国側の「被害」主張に何ら反論しないどころか「理解」を示し、「対象時期は江戸時代まで」と時期論に逃げることで論争を回避しようとする姿勢である。同紙は、事実に基づく議論であっても、朝鮮人「強制労働」に関して韓国側を刺激し、事を「政治問題化」しかねない内容の投書や意見広告は掲載しない方針とも聞く。

浅慮という他ない。逃げれば韓国側は嵩(かさ)にかかって攻めてくるのが通例だからである。佐渡金山問題を巡っては、「地元に先を見据えた準備ができていない」という声を関係者からよく聞く。新潟日報の社説を見る限り、残念ながら事実と思わざるを得ない。

警戒すべき本末転倒の対応

今後、我々が最も警戒すべきは、本末転倒の対応に陥ることである。

人権無視の独裁国を含む各国からの出向者が中心を成す国際官僚機構の一つユネスコに「世界遺産」と認定してもらい、観光資源として箔(はく)を付けたいという発想は、商売の手段として理解はできるが、そもそも一国の文化や伝統の真の価値とは無縁の世界である。例えば、皇居を世界文化遺産に申請し、ユネスコの判断を仰ごうなどと考える人はいないだろう。

ともあれ、日本政府が佐渡金山を推薦すると決めた以上、今後最も重要なのは、韓国の歴史歪曲に正面から反撃し、間違った歴史認識を正すことである。「堂々と歴史戦を戦った佐渡金山」なら、認定の成否に関わらず、敬意をもって訪れる日本人が増えるだろう。「韓国の歪曲に『理解』を示し、ユネスコ認定を得た佐渡金山」など誰も見に行こうとは思わない。(2022.01.31国家基本問題研究所「今週の直言」より転載)

関連する投稿


【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


日米に対して、中国「ゼロ回答」の背景|和田政宗

日米に対して、中国「ゼロ回答」の背景|和田政宗

日中首脳会談が約1年ぶりに開催された。岸田総理は日本の排他的経済水域(EEZ)内に設置されたブイの即時撤去等を求めたが、中国は「ゼロ回答」であった。聞く耳を持たない中国とどう向き合っていけばいいのか。(サムネイルは首相官邸HPより)


韓国大統領・尹錫悦の犯罪、保守派は幻想を捨てよ|邉熙宰(ピョンヒジェ)

韓国大統領・尹錫悦の犯罪、保守派は幻想を捨てよ|邉熙宰(ピョンヒジェ)

尹錫悦に騙されてはならない!文在寅政権下で検察総長を務めた男が過去に行った国家を揺るがす驚くべき犯罪。尹錫悦の「親日政策」は完全な偽物だ!韓国メディアウォッチの邉熙宰氏が緊急警告。


望月衣塑子記者の暴走と自壊するジャーナリズム|和田政宗

望月衣塑子記者の暴走と自壊するジャーナリズム|和田政宗

ジャニーズ事務所会見での「指名NGリスト」が騒ぎになっているが、そもそも記者会見とは何か、ジャーナリズムとは何か、それらをはき違えた人物たちにより我が国のジャーナリズムが破壊されることは、ジャーナリズム出身者としても許せない。(サムネイルはYouTubeより)


「ニュー岸田」の誕生か? 財務省に抗い速やかに減税を!|和田政宗

「ニュー岸田」の誕生か? 財務省に抗い速やかに減税を!|和田政宗

「岸田内閣は負担増内閣」「国民生活の実態を分かってない」との声が届いたのか、岸田文雄総理が新たな経済対策を打ち出した――。実現か失望か、岸田政権としてまさにここが正念場である。(サムネイルは首相官邸HPより)


最新の投稿


トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

バイデン大統領は2021年1月25日、トランスジェンダーの米軍入隊を原則禁止したトランプ前大統領の方針を撤廃する大統領令に署名した。米軍では大統領が変わるごとにLGBTの扱いが激変――。だが、自衛隊ではお互いに理解を深めつつ共存している。その一例をご紹介しよう。


【今週のサンモニ】住民関係をズタズタにする『サンモニ』・反原発活動家|藤原かずえ

【今週のサンモニ】住民関係をズタズタにする『サンモニ』・反原発活動家|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】寺島実郎氏の「禅問答」に徹底的に付き合ってみた|藤原かずえ

【今週のサンモニ】寺島実郎氏の「禅問答」に徹底的に付き合ってみた|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。今回はいつも何を言っているのかピンとくることのない寺島実郎氏のコメントに、逐一突っ込みを入れてみました。


被災地支援会議より新年会を優先…川勝知事の「知事失格」言行録|小林一哉

被災地支援会議より新年会を優先…川勝知事の「知事失格」言行録|小林一哉

新年早々、リニア妨害宣言した川勝知事。 しかし、知事失格の言動はこれだけではなかった